エロい反応におじさん心をくすぐられた – 吉原アクアパレス「〇奈」さん

こんにちは、チナスキーです。

Twitterをやっていると、最近「東京オリンピック反対!」の意見をよく見かけます。なんなんでしょうね、ああいう人たち。10年前から反対しろよって思いませんか?最初から反対していた人たちもいるんでしょうけど、明らかに開催決定前よりも反対意見が増えていますよね。岩崎恭子さんみたいな若い子がメダルを取ると、今度は「感動」を連呼しはじめるんです。ホント、ウンザリします。私は連中のケツの穴に新型ミサイル南極2をぶちこんでやりたい。

しかし、どうなるんでんしょうね、吉原は。せめて、NS禁止くらいに留めてほしいものですが、昔ここで語ったようにチョメチョメしていることが前提にならない限り、ゼロにするか知らないフリをし続けるかどっちかかな、と個人的には思っています。

で、レポート。今回は吉原の格安店「アクアパレス」のレポートです。新人の「〇奈」さん。今回の方は良かったですねー。興奮度合いでは昨年の「さ〇と」さん以来でした。まあ、しかし私のお友達の評価はそこまでは高くはなかったようなので、好みによるところが大きいのかもしれません。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:17,000円(60分)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:平日19時30分頃入店
待ち時間:10分
混み具合:他に4人

Photo credit: Fran J.R. via Visualhunt.com / CC BY-SA

お店の雰囲気と店員さん

送迎車のドライバーさんはとりあえず、名前を告げるとニコリともせずにドアを開けた。後部座席には私ともう1人おっさんが乗っていた。すぐ後に、助手席にも別の客が乗り込んできた。ドライバーさんは無言を貫き通していた。

久しぶりのアクアパレス。店員のメンツがガラっと変わっていた。知らない顔ばかりだった。この店には珍しい若い(?)おにーちゃんもいた。

先客の受付を待っている間、受付カウンターの前の壁にびっしりと貼ってある女の子たちの写真を1枚ずつ高速の目の動きでチェックした。可愛い子がたくさんいる。

だからこそ。

名前くらい書いておいてくれよっ!

これじゃ、誰が誰だがさっぱり分からない。時間と余裕があれば、「ねぇねぇ、この子誰?」って聞けるのだが、写真があまりに多すぎるし、人が行ったり来たりするこのカウンターの前でそれができるのはごく限られた人たちだけだろう。実にもったないことである。

女の子

今回予約したのは、新人の「〇奈」さん。T152.B84(C).W58.H85の「〇奈」さんだ。「最近、どーよ?」って聞いたら、店からすすめられた。

本店の階段の下で、ご対面。

まあ、可愛いかな。嬉しくて「勝訴」って書いた紙を掲げて走るほどじゃないけれど、普通に可愛い。髪の色が部分的に明るく、髪だけ見るとギャルっぽい。ちょっとあの子に似てるかな、この店の「ま〇み」さん。私の顔面にシャワーをぶっかけた子。年齢も同じくらい。「ま〇み」さんよりは、少し落ち着いた雰囲気の若い女の子。

まあ、しかし、「〇奈」さん。とても柔らかいおカラダをしていて。柔らかいといっても立位体前屈がすごいとかそういうことじゃなくて。触ったときの、感触がね。どこ触っても、ぷにーとしていて。なんと言うんでしょう。若い女の子特有のモチモチ感と言いましょうか、脱皮してシャープになる前の生々しい弾力感。

おじさん、触っているだけで生気がみなぎってきた。

そういうタイプの子。体型は普通かちょっとムチムチ気味といったところで、見た目以上に柔らかさがあった。ついでに色白の綺麗な肌だったから、まー心地よかったね~。

サービス

「〇奈」さんは髪型はギャルっぽかったけれど、わりとしっかりしている。服を脱がされて、こっちも彼女の服を脱がせて、乳繰り合いからのなし崩しという技をかけようとしたけれど、「夏だからシャワーを浴びましょ」と優しい言い方ではあるものの、頑な雰囲気でシャワーを主張された。私はおとなしく従った。

