プラチナステージ 6回目(吉原) – アスリート体型の女の子

みなさん、こんにちは。

先日、というか昨日のことなんですが、当ブログ(旧の方)で高評価だった、そして引退をされたお姫様が私に対して「ありがとう」と言っていたと、ある読者の方を通じて聞きまして・・・こういうのは、本当に嬉しいですね。

ブログに書かれたことを「恨んではいない」と聞いただけでも嬉しいのですが、「ありがとう」とは。これ以上の言葉はありません。ブログをやって良かったなーとしみじみと思いました。

さて、今回は当ブログの協賛店でもある、吉原の格安店「プラチナステージ」のレポートです。お店からのおすすめの方でした。おすすめは当ったのでしょうか?

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト
↑「勘違いをしている客が多くて困っている」という相談がありました。皆さんはお心当たりありませんか?

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:17,000円(60分 ※割引を適用)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:平日午後入店
待ち時間:10分
混み具合:他に6人

Title:Silhouette of running woman, Photo via Visualhunt

 

お店の雰囲気と店員さん

平日の夕方、プラチナステージの隣の「英国屋 2号館」に入った。3人の先客がいて、2人出て行った。その隙をついて壁にかけられている在籍ビジネスパーソン達の写真を見た。目玉を猛スピードで動かしながら、今日予約した「み〇い」さんの写真を探した。彼女の写真は上から3つか4つ目の段にあった。やや吊り目だ。

うーん、どうでしょう。

羽田美智子とかオグシオのオグさんのような上を向いた弓っぽい目をした女性が好きな私にとっては、好みとは真逆の方向に行く目である。

新たに3人の客が入ってきたので、私は「ちょっとパネルを見ていただけだから」というすました顔を作りながら席に戻った。

女の子

階段の下で彼女とご対面した。だいたい写真と同じか。写真の方がきちんと化粧をしているという印象である。

だから、彼女は私のタイプからは大きく外れていた。昔の野球漫画で例えるなら、ピッチャーがボールをリリースした瞬間にバッターがクルっと後ろを向くくらいのドボールだった。先日レポートしたアクアパレスの「あ〇」さんと似ている。特に目が。「み〇い」さんも「すみれ」っぽい顔をしていた。顔がとても小さい。髪の毛がダークだ。

「み〇い」さんはセッションの途中で髪をひとつに束ね、額を出した。額を出した方が美人に見えた。最初から出せばいいのにと思った。

たぶん、若い。20代前半か半ばくらいだろうか。どちらかというとチャキチャキした性格のようで、フレンドリーにタメ口交じりに話しかけてきた。若干トークが営業っぽく、作っているような会話と笑い方が私はあまり好きではなかった。

サービス

彼女は私の服をひとつずつ脱がせては、クローゼットにかけていった。私が全裸の腰の上にタオルという恰好になると、私の前に立って服を脱がせてほしいといった。「み〇い」さんは、普通よりも半歩近くに立つという接客スタイルで、常に私の舌が届く圏内に身を置いていた。

私は彼女の服を脱がせ、全裸にした。綺麗な尻だった。かなり引き締まった体で、胸はCカップとあるが、あってBカップくらいだろう。先日記事に書いた「エ〇カ」様の胸は、同じCカップにしてはしっかりと存在感があった。

軽いいたずらのつもりで、尻に食いついた。言うまでもないが歯は使っていない。彼女の反応を見ながら、いたずらを引っ張った。それが徐々に本格的になっていき、我々は立ったままでお互いの股間を触ったり、抱き合って、舌で舌を舐めたり首元を舐め合ったりした。

オマンコを触ると、彼女の腰がカクカク動いた。彼女はエロい人だと判断し、このままコトを進めることにした。

我々はしばらく立ったままで前戯をした。チンコ親父が彼女と私の腰に挟まれていた。私の髪をぎゅっとつかんだり、顔を情熱的に撫でたりする仕草が彼女のプレイスタイルを物語っていた。我々はふたりともハァハァ言っていた。ちなみに私側のハァハァは表現である。演技ではなく表現。「悪くないですよ」をハァハァで伝えようとしていた。

