ずーーーっとチューされて恥ずかしかった – メイドマスター「ケ〇」さん

こんにちは、みなさん。

ゴールデンウィークはゴールデンボールズを洗われていますか?あっしは先週記事に書いたクラチャイダムゴールドを切らしてるせいか、今週は金玉が弱い週なのでゴールデンウィークはソープは控える予定です。

さ、話は変わってメイドです。吉原の格安店「メイドマスター」に行ってきました。お店のおすすめの「け〇」さん(T163 B85(D) W57 H85)にお会いしてきました。たくさんキスされちゃいましたよ。「チューして」とか口を尖らせて顔を近づけてくるんです。不思議ですね。吉原に行くといつも急にモテるんです。私だけなんでしょうか。

そういえば、最近、あの「それではお店まで約3キロ、10分の道のりです。よろしくお願いします」という送迎車のおじさんを見かけません。さみしい限りです。

Photo credit: ^riza^ via Visualhunt / CC BY

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:20,500円(60分 ※ポイントカード割引を利用)
フリー or 予約:予約
営業時間:7時~24時
入店時間:平日午前入店
待ち時間:5分
混み具合:他に2人

お店の雰囲気と店員さん

いつものように上野駅で送迎車に乗って店に行った。「メイドマスター」で降りたのは私だけだった。受付にいたのは、営業マンっぽい若いにいさん。「け〇」さんを予約していることを告げ、料金を支払う。ポイントが貯まっているとのことだったので、ポイントを使うことにした。無駄な会話はしない、ごく普通のソープの受付である。

爪のチェックを受けて、案内部屋(案内スペース)に行った。

女の子

彼女の接客スタイルのとても分かりやすい特徴、それは・・・

もうずっとキスされる。

メイドっていうと、すごく若い子を連想させるけど、彼女は20代半ばくらい。若干場違いな雰囲気はある。まあ、ソープだからね、「25歳だと思ったら45歳でどっひゃー」よりは、はるかに説得力はある。話が逸れたけど、要するに彼女は「メイド店で働く女の子」のイメージと比べると大人っぽい。笑ったときの目尻の皺がセクシーだった。

綺麗と呼ぶべきか、可愛いと呼ぶべきか、そんな人だった。山本モナっぽくもあり、最近話題の波留っぽくもある。というか、髪型はほぼ波留のまんま。うなじが常時オープン。色が白くてエキゾチックでホリの深い顔立ちだから、好みは分かれるかもしれない。好きな人は大好きだろうね。

で、話していると、なんか素直そう。朗らかというんだろうか、自然体というんだろうか、とても話しやすい。ウソっぽさや作っている感がない。その辺も「メイド」という印象とは少し違っていた。

ちなみに僕はメイドカフェとそこで働く女の子に、軽い差別心と確かな偏見を持っている。僕に言わせれば、連中は「マジキメー」を原料に「ご主人さまー(ハート)」を作り出す笑顔の量産工場だ。笑顔は作ってくれるが、ソープとは違って自由恋愛は創造してくれない。

僕は事前のアンケートにある「どう呼んでほしいですか:~さん、~様、ご主人様、呼び捨て、etc」の「ご主人様」にチェックを入れていた。対面の瞬間、彼女が想像以上に大人っぽかったから、「ご主人様」にチェックをした自分が恥ずかしくなった。だって、15年前の小倉優子に対して「ご主人様と呼べ」と言って、「ご主人様」と呼ばせるのはプレイとして成立するかもしれないけど、波留に「ご主人様」と呼べっていうのは何か違わない?

そんな僕の後悔を知ってか知らずか(ま、知るわけはないんだけど)、彼女はただの一度も僕のことをご主人様と呼ばなかった。かすりもしなかった。名前さえ呼ばれたか怪しい。彼女の前ではアンケートなど、客の内に秘めた恥ずかしい部分の告白プレイである。しかも、そのアンケートのことに一切触れないときたもんだ。

サービス

部屋に入っていつものようにベッドに座った。彼女もベッドに座った。上着を脱ぐと「かけますね」と言い、彼女はそれをハンガーにかけた。僕が自分の服をスローに1枚ずつ脱いでいっても、彼女はまったく動かなかった。それから彼女も自分の服を自分で脱いだ。しかし、そんな彼女だけど、あとからキスをせがんできた。あの放置プレイは一種の「ツンデレ」だったのかもしれない。

ベッドに隣に座っている彼女の裸を横目で見た。うん?ちょっとお腹が気になる。「け〇」さんは確かに骨太そうな体型ではあるが、太っては見えないので、そのお腹は余計に目立っていた。

