2016年のソープ活動を総括する

2016年、最後の記事です。みなさんにとって2016年はどんな年でしたか?

私にとっては、とても忙しい1年でした。年中レポートを書いていたという感覚です。ブログの引っ越しもしました。本当は今頃には旧ブログの記事もこっちに引っ越しているという予定だったのですが、移行が怖いのとリンクの修正などの作業が億劫で手がつけられません。風俗ブロガーの皆さん、いつか自営でブログをやりたいと思っているなら、早いうちにやった方がいいですよ。5年も引っ張るものではありません。

たかしょーのおっぱいでイカせてあげる おっぱい国宝 高橋しょう子
↑昨日配信開始になった高橋しょう子さんの最新作です。買ってしまいました。お顔と話し方はあまり好みではないのですが、良かったです。「元芸能人」っていうと、「なんちゃってAV」を想像しますが、普通にAVをされています。あと、やはり体がすごいですね~。しかし、このスタイルをもってウエスト59cmですよ。吉原だと平均よりも太っているということになりますよね。

 

さて、この辺で毎年恒例になった今年の泡相を表す漢字を漢字を発表したいと思います。このためだけに、毎週当ブログを訪れている方もいらっしゃることでしょう。今年の泡相を表す漢字は、

です。先日、下の記事に書いたように、泡に浮かぶ店あり、泡に消えていく店ありでした。店が閉店したりオープンしたりというのは、以前からあったことですが、コンセプトを変えた店を含めて、今年は特に強く潮流の移り変わりを感じました。トレンドというのは常に、気付かないくらいにじわじわと次のトレンドに移っていき、あるとき突然その変化がどーんと目の前に現れるものです。

2016年 吉原ソープ街のニュースをまとめました

2016.12.16

そして今年も多くのビジネスパーソンが吉原を去っていきました。今年は私のソープヒストリーに残るレベルの天使ちゃんたちが1人、また1人とフェードアウトしていきました。私は彼女たちの誰もリピートしませんでした、誰かがあなたにとっていかに大切かは、その人がいなくなって初めて分かるものです。それぞれの方にもう一発入っておけば良かったとひどく後悔をしております。

もう業界には戻って来ないで幸せに暮らしてほしいという体裁の私ではありますが、腹の底では「できればもう一度、お願いっ」と思っています。更にそのドン底では「もう一度会わなくていいから、このブログ有益なものであり続けるためにも、もうちょっとだけ現役を続けてほしい」と切に願っています。

辞めたソープビジネスパーソンの幸せを祈りつつ、戻ってきてもう一度お相手してほしいと思うのはソープ客のエゴですが、戻ってきてブログの価値を維持してほしいと思うのはソープブロガーのエゴです。

では、今年の総括。今までは、その年におけるソープランキングを部門別に書いたり、組閣をしたりしてきましたが、どうもしっくりこないので、今年はダラダラと今年のソープ活動を振り返ってみたいと思います。

まず、今年の私のソープ活動を数字にすると、以下のとおりです。

ソープに行った回数:54回(54人のビジネスパーソン)
支払い総額:1,377,900円
レポート数:48記事
殺した子チナスキーちゃん:カウント不可

ねえ、ちょっと、聞きました?奥さん?54回ですって。85年のバースのホームラン数と同じですよ。137万ですって。

こうしてみると超バカな三世経営者か、自分を制御できなくなったソープランド依存症のように見えますが、ほら、私の場合はブログの利益があるので・・・それがなければここまでの金額は使えません。まあ、しかしこの頻度は明らかにソープの正しい楽しみ方からはずれてますね。ソープって贅沢を愉しむものだと思うんですよ。特別イベントであるべきなんです。贅沢できる幸運を感謝しながら、遊ぶものです。54回は明らかに行き過ぎです。

