綺麗でエロいおねーさんが好きな方に!吉原アクアパレス「しょ〇」さん

みなさん、こんにちは。

新年度になりましたので、タイトルの書き方を変えることにしました。実験です。

ところで、みなさん、私の後追いをされている方はいますか?後追いをされた方は、是非ひとことでもコメントをいただければ幸いです。「記事と全然違ったんですけど」という内容でも結構です。1人で書いた体験談には情報の信頼性という点で限界があります。他の方のコメントがあって、初めて価値のある情報になると思っています。

誰かが書き込めばみんな書き込む。みんな書き込めばみんなの役に立つ。さあ、みんなで書き込もう! ただし、誰かの個人情報や名誉を損なうような書き込みはお控えください。

さて、今回は吉原の格安店「アクアパレス」24回目のレポートです。つい先日、早番のNo.1の方が卒業をされましたね。もう一度お会いしたかったです。あんなナチュラルエロなビジネスパーソンって、他にいるのでしょうか。

それにしても、退店後すぐに名前と写真が在籍リストから消えてました。退店後でも写真がHPに掲載している風俗店が多い中、素晴らしいじゃないですか。しかし、褒めてばかりいるとステマとか言われるので、「ま、世間一般から見ればとーぜんのことなんですけどね」と言っておきます。

「簡単に何度もイッてごめんなさい」許しません!お仕置きに中出しをおみまいしちゃいました!
↑写真よりもちょっとギャルっぽいですが、メチャ可愛い素人さんです。最後の「中に出しちゃったの~ダメだよ~」と泣き声で訴えて、男優(?)が「大丈夫、ほとんど外に出てきたから」となだめるシーンがハイライト。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:17,000円(60分)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:平日午前入店
待ち時間:10分
混み具合:他に2人

お店の雰囲気と店員さん

昼頃のアクアパレスは閑散としていた。いつもカウンターに七並べのように並んでいる写真も6枚しかなかった(1枚、ものすごい美人がいた)。店頭に立っている店員も2人だけ。案内部屋にいた先客は2人だった。店全体に開店間もない朝の新鮮な空気が残っていて、すがすがしかった。ソープは朝が一番だ。

女の子

今回予約したのは「〇」さん。日本ハムの「中田〇」の「〇」である。「しょ〇」さんとしよう。

彼女は私の好きな女優にちょっと似ていた。ほら、あの名前が読めない綺麗な女優。松岡・・・ネットで検索するのに毎回Wikipediaの「あまちゃん」を経由しないと検索できない人。松岡茉優だ。目元が松岡茉優に似ている。髪型も似ている。軽く肩にかかるくらいのショート。それと南果歩にもちょっと。私のタイプだった。

彼女はアクアパレスの階段に隠れるように潜んでいた。顔が合うと、満面の笑みで迎えてくれた。155cmの小さな体で華奢である。プロフィール写真と同じ服を着ていて、ちょうどプロフィール写真と同じように胸の膨らみが目立っていた。年齢は28歳くらいだろうか。大人の女性の風貌である。

サービス

我々はベッドに座って、服を着たまましばらく会話をした。会話をしたというよりも、8割が彼女の話で、2割が私だった。大人の女性ではあるが、彼女はお喋りだった。内容はわりと面白かったが、話が長い。自分で自分のことをお喋りと言っていた。お喋りの人ってみんなそうだけど、話が終わると思ったら追加情報を出してきて、途切れるタイミングというものがない。

私は「そろそろ」という意味で自分のボタンに手をかけた。彼女もそれを察してくれて、話をフェードアウトさせ(すぐには止めてくれない)、脱ぐのを手伝ってくれた。私がパンツ1枚になると彼女は自分でコスチュームを脱ぎ、下着は私に脱がせた。胸は服の上の印象よりも小さく見えた。

いつものように手を出そうとしたが、その前に彼女が「お風呂に行きましょう」と手を差し出してきたので、素直に彼女に従った。彼女はシャワーを浴びているときも喋っているが、私の体を洗う手は手際よく動いていた。体を洗うと、2人で風呂に入った。私にもたれかかる彼女。意識が会話に集中してしまい、おっぱいを揉むのを忘れた。

ベッドに横になると、彼女は上から少し挑発的な笑みを浮かべて、私の口に舌を押し付けてきた。欲情を煽る、はしたないキスだった。軽く乳首を舐められ、そのままフェラチオをされた。彼女はチンコ親父を咥えながら、ときどき私の目を見た。私の反応を試すような目つきだった。さっき会話をしていたときとは、別人の目つきだった。この、出会ったばかりの素の表情とエッチなときの表情が数分の間に見れるというのが、自由恋愛の優れた部分である。ムラの外だったら、短くて数時間、長くて数ヶ月は要するのだ。

彼女は私の目を見ながら、舌をゴールデンボールズに移した。そして徐々に下の方にーフィンランドで言うならヘルシンキの方向へ進んでいった。あと少しでサンクトペテルブルクというところで、スカンジナビアに戻り、再フェラチオをした。しかし、今度は指先で凱旋門を軽く触っていた。これは良い兆候だった。

私の反応を見て、再びレニングラード包囲戦。彼女は「門」を旋回するように尻の臀部を渦を描きながら、攻め込んできた。彼女が私の心を読んでいて、その上でわざとジリジリと舌を動かしているように感じられた。そしてあと一歩、あと5ミリメートルというところで、舌を引いた。近くて遠い彼女の舌先。舌付かずのまま取り残された門。自由恋愛の限界か。

あきらめて起き上がった。我々は前に進まないといけないんだ。こうしているときも時は歴史を刻んでいる。彼女も起き上がった。私は下の方から手を伸ばした。

あれま!ちょーヌルヌルなんですけど!!!

