当ブログソープライターになるための条件を変更します

こんにちは、チナスキーです。

今年の1月に「外部ライターを募集します」という記事を書きました。おかげさまで、当ブログも3人のライターさんを迎えることができ、興味を示されている方も2人いるという状態になりました。しかし、もう少し層を厚くしたいです。


↑現在、バカ売れしている作品だそうです。37歳のリアル人妻さん。ほんと、ふつーーーの方なんですけどね、でも可愛らしさがあり、醸し出すエロさがあります。キスをするときのえっちな目は男なら誰でもぐっとくることでしょう。

 

これまで外部ライターさんの記事を11本掲載しましたが、現在のライターの方、あるいは興味を持っている方は、もともとお付き合いのあった方やコメント欄でこちらから声をかけたかたばかりです。思えば、私も身構えすぎていました。ソープレポートを書いて5000~10000円も払うなんて言ったら、応募が殺到して、愉快犯やら店やスカウトの手下やら、嬢様から派遣された客やらから、メールが毎日届くと思っていました。

しかし、私の不徳が致すには、新規の方からの応募ゼロ。ソープに行く人はお金に余裕のあるのですね。この半年の経験を通して、反省点など思うところをまとめてみました。下をご覧ください。

ところで、覆面ソープ調査団「ソープファンネット」という名前でしたが、本日付で「ソープライター共謀団 ABE-SHI」に改名することにしました。キャッチフレーズは「お前はもう踏んでいる」です。お見知りおきを。

条件が厳しすぎた

以下が元々の条件から、取り消し線を引いた項目は条件から外します。元々の条件については、下の記事もご参照ください。

  1. 信用できる方
  2. 金銭のやり取りをするのに最低限必要なマナー、節度、コミュニケーション能力を持った方
  3. 地域を問わず、平均月1回以上の頻度でソープに行く方(本指名は除く、つまり月1回以上新規開拓をする方)
  4. 「オキニ隠し」をしない方
  5. NSをしない方
  6. 最後まで読めるレポートが書ける方
  7. 気持ち悪くないレポートが書ける方
  8. デリカシーがあり、女性のプライバシーに配慮したレポートが書ける方
  9. 私のメチャクチャ神経質な文章チェックに怒らない方
  10. 最初にコンタクトしてからメンバーとしての採用までに半年~1年かかっても怒らない方

特に3がハードルが高かったようです。でも、年に2、3回だとやはり少ないので、具体的な線引きはしませんが「そこそこの頻度で行っている方」のレポートを優先します。

6は「最後まで読めなければとことこん修正してもらう」というやり方をしていますので、これも除外します。

7は感覚的なことで、判断が難しいので除外します。「これは人々が気持ち悪いと感じるだろう」と思ったら、修正してもらいます。同時に「そこまで神経質になることはないかな」「自分の感性を押し付けるのはどうかと思う」と思うこともあり、とても難しい部分です。

10も大袈裟すぎました。時間のかかる人もいれば、かからない人もいるでしょう。

最初は時間がかかる

慣れないうちは、とにかく時間がかかります。時間をかけて初稿を完成させた挙句に、私からの細かい指摘や「ここどういう意味ですか?」という質問を大量に受けることになります。かなり厳しいそうです。最初の2、3発は10回くらいのメールのやり取りをしています。

3、4回目から格段に修正点が減るので、慣れるまでの辛抱です。

人生の役立つはず

ネットを見ると、いつも「コミュニケーション能力が云々」とか「日本語でOK」とか言っている人たちがいますが、いったいどれだけの人が伝えたいことを正確で分かりやすい文字に変えることができているのでしょう?読める文章を書くというのはとても難しいことなのです。

我々は、ブログを始める前の私も、不特定多数の人に向かって文章を書くことに慣れていないため、その難しさにさえ気付きません。ブログをやっていると、写メ日記を週に何回も書くのも本当に大変だろうなとしみじみと思います。

自分の感じたことを文字だけで伝えようとする努力、誰でも分かる文章を書こうとする努力、そしてそれを第三者(それがチナスキーとはいえ)が真剣に吟味し添削するという体験は、きっとライターの皆さんのお仕事や人生の役に立つはずです。私も誰かに文章を厳しくチェックしてもらいたいです。

よく「自分は文章力が低いから」と言う方がいますが、どれだけ文章力が低いのか実感をするだけでもプラスになることでしょう。

不採用にできない

レポート件数が少ないということもあり、せっかくの体験談をボツにするのはもったいないということもあり、今のところ不採用はゼロです。ライターの人数が増えればボツもでてくるかもしれませんが、当面は不採用はなさそうです。

コメントがモチベーションになる

ライターの方々とメールなどでやり取りをしていると、報酬よりも読者の皆さんからのコメントが楽しいようです。ま、報酬が少ないというのもあると思いますが。

ブログに参加しているという感覚も生まれてくるようです。そういった体験が新鮮で、モチベーションにつながっているのだと思います。読者のみなさんも、どんどんコメントをいただければ、ライターの方のやる気も出て、より良質の記事が出てくることでしょう。

理想

理想形は、特定のファンを獲得するライターさんが現れて、ソープ店から「~さんに記事を書いてほしい」とホンシ(本指名のこと)が入ることです。費用はもちろん店負担。セッションの内容が悪かった場合はどうするのか、どうやって覆面ができるのか等、いろいろと課題はありますが、読者も含め関わった全員がハッピーになる方法があるはずです。ビジネスパーソンの方からのご指名っていうのも、目指したいですね。

まあしかし、これらはあくまで理想なので、今の段階では鵜呑みにしないでください。

もう少し人数を増やしたい

当初3~5人くらいがいいかなと思っていましたが、今の実感ではもう少し人数が欲しいです。なので、ご興味のある方は「自信がない」とか言っていないで思い切ってご連絡ください。

3 件のコメント

  • チナスキーさん

    ライター採用基準を引き下げて頂き、ありがとうございます。
    さっそくレポートをお送りしました。

    届いていますか?

    軽い気持ちで書き始めたのですが、
    ぶっちゃけ大変でした…

    • ワイフト・ピストンさん

      ありがとうございます。ちゃんと届いてますよ。
      ね?大変でしょう?皆さん、初めてのときはそうおっしゃいます。

      • チナスキーさん。

        あまりに読みづらかったら、ボツで構いません。

        ボツ第1号になるのも、ある意味、名誉な事かもしれませんから。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)