ロマネコンティ(吉原) – 見事な美巨乳にフリーで遭遇!

2017年4月10日追記:この方は退店されました。

こんにちは、チナスキーです。

覆面ソープ調査団「ソープファンネット」のメンバー(会員番号0001)であり、先日、秘書室のレポートを書いてくださったOKMさんが2発目のレポートを作成してくれました。吉原の格安店「ロマネコンティ」のレポートです。1960年よりも前に生まれた方は、「ロマネコンチー」と呼んでしまう店です。

「ソープファンネット」作戦は着々と進んでいまして、メンバーがレギュラー化すれば採用のハードルが一層高くなります。興味を持っておられる方はお早めのご応募をお願いします。

今回は、写真とのギャップはアレだったみたいですが、随分とお体が美しい方だったようですね。なお、OKMさんは無類の巨乳好きで、「ソープファンネット」の巨乳調査課長の役職に就かれています。詳細はレポートをご覧ください。


↑カリビアンコム。2016年TOP10動画を一般会員(通常は超VIP会員限定らしいです)にも開放するというキャンペーンをやっています。上原亜衣さんの作品が3つもありますね。2月15日までの期間限定なので、ご興味のある方はお早めに!

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:25,000円(80分。「HP見た」割引適用で▲3,000円))
フリー or 予約:フリー
営業時間:9時~24時
入店時間:平日13時ごろ入店
待ち時間:10分
混み具合:他に1人

お店の雰囲気と店員さん

その日、私はとにかく人肌による癒しが欲しくて吉原を彷徨っていた。何店かふらりと入り、店員からあいている女性の説明を受け、私の希望との交渉を行った。この交渉の部分、意外に店員の質が分かれる。

「とにかく早く選んで」ばりに大した情報もなく「みんなおすすめ、大丈夫。自信持って言います」なんて言われても、実質的には何の説明にもなっていない。私はそういうときには、例え高級店で店員2人に囲まれてても断固店を出る。この日のように。

アクアパレスの別館?だったはずのロマネコンティを見かける。独立したようで、入ってみると受付が少し変わっていた。

私の希望を3ポイントに絞って伝える。その結果提示された2名で迷っていたところ、店員さん曰く「友達系・あかるい感じを望むなら○○さん」「ご奉仕・癒し系ならか○なさん」との説明を受けた。

費用は、3千円の割引が利いて80分25千円也。

OK、そのプロポーサルにのってみようじゃないか。店員の提案に対して25千円を投資することにした。待つこと10分。番号で呼ばれご対面である。

女の子

待合室を出て少し左に向かうと見えてくる階段でご対面。

「こんにちは、宜しくお願いします」

その場で深々と一礼されながら、名刺を出している。あまり経験がない斬新なスタートだ。思わず、仕事の癖で両手で受け取る。彼女は顔を上げて、そのルックスが明らかになる。

「どちらさんでしょうか?」

これが私の第一印象だ。

写真の面影は、髪型以外にはない。地味すぎる。素朴すぎる。ほんと、田舎にいそうな芋っぽい女子大生がそのまま20代半ばになった感じだ。失礼を承知で言えば、私にとって彼女のルックスには惹かれるものはなかった。割引率は85%(つまり原型は殆どない)と踏んだ。先ほど費用計上した25千円は、回収不能になりうることを覚悟した。

鞄を持ってくれて入室。改めて自己紹介と脱衣アシスト。声が細いというか、時たま聞きとることができないことがあるものの、コミュニケーションに難ありではないことは分かりちょっとだけ安心。

風俗の世界で擦れてる感じもせず、こちらがお客様という前提の上でこまごまと気を利かせてくれる。ただ、ちょっと気を遣いすぎな感覚も否めない。服を脱がせてみる前に少しスキンシップをした。すべすべ感と適度なむっちり感に、もう少しだけ安心した。

ブラを脱がせてみた。胸は見事な美巨乳だった。その重みに少しだけ綺麗なたわみが発生している。バストトップの色素は薄めで、全体的にとても扇情的な胸だった。私はこの系統の胸を「魔巨乳」と呼んでいるが、まさにこの胸もそれだ。お腹は少し油断があり、くびれはない。ただ、むっちり好きにはたまらないのではないか。

私は、25千円の投資回収に目途が付けられそうなことに安堵した。

サービス

少しだけキスをする。彼女は私の上唇を、私は彼女の下唇を互いにはむはむと挟む。ソフトだけど楽しいキス。

彼女は、シャワー前におっぱいを貪るのを許してくれた。私はベッドに座り、彼女はトップレスで立ったまま。パンをこねるときのようにその胸を柔らかくもみしだき、硬く尖ったあの部分を吸って舐めて埋まって、時には少し甘噛み。私は、しばしの間変則的なスタンディングおっぱいバーを堪能した。