会話をしながら、丁寧にまんべんなく体を洗われた。後ろから、股間に手を差し入れて肛門とタマ袋を洗われたときは、「あ~、こんなおじさんのバイ菌繁殖地帯をこんなに丁寧に洗ってくれる若い女の子がいるなんて、人生は戦うに値するな~」ってしみじみと思った。

体を洗われると私は風呂に入って、彼女は私に歯ブラシとコップを渡して自分はシャワーを浴びはじめた。

そのテキパキとした動作から、彼女が衛生にかなり気を使っているのが分かった。私は湯船からそんな「◯奈」さんを眺めていた。

この子、色白でVゾーンが黒々してるの。陰毛から水が滴る様子に、人知を超えた、興奮させる何かを感じた。できれば、もしも私の声が聞こえるのなら、手を入れていただきたくない!今でもそう願っている。

シャワーを浴び終えると、今度はイソジンでうがい。それが終わると彼女も風呂に入った。風呂では何をするでもなく会話。彼女は明るかった。ポンポンと会話のラリーが続いた。

風呂から出て、私はベッドで仰向けになった。彼女もベッドに上がってきた。

「受けと攻め、どっちが好き?」

「どちらも好きです。貴女は?」

「わたしもどっちも好き」

そう言うと、彼女はニコっと楽しそうに笑った。彼女に会った人は分かってくれると思う。彼女のニコっはおじさん属性にダメージ5倍。私の暗い人生を照らす太陽拳だった。

彼女は遠慮がちに私の唇を唇で触れ、離してはまた触れるということを繰り返した。そしてさっきよりも強く唇が当たったかと思うと、舌が入ってきた。仰向けになっている私は彼女の背中に手を置くと、それがまるで合図だったみたいに一気に体を委ねてきた。彼女の体から温かさと柔らかさと多少の体重が伝わってきた。

柔らかい舌が私の首筋、胸、脇腹を這っていき、玉袋に到達した。彼女の方を見ると上目で私の顔を見ていた。目がさっきよりもキリっとしていた。攻撃色になっていた。こういう表情もするんだと感心した。

ボールズを舐めると、今度はチンコ親父。私の反応に応じてポイントを変えていた。私の声のトーンが変わると「ここ気持ちいいの?」と聞いて、そこに何度も舌を走らせる。フェラチオが終わると、玉袋を吸いはじめた。私の腰が浮くと、彼女はまたニコっと笑った。私は腰を浮かしたり、声を上げたりと努力をしたが、彼女の舌は私の肛門には届かなかった。あきらめて私は起き上がった。

しゃがんでいる彼女と足を延ばして座っている私。彼女のオマンコに指を伸ばすと、指先がヌルヌルした。そのことを彼女に指摘した。

「舐めると濡れちゃうの」

彼女は私に正面からもたれかかって、耳元で囁いた。私はゆっくりと指を小判を描くように動かした。陰毛のふさふさを手の平に感じていた。

「ああーそれ気持ちいいー」と言って彼女はますます私にもたれかかり、私の肩に頭を乗せた。髪の毛が私の頬をくすぐった。ベッドの上で向かい合って座り、彼女はチンコ親父を握り、私は彼女の股間をまさぐったり、乳首を舐めたりしていた。肌の白い彼女は、綺麗というよりも(綺麗だけど)、扇情的なおっぱいをしていた。Cカップながら、152cmの小さな体との相対を利用して、存在感のあるおっぱいだった。質感があった。

彼女を寝かせて、もう少し中指を動かした。ヌルヌル感が増していった。徐々に増水するというよりも、ある時点で量が増え、次のある時点でまた量が増える、そんな増水段階を追っているように感じた。