彼女は立ったままの私の唇から乳首を舐め、そのままフェラチオを始めた。フェラチオの方法もアクアパレスの「あ〇」さんに似ていた。流派が同じなのかもしれない。イントロでゆっくりと舌先を使い、サビになるといきなり口に咥え高速で動き始めた。

彼女がフェラチオを終えると、今度は私が地面に座り、立っている彼女の股間を舐めた。彼女は盛んに腰を縦に振ってきた。薄めの陰毛が私の鼻に離れては触れた。

想像してごらん。立っている女の股間に、地面に座って顔を突っ込む男。そして女がその顔に何かをマーキングするように腰を前後に動かしている姿を。

指を入れても彼女の腰が動いた。自然な成り行きの壷洗い状態だった。

彼女をベッドに寝かせ、再び股間を舐めた。腰が浮くと腹筋がグっと盛り上がった。腹の贅肉がまったくない。マラソン選手のような腹部だ。彼女は腰に落ち着きがないようで、私が舌を動かしている最中、ずっと上下に動いていた。そして、

スヒースヒー

とオマンコが、舐められ舐められサーモン桃色吐息を吐いていた。オマンコも人それぞれなんだと、しみじみと思った。

私が横になると、彼女は黙ってフェラチオを再開した。舌先で股間周辺やゴールデンボールズを執拗に舐め、温まったところでチンコ親父をしゃぶる。メリハリのあるフェラチオだった。

だんだんと彼女は下半身を私の顔に近づけ、私を跨いだ。六十九固めだ。目の前にオマンコとケツの穴。量は少ないがしっかりとした陰毛が足の付け根に生えていた。彼女が私の内股を舐めると、それらは私の眼前から遠ざかっていった。そして、彼女がチンコ親父を舐めると、オマンコが戻ってきて私の顔に押し付けられた。ときどき彼女の口の動きが止まり、代わりに腰が縦に揺れた。

鏡があったら良かったのに。四つん這いの状態で男の顔に股間を押し付け、上下に腰を振る女の姿を想像して私は興奮した。

シックスナインを終えると、彼女は仰向けの私に抱きついてきて、耳元で「ねえ、入れほしい」と言った。入れてほしいと言われても、何を入れるのかさっぱり分からなかったが、彼女にお任せした。いつの間にか手に持っていた丸くて伸びるモノを私の股間に被せ、彼女は跨った。私にくっついたり、上下に揺れたり、片腕を私の胸に、もう片腕を私の腿に置いた状態で前後に動いたり・・・ジョーバの上級者向けトレーニングメニューでエクササイズをしているように見えた。

彼女は私の口を吸い、耳を舐め、「何が好き?」と耳元でハァハァ混じりに言った。

それで我々は正常なポジションに移動した。顔を合わせると水分たっぷりに激しく口を舐められた。そのまま加速していき、私は終了した。

ふたりともぐったりして、しばらくベッドで寝ていた。彼女は私に身を寄せていた。体の芯が熱いのを感じた。10分前のコールが鳴るまで、我々はプレイの感想を笑いながら話していた。

まとめ

エクササイズは素晴らしかった。エクササイズも準備運動も。興奮した。「み〇い」さんは、声の反応が良かった。声が大きいというよりも、こちらのちょっとした動きの変化に声で素早く反応した。声に強と弱、イントロとサビがあった。そしてあの活発な腰の動き。小柄な体を活かしているとも言える。

しかし、タイプでないという事実は如何ともしがたかった。後悔はしていないが、リピートは多分ない。彼女は大人の雰囲気の女性を好む人、胸が大きい女性を好む人には向かないだろう。小柄な女性が好きな方、健康的にスリムな女性、ルックスや体型はともかく一緒に楽しんでくれる姿勢に惹かれる方なら、満足すると思われる。

例えば「エ〇カ」様の静かな色気に魅力を感じる方には、「み〇い」さんの「陸上部の女の子」みたいな雰囲気は魅力として映らないだろう。「み〇い」さんが魅力的なら、「エ〇カ」様は大人に見えすぎるだろう。2人の年齢はそれほどは離れていないとは思うが、タイプが正反対である。