防衛大臣!事態しております!周辺が事態しております!

「舐めてると濡れてきちゃうの・・・」

彼女は苦し紛れの答弁をした。検分をすると陰毛が液にまみれていた。彼女は陰毛を処理しておらず、濃いわけではないが、雑木林状態だった。それを見て、私はもう少し性的興奮した。私はじらすように彼女の股間周辺を舐めた。陰毛が私の舌の行く先を阻んだ。

「すっっっごいイジワルな舐め方・・・」

お喋りであった彼女は、たびたび私の指や舌による追求に感想を漏らした。私にはそれが楽しく、盛んに、しかしゆっくりと長時間に渡って舌を動かしつづけた。

私の攻めが一区切りすると、彼女はどこからか取り出した薄皮を私に被せた。正常なポジションを取った。体を起こして揺れていると、

「ねえ・・・」

「何か?」

「ねえ、チューして・・・」

まあ、そこまで言うんなら。私は彼女に覆いかぶさってチューをしてやった。舌と舌が盛んにこすれ合う。彼女は左手を私の背中に回した。耳元と首筋に唇が当たった。

そのまま揺れていると、「イキそう、イキそう、イキそう」と連呼しはじめた。連呼が止まり、彼女の動きも止まった。私が動くと、

「あ、ゆっくり!」

と言われた。注文が多い。

くっついたり離れたりしながら、私は終わった。我々はお茶を飲んだ。コールが鳴るまでゆっくりしましょ、と彼女が言うので我々はベッドに横になった。私はお互いの背中や尻を撫でながら、会話をした。会話をしたというより、私が彼女の話を聞いた。彼女の肌は、ツルツルスベスベとは言い難く、ところどころカサカサした部分を指に感じながら、私は彼女を撫で続けていた。

まとめ

満足度で言うと「3」か「4」かで迷うところではあるが、ルックスが好みだったのと、一緒に楽しんでいるような一体感があったので結論は「4」である。彼女には大人のエロさがあった。サービス内容は「普通よりちょっといい」というものだったが、「ドライブ感」があった。盛り上がっていく様を感じた。

最初私は彼女を28歳くらいと思ったが、服を脱がせると30歳くらいと思った。この点は残念に思う人もいるかもしれない。それとお腹は出てはいないが、胸は小さい。とにかく若い子!という方や、おっぱい!という方にはおすすめできない。

この辺りのポイントを想定しておけば、お顔やサービス内容で不満を持つ人は少ないと思われる。私が会ったときは、ソープを始めて間もないそうで、「お客さんが求めている接客をしたいから、お仕事系にはなりたくない」と言っていた。そういうビジネスパーソンである。

5段階評価

総合満足度:4
費用対満足度:4
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:4(美人であり、タイプであった)
スタイル:3(スリム)
サービス:4(濃厚ではなかったが、エロさがあった)
嬢の印象:話が多い、目がエロい
写真とのギャップ:顔を出している写真を見ていない

関連記事

どちらかというと、同じ満足度4でも私は下の記事の「と〇み」さんの好きである。エロさでいうと、今回の「しょ〇」さんの方が上だと思った。

アクアパレス 吉原(22回目) - チューしていい?だって

2017.02.15

それと、私のレポートではないが綺麗なおっぱいが好きな方は下の方がおすすめ。

アクアパレス 23回目(吉原) - 磨き抜かれた美しいボディライン

2017.03.24

2 件のコメント

  • チナスキーさん、こんばんは

    アクアの彼女辞めてしまいましたね
    先日のコメントでは失礼しました。
    彼女からお会いしてる方には卒業を告げてると言われたので
    あんな風に書いたのですが、スミマセン。
    配慮が足りなかったです。

    私は都合4回お会いすることができました。
    特に最後は未だかつてないぐらいの
    体の底からのほとばしりで果てることができました。
    マイベストセッション決定です。

    今後は彼女を超える子を探していきたいです。

    お気に入りのお給仕娘も卒業して心にぽっかり穴があいています。
    穴があったら入れてみたいです(笑)

    でもそう言いつつ、お気に入りの花を咲かせるかもしれない
    お給仕娘2人に水をあげてきました。

    アクアのこの子も気になりますね。

    しかし、本日からまた東京を離れました
    今度は海の外...

    帰国は6月上旬です。

    海の外ではオイタはしないので
    今回水をあげた2人がそこまで僕の帰宅を待っていてくれることを信じて
    世の中の役に立ってこようと思います。

    この子にも会えたらいいなと思います。
    ひと月後辺りで電波のあるところにたどり着きます。

    では、それまでしばし!

    • tkimさん、まあ、ご本人がみなさんに言っているということであれば、そこまで気にしなくていいですよ。本当に問題だと思ったら、コメントを書く前に削除しちゃいますから。どうぞ、ご心配されないでください。

      tkimさんは、ロス症状をよく発症されるようで・・・このペースであれば、すぐにお気に入りの方が見つかるのではないでしょうか。

      お仕事お気をつけてください。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)