北野のぞみにそっくり!- 吉原アクアパレスの体験入店さん

みなさん、こんにちは。

先週のサイバー攻撃を生き抜いたブログ「君の源氏名は。」の管理人チナスキーです。

当ブログはときどき、風俗Q&Aというサイトを紹介しているのですが、そこで現役ソープビジネスパーソン兼介護士の方が、いつも深爪でいるけれど最近客から「もう少しオシャレしたら?」と言われるけど、男性の皆さんどう思います?という質問をされています。

毎日「天然由来」という言葉に踊らされている私は、加工した爪などには少しも魅力を感じず、自然な爪の方が綺麗・痛くない・美しいで悪いことなどひとつもないと思っているのですが、皆さんそうではないのでしょうか?ネイルがあったら、私はかなり残念に感じると思いますが、その前にあまり気にしていないので、気付かないかもしれません。

話は変わりまして、今回は吉原の格安店「アクアパレス」のレポートです。これで26回目のレポートです。

フリーで行ったら、店員の方に体験入店の準ビジネスパーソンを猛烈にすすめられまして、「まあ、そこまで言うんなら・・・」と決めました。結果は表題のとおりです。会った瞬間、感動に近いもの覚えました。

北野のぞみの、いっぱいコスって萌えてイこう!
↑本記事で話題になる北野のぞみさんの、おすすめの作品です。しかも風俗モノ!当ブログ読者の方ならRimmingのシーンに感動すること請け合いです。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:19,000円(60分)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:平日夜入店
待ち時間:10分
混み具合:他に2人

 

お店の雰囲気と店員さん

アベがジワジワと、実ににジワジワジワジワと、あの手この手で巧妙にして凶暴な手口で、私の自由を奪おうとしていた。遅かれ早かれ私は「某かの組織的な犯罪を手助けしたと言えなくもないかもしれない、いや、多分、どっちかつーとシロよりもクロっぽい」みたいな理由で逮捕されるらしい。

今のうちに、権利があるうちに、「夏休みの最後の3日間」のフリーを享受しておこうと、アクアパレスに出かけた。

受け付けは店員しかいなかった。暇そうな空気が漂っていた。カウンターに6、7枚の写真が並んでいた。聞いたこともない名前の子たちばかりだった。

「誰かいい子はいますか?」

カウンターの奥にいたおじさんに聞いてみた。

「そうですねぇ・・・あっ、体験入店ですっごくいい子がいますよ!」

写真はまだできていないそうだ。

「とにかく可愛いから。さっきも常連さんが入られたんですけど、絶賛してましたから。100点連発ですよ」

最近のアクアパレスは入店間もない子だと、出口調査(店を出るときに口頭で感想を聞いて、おじさんが「ふむふむ」とメモを取るという作業)を行っている。

私はおじさんのいうことを信じて、その子に決めた。渡された番号札には「新人②」と書かれていた。「新人②」では味気ないので、本記事では「北野」さんとする。

女の子

おおっー。北野のぞみの顔だ!

階段に隠れるように立っていた彼女は、北野のぞみにすっげー似てた。

「こんばんはー」

と明るく、やや高い声で挨拶をされて、上に連れて行かれた。

「3階だよ。歩くよっ!」

そんな感じの女の子だ。

人懐っこい子だった。最初から最後までタメ口だった。外見は地味ではないが、地味路線。要するに北野のぞみである。

「まだ体験入店とお聞きしました」

「そう!こういう店で働くの初めてなのっ!キャバクラとかも経験ないから、お客さんみんなに『なんで?』って言われてる」

「楽しいですか?」

「楽しいっ!楽しいっていうか、おもしろい!」

年齢はどれくらいだろうか。22、23歳くらいだろうか。「接客の流れをすっごいてきとーに説明された」と言った彼女は、確かに素人接客だった。お友達の部屋にいるみたいな接し方だ。そしてエロくは見えなかった。そのときは。

サービス

私の隣に、少し距離を取って彼女は座っていた。私が服を脱ごうとしてもいっこうに動く気配がない。パンツ1枚になっても動かなかった。自分の服も脱ごうとしていなかった。

「では、そろそろ服を脱ぎませんか?」

そう促しつつ、彼女の服に手を伸ばした。

「うんっ。この服ここからなの。ここからファスナーを下ろして、下からガバっ」

私はセーラー服を模した彼女の服を下からガバっした。ブラジャーを外すと、お椀をふたつひっくり返した形の造形物が見えた。細身と思わせて、なかなか立派なおっぱいだった。とても美しかった。腹も出ていない。腰の細さのわりに、尻は大きい。こういうスタイルを女性は羨ましがるのだろう。

少しちょっかいを出した。彼女は、笑いながら恥ずかしいと言った。わざと顔を近づけると、唇に軽くキスをされ、クスクスと笑った。体をキレイにしたいという彼女に従って、風呂場へ行った。

「ほら、こんなところに飲料水用の蛇口があるの!」

なんてことを言いながら、彼女は私の体を洗った。確かに順番が変で、背中から流された。

泡のついた指で亀頭をマッサージしながら、

「ねえ、これどう?気持ちいい人?くすぐったい人?あたし、これ上手いって言われたんだから」

無邪気にそう言う北野さんに私は「ホ」の字だった。

体を洗い、ベッドに行った。座った状態でキスをすると、2人のつながった口の中で北野さんの舌が私の舌を索敵していた。私はその形の良いおっぱいを揉んだ。若さ溢れるハリがあった。

