ロベルタ(吉原) – 高級店でこういう接客されちゃうんだからね

2016年6月追記:この方は退店しました。

みなさん、こんにちは。

先週の「それとは気付きにくいエロ俳句」に続き、今週は年に1回の「風俗川柳」です。昨年の句は覚えていますか?覚えていない方、知らない方は、このブログのどこかに書いてあるので、探してください。

そして、今年の句。

吉原に 外人おしよせ いい湯離脱

どっちかっつーと、「いい湯離脱」と言いたかっただけですね。しかしですね、あながち冗談ではないんですよ。円が上がっていますから、しばらくは外人需要は見込めないでしょう。目の肥えた日本人客のために、みなさんパネマジのネジをちょっと緩めた方がいいんじゃないですかね。

ええっと、本題です。今回は吉原の高級店「ロベルタ」に行ってきました。大失格でしたよ。誰かが「今一番人気のある高級店」なんて私に吹き込んだんですけど、少なくともそのことを納得させてくれるようなセッションではありませんでした。高級店にも頑張ってほしいんですけどねー。


↑購入しました。タイトルとおり、チューをたくさんしていました。でも、そこをアピールし過ぎていないので、単調さはありません。ほんの少しだけハードになりつつある気がします。5段階評価で「4」かな。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:60,000円(100分)
フリー or 予約:予約
営業時間:10時~24時
入店時間:平日午後
待ち時間:5分
混み具合:他に1人

Photo credit: gagilas via Visual Hunt / CC BY-SA

お店の雰囲気と店員さん

たまには高級店にと思い、数日間高級店を物色した。お相手の条件は以下のとおり、

一. 顔出し、もしくは目出しをしていないこと。写真NG歓迎。口元だけ出しているのはギリギリOK。
二. 写メ日記をしていないこと。
三. 出勤頻度が少ないこと。

正直なところ、パネマジに疲れた。期待するのも疲れたし、がっかりするのも疲れた。あと、パネマジについてグダグダ書くのも疲れた。写メ日記も同様。もーマジかんべん。どいつもこいつも胸元ばっかり撮りやがって!!!

前向きな理由としては、写真で釣ろうとしていないビジネスパーソン、写メ日記という小手先の営業を使わない、(店、またはご本人が)自信を持っているビジネスパーソンに会いたかった。その三は、出勤頻度が少ない方には素晴らしい方が多いという私の経験則による。

道中、「ソシアル蘭」と呼ばれる非常に奇妙なホームページに出会い、船酔いをした。「酔わせてくれるホームページ」だ。あのページはもっと有名になるべきだ。ちなみに、基本NSのお店らしいので、「ソシアル蘭」は候補から外した。

それにしても、高級店って、どの店も同じような写真の撮り方をしている。全員DNA的につながっているんじゃなかっていうくらい、同じような写真ばかり。あれで選べと言われても、無理な話である。

最後に行きついたのは、吉原のロベルタ。写真の撮り方が他の店より普通だ。格安店でいえばアクアパレスのように見える。スタジオ臭くない。出勤頻度はよくわからなかったが、条件に合った「あ○ね」さんを予約することにした。

店の内装に高級感はなかったが、洗面台にマウスウォッシュが置いてあった。トイレも綺麗だった。

女の子

案内部屋を出たすぐのところで彼女と対面した。美人である。メチャクチャ美人というわけではないが、整った綺麗な顔立ちをしている。誰に似ているかは思いつかない。小顔の美人だ。年齢は30前後くらいだろうか。ちょい声が低め。

風俗に浸かっているようには見えず、社会人のように見えた。控えめで、大人の女性であった。横顔が特に綺麗だった。

我々はベッドに腰を下ろして、会話を始めた。

サービス

私には人の心というものが読めない。特に女性となると、もうお手上げである。

だから、それが彼女の生まれ持った性格なのか、わざとそうしているのか私にはさっぱり分からない。彼女は胸糞悪くなるほどマイペースだった。ペラペラ喋るわけでもないのに、口以外はいっこうに動かない。ときどき私は自分のシャツに手をかけて服を脱ぐポーズをしたが、彼女は会話を続けた。

120分の長丁場である。最初は特に気にせず、私も彼女と会話していた。高級店なんだから、ここから、だんだんとエロい方向になっていくのだろう。彼女はエロい方向に持っていくきっかけを探しているのか?オレがエロい方向に踏み出すのを待っているのか?

そんなことを考えている間も、会話は続いた。残酷なくらいにどうでもいいような会話が、狂おしいくらいに続いた。

彼女の表情は、どう見てもエロいことを考えているようには見えなかった。ソープ的な隙がなかった。エッチなお店に行っているのに、ナチュラルにガードされていると感じられた。多くのビジネスパーソンが出してくれる、「そろそろ、はじめる?」的なビームを出してくれなかった。

お見合いの席で、「ちょっと話が合わなさそうだけど、もっと話してみたらいい人かもしれないから、もう少し話してみよう」、そんな風情の会話が続いた。

30分、それから40分。

この女、会話で最初の60分を潰す気じゃねぇか?