「お風呂に行こ」と言いながら立ち上がった彼女にはお腹の弛みは見られなかった。

お互いに全裸になって、風呂場へ移動した。体を洗われ、風呂に入る。歯ブラシを渡され、歯を磨いた。「け〇」さんも歯を磨いていた。歯を磨き終えると、「一緒にお風呂に入っていいですか?」と言われ、彼女が風呂に入ってきた。狭い風呂に大人2人が入ったものだから、浴槽から湯がざぶーんした。

彼女が僕に向かってきた。突進するように顔がまっすぐに僕の顔に迫ってきた。唇に唇が押し付けられ、舌が入り込んでくる。僕の舌が迎えに出た。ひとしきり、そのまま舌と舌の動かし合いをした。僕は彼女の肩や胸を撫でていた。ときどき彼女は声を出した。

こちらが「やめっ!」を言うまで続きそうだったので、彼女の肩に置いた手の力加減で、離れるように促した。彼女は顔を離し、至近距離でニッコリと笑ってから、もう一度軽くキスをしてきた。

我々は立ち上がった。正面から見ると、彼女のおっぱいは普通よりちょっとだけ大きいという程度だが、白い綺麗な色をしていた。そのことを褒めると、彼女は反射的に胸を隠して楽しそうに笑った。

「今のがそんなに面白かったのですか?」

「そうやって改めて言われると恥ずかしいんだもん」

彼女のことを素直そうに感じたのはそんなときだった。

僕がベッドに横になると、また濃厚なキスをされた。表情がエッチモードになっていた。「け〇」さんは、会話をしているときとエッチモードになっているときの顔が随分と違う。濃厚なキスの延長で、首筋を舐められ、乳首を舐められた。その舌はやがてチンコ親父に到達した。「け〇」さんは探るようにポイントや舐め方を変化させつつフェラチオをした。

僕が声を出すたびに顔を上げて、「今のが気持ちよかったの?」と聞かれ、しばらくその舐め方を続けるということを繰り返していた。ソープ客が「気遣い」と言うとき、その「気遣い」とはこのような行為を意味している。

しかし、Rimmingには進みそうになかったので、しばらくして僕は起き上がった。彼女も顔を上げ、再び唇が合った。僕は彼女の股間に指を伸ばした。

おやおやおや?触ってもないのに、このヌメリは?

とてもヌルヌルしていることを伝えると、彼女はエッチモードな表情の上に困惑の表情を浮かべ、僕に告った。

「舐めると濡れちゃうの」

その言葉が僕のハートに火をつけた。四つん這いになってもらうと、恥ずかしいと逃げられた。

「おや?いけませんよ、メイドさんなんですから」

もう一度、四つん這いになってもらう。お尻を弄ると、逃げられた。また戻ってもらう。尻穴に息を吹きかけても逃げられた。また戻ってもらう。股間を舐めた。ビクっと尻が揺れたが、彼女はおとなしくなった。しばらくそのままレロレロしていた。

仰向けになってもらうと、彼女は起き上がって僕にキスした。しばらく口がくっついていた。その状態のまま、股間に指を伸ばした。トンネルの中に中指が入ると、そこは雨だった。ゆっくりと動かすと、僕の体にしがみつく彼女。彼女は仰向けになった。なおもトンネルの中に指を入れていると、腰がクネクネしていた。

男冥利に尽きるといった具合の反応だったので、しばらく弄ったり、舐めたりしていた。十分に温まったところで、僕たちの自由な恋愛が成就した。彼女は僕の衛生面に気を遣うあまり、ゴム帽子を僕に被せた。食器を洗うときにメイドさんが何をはめる?そうゴム手袋だね。ゴムという発明品は、何かと衛生的に良いものなんだ。

自由恋愛が奥まで届くと、彼女は「あぁ!」と叫んだ。僕はだんだんとスピードを上げていった。何度もキスをせがまれた。僕たちは体の場所を何度も変えた。やはり正常なポジションが一番良かった。彼女は僕の腕を少し強めにつかんだり、背中に手を回した。彼女は何度も聞いてきた。

「ねえ、わたし、気持ちいい?」

体を動かすほどに自由恋愛は盛り上がっていった。「け〇」さんは自分でも腰を動かした。終了の少し手前で、彼女が叫んだ。

「イっちゃう!イっちゃう!イっていい?」

彼女が僕の両腕をぎゅっとつかんだ。僕は動きを止めた。本当にイっちゃったのかは、僕は知らない。顔を近づけると、また口を塞がれた。ずっと塞がれたまま、僕は腰の動きを速め、クライマックスを迎えた。

