人はオデコだけでは加藤ローサになれない – 吉原コートダジュール

ボンジュール、コマンタレブー?チナスキーです。ウィ。

長い読者の方は存じだと思いますが、チナスキーと言えば、コートダジュールです。コートダジュールと言えば、チナスキー、グレース・ケリー、夏のリビエラ。ご存じでなかった方は知っておいてください。

で、今回、ちょっとしたダジュール違いで、吉原の大衆店「コートダジュール」に行っちまいました。前回の訪問は3年前だったんですね。そのセッションがあまりに素晴らしく、思い出を塗りつぶしたくないために長らく訪問を控えていました。

その間、巨乳専門店になったり、中級店から大衆店に変わったりと、迷走しているようにも見えますが・・・店は見た目では分かりません。実態調査に出かけました。

ソープランドガイド
↑トップにある「ラストシーン」の「ゆづき」さん。スタイルいいですねー。最後のおへそまで出しているシーンをご覧ください。ここまで見せられる方も少ないのではないでしょうか。プロフィール見たら、96FのW56だそうです。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:17,000円(60分)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:平日19時30分頃入店
待ち時間:10分
混み具合:他に1人

Title:cote d’azur (Villefranche-sur-Mer), Copyrighted by Stephen Bartels

お店の雰囲気と店員さん

店に入りフリーであることを告げた。カウンターには店長らしき人物が座っていた。目の前のモニターにすぐに入れるビジネスパーソンの写真が映っていた。モニターに触れると写真が見れるとのことだった。最新テクノロジーを駆使しているわけだ。5、6人が「即姫」状態だった。暇な時間帯と言われる平日の夕方のちょっと前ということもあるのだろうが、思うに、度重なるリニューアルでまだまだ客が少ないのだろう。

誰がおすすめか聞いてみた。店長氏は、「では、ご紹介しますね」と言い、1人ずつ詳しく説明をしてくれた。そこに拘りがあるのか、「この子はマットができない」「この子のマットは評判がいい」と、マットを基準にして彼は説明をしていった。途中で「60分なのでマットは不要」と言った。それでも彼は隙あらばマット情報を追加していった。

マットアピールは愛嬌である。ここまで丁寧にビジネスパーソンのことを紹介してくれる店なんてそうそうない。感動さえした。今はまだ客が少ないのかもしれないが、受付がこの接客をしてくれるなら、確実に贔屓客は増えていくだろう。

結局、彼のおすすめは2人に絞られた。新人ビジネスパーソンと安定の人気ビジネスパーソン。どちらかというと新人がおすすめということを、彼は言葉の端々に滲ませていた。「本当に可愛い」「ビジュアルは間違いない」と彼は強調した。「〇〇さん、可愛いよね?」と近くにいる若い店員の同意を求めた。「間違いないっす」といった具合に店員は頷いた。

コートダジュールと言えば、かつて「あ〇り」さんという伝説的なビジネスパーソンを排出した名門店である。「大人の女性の魅力とはこういうこと」というビジネスパーソンだった。あの頃と経営は変わっているのかもしれないが、名門の名を引き継ぐ店だ。私は店長氏を信用し、〇〇さんを指名した。

女の子

あの茶番はなんだったんだろうか。

何が「間違いないっす」だ?あのパネルは間違いだらけじゃねぇか。

ブサイクとは言わないかもしれないが、「本当に可愛い」からはかけ離れている。

もちろん、好みはひとそれぞれである。だが、限界があろう。100歩譲って、好みによっては「可愛い」という人もいるかもしれない。本人の中で彼女を可愛いと思っている分には、何ら問題ない。地球は周り、季節はめぐっていく。

しかし、そういう人がソープ店のカウンターに立つと不幸が連鎖する。味覚音痴が調理場に立つのと同じだ。それだけで色々な立場の人たちが不幸になっていく。

彼女に会った瞬間に似ている芸能人が思い浮かんだ。

オデコだけ加藤ローサ

残念ながら、人はオデコだけ加藤ローサでも美しくはなれない。

彼女はちょっと「おっかさん」ぽかった。元気で明るかった。年齢はよく分からない。30ちょっとくらいか。確かに目元は写真に似てなくもない。それが顔全体になると、まっさかさまに落ちて別人になる。あの写真は彼女(もしくは店)のDesireなのだろう。

サービス

経験則で言えば、満足なセッションは多様である。恋人っぽさ、濃厚なサービス、しっとりとした雰囲気、抜群の外見、擦れていない素人っぽさ・・・優秀なビジネスパーソンたちは、多様な理由で客を感動させる。「あ〇り」様も3年に1人というほどには美しいわけではなかったが、何もしていないのに色気しか感じないという唯一無二の特徴があった。3年以上前に90分会っただけなのに、彼女のセッションははっきりと覚えている。