ちなみに、ある私の友人は彼女を「ルックス重視の人にはおすすめ、サービス重視の人にはおすすめしない」と評した。私の評価と真逆である。人それぞれというわけだ。

店によれば、本指名率が高くハマる人はハマるらしい。ブログの内容から私のタイプではないかもという心配はあったそうだ。彼女は新人ではないので、特に売り出し中というわけでもない。ソープ店は、ときどきこういう冒険をするものだと私は経験的に理解している。

5段階評価

総合満足度: 3
費用対満足度:4 
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:3(タイプではない)
スタイル:4(好みが別れると思う。世間一般からするといいスタイルだと思う)
サービス:4(技は丁寧だが、それよりも反応の方が目立った) 
嬢の印象: 引き締まっている
写真とのギャップ:写真の方が少し派手に見えるが、ほとんど同じ

関連記事

プラチナステージ 5回目(吉原) - 「おいしい」と言われ崩壊した

2016.11.23

8 件のコメント

  • アスリート体型は興味ありますねえ〜
    陸上選手っぽいというと、少し前のAV女優瀧川花音を
    思い出します。

    内容も良さそうですし、立ったままからの前戯は興奮しますね!

    • m.jきっつねさん、コメントありがとうございました。

      瀧川花音というAV女優さんは知りませんでしたが、画像を見たら確かにあんな感じの体型でした。
      いつもと違う方向から入る準備運動、というのが最近好きです。

      • >画像を見たら確かにあんな感じの体型
        むっちり系も好きなんですが、こちらも好きなので早速候補リストへ!

        >いつもと違う方向から入る準備運動
        僕も先日気が付いたら、床で準備体操してました(笑)
        決まった動き以外にも乗って来てくれる嬢はポイント高いですね。

        • m.jきっつねさん、コメントありがとうございます。

          >決まった動き以外にも乗って来てくれる嬢はポイント高いですね。
          そうですね。「あ、いや、そこ床だし・・・」みたいに冷静に言われたら、萎えてしまいますね。

  • 今回の記事は彼女の魅力というよりもチナスキーさんの文筆力を思い知らされました。

    ところどころに入るどうしようもなく気持ち悪い表現(ほめ言葉ですよ)や世界的ヒット曲をちりばめながらのレポートは、私では及びません。

    「常に私の舌が届く圏内」今のところ今年一番の表現を頂戴したと思っています。

    私の場合は、先に記事にされた「あ○」さんは内角低めのストライクですので、本記事が久々にプラチナステージへ足を向けるきっかけになるかもしれません。(実はいまいちチナスキーさんのストライクゾーンを特定できない)

    あと、蛇足ですがMJきっつねさん同様に私も瀧川花音は好きです。

    • OKMさん、コメントありがとうございました。

      はて、世界的ヒット曲なんか散りばめたかな?と思いましたが、桃色吐息の部分でしょうか?でも、「散りばめる」っていうくらいだから、他にもあるんですかね?
      なお、私も自分のストライクゾーンが特定できていません。未だ開発途上です。

      • oh…。「想像してごらん」のくだりは、てっきりジョン・レノンの「Imagine」をもじってるのかと思いました笑

        よく「想像してごらんよ、世界中の人たちが…」というかたちの歌詞和訳が出てくるので。

        脱線ですが、基本日が当たらない世界の(失礼)この手のblogにたいして女の子からお礼を言われるというのは珍しいですね。きちんと働いて役務を提供してくれる方には客誘導、地雷の方にはノーマネー。色々とグレーな世界ですが、そのなかでもこの鉄則だけは守られるべきと思う次第です。

        • OKMさん、あー、変な言い方かもしれませんが、拝借したかも。

          まあ、本心は分からないですけどね。何かと目立つ人は叩かれる世の中ですから、結果的に予約が増えて儲かったとしても、選択できれば書いてほしくないという方は多いと思います。もしくは引退してみれば、目標達成ができたので良かったけど、現役のときはブログに書かれたことは不快だったという方もいるかと思います。なんか、話が逸れたかな・・・

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)