素人とのことで、先ずは私から攻めた。そこかしこを触ったり、舐めたりした。オマンコを指でそっと触れると、けっこうな湿り気であった。彼女は手マンをする私に正面からもたれかかって、耳元で「恥ずかしいよ」を連発するという高難易度な技を繰り出してきた。

彼女は「それいい」とか「これ好き」とか、明るい声で言いながら私のプレイを受けた。飾らず、演出もしない雰囲気が天使ちゃんだった。

ひととおり攻めて、私はベッドに横になった。彼女は次に何をするのか少し迷ったあとに、私にベロキスをした。乳首を軽く舐めてフェラチオをした。S的な何かとM的な何かを併せ持つ、文武両道の彼女は私の反応をニタニタと見つつ、フェラチオをした。ゴールデンボールズ舐めに私がオーバーに反応すると、

「こっちがいいの?こう?下の方?」

からかわれながら、舐められた。舌が実にあたたかかった。私は時間を気にしつつ、ゴールデンボールズ舐めに喘いでいた。自分の喘ぎ力に未来を託していたが、彼女の舌も私の願いも、結局はケツの穴には届かなかった。

あきらめた私は起き上がって、もう一度手マンをする。さっきより汁々しかった。

私が持った印象では彼女はけっこうなエロいビジネスパーソンに感じられた。そのことを指摘すると、そこそこの男性経験があるような話をしていた。プレイ中も普通に会話をするのも彼女の特徴であった。

彼女が私にGを装着し、我々は「多くの人々がアクアパレスに来る目的の行為」(以下、X)をした。彼女は私の眼下にいた。揺れるおっぱいが美しかった。カニで言うところの、「身がしっかりとつまっている」タイプだった。小さいくせに1杯2万円くらいするやつレベルだ。

我々は盛んに動いた。舌も腰も動いた。ジェットコースターのように体勢を次々に変えた。

後ろからすると、腰と尻がきれいな曲線を描いていた。腰を打ちつけながら、尻をぎゅっとつかんだ。彼女は、

「お尻叩いて」

と懇願してきた。ご希望に応え、尻を何度も平手打ちした。彼女は声を上げた。

正面からすると、体にしがみつかれ体表の密着している部分に熱がこもった。口周りは唾液にまみれた。いい女だった。我々はオーバーヒートのまま加速していき、終了をした。終了後もしばらくの間、体を接着していた。もう一度舌を交わして、体を離した。

我々は行為の感想を言い合った。私は彼女のことを褒めた。彼女は笑顔で「嬉しい」と言った。敬語を一切使わない彼女は、言うことに屈託がなく、気持ち良さがあった。知的と言いがたいが、感性がありそうだった。

まとめ

と、いうわけだ。

しかし、である。彼女は入店していないっぽい。というか、入店したのか分からない。アクアパレス名物の「フリーで行って、すすめられるままにスゲーいい子に会ったけど、名前が分からないし、入店しているかどうか分からない」ビームが発動された。読者の話を聞いている限り、こういうことはアクアパレスではよくあるらしい。

彼女は「こういう店、初めてだから試しに来ただけ」と爽やかに言っていた。

もし、このまま彼女が入店しなかったら、結果としては「ふらっと風呂屋に立ち寄った行ずりの男女が肌を合わせただけ」という、それはそれでちょっと興奮させてくれるストーリーが成り立つ。

そんな僕たちのワンアワーラブストーリー。

自由恋愛サイコー。自由万歳。

5段階評価

総合満足度:5
費用対満足度:5
ボーイさん:5(おすすめに従って良かった)
女の子ルックス:5(可愛い)
スタイル:5(痩せているのにしっかりとしたおっぱい)
サービス:4(サービスは素人だけど、反応はエロ)
嬢の印象:あまりにも北野のぞみ
写真とのギャップ:写真がなかった

関連記事

以下、アクアパレスの最近の高評価記事。

こんなおじさんに、こんなにもイチャイチャしてくれるなんて!吉原アクアパレス「夏〇」さん

2017.04.21

アクアパレス 23回目(吉原) - 磨き抜かれた美しいボディライン

2017.03.24

綺麗でエロいおねーさんが好きな方に!吉原アクアパレス「しょ〇」さん

2017.04.05

アクアパレス 吉原(22回目) - チューしていい?だって

2017.02.15

10 件のコメント

  • アクアパレスあるあると言うか、いい人だったが氏名不詳という奴ですね。北野さん、という名前で入ってほしいけど、このリプを関係者が見るとそうではなくなるかもしれませんね。

    どうでも良いのですが「ホ」の字ではなく、「ボ」の字になる、が状況を正しく表しているのではないかと思いました。

  • いいですねえ、格安店のフリーでこういう大当たりに出会うとは羨ましい限り。

    「自由万歳」は。ご時勢がら満腔の共感(笑)。

  • 自由さいこー

    ですね。いい女に巡りあえて良かったです。昨年の夏の出来事でしたか。

    精神的に余裕がないとフリーはなかなか、

    精神的開放の一助としてのソープ詣でが基本ですので、精神的余裕のあるときには行かないのです。

    とは言え、ネット予約初対面は、フリーとは違うドキドキがありますね。これは、意外と好きです。

    フリーで地雷遭遇はある種納得せざるを得ませんが、予約初対面の地雷は、厳しいです。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)