話が逸れた。戻そう。

反対に悪いセッションのパターンは、いくつかの型にはまる。ローサさんは、博多のバービーちゃんと、ハニーカンパニーにいた自称変態さんを思い起こさせた。彼女たちの共通点は、ムダな余裕があることだった。

ローサさんは、コートダジュールは入店間もなかったが、以前別の店で働いていたそうだ。それ自体は問題ではない。ベテランだから悪いということはない。しかし、彼女の接客は「こなしている感」たっぷりだった。

「はいはい、次のお客さん。はい、服脱いで。あ、手伝いましょうか。それで、マットがいいの?それともベッド?そう、ベッドがいいの。じゃあ、おフロいきましょー。そこ座って」

実際にそんなやり取りがあったわけではないが、そんな雰囲気だ。事務的ではなく、こなしている的。この雰囲気と「おっかさん」っぽいお顔&体のライン(太っているわけではない)が絶妙にブレンドされ、それぞれを増長させていた。

彼女は、店に慣れていないから部屋の使い勝手が分からないという、これまた「不満足セッションあるある」のひとつ、「言い訳の乱れ打ち」を繰り出してきた。風呂場にいる間、彼女は「部屋に慣れていない」を連呼し続けていた。

今日は失敗だ、と思いながらベッドに横になっていると、彼女が覆いかぶさってきた。軽くキスをされた。彼女はすぐに顔を離し、私に質問をした。

「もしかして、ディープキス苦手な人?」

「いいえ、好きな人です」

「そう。なんかディープキスが苦手そうだったから」

彼女はニコっと笑って、もう一度軽くキスをした。

そこからは普通のセッションだった。彼女は地雷ではない。ごく普通のソープで行われるサービスを彼女は提供した。私も彼女を攻めた。彼女の尻は月面のクレーターみたいなセルライトに覆われていて、それが彼女の雰囲気やルックスによくお似合いだったが、そんなこと誰が文句言えよう。私の肌もカサカサである。

Gを装着して、我々は重なった。おちんちんというのは欲望に忠実なもので、きちんと勃起していた。そして、私は性的に興奮していた。顔を向かい合わせていた彼女に何度かキスをした。しかし、彼女のキスは常に浅かった。

終了しそうになかったので、私は途中であきらめた。

彼女は「ごめんなさい」と言った。私は「いえ、睡眠不足で疲れているんです」と言い訳をした。彼女はハンドジョブをしたが、私はそれも諦めた。

金玉袋に残った不良在庫の子チナスキーちゃんたちは、次のソープセッションに持ち越されることになった。

よかったね、1週間長生きできて。

まとめ

パネマジのせいでよく分からない。

実際にいいセッションではなかったのか?パネマジによるがっかり感が、セッションの印象を悪くさせたのか?どっちなのだろう?それにしても、どうしてこんなことを考えなければならないのだろう?私は信じただけなのに。

世の中にある「ゲーム」の多くは、誰かが幸せになった分だけ、他の誰かが不幸になる仕組みになっている。でもパネマジって、関係者のほとんどにとってマイナスをもたらす。店は評判を落とすし、当の客は泡ふいて卒倒する。今回のケースだと辛うじて「ローサ」さんは不幸にならないが(彼女の場合、もともと不幸であったように思える)、関係者全体を見れば、幸<不幸だろう。だからパネマジはダメなんだ。まあ、広い目で見れば、低パネマジ店に利益が流れるわけだが。

彼女はその後ほとんど出勤をしていないようだ。プロフィールには、何の説明もない。おそらく既に辞めているか、おすすめではないのだろう。フリーで彼女を選んだのはかなりの不運だったと言える。

とりあえず、私はこの店のツイートが好きなので、もう少し様子を見てみようと思う。あと1回訪問して、またパネマジをくらったら、当面は出入りを見合わせるだろう。

ちなみに、件の「あ〇り」さんだが、同じ名前の方が在籍されているが、別人に違いない。新「あ〇り」さん、スタイルや写真を見て以来、気になって仕方ないが、パネマジが怖い。でも、気になる。でも、パネマジが。しかし、もしかしたら・・・

5段階評価

総合満足度:2
費用対満足度:2
ボーイさん:1(やってはいけないこと)
女の子ルックス:2(普通の範疇かもしれないけど)
スタイル:2(腰の括れがなかった)
サービス:3(普通)
嬢の印象:「おっかさん」っぽい、バービーちゃんっぽい
写真とのギャップ:パネマジ

6 件のコメント

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)