私は疑心暗鬼になってきた。女が「そろそろ服を脱ぎますか」みたい振ってきた。私のシャツのボタンを外すと思いきや、

じーーー

っと、私が服を脱ぐのを待っていた。

ダメだ、この人よく分からない。

あきらめて全裸になった。私が全裸になって、自分も服を脱ぎ始めた。で、下着姿になるとベッドに腰を掛けた。我々は全裸と半裸という恰好で何をするでもなくベッドに並んで座っていた。

次のアクションは・・・ないのね。

仕方なく、私から手を出した。おっぱいを舐め、クンニをした。

彼女は、「あの~、そろそろ手を出してほしいんスけど」という私のサインをことごとく無視し、されるがままになっていた。

シャワーを待っているのかも。そうか、オレは臭いのか!

ハっと思って、シャワーを浴びようかと聞いたら、「このままでいい」と言われた。私は彼女のことを理解することを諦めた。誰かが言ったように「男は火星から、女は金星からやってきた」のだ。理解しようとする方がおかしい。

私はベッドに横になった。彼女は初めて主体的に動き、私を攻めはじめた。フェラチオは丁寧で気持ちが良かったが(世の中の大概のフェラチオは気持ちいいものだが)、彼女はペニスしか舐めなかった。

私は、ずーーと彼女の攻撃が次のステップに行くのを待っていた。彼女は無言で手コキを挟みつつフェラチオを続けた。足の付け根にもゴールデンボールズにも一瞥もくれなかった。

私はあきらめ、体を起こした。今日はたくさんあきらめる日だ。再び彼女の股間に手を伸ばす。

あれ?さっきよりも、すげーヌメリケがあるんだけど!

120分の中で私がマックスハイテンションになった瞬間だった。だけど、ビッグウェーブはそれ以上は来なかった。時計を見ると、お喋りで時間をつぶしたわりには、結構時間が余っていた。ここでヤれば、中途半端に時間が残るだろう。さりとて、他にすることもない。これ以上の前戯を創造する能力は私にはない。

もう一度あきらめて、ゴムを被せて彼女におっつけた。思いのほか、彼女は大きな声を出した。口を合わせると、彼女も私が離すまで口を合わせてきた。

が、それでも失った信頼は取り戻せない。私はなんとか果てることができた。

先日、これからは残念なセッションのときは、先に帰ってしまおうと決めたのだが、うまく切り出せなかった。それで余計にイライラした。余った時間、我々は会話をした。彼女は距離をあけていた。

この店は「恋人ソープ」を謳っている。恋人は恋人でも、「ごめんなさい、本当は好きじゃなかったの」というタイプの恋人ソープだった。

まとめ

もしできることなら、彼女に聞いてみたい。

あなたは、客があなたと120分過ごすためにいくら払っているのか知っているかい?

6万円でこの内容である。多分、私はこれが2万円以下の店でも「残念だった」と言っているだろう。高級店の彼女が、あの接客スタイルのまま、例えば格安店のハニーコレクションに在籍していたら、活躍するだろうか?しないだろう。

いったいどういう男性が彼女を好むのだろう?

「あなたが、そこにいてくれるだけでいいんです。あなただから。」

武田鉄也の浅野温子に対するような姿勢の男性が彼女の周りには多かったのだろうか。

クラブワールドの「し○」さんも、プラチナステージでチューをたくさんしてくれたあの子も、頑張って客を満足させようとしていた。彼女たちはエンターテイナーだった。今日のセッションには、エンターテイメント性の欠片もなかった。

無駄な時間に、無駄なお金をつぎ込んでしまった。

蛇足ではあるが、基本的に低評価の方の源氏名は伏字もしない。しかし、今回の方は、改善の余地がある、名前を分からなくすれば同店で頑張っている他の方々や店自体に余計な迷惑がかかる恐れがある、という理由で伏字を使うことにした。

5段階評価

総合満足度:1
費用対満足度:1
ボーイさん:4(帰りに丁寧に他の女性を紹介してくれた)
女の子ルックス:4(美人だと思う)
スタイル:3(普通)
サービス:1(出会い系レベル) 
嬢の印象:マイペース
写真とのギャップ:写真を見ていない

13 件のコメント

  • 四十郎さん
    え!?あのサイト、エロいですか?見習ってほしいですか?え!?
    私なんか気持ち悪くなって、正視にたえなかったですよ。
    よくもまーこんなサイト作るなと感心していました。
    >高級料金払ってまでNS嬢にS着で入るのは違う
    ホントに。普通に考えると、NS店の方が高いっておかしいですよね。もしくは「ゴム割り」をしてほしいものです。

  • 7、8年前にお気に入りがいたので通いました。
    そのころ、ほかの子にも何人か入ってみました。
    恋人ソープをうたっているだけあって総じてお仕事を期待される方は避けたほうがよろしいと思います。
    話をして、事をすませておしまい、そんな感じですかね。
    久しぶりにホームページを開いてみました。まだ在籍されている嬢がいました。この世界ではめずらしいのでは・・。良いのかもしれませんね。

  • こうじさん
    長い人は本当に長くいますからね。
    私の印象では、3年の壁を越えると居続けることが多いような気がします。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)