私は彼女の股間に顔を埋め、陰毛の茂みに鼻を突っ込み、舌を小豆の上で動かした。

「あぁ!そのゆっくりとしたの!すっごく気持ちいいっ!」

「お兄さんの舌の動かし方いいっ!」

そんな感想を節々で述べていた。ゆっくりされるのが好きらしい。至近距離でオマンコを見ると、火口付近に糸が何本か見えた。こんな卑猥な景色ってなかなかない。

「ねえ、もう入れたい?」

そう言われ、私は頷いた。彼女は枕元のタオルの中に隠していた「突撃一発」を取り出し、私に施した。私は突撃した。口を合わせると、彼女の舌が激しく動き、私の唇周辺を唾液で濡らした。

性的興奮がうねった。頭が熱くなってきた。

調子に乗って、彼女の体を持ち上げ対面座位をした。

「ああ!!!これヤバイ!!!」

彼女は声を上げた。なんつーか、自分にこんなに腰力があったのかっていうぐらいに、2人の体重を腰だけで持ち上げて、座位のままベッドの上で跳ねた。ソーパーズハイの状態である。自分の腰の潜在能力が120%引き出されていた。

密着していた体を離して、「向かい合って座ったままする」座位をして、正常なポジションに戻って、横バックをして・・・グルグルとポジションを変えて、最後は正常なポジションになった。がーーーーっと腰を動かして、最期を迎えた。終わった直後に、10分前コールが鳴った。

我々は感想を言い合いながら、シャワーを浴びた。彼女は最初と同じように丁寧に私を洗い、イソジンのコップを差し出した。

服を着て部屋を出ようとするときに、彼女は両手を大きく横に広げ、ガバっと私に抱きついてきた。そして口をすぼめながら、顔を上げた。

「すっごく楽しかった。ありがとう!」

彼女はそう言って、我々は階段をおりていった。

まとめ

特にこれがいいという点はない。顔は可愛いけれど(美形というよりも可愛い)、特別美人というわけではない。胸は質感があったが、スタイルはちょっとムッチリしている。サービスも特筆すべきことはしてくれなかった。でも、反応に男心を激しくそそるものがあり、興奮した。明るくて、ベタベタしてくる接客も悪くない。

興奮度(つまり満足度)で言えば、アクアパレスの歴代3位に入ると思う。それと、今回よく分かったのだが、私は一定以上の性的興奮を得ると座位をする傾向がある。

私のすすめで友人2人が「〇奈」さんに入った。彼らの評価はオール4だった。私の評価と大きくは外れていないが、雰囲気的に私ほどの興奮はなかったようである。相性の問題なのかもしれない。2人とも非喫煙者だが、1人はタバコの匂いが気になったと言い、もう1人は気にならなかったと言っていた(私も気にならなかった)。

接客スタイルは反応重視のおじさん層に受けるだろうが、慣れているようなので初心者の方が入っても満足できるだろう。後悔する人は少ないだう。前述の友人2人は何も言っていなかったが、彼女の太ってはいないのに(痩せてもいない)感じる柔らかさは彼女の大きな特徴だと思う。

5段階評価

総合満足度:5
費用対満足度:4
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:4(ちょいギャルっぽい髪型だけど可愛い)
スタイル:4(普通からムッチリの間くらい)
サービス:4(反応もサービスとすれば5)
嬢の印象:ギャルっぽいけどしっかりしてそう、若い
写真とのギャップ:写真を見ていないけれど、体型、髪型ともにWebの画像のとおり

関連記事

こんなおじさんに、こんなにもイチャイチャしてくれるなんて!吉原アクアパレス「夏〇」さん

2017.04.21

綺麗でエロいおねーさんが好きな方に!吉原アクアパレス「しょ〇」さん

2017.04.05

アクアパレス 23回目(吉原) - 磨き抜かれた美しいボディライン

2017.03.24

アクアパレス 吉原(22回目) - チューしていい?だって

2017.02.15

感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)