その後はお風呂へ移動。ボディ洗いとイソジン洗浄後に混浴。今度はお互いに深いキスを交わしながらお風呂の中でくんずほぐれつ。キスをしながら私の手は胸をまさぐり、彼女の手は私の親父を両手でしなやかに扱いてくれる。至福の時。

ベッドへ行き、私から攻める前に彼女のNGを確認。すると「下を強く扱われたり口で攻められたりするのはちょっと痛い・・」と、控え目ながらも明確に返ってきた。この部分の評価は人によって大きく分かれるであろう。たくさん攻めたい、オンナのあの部分を触り舐め指を盛んに出し入れするという遊び方を望む人は、彼女を選ぶべきではない。

私はもともと下の部分を攻める傾向はほぼないので、別に気にならなかった。その分、深いキスをしつつ、唇と肌と胸を思う存分貪った。お乳しゃぶり虫状態と化した私は、途中で少しだけ下の現状を確認した。よく潤っていた。もちろん冒頭の本人の希望を覚えていたので、すこーしだけ人差し指であれをこうしただけ。

攻守交替。彼女の攻めはシンプルだった。キスの後、綺麗ではない私のバストトップを攻め、手を使わない口淫へ移行。変なペース配分や技術はないが、口と頬の感覚が気持ち良い。

装着してIn。

上で彼女は上下に腰を揺する。喘ぎ声は控えめだが、腰の使い方が上手いのか気持ち良い。しばらく彼女のいちばん深い上下運動を堪能し、上下交代。

私は仕事の疲労とストレスが自分の限界を超えると女の肌に癒されたくなる。この日もそうで、それまでの疲れで一瞬なえかけた。しかし彼女の胸と肌の滑らかさを味方に走り切り終了。

無事に、25千円の投資回収に成功した。

まとめ

後で知ったが、彼女の2016年12月の写メ日記にルックスのヒントとなる写メが出ていた。ご覧になっていただければ彼女のルックスを推し量ることができるが、少なくとも私のタイプではなかった。彼女自身も自分のルックスでは勝負しようとしていないのか、カラダを前面に押し出した写メをよく挙げている。その通りでカラダはいいものをもっていた。もう少しお腹を絞ると、なかなかのボディになるのではないか。

因みに、帰り道ですれ違った彼女と同年代の女の子のルックスで勝ち負けをつけてみたところ、彼女の勝率はおおよそイチローの打率を推移していた。やはり、私は彼女のことを可愛いとは言い切れないようだ。写真を見て期待が高められたのも原因であろう。

ルックスでは勝てなくとも、カラダは十分。ホスピタリティも標準程度にはある。彼女のカラダと少しのメンタルを借りて得た癒しは、25千円の価値は十分にあったものだった。ただ、人間とは贅沢なもので、一度経験してしまったものの価値は下がってしまう。私は彼女を再度指名するか否かは、まだ答えが出ない。まあ、ソープ遊びとはそんなものだろう。

5段階評価

総合満足度: 3
費用対満足度:4
ボーイさん:3(好みから女の子を勧めてくれたのはOK、でも普通の範囲内)
女の子ルックス:2(写真で上げられた期待がなければ、「3」になったかもしれない)
スタイル:4(グラマー系)
サービス:4(胸を好き放題させてくれたのでOK。ただ攻めたい派にとっては2以下だろう

嬢の印象: 素朴
写真とのギャップ:5(ただし、上述の写メ日記を見て対面した場合は私ほどのギャップは感じないと思われる

5 件のコメント

  • 「田舎にいそうな芋っぽい女子大生がそのまま20代半ばになった感じ」は私のどストライクです!
    どのお店でもそういう娘の写真は加工されてケバくなっちゃっているのでなかなか探すのが難しいのです。
    貴重な情報ありがとうございます。今度突撃してみます!

    • はせけんさん

      コメントありがとうございます。OKMと申します。

      本当に芋っぽいけど、ご覧になっていただけたとおり一通りのことはしてくれます。あまりガシガシ攻めないようにしてあげてください笑
      愛称が合うことをお祈りしております。

    • はせけん、コメントありがとうございます。そうですね、とりあえず目をデカく、キラキラというのが現在の風潮ですね。私は、芋っぽい女性は好みではないですが、「地味な美人」が好きなので、お気持ちは6割くらいは分かる気がします。ぜひご感想をお聞かせください。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)