さて、今年会ったソープセッションを振り返っていきましょう。

特に印象に残っている方が2人いまして。1人は2月に有料記事にてレポートした方です。どちらかというと、この方の方が強烈でした。

プレイ内容が強烈というのもありますが、彼女のあまりに熱烈なファンと思われる方々から、「〇〇ちゃんで金儲けするな」とクレームが入ったり、「あんたが彼女に長文メールを送っているって分かっているんだからな」なんてメールを受けたり、掲示板で当ブログが話題になったりと、そういうことも含め強く印象に残っています。

人気嬢様というのも大変なんだろうな、とつくづく思いました。なお、この方は限りなく不可能に近いくらいに予約困難らしいので、今更有料記事を買うべきではありません。

もうひとりはアクアパレスのこちらの方です。詳細はレポートをご覧ください。年に1人レベルの素晴らしい方でした。

次点でよく覚えているのは3人。1人目は川崎の某高級店の方。こちらも有料記事です。上の有料記事の方もそうですが、「え?いや、ちょ、ちょっと待って」と後ろに引いている私に、キスの雨を浴びせてきました。こちらの方はまだ現役で、頻繁に出勤していないのにランカー入りをされています。

2人目はハニーコレクションの「り〇」さん。ハニーコレクションには昨年レポートして、一部の方々に熱烈に人気のあった方がいたのですが、今年の春頃(だったかな?)に辞められてしまいました。「り〇」さんはその方の後継者になる姫君だと思い、揚々とした気持ちでレポートをアップしたのですが、数日後に退店。

あまりにタイミングが合っていたので、レポートが原因ではないかとかなり心配しました。どんなに高評価でも、レポートに書かれるのを嫌がる方は少なくないでしょうから。店に聞いたところ、「レポートが原因ではありません」という返事があったので、彼女のファンだった方、どうか私を恨まないでください。

3人目の「次点」は、有料記事にしたもののやはり辞めてしまった、川崎の「プレミアム」の「フ〇バ」さんです。美しさで言えば彼女が今年No.1だったと思います。この記事はあまり売れなかったので、記事を参考にして実際に会った方は多くはないでしょう。

失敗談として記憶に残っているのは、話を蒸し返すようでアレですが、プラチナステージの某嬢様ですね。彼女は今は別の店に在籍されています。相変わらずの日記の文章ではありますが、今となっては幸せな2017年を迎えてほしいと心から願っております。

そういうわけで、2016年も過去になろうとしています。全国のソープランドご関係者の皆様、洗ったお姫様も、洗われたお客さんも、大変お疲れ様でした。当ブログの読者の皆様には甘口、辛口のコメントやメッセージを多数いただきありがとうございました。いつもご覧になっている読者の皆様もありがとうございました。皆さんのお陰で1年間ブログを続けることができました。

皆様にとって2017年が幸せで健康な年であるように、心よりお祈り申し上げます。

では、またここでお会いしましょう。

チナスキー

追伸:次回の記事は1月6日にアップします。

22 件のコメント

  • 年が明けてのコメントで恐縮どす。今年は組閣しなかったんですね(笑)

    ワタシの今年の漢字は「漁」でした。さながら大間のマグロ一本釣りの如く当たりを求めて何度かフリー放浪しましたが当たりはほぼなく。心苦しいのですがこちらのblogの協賛店も同じくです。

    私に漁の才能がないのは解ったので、これからは農耕民族のごとく地道に開拓をしていこうと思います。
    私は確かな野党としてこのblogを拝見しています。賛同すべきところは賛同し、異議あれば遠慮なく唱えるスタンスです。うざったいかもしれませんが、引き続きよろしくお願いします。

    • OKMさん

      コメントありがとうございます。組閣はコメントが少なかったので、却下しました。
      コメントがうざい時は、うぜえよと私も遠慮なく言うことにします。今年もよろしくお願いします。

  • チナスキーさん、あけましておめでとうございます。
    昨年中もブログを拝読しながら大いに興奮させていただきました。

    直接的な表現を使わずとも、一般的にはガッツリ語ってしまいがちなメインディッシュについてはサラッとまとめても…。それでもドキドキさせてしまうのは、チナスキーさんならではという感じがします。

