スタイル抜群!ベタベタされました – 吉原シャガール「ち〇つ」さん

こんにちは、チナスキーです。

今回は吉原の中級店「シャガール」のレポート(7回目)です。一時期は在籍がかなり減っていましたが、増えてきましたね。S着店の在籍が増えるのは大変良いことです。

ちなみに、わたくし、先日たまたま某店の店長ブログにものすごく美しい方が入店されているのを発見したのですが、その店が100%NS店と知ってから、以前にも増してS着店を応援することにしました。NS店などウンコだと思っているのですが、断言すると殴られそうなので、あくまで私の個人的な思いとして留めておきます。

今回は「ち〇つ」さんという方にお会いしてきました。何人かの友人がとても高く評価した方です。彼女は私にとっても天使様だったのでしょうか?

それと、来週の水曜日はお休みします。来週の金曜日は・・・誰か原稿をください。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:30,500円(90分)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:平日午後入店
待ち時間:5分
混み具合:他に2人

Photo credit: pedrosimoes7 via Visualhunt / CC BY

お店の雰囲気と店員さん

とてもあっさり。店に入るとカウンターの周辺におじさん店員ふたり。名前と予約しているビジネスパーソンの名前を告げて、案内部屋に入った。おじさんが、お茶とお絞りを持ってきて料金を払った。5分かそこらでご案内。おじさんたちは、余計なことは何も言わず、対応は普通に丁寧。何も足さないし、何も引かない。

女の子

「ち〇つ」さんについては、我が友2人から評判を聞いていた。美人でスタイルがとてもいいらしい。そのうちの1人は「満足度5」だったそうだ(もう1人のお友達の満足度は不明だが、評価は高いようだ)。一青窈に似ているとか、波留さんに似ているとか。

ちなみに、私は一青窈は受入れ不可能で、波留さんはできれば結婚を前提にお付き合いをしたいと日々の生活の中で思っている。マイナス(一青窈)にプラス(波留さん)を合わせて、プラスになったから行くことにした。

しかし、残念ながら、「ち〇つ」さんの表面に波留さんを思い出させるものと言えば、髪型ぐらいであった。どちらかというと、目元が天海祐希だった。目が天海祐希に似てると言えば、賛同する人は少なくないと思う。ああいうシャープな目だ。お顔の輪郭もシャープだった。

タイプかタイプではないかと聞かれると、タイプではない。

年齢はよく分からない。我が友は21~22くらいに見えたと言っていたが、私の目にはどうみて20代後半だった。しかし、それにしては肌が妙にキレイですべすべしている。触っているだけで健康になっていく気がした。

「ち〇つ」さんは大人っぽくはあったが、人懐っこい性格のようでとても明るかった。自分のことを一貫して「ち〇つ」と呼んでいた。そして、皆がそう言ったように、スタイルがとても良かった。すらっとしていて、脚が長い。余計な肉がなく、目測Dカップの胸は常に正面を向いていて、美しい形をしていた。欲情をそそるスタイルというより、正統派の「綺麗なスタイル」だ。

サービス

とりあえず、ボディタッチが多い。まず、ベッドに座った私の隣に座って、寄り添ってきた。服はすぐには脱がさずに、シャツの下に手を入れたり、腕を撫でたりとベタベタと触ってくる。そして股間に手を置いて、「あれ?もうおっきくなっている」みたいなことを言われた。そうしつつ、私に存在する「褒められる要素」を見出しては、そこをとことん褒められた。もちろん、悪い気はしない。というか、いい気分だった。

ひとしきりベタベタすると、彼女は私の正面に膝で座った。キスをされた。吸い付いたり、舌で舌を舐めたりと、長くて深い舌舐めだった。そのままパンツ1枚にされた。そしてもう一度軽くキスをされ、抱きつかれた。続けざまに首筋と耳を舐められた。私はワンピースの背中のファスナーを下ろし、彼女の服を脱がせた。

