ソープで働く女性は「プロ」なのか?

こんにちは、チナスキーです。今日から当ブログのスローガンを「中洲を豊洲にナウ」にすることにしました。お見知りおきのほど、よろしくお願い申し上げます。

さて、スローガン変更に伴い新しい連載コラム「ソープの誤解をタワシ洗い」を始めます。

無趣味な俗物である私は低俗・下劣なものが好きなものですから、よくグノシーやらSmartNewsやらの「まとめ」ニュースをよく見るんです。「ニュース」と言っても、「ネットで21歳のJDと会ったった」的なやつです。そういう低俗まとめ記事って、けっこう頻繁にソープの名前が出てくるんですよ。「25K払うならソープ行けよ」「ソープで25Kなら、ボストロール出てくるからwww」みたいにね。

残念ですね。ソープというのは、いつも、このやりとりのようにイメージだけで引き合いに出されてしまうのです。

思うに、ソープはソープに縁がない人々に誤解されているのです。ちょうど私が「デートクラブ」と聞くと80年代の匂いしか感じないように、誤解している人たちは昔のソープのイメージを持っている傾向があります。

そこで、ソープに興味がまったくない人たちにもソープを正しく理解してもらいたいと思い、ソープ客の代弁者を自称する私がひとつひとつ誤解を紐解いていくとにしました。

前置きが長くなってしまいましたが、第1回目のテーマは「ソープで働く女性は『プロ』なのか?」です。最初から重いテーマですねー。ちなみに、第2回目の予定は立っていません。

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト
↑取引先とのソープに悩む方、お茶を引きたくない嬢、彼氏を悦ばせたい普通の女の子、待機室のいじめに耐えられない方、嬢と仲良くなる方法を知りたい人・・・人生色々ですね。皆さん、それぞれの立場で悩まれています。お茶を引きたくないという方には、私が思っていることをお答えしました。彼女がお茶を引きませんように。あと、地雷でありませんように。
 

Title:Somewhere between Kingsland and home, Copyrighted by Mark

ソープに行きはじめる前の私のソープ嬢に対するイメージは、「プロのおねーさん」でした。何らかのわりと深刻な理由で働いている女性たちが、プロというプライドを持って、一般人では想像もつかない、ソープランドでしか体験することができないようなサービスを繰り出す、というのが私の「プロのおねーさん」のイメージでした。

ソープに行ったことがない人々なら、同じようなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、実際にソープ巡りをしてみると、イメージしていた「プロのおねーさん」はほとんどいないことが分かりました。

ソープで働く女性って「プロ」なんでしょうか?お金もらって色々やるわけですから、そういう意味では「プロ」なのかもしれませんが、それならピンサロ嬢も、ヘルス嬢も、下手すると出会い系にいる「ワリキリ募集」な人たちもプロになります。でも、ピンサロ嬢の手コキを「ウホー、これぞプロフェッショナルの手コキ!」って言う人はあまりいないですよね。

風俗で「プロ」というと「ソープ」、「ソープ」というと「プロの技」と連想されるのが、世間一般の感覚です。私はこのイメージに違和感を感じています。ソープに慣れ親しんでいる方々にとっては、どうでもいいことかもしれませんが、ソープ業界・ソープ市場の外の男女にとっては、「ソープ=プロ」という感覚がある種の敷居になっていると思うのです。「プロの技よりも、もっと気軽な風俗がいい」「プロの技なんてないから、私では稼げない」、そんな風に思っている人も多いことでしょう。

実際には「ソープ=プロ」、「ソープ=プロの技」というイメージは昔のイメージで、ミレニアムも結構な過去になった今日の現実からは離れています。

当ブログでよく記事になる格安店のどれかに行けば、すぐに分かります。プロの技なんてありません。舌技や指技の上手下手はありますが、「個人差」の範囲に収まります。プロの悲壮感も額に汗を垂らしながらの職人技もありません。最近はマットは置いてない店も多いです。「体は売っても心は売らないからキスはしない」、そんなことは誰も言いません。ベロベロにチューされます。

「プロの技なんてない」と書きましたが、彼女たちが何もしないわけではありません。現代の新しい世代のソープ嬢たちは、イチャイチャ、恋人風、癒し系と多様な表現があるように、「プロの技」の代わりに客との距離の取り方によって客を満たそうとしています。写メ日記、LINE、メール、SNS(主にTwitter)も「客との距離のとり方」に含まれると言っていいでしょう。

