アクアパレス 吉原(15回目) – 反応は良かった

こんにちは、チナスキーです。

すっかり春ということで、このブログも春の装いになりました。スマートフォンで見ている方は、どこが春の装いかさっぱりわからないでしょうが。

さて、アクアパレスです。やっとのことで念願が叶い、神出鬼没の某人気嬢の予約が取れました。取れたのですが・・・

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:18,000円(60分 ※合言葉による割引利用)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:平日夜
待ち時間:15分
混み具合:他に5人

Photo credit: ►►haley via Visual Hunt / CC BY
※画像とご本人は一切関係ありません。

お店の雰囲気と店員さん

予約の時間よりもかなり前の夕方に、出勤するのか電話で確認した。

お休みになりました

電話の向こう側は彼女のドタキャンを伝えた。ドタキャンが多いという前評判どおりだ。女にフラれた気分になった。ドタキャンが多いと分かっていても、予約をする。そしてドタキャンを喰らう。男とは悲しい生き物だ。

同じ時間帯で他に誰かおすすめはいるのか聞いたところ、空いている中では「せい〇」さんがおすすめとのこと。聞いたことのない名前だったが、「じゃあ、その『せい〇』さんを予約する」と即決した。

女の子

階段を数段上がったところに彼女は立っていた。髪の色が明るくて、ちょっとギャルっぽい。パーツが中心に集まっているタイプの顔だ。Webに顔半分の画像があるが、ちょっと違う。まあ、可愛いといえば、可愛いのだが私の好みではなかった。

懐かしのAV女優「工藤ひとみ」に似ていると会った瞬間思った(20年以上顔を見ていない工藤ひとみが思い浮かんだことに自分自身驚いた)。しかし、後から工藤ひとみの写真を見たところ、まったく似ていない。気のせいだったのだろう。

プロフィールに「リアル20才」と書かれているが、実際にそれくらいと思われる。Webの画像を見ると色白に見えるが、照明が暗いせいで白いのか黒いのか分からなかった。本人は「色白ではない」と言っていた。

「せい〇」さんは顔こそ似ていないが、接客のスタイルやキャラクターが前回レポートした「ま〇ろ」さんに似ている。2人とも髪の色と性格が明るく、見た目よりもちゃんとした話し方をする。楽しそうに笑う。ブラのカップ数まで同じだ。

サービス

ベッドに座ってコートを脱ぐと、彼女はそれを受け取ってハンガーにかけた。脱衣は手伝わずに、彼女は私が脱いだ服を受け取る役に回った。私がパンツ1枚になると、自分も服をポンポンと脱いで裸になった。アソコに毛がない。股間にオマンコのビラビラがチラっと見える。

自分が裸になると私の手を取って、シャワーに促した。私もパンツを脱ぎ、立ち上がった。テンポは早い。

彼女はまだ入って間もない新人だそうで、洗い方が慣れていなかった。洗うというよりも、泡を体の表面に乗せているだけのようなソフトな手つきだった。会話も慣れていないようで、

(私のことを)なんて呼べばいいですか?

どちらに住んでいるんですか?

土曜日はお休みですか?休みの日は何をしているんですか?

そんな風に、頑張って頑張って話をつなげようとしていた。緊張もしているのだろう。20歳そこそこのおねーちゃんが、おじさんと対面していきなり密室で2人きりである。無理もないことだ。

そんな会話をしながら、我々は風呂に入った。風呂でのサービスはなかったが、彼女は話をしながらもお湯から外に出ている私の足にお湯をかけ続けていた。浴槽が狭く、彼女の両肩は換気扇の下で空気にさらされていたが、「大丈夫」と言って肩まで浸からなかった。

攻めますね。どこを攻めるのが好きですか?

こんな感じでサービスに入ってきた。私の乳首を舐めると、今度は

キスをしていいですか?

と来て、舌で舌をレロレロされた。フェラチオをしているときも、私が声を出すと、

ここが気持ちいいんですか?

こっち(ゴールデンボールズ)が気持ちいいんですか?