部屋が暗かったので肌が白いのか普通なのかは分からない。しかし、触った感触は滑らかであった。自分の手のひらが喜んでいた。我々は立ち上がり、下着姿のまま抱き合った。冷房のきいた、少し寒い部屋の中で体があたたかくなっていった。

立ってくっついたまま全裸になった。彼女は私に背中を向け、チンコ親父を股間に挟み、腰を前後に動かすというハシタナイ行為に及んだ。チンコ親父の頭に陰毛が触れた。私は背後からおっぱいを揉みながら、彼女の肩の上でハァハァ悶えた。彼女が横を向き、舌を伸ばした。この股間で挟みつつ、顔を後ろに向けてキスをするという同時処理的行為が、彼女のサービスの良さを窺わせた。

「舐めていい?」

と彼女は言い、私をベッドに倒した。唾液多めのキスから、フェラチオをされる。若干吸いが強い。一生懸命やってくれてはいるが、緩急がほしかった。「ち◯つ」さんのフェラチオはストレート一辺倒だった。打者を惑わすスローカーブってやつが欲しかった。ちょっと痛い。

100人以上のビジネスパーソンを現場で調査してきた結果、女性は、もしくはソープビジネスパーソンというのは、クリトリスをソフトに舐められる方が、ハードに頑張られるよりもいいらしい。これは男も同じである。一生懸命な人が美しく見えるのは道徳の教科書の中だけで、おちんちんやクリトリスにはアリガタ迷惑なのである。

でも、私がこの側面をもっとつつーって感じでとお願いすると、横舐めもパターンに取り入れてくれた。口の動きが再びストレート中心になってきたので私は起き上がった。彼女は顔を上げ、「どうしたの?」という表情をした。私がおっぱいに手を伸ばすと、(私の攻める番ということを)納得したようにキスをしてきた。私は、私に向かって座っている彼女の股間に手を伸ばした。彼女は私の手をつかみ、

「『ち〇つ』ね、こう動かすと気持ちいいの」

といい、私の人差し指を自分のクリトリスに押し当てて、動かしはじめた。私は彼女に人差し指を預けたまま、おっぱいを触ったり、彼女にキスをされたりした。

座ったままのお触りタイムが終わって、我々は横になった。彼女は仰向けになった私に覆いかぶさり、私の胸に顔を当てた。

「温かくて気持ちいいっ」

と彼女は言った。我々はその体勢でお互いの体を擦りあっていた。寒いくらいに冷房の効いた部屋で抱き合うとちょうどいい体温になるという「夏ソープあるある」だった。

その後、私が彼女を攻めた。普通に攻めた。でも、さっきの「自分の指を小豆大に当てて、女の子の意思でその指を動かす遊び」が楽しかったので、もう一度彼女の小豆大に指を当てて聞いてみた。

「どういう動きがいいかもう1度ご教示ください」

「こうだよ」

と言って、彼女はさっきと同じように私の指を動かした。腰が絶えず上下に動いていた。顔を見ると、唇に指を当てている。私は彼女に指を動かせて、綺麗なおっぱいを吸ったり、触ったりしていた。そうこうしていると、チンコ親父が彼女の股間付近に近づいた。彼女は私の指からチンコ親父の頭に武器を持ち替えて、私の亀頭でクリトリスを弄りはじめた。

亀頭を動かしたり、亀頭を当てたまま股間を上下に動かしたり・・・飽きないのだろうか?と思うくらい、長い間やっていた。私はアレをそのままチョメたいという欲望と戦っていた。

「したくなっちゃった」

「はい、致しましょう」

彼女はニコっと笑って、チンコ親父から指を離し、ベッドの近くのコーヒーテーブルの上でタオルに挟まっていたGを取り出し、私に被せた。直前の雰囲気と比べ、その動作があまりに冷静に見えたので、「しっかりしているんだ」と感心した。