プロの技が物理的なテクニックであるのに対して、この新しいサービス手法は精神的なテクニックであると言えます。どちらも非日常の創造を目指すものですが、アプローチは正反対です。

物理的なテクニック、精神的なテクニック、どちらも現代ソープに存在しますが、トレンドは圧倒的に後者です。人々はそれを「素人系」、もしくは「恋人系」と呼びます。提供する側が変わったのか、客のニーズが変わったのか、私は両方変わったのだと推測しています。「プロの技」を象徴する物理的なテクニックは、ベテランのお姉様たちを中心とした一部のビジネスパーソンの専売特許になりました。

こういったソープ業界の傾向は、アイドル業界の推移に似ていますね。大昔はアイドルも歌が上手くないとテレビでは歌えませんでした。その時代だったら、国生さゆりの「バレンタインデーキッス」も細川ふみえの「スキスキスー」もBPOに引っかかっていたでしょう。いつの間にか、アイドルに歌唱力は求められなくなり、その代わりに彼女たちは、おっさんと路上でチューするくらいに身近な存在になりました。

格安店から広がった「素人系」ですが、高級店でさえ「素人系」の看板を掲げている店もあります。マットができない嬢は高級店にもいます。この傾向が続けば、ちょうどストリップでオマンコから吹き矢を飛ばす技が失われつつあるように、やがてカエルキックや壷洗いはロストテクノロジー化することでしょう。

物理的な技が求められた時代にソープで働いていた方からすれば、今のソープの素人化というトレンドは「ソープじゃない」ということになるのかもしれません。しかし、競争は常にあるわけですから、今は今で競争に勝つことの難しさは変わりないはずです。

そういうわけで、私は「ソープ=プロ」というイメージは、現実を正しく伝えていないと思っています。どちらかというとヘルスで働いている女性の方がプロの技を身に着けているのではないでしょうか。

「プロの技」ができるビジネスパーソンが少なくなったソープ業界ですが、彼女たちには「ド根性」という武器があります。

ソープって、女性にとっては他の風俗業界に比べても踏み入れるのに勇気と覚悟が要る業界であることは容易に想像できます。ソープで働く女性たちにはその一歩を踏み出した覚悟と根性が多々見られます。もちろん個人差はあるでしょうし、地雷と呼ばれる方はいますが、平均すれば他の風俗業界よりも肚の座った方は多いと思います。それは多くのソープ嬢が提供してくれる、おじさんの口の中を舐め回すようなキスに象徴されます。

もはやソープで働く女性の多くは玄人という意味での「プロ」ではありません。しかし、彼女たちは笑顔とド根性を持って客の胸に飛び込んでくる天使様たちです。「ソープ=プロのおねーさん」というステレオタイプが廃れ、今の現実が広く認識されることを私は切に願っています。もちろん、いつの時代も変わらず地雷は潜んでいますが。

※画像には、”Use less streotypes”と書かれています。

25 件のコメント

  • やあMr.チナスキー
    コメントは久々になりますが、何時も楽しく拝見させて頂いてます。
    さて、今回のテーマですが、現在は時代の過渡期にあたるのかな?
    私はそう考えています。まあ、風俗業界は時代のニーズに合わせて移り変わる
    モノですから常に過渡期なのかも知れません。
    振り返れば、安保闘争で世間が騒がしかった1960年代に川崎でイス洗いとマット、
    その二つを売りにしたトルコ風呂なる物が誕生して、変遷を続けてきたわけですが、
    トルコ風呂の誕生には売春禁止法の制定に伴う赤線・青線の廃止が有りました。
    今後、風営法がさらに厳しくなると店舗型の風俗店は営業を続けられないでしょう。
    既に新規の参入は不可能ですし、店舗の建て替えさえも許可が出ませんしね。
    そう遠くない将来には店舗型の風俗店は消滅し、デリバリー型の風俗へ移り変わって
    しまうと予想されます。私は安心して遊べる店舗型のソープをもっぱら利用していますので
    寂しい限りですが、かつて悪所を愛した文豪たちもこのような気分であったかと想像いたします。

    個人的には監視の目の届きにくいデリバリー型は犯罪の温床や性病の蔓延等も
    招きかねないと心配しておりますので、行政には再考を願いたいものです。
    歴史と伝統を持つソープの技の数々を文化遺産に指定するとか、カジノ特区のように
    嘗ての赤線・青線を復活させ、風俗特区を制定し、きちんと行政の管理下に置けないものかと
    考えています。特区内では売春禁止法を免除し、働く女性や利用する側も性病検査を義務付け、
    風俗店で働く女性たちがキチンと青色申告が出来るようになれば日本経済に大きなカンフル剤
    となるやも知れません。