などと、探られつつ攻められた。彼女は潜在的にS気があるのかもしれない。彼女が指ですっと私の肛門をなぞったときに、私が背中を反ると(無論、わざとである)、楽しそうな顔つきをしていた。結局、ゴールデンボールズ舐めは長かったが、それ以上の進展は見られなかった。

反応も良かった。ある部分が弱いらしく、そこを攻めると、

あ・・・そこ、感じちゃうんです・・・

なんて、可愛く言っていた。時間に余裕があったので、私は少し長めに彼女を攻めた。指で1回オルガズムを迎えてくださった。淡白そうに見えたが、意外に大きな声と、素のときよりも大人っぽい表情が私の興奮を煽った。

ゴムの中に射精をすると、「せい〇」さんも「ま〇ろ」さんのときのように、チンコ親父が脈をうつ度に締め付けてきた。その余韻を感じるべく、我々はしばらくの間、息を切らしながら体の正面同士を密着させていた。

まとめ

全体的に「普通」であった。彼女は自然な素人らしさが出ている。「風俗の王様」と呼ばれるソープのイメージからは遠いイメージだが、最近はこういうタイプの方がニーズが高いのだろう。ただ、アクアパレスには「素人」な子が多いので、彼女たちと差別化を図るのなら、もう少し工夫が必要だろう。

プロフィールにあるとおり、スタイルはスリムである。当然、お腹も出ていない。Webの写真はよく撮れていると思うが、話し方や態度はあの写真から想定されるものより大人である。恐らく彼女も若い男よりも、うんと年上の男に受けるタイプだろう。

もう少しだけイチャイチャ感があるといいのだが、料金を考えると、そこまで求めるのは酷かもしれない。

5段階評価

総合満足度:3
費用対満足度:3
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:3(私のタイプではないが可愛いという人もいるだろう)
スタイル:3(スリム)
サービス:3(料金を考えると十分なサービスではあるが、特徴が足りない)
嬢の印象:若い、スリム
写真とのギャップ:少し違って見えた

関連記事

2016年3月2日投稿 アクアパレス 吉原(14回目) – 小柄で子供っぽいかと思いきや、診療台の上では大人でした
2015年12月30日投稿 アクアパレス 13回目(吉原) – ナチュラル素人な方でした
2015年10月28日投稿 アクアパレス 12回目(吉原) – 「今日、この子を落とせるのだろうか?」という緊張を思い出させるセッション
2015年9月16日投稿 アクアパレス 11回目(吉原) – 超イチャイチャ、密着型でした
2015年8月12日投稿 アクアパレス 10回目(吉原) – お姉さん口調で攻められました
2015年6月17日投稿 アクアパレス 9回目(吉原) – 元モーニング娘。似の・・・
2015年3月8日投稿 アクアパレス 8回目(吉原) – 普通のサービスと思いきや、なかなかエロかった
2015年2月11日投稿 アクアパレス 7回目(吉原)-とても感じの良い女性でした
2015年1月28日投稿 アクアパレス 6回目(吉原)-綺麗系女性、美乳好きのために
2014年12月24日投稿 アクアパレス 5回目(吉原)-綺麗な瞳のギャルでした
2014年10月8日投稿 アクアパレス 4回目(吉原)
2014年08月13日投稿 アクアパレス 3回目(吉原) – お姫様との楽しいゲーム
2014年05月07日投稿 体験記:アクアパレス 2回目(吉原) – オッパイが綺麗なら女は無敵
2014年01月22日投稿 体験記:アクアパレス(吉原) – 若くて微乳なのにドエロだった

4 件のコメント

  • >特徴がない
    こういう子って、非常にブログの記事にするのが難しい気がしますが
    さすがは日本一文章が長いアマチュア社会派風俗ライターですね。
    アクアパレスでは星の数ほどいる女の子の一人になってしまいそう
    な気が拭えません。そもそも彼女のワークスタイルがそれで十分な
    のかもしれませんが、ね。
    あまり気にしたことがなかったのですが、チナスキーさんは彼女らと
    話をする際には結構ご自身のことを語られますか?あるいは、ある
    程度フィクションを織り交ぜて話すほうですか?

  • チナスキーさん
    『あ・・そこ、感じちゃうんです・・』って、なんかいいですね。
    お風呂場で聞きたい言葉100選に推挙したいと思います。

  • OKMさん
    難しかったですね。特徴のないセッションだと、記事を書くためのモチベーション管理が難しいです。
    >チナスキーさんは彼女らと
    >話をする際には結構ご自身のことを語られますか?
    質問をされたら、脚色せずに普通に話しています。以前はフィクションを織り交ぜていたのですが、面倒になりました。
    それに私から個人的なことを聞かないので、個人的なことを話す機会は少ないです。年齢くらいですかね。正直に25歳と答えています。

  • 下田さん
    ぜひ、「お風呂場で聞きたい言葉100選」に「まだタバコ吸ってるんだけど」と「(私を触る)手が冷たいんだけど」もぜひ併せて推挙してください。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)