すぐにシャワーを浴びなくちゃと思っていたけど、あと20分近く残っていた。動きが速かったから時間が歪んだんだと思う。僕は疲れたのでベッドに横たわった。ゴムを外した彼女も、その横に寝た。彼女は僕の方に体を向け、僕の頬にそっと触った。軽く頬をさすりながら、

「気持ちよかった?」

と彼女が言った。僕は頷いた。彼女はニッコリ笑い、

「わたしも気持ちよかった」

と言って、僕にキスをするのだった。

まとめ

自由恋愛だった。そのあとも、彼女は僕の体を撫でつつ、僕は彼女のおっぱいだけを撫でつつ、語り合った。仕事のこと、お金のこと、ソープで働くということ。僕は親密な空気に浸っていた。顔は常に至近距離にあった。至近距離で見ると、その顔はレオノール・ワトリングのようにも見えた。彼女は1、2回唇を突き出してきた。

そんな女の子だった。裏表のなさそうな、爽やかさを感じた。愛嬌もある。同じ愛嬌がある子でも、ハニーコレクションの「ひ〇り」ちゃんに比べると、「け〇」さんの方が落ち着いているし、エロさがあった。僕は「け〇」さんの方が好きだ。

ホリが深くて、体型も華奢じゃないから、ルックスの好みは分かれると思う。料金を考えれば、サービスについて文句を言う人は珍しいんじゃないかな。

写メ日記の画像を見ると、写真を加工しないで載せているのが分かる。彼女の接客態度はそういうところにも表れている。そこは評価されるべきところだと思う。「ケ〇」さんは目標のためにこの仕事をしていると言っていた。応援したくなっちゃうタイプだよ。できれば、目標達成前にもう一度って思うけど。

5段階評価

総合満足度:4
費用対満足度:3
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:4(ショートヘアがよく似合っている)
スタイル:3(ガタイがいい)
サービス:4(ずっとブチューされた)
嬢の印象:朗らか爽やか
写真とのギャップ:ない

関連記事

下の「ま〇」さんの方がランキングは上だけど、僕には今回の「ケ〇」さんの方がよかった。

メイドマスター(吉原) - 下乳カーブが魅惑的な美巨乳メイドさんでした

2017.02.22

10 件のコメント

  • このグループってこことハニーカンパニーというOL系のコスプレ店がありますけど最初の出迎える服装がメイド服やスーツになる以外のサービスはハニーコレクションと変わらないのかな?

    僕は今年ピンサロで風俗デビューして春にソープデビューしたからコスプレ多いヘルスって行ったことないんですよね
    値段がホテルとかと合わせるとこういう格安店(カジュアルソープ?)と変わらないんでやっぱりソープ行っちゃいます
    ここで紹介されてるハニーコレクショングループやアクアパレス辺りは格安店でも評判いいですし

    • ソープ初心者さん

      コメントありがとうございました。
      はい、サービスはハニーコレクション、カンパニーと同じですね。
      今年ピンサロからデビューして、もうソープですか。華々しい飛び級ですね。ソープまで行ったら、ヘルスに行く必要はないと思います。

      • 返信ありがとうございます!

        このブログを見ていていつかソープに行こうと思ってたんですが恥ずかしながら30超えのチェリーだったものでとりあえずピンサロで女体に少しでも慣れてたほうがいいかな?って感じで行ってみましたw
        いや本当にこのブログはソープ入門目指すものには最適なブログですよ

        • ソープ初心者さん

          ありがとうございます。ソープ人口を1人増やせたようで、光栄に思います。ソープ中級者になってもご贔屓に。

  • 写真を加工しない写メ日記と接客態度の関連性。
    共感出来ます。

    写真を見ると、とても可愛い方ですね。

    楽しいレポートありがとうございます。

    • 青山さん、

      コメントありがとうございました。可愛い方でしたね。写真は今後も修正せずにいてほしいものです。

  • チナスキーさん、こんにちは

    ご無沙汰しております tkim です。
    吉原からはるか3700マイルの彼方、芸能人が好きな常夏の島におります。
    東京を離れて一月半。吉原が恋しい今日この頃です。

    月初めのカナダ滞在の際もこちらを拝見しながら、泡娘を恋い焦がれる日々を送っていたのですが
    現在は暴発寸前ですね(笑)