    • やあやあ、Mr.南の島のアッシュ、

      私は派遣型よりも、出会い系サイトで「ワリキリ募集」をしているフリーランスの人々が問題だと思っています。スマホでいつでもどこでも仕事ができてしまいますからね。風俗店が減れば、フリーランスが増えるでしょう。そうなるといよいよコントロールができなくなります。こっちを規制しないと、店で働く女性たちに税金を払わせようとすれば、彼女たちは出会い系に逃げていくでしょう。完全に個人でやっているかと思えば、業者も暗躍しているようですし。

      • >私は派遣型よりも、出会い系サイトで「ワリキリ募集」をしているフリーランスの人々が問題だと思っています。

        まあ、仰る通りですね、大問題です。ですが、これは警察の方に地道に頑張って貰うしかないので、そこに期待したいと思います。
        それからソープで働く女性達は税金を引かれている場合が殆どです。既に所得税を引かれた金額で手取りを貰ってる場合が多いのです。また、青色申告が出来るようになれば、仕事で使うモノに関しては経費とみなす事も出来ます。例えばゴム製品やウェトラ等の消耗品から明らかに仕事上必要であると判断されるような被服費や交通費等々です。また医療費控除を受ける事が出来ればかなり違いが出て来るとも考えます。ですから彼女達を個人事業主として国が認めればかなりの税金の還付を受けられると計算できます。

        • Mr.南の島のアッシュ、

          国税が2、3人を徹底マークして1年くらい活動させてから追徴課税→ニュースになる→みんな風俗に戻る、ってことにならないかなと空想しています。総額だと年間でかなりの利益になっていると思うんですよ。

          しかし、私はソープで働く女性たちが税金を天引きされているとは知りませんでした。雑費の天引きのことを「税金」と隠語で呼ぶような話は聞いたことがありましたが。フリーランスから税金を取る、ソープの女性達には還付する、ぜひこの両輪でお願いしたいですね。アベノミクス第三の矢。

          • 後はまあ、店舗型風俗で働く女性の方々は何らかの形で業務契約しているはずですので
            日雇い保険ぐらいは認めて頂けないかとも、考えます。
            http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken07/hoken.html

            それから、マイナンバー制度で預貯金の額などは税務署及び自治体の納税課は
            すぐに調べる事が出来ますので、税務署が本気になればすぐに摘発出来るはずですよね。

          • Mr.南の島のアッシュさん

            コメントありがとうございます。URLが含まれていたので、承認待ちになっていました。
            最近はAV業界も穏やかではないので、風俗もどうなることやらと心配しつつ見守っています。

      • フリーランスの方々の報酬で、遥かに安全確実にソープ遊びは出来るので、コスパ高いと思いますが、素人を装うエセプロにひかれるおじさんは多いですよね。
        鴬谷駅の上野よりの改札廻りでは、タクシーでお店に急ぐソープ嬢や、明らかに待ち合わせのフリーランスの方とか、色々見られて面白いです。

        • 春川さん

          鶯谷は多様な方々がいますね。私はロータリーがない方の、デリヘル客が一定の間隔をあけて立っている風景が好きです。

  • >風俗で「プロ」というと「ソープ」、「ソープ」というと「プロの技」と連想されるのが、世間一般の感覚です。

    ここは違うと思います。風俗を利用しない方からすると技術のありなしは関係なく、世間一般にはそもそも「風俗でのプロの女=カネと対価に男の性欲を満たす業に従事している人たち」なのです。プロとは一義的にはそれを職業としている人たちなので、風俗業に従事している女性は皆プロなのです。ソープは男の性欲を満たす最終章なので、そういう意味では剣道で言うところの「○段」という評価に近いのではないでしょうか。

    往年の嬢様がマットで色々な技をしてくれてたのも、今の嬢様が感じてくれているふりをするのも深いキスをさせてくれるのもRIMをしてさせてくれるのも、全て客がお金を払っているからです。

    物理的技術のあるなし問わず、ど根性が或る女の子なのはまちがいないですが(一部曲がってる地雷もいますね)、「風俗のプロ=ソープ≒プロの技」というのはもう既に一回り前の世界での話だと思います。

    どちらかと言うと「ソープでは25千円レベルだとでボストロールが出てくる」という方の誤解が解かれて欲しいと思いませんか?私はそう思います。まあ出てこないということはないのはご高承のとおりですが・・・。