    今年1年、お互いにどんな出会いが待っていることでしょう。
    これまでの様に、居ても立っても居られなくなり、後追いさせていただくこともあるでしょう。(コメント欄にてご報告させていただいている様に、何人もの嬢に後追いさせていただきました。チナスキーさん、ありがとうございます。)

    チナスキーさんのブログをこれからも楽しみにしております。

    • えっちびさん、あけましておめでとうございます。コメントありがとうございました。

      すません、「直接的な表現~」の段落の意味が分かりませんでした。
      今年もお役に立てられることを、我ながら祈っております。

  • ご挨拶が遅れました。本年も宜しくお願い申し上げます。
    今年は、此方へのコメントを充実させたいと考えております。
    私の昨年のトピックはやはり、ラテンクォーター系の摘発でしょうか。
    大切なオキニが1人消えてしまいました(泣)
    くどいですね。

    • 春川さん、こちらこそ本年もよろしくお願いします。

      くどいですが、お気持ちは分からないでもないです。

  • チナスキーさん
    あけましておめでとうございます。

    散財しすぎでしょと思って自分はどうかなと調べたら
    ソープに行った回数:38回(32人のビジネスパーソン)
    支払い総額:1,014,700円

    人の事言えませんでした。まさか7桁突破とは自分でも驚きました。
    一応月10万超えたら翌月は抑えてみたりして年6桁に今までは収まってたのですが。

    発射回数:73発
    RIM率:93%(30/32人)

    入浴回数ベスト3
    一位プラチナステージ:13回
    二位多恋人俱楽部:8回
    三位一力茶屋:4回
      コスモス:4回

    こんな感じで吉原大衆、格安で遊んでいます。

    今年もチナスキーさんのレポート楽しみにしています。

    • Hさん、あけましておめでとうございます。

      100万の大台越えおめでとうございます。その金額もすごいですが、38回行って、Rim率93%はすごいです。73発もすごいです。私のケツの穴のどこが悪いのか見ていただきたいです。
      本年もよろしくお願いします。

  • >次点でよく覚えているのは3人。1人目は川崎の某高級店の方。

    じつは旧ブログでこちらの嬢様に入ってきた報告をしていませんでした。
    本格的にこっちにお引越しされたようですので、こちらでコメントします。

    まず感想を一言で表すと「こんな美人がなんでこんなにエロい必要まであるのか?」という狼狽です。

    いや、美人はエロくないなんて誰も決めてないんですけどね。
    でもチナスキーさんもビジネスパーソンって言うくらいですから。ルックスとサービスがトレードオフの関係になりがちな泡姫稼業にあって「原価割れ起こしてませんか?」と嬉しくも心配したくなる、そんな嬢でした。
    しかしこんな美人にこんなエロくされたら『私みたいなブスでデブはサービスで頑張るしかないから!』って健気な嬢の立つ瀬がないっつうの。

    そのエロさもソープ的じゃないっていうか、いわゆるお仕事系という感じではないんですよね。
    なんと言うか、きれいなおねえさんと思いがけずベッドインしたら「なんだこりゃ?ソフトな変態じゃねえか!?(歓喜)」という日常の延長線上にありそうなエロさというか・・・

    とにもかくにも良い嬢のご紹介ありがとうございました。
    若い頃に出会わなくてよかったと本気で思います(笑)

    • 結城さん、コメントありがとうございました。美人でエロくて、やさしー雰囲気の方でしたね。小柄で色気があるのが印象的でした。童貞の立場でお会いしたいと思いました。私は「ソフトな変態」を引き出すまでには至りませんでしたが。。。(涙)

      • いやいや、チナスキさんのレポートでもソフトな変態だったと思いますよ(笑)。私のときもあんなもんです。あくまでソフトな雰囲気ヘンタイです。

        あと、重要な要素の癒される優しい雰囲気についても忘れていました。これがあるからより一層エロが引き立っているのでしょうね。

        • 結城さん、今自分のレポートを読み返しましたが、確かにあまり一般的ではないプレイが含まれていましたね。彼女はヒーリング効果が高いですよね。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)