彼女の「したくなっちゃった」は、「Gの装着をしたくなっちゃった」という意味なのだろう。救われた。ナニをチョメろうとせずにすんだ。

そして我々は重なった。彼女は狭かった。すげー激しい、ベトベトになるようなキスをされた。座位をして騎乗位をして、また座位をしてまだ正常なポジションに戻った。どたんばたんとベッドの上で所狭しと動き回った。

90分だったので、途中で休憩を挟み、行為再開。最後は私が上になり向き合ったまま終了した。そこそこ盛り上がったが、普通と言えば普通の行為だった。

時間が少し余ったので、ベッドの上で添い寝をしながら、感想を言いあった。

「ねえ、お兄さん、お尻舐められるの好きな人でしょう?」

「・・・嫌いではありません・・・」

「やっぱりね、何となくそう思ったんだ。でも、タイミングを逃しちゃった」

頼めばよかった。

でも、やっぱり頼めないな。体を洗っていないのに、尻を舐めてなんてね。

まとめ

実は彼女に会った私の友人は1人ではない。3人入っている。そのうち2人が「満足度5」と言った。対おじさん専用ミサイルを搭載していると。もう1人は「満足度」については言及していないが、美人でスタイルがとてもいい、と言っていた。

私は今回のセッションは、そこまでの評価はしていない。好みとはそういうものなのだろう。満足度は3と迷ったけれど、直感的に4だったので「満足度4」とする。スタイルについて言えば、こんなにスタイルのいい方は滅多にお目にかかれないと思う。女性も羨ましがるスタイルだろう。ただ、お顔があまりタイプではなかったのと、相性がイマイチだった。チョメチョメの相性だけでなく、舌の使い方とかそういうところも。

ソープに行ったことがない人が彼女に会えば、「ソープってこんなにベタベタしてくれるんだ!」という感想を持つのではないだろうか。濃厚なサービスを求める方にはおすすめだと思う。

自分のことを「ち〇つ」と呼ぶと書いたので、変な子と思っている読者もいるかもしれないが、いたって落ち着いた、明るい方である。話を聞く限り、私の友人たちは全員、私よりもいいサービスを受けてたようである(NSという意味ではない)。彼らの方が私よりも先に、つまり慣れていないであろう時期に会ったにもかかわらず。

5段階評価

総合満足度:4
費用対満足度:3
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:3(タイプではなかった)
スタイル:5(均整のとれたとても綺麗なライン)
サービス:4(エロかったけど、ちょっと痛かったのが残念)
嬢の印象:スタイル抜群!
写真とのギャップ:写真ほど目がパッチリではなかった

関連記事

ソープ+スクール水着 - 吉原シャガール「な〇き」さん

2017.06.23

シャガール 4回目(吉原) - 分泌物がダラーんと垂れていて・・・

2017.02.01

6 件のコメント

  • チナスキーさん

    >波留さんはできれば結婚を前提にお付き合いをしたいと日々の生活の中で思っている。

    この表現、とても好きです(笑)

    • 下田さん、ありがとうございます。心の中にあるものをそのまま文字に変換するという作業さえすれば、人々に届くことが分かりました。

  • ソープ遊びを公言できる友人って素敵ですね

    あの子は良かったとか感想を言い合えるのは
    羨ましい。
    私は良き家族人で、厳しいビジネスマンなので
    ソープ遊びは秘しています

    • ビジネス屋さん、コメントありがとうございます。このブログで私が「友人」と言うとき、常に、それはメールで情報交換をしている読者のことを差します。ビジネスパートナーと呼んだほうが近いかもしれません。

      • なるほど!そうでしたか!
        では、今度僕も情報をメールしようと思います。
        チナスキーさんとお友達になりたいです

        • ビジネス屋さん、メールいただいていましたね。ありがとうございました。お友達が増えると情報が増えるのですが、コメントが減るというのがタマにキズです。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)