    • OKMさん

      「プロ」という言葉は解釈の幅が広いです。例えば、世の中には風俗体験談をブログに書いてお金を得ている人たちが多く(ではないかもしれませんが)います。彼らの収入は数千円の人もいれば、数十万円の人もいるでしょう。彼らが全員プロの風俗ライターかというと、そうではないと私は思います。「いや、1円でももらえばプロだ」という人もいるかもしれません。それで生計を立てていればプロなのか?割り切り募集な人たちは、プロなのか?そういう線引きを議論する目的はありません。

      「プロ」という言葉は曖昧ですが、人々はよく「プロ」という言葉を使います。会社の偉い人が若手に「プロのビジネスマンであれ!」とか言うじゃないですか。こういうご指導に「正社員で月給もらってるんだから、もうプロじゃん」と突っ込む人はいません。こういうときの「プロ」は「専門的なスキルで仕事をする人」というニュアンスだと思います。この記事で言う「プロ」もそういう意味で使っています。ソープには「専門的泡師は少ないんですよ」と言っているわけです。

      OKMさんのコメントの答えになっているか分かりませんが、そういう主旨です。

      >どちらかと言うと「ソープでは25千円レベルだとでボストロールが出てくる」という方の誤解が解かれて欲しいと思いませんか?
      これは第二弾です。「格安店は地雷原なのか?」といった内容です。

      • 私の意図はそもそも普通の人は「風俗=プロ=それで金を稼ぐ人」で止まり、「プロの技術」までは辿りつかないのではないかということでした。
        仰る通り「プロフェッショナル=技術屋」は少なくなり求められなくなった・・と言う点については同意です。

        あと、以下は独り言です。

        この手の世界は体験入店や男性も飛ぶことも多いので、店側は「源泉税」の対象額の把握に苦労する筈です。とくに女性と雇用契約は難しい世界ですし。
        その場合どうするか。業務委託契約を結ぶと、店は個人事業主の女性たちに対して報酬を支払う事で表向きは最低限の義務を果たし、納税義務はいったん各事業主に移ることになります。

        ただし、個人に対して法人が報酬を支払う場合は源泉徴収を行う事が求められる場合もあります。芸能人なんぞはここに入ります。全ての個人事業主が該当するわけではありません。あてはまる場合は、その支払額にも拠りますがざっくり15%~20%が差し引かれます。スポーツ選手で年俸が高い人なんぞはもっと引かれるでしょう。
        彼女たちが差し引かれている「税金」とはなんでしょう。答えは風の中です。

        なお、堅実に総支払報酬額や源泉徴収額を把握し、税務署へ法的手続きに則り納税しているお店も必ずあるはずです。アリバイ会社なんぞはプライバシー保護やこの観点を上手く切りぬけるためにあるようなものですし。

        • OKMさん、私には難しいお話ですが、ここら辺でソープ経営のご経験がある方に登場していただき、コメントしていただきましょう。

          それではどうぞ↓

  • チナスキーさん、こんばんは。
    今回のコラムおもしろいですね。最近は高級店にも潜り椅子、壺洗いといったトリッキーな技を披露するザ・プロ嬢は絶滅危惧種化し、素人系、恋人接客が多い気がします。

    昔の西川口に居た様な感じの女の子達が、今の吉原格安店には多いのでしょうね。

    私は格安店のボーイの態度が好きになれず敬遠して高級店に足が向いてしまうのですが、受付&案内をpepperくんにしようと計画してる格安店の情報はチナスキーさんの耳に入って来てませんか?

    pepperくんを導入してくれれば、サクッと抜いて帰りたい時に、私は高頻度で格安店を利用させてもらうのですが。

    • ワイフト・ピストンさん

      受付にPepperくんが立つのは100年くらい先ではないでしょうか。その頃には風俗は廃れ、人工知能付きラブドールが主流になっていそうですが。

      しかし、格安店のボーイさんってそんなに酷いですかね?私の経験では、金額に関わらず悪い店は悪いと思います。ただ、本当に不快に感じるような接客はほとんどないような・・・

      • チナスキーさん、こんにちは。

        仰る通りですね。pepperくん接客は諦めます。

        2年程前だったと記憶してますが、2店舗続けてイラっとする態度をとられました。
        言葉遣いは丁寧でもあからさまな態度でしたよ。たまたま機嫌悪かっただけなのかな。