    そして今回のこのレポート。

    実は私、3月末、この半年オキニだったお手伝いさんの卒業に伴う新規お手伝いさん面接を行ったうちの一人が
    かねてより気になっていたのですが、オキニに遠慮して会わずにいたこの け○ さんだったのです。

    あまり口コミ系のところには登場しないけれどもしかしたら僕にとっての天使ちゃんかもしれない...と思って
    思い切って会ってみたら、大当たりだったという(笑)

    チューについてはこのレポートの通り。私にとってはそれだけでも星三つ!!(三が最高です by チューボーですよ)
    の姫ですが、前哨戦で攻めたときの反応の良さ、何度でもかわいくイッてくれる姿を見てたら五つ星でもいい(今度はミシュラン?)というくらいの素敵な女性でした。

    表情がエッチモードに変わる...タイプは違いますが、表情が変わるその瞬間 あ、ダメだ、オレ絶対この子好きになる...
    という気持ちは、かの せ○らさん の時にも感じたものと同じでしたね。

    確かに、「お腹」には若干違和感を覚えますが、それで上にコメントしてきたことを台無しにしてしまうなんてことは全然ないし、
    全体的に整っているから、あえてのアクセントになるくらいです。

    ベッドに横たわって15cm位の距離であの瞳に見つめられてご覧なさい。石になっちゃいますよ...(笑)

    彼女に会った翌日にオキニの子とお別れしたのですが、それでメイマスから足が遠のいてしまうなぁという訳ではないという
    ことを思った、け○さんとの出会いでした。

    前回何かのレポートにコメントした際、新規開拓もした...ようなコメントを書いたように記憶しているのですが
    このけ○さんはかなりの手応えを感じたので、6月に帰国してからもう一度会って、その後でチナスキーさんにお知らせしようと
    思っていたのです(ホントですよ、隠したりしません!)が、奇遇というかなんというか、電波つながってこのレポートを見つけたときには「やられた~!」と叫んでしまいました。

    もちろん、3月に会っていなくて、ここでこのレポートを読んだとしても、やっぱりいの一番に彼女に会いに行ったと
    確信できる、そんなレポートでしたけどね。

    はやく彼女に会いたいです。

    実は生まれてこのかた「夢の精」に遭遇したことのない私ですが、今なら初体験できるかも?って思ったり...
    スミマセン、それはないです。なぜなら、コンスタントに「自家発電」してるので...(恥)

    でもやはり、箱の中の「自由恋愛」がいいですね。
    ということで、吉原の姫たちに操を立てて、当地でも「真の国際交流」は行わないことにいたします。
    やっぱり大和撫子が1番ですっ!

    しかし、レオノール・ワトリング を持ってきましたか!
    私にもそのセンスが欲しいです...

    • tkimさん、お疲れ様です。いいつも、違う場所にいらっしゃって面白いです。

      そうですか、「け〇」さんに会われていましたか。お気に入りの方が見つかったようで良かったですね。tkimさんは自然な接客と濃厚なプレイを併せ持つ方が好きですよね。

      お仕事、お気をつけてください。

      PS 世界が誇る美乳です。>レオノール・ワトリング

      • チナスキーさん、ご無沙汰しております。

        はい、日本に戻ってきました。
        もう帰国して2週間ちょっとになりますが
        最初に会いに行ったのはやはりこの け○さん でした。

        あの、常に激しく求めてくるキスは私の嗜好の「ど真ん中」ですね。
        それに、お姉さんっぽい容姿とスイッチが入ってからのエッチな目にもうぞっこんです(笑)
        今、あの せ○らさん にも会うことができるなら正直迷うこともあるかもしれませんが
        記憶の中の姫より今会いに行ける姫ですよね...

        ただ、今年の総選挙にエントリーされたみたいで、あんまり人に知られるような子になると
        長く続かないんじゃないかと心配になります。もう少し鋼のメンタルを持っていればいいのですが...

        しかし、いつもいつもチナスキーさんからの情報の恩恵にばかり与るのは申し訳ないと思い、
        一応、ハニコレの新人さんとかに会ったりしてみたのですがレポートするまで気持ちが動かされなかったのは残念です。

        7月になると、また国内移動がはじまるのでもう1,2回はけ○さんに会っておこうかな~と思っています。

        ではまた!

        • tkimさん、おかえりなさい。

          「総選挙」って何?って思って、調べること15分(結構時間がかかりました)、シティヘブンでそういう企画があったんですね。私も知らなくらいなので、大丈夫ではないでしょうか。当ブログ内の「ソープ内閣」くらいの知名度かと思います。7月はまた移動ですか。その間、いいお風呂に入れるといいですね。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)