        回転勝負であろう格安店で遊ぶ時は、特にボーイに手間掛けさせない様に気を付けているつもりなのですが…

        • ワイフト・ピストンさん

          先ほど「不快に感じることはあまりない」と書きましたが、店員さんの真価が問われるのはフリーで行った時で、そういう意味で私はフリーで行くことは少ないので何とも言えないですね。愛想よく大嘘をつく人もいますからね。

    • ワイフト・ピストンさん
      はじめまして、意味の深いハンネですね。
      高級店にも程度の低いボーイは沢山いますし、格安店でも気持ちのよいにいちゃんはいませんか。
      どんな商売でも人間力が問われます。

      • 春川さん、はじめまして。
        確かに意味深ですね。ワイルドスピード観てる時に思いついたハンネです。

        高級店こそ接客マナーには気を付けて欲しいとこですが、当然居ますね。

        気持ちの良いにぃ~ちゃんに出会いたいです。
        相性の問題なのでしょうね。

      • 春川さん

        そうですね、私もそう思います。どちらかというと、高級店で高圧的な態度をされる方がムっときます。

  • ソープランドへ通ってることを女性友達に告白しましたところ、「素人の女性でイけなくなるよ!」とアドバイスをいただきました。そういう意味ではソープ嬢=プロなのかな?!と思うところがあります。それに、出会ったばかりの好みでもない年齢も高い(?!)赤の他人と即○やNSだのってプロしか出来ないのかな~と私は思いますね!

    なお、私は「ソープゲーム」なるものをやってるのですが、自分が姫と仮定して街を歩きます。最初にすれ違った人がお客さんです。「あー無理だー。」とソープ嬢の凄さを改めて実感出来ます(笑)

    • シンディさん、コメントありがとうございます。

      ソープ通いをカミングアウトできる女友達がいるなんて素晴らしいですね。
      私も電車に乗っているときに、隣の男の口臭が臭かったりすると、「こいつと即キスは厳しいな」なんて思ったりします。

  • こんにちは、初めてコメントいたします。

    ネットサーフィンして偶然拝見し、非常に興味ある記事の数々で、共鳴共感共振しております。
    私は、吉原を中心にかれこれ30年以上のソープ経験者です。1985年の風営法大改正前の、深夜営業時代も少なからず経験しております。
    その当時は、総額で所謂「ワン・ツー」の中級?店に毎週のように通い、素晴らしい方にお世話になりました。
    その方は、ルックスもさることながらコミュニケーション能力、技、テクニックは絶品で、おそらく現在でも最高クラスではないかと思います。

    玄人、プロ、素人系…という話題ですが、個人的見解ですが、これは主に「テクニック」「技」の要素で判断されがちですね。
    その意味では、この30年の時の流れから考えますと、現在ではプロの技を身につけた方はほぼ絶滅状態でしょうか。

    もともとテクニックや技には、それほど関心がなく、むしろコミュニケーションを重視する私にとっては、(もちろん最終的には身体的快楽を求めてはいるので、それが満たされない状況は厳しいですが)現在でも十分プロの方はいらっしゃいます。
    やはり覚悟をもってお仕事されているのか、そして不寛容、想像力欠如では「プロ」ではないでしょう。
    これは、私たち「顧客」側にも言えること…ですね。

    要は一期一会…ご縁、最後の印象的な文章…いつの時代も地雷…潜んでおりますからね・笑

    • 目玉のおやじさん、

      初めまして。コメントありがとうございます。ずいぶん長いこと吉原を見守られているのですね。
      時代の変化というのを、肌身で感じられていることでしょう。
      今回のような記事を書いていて、数十年に渡る吉原の変化の記録があったら面白い資料になるんだろうなと思いました。

      また何かご意見があればコメントください。

  • チナスキーさん、はじめまして。
    近々、人生初のソープランドを体験するために吉原を訪れる者です。
    ソープランドへ行ったことがないため、私のソープに対するイメージは、まさしく記事に書かれている「世間一般の感覚」でした。
    そんな感覚を持つ私なので、マットなどの非日常的な、いわゆる「プロの技」に憧れています。しかし、現在ではそういう物理的な技術をしっかりと身に着けている方は減ってきているのですね。ニーズが変われば提供されるサービスも変化していく、というのは当然なのかもしれませんが。

    私が予約した女性の紹介ページには、マットが得意と書いてあったので、楽しい時間を過ごせるとワクワクしているのですが…。

    • 次郎兵衛さん、初コメントありがとうございます。

      人生初ソープですか!いいですね。そのワクワクが羨ましいです。ぜひご感想をお聞かせください。

      良い風呂になることをお祈りしております。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)