体験記:キャンディーガール 3回目(吉原)

2014年1月3日追記:この嬢は退店しています。
キャンディーガールの第三弾です。この店、結構気に入っているんです。過去入った2人は写真修正がほとんどなかったし、ホームページを見ると、吉原の他の店にはない「営業努力」のようなものを感じます。

今回入ったのは、Webの写真がストライクで、ずっと入りたいと思っていた嬢です。最近ハズレばかりだったので、やっと口直しができる、と意気揚々として店に向かいました。

続きを読まれる方は、先ずここでキャンディーガールのホームページを見て、今回チャレンジした「し○な」さんの写真を見てください。
(関連記事のリンクが一番下にあります)

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:25,000円(80分)
フリー or 予約:フリー
営業時間:11時~24時
入店時間:平日木曜日16:30頃入店
待ち時間:20分
混み具合:他に3人

お店の雰囲気と店員さん

狙っていたのは「し○な」さんという嬢だ。ただ、もう2人良さそうな嬢がいて、同じ時間に出勤していた。店に電話したところ、全員空いているとのことだったので、先ず店に行って写真を見てから最終決定をすることにした。

「し○な」さんについては、この先を読む前に是非Webサイトで写真を見て欲しい。

分かってくれただろうか?美しい女だ。素晴らしいルックスとオッパイをしている。この顔と躰がチナスキーのど真ん中ストライクだ。

店に入ると対応してくれたのはタチが悪そうでイケメンの若者だった。

カウンターには写真がずらっと並んでいる。すぐに入れるのは4人。「し○な」さんもすぐに入れた。他の良さそうな2人もすぐに入れたが、迷わずに「し○な」さんを選んだ。

「80分で26,000円になります」(本当は26,000円+3,000円だがクーポンを使って、+3,000円はなくなる)

この店は、「歩いて行けば1,000円安くなる」という割引をやっている。私は歩いてきたから、25,000円になるはずである。

「25,000円ではないのか?」

「そうですね。25,000円ですね」

ビジネスで一番してはいけないのは、お金に関する間違いだ。1000円だろうが1万円だろうが、バイトだろうが社員だろうが、これをやってはいけない。「そうですね」で済ませるなんて、子供店長にも劣る。

そもそも従業員が把握できないような割引なんぞ、やめた方がいい。1,000円安くしてあげているのに、ミスをすれば客は不満。いいことないじゃないか。

待合室には客が2人いて、後から1人入ってきた。それ以外にプレイを終えた客が1人。出勤している嬢が6、7人だったからそれなりに繁盛していると言える。その日は日銀が新たな金融政策を発表した日だった。日経平均が跳ね、円が急落した。影響があるに違いない。

女の子

「し○な」さんは、案内された先の階段の2、3段目に立っていた。見た瞬間思った。

WHO ARE YOU?

確かに、ご本人は「し○なでーす。よろしくお願いしまーす」と言った。

顔も体も別人じゃねぇか!!!

喰らった。久しぶりの別人さん攻撃だ。パネマジというやつだ。「キャンディーガールよ、お前もか」と叫び、その場で倒れた*。

これは大きなショックだった。私の中で数少ない(というかほとんどない)マトモな店が消えた。

それは川崎進出を決めた瞬間でもあった。

サービス

最初に断っておくが、彼女は悪い嬢ではない。テクニックは普通より上だし、明るくて接客上手だ。良いか悪いかと聞かれれば、良嬢の部類に入る。

しかし、写真とのギャップがあり過ぎる。そのショックが消えない。必要以上に期待させる写真を掲げることに、この店はどのような意味を見出しているのか、誰か答えてくれないか?

体も想像していたのとは違った。想像していたというよりも、想像させられていた、と言った方が正しい。確かに胸は大きいが、全体的にも大きい。世間一般の目線だと、「ちょいポチャ」程度の表現になるのだろうか?私には大きすぎる。バストサイズ92cmは本当かもしれないが、Gカップには見えない。

だから、この体型ならウエスト60以上にしろと何度言えば分かるんだ?

プレイ自体は悪くなかった。Webでは27歳と書いてあるが、実際にそれくらいか、もう少し若く見えた。肌は白くて、モチ肌だ。このところ、肌が白くて、モチ肌の嬢にばかりに当っている気がするが...

テクニックは上々。バカのひとつ覚えみたいに咥えて頭を上下させるのではなく、強弱を使い分け、内腿や足の付け根までリップで愛撫をしてくれた。しかし、顔を見る度にあのWebの彼女とのギャップに苦しむ。あの写真の女に恋をしているような錯覚さえ覚えた。

目の前にいる彼女は、角度によってはWebの写真と似ている時があり、それが僅かばかりの満足感を与えてくれた。

上手いテクニックのおかげで、だんだん興奮もしてきて挿入に至った。しかし、残念ながら騎乗位をしても、正上位をしても、下からのアングルだとやはり別人だ。

もう一度、店のホームページを見て欲しい。写メの方だ。ほとんどの写真が上からのアングルだ。クソ、姑息なことしやがって!

セックスも悪くはなく、Webの写真を想像しながら彼女を抱きしめた。その本人の写真を想像しながらするという妙なセックスだ。彼女は舌を突き出すようなキスをしてくるのだが、それがエロかった。

結局、最後にはそれなりに盛り上がり、絶頂を迎えた。

まとめ

彼女について、あれこれ批評するつもりはない。

言いたいことは二つ。

ひとつは、体型が好みではないとはいえ、違うシチュエーションだったらもっとプレイを楽しめたはず。結局、ルックスや体型が好みから多少外れていても、それを補う接客とサービスがあれば客は満足できる。美人でサービスの悪い嬢には満足しない。だから風俗の客の満足度なんて、努力次第で上げられる。

ふたつめは、写真についてだ。これはどう考えても店のやり方の問題だろう。私は半年間でこの店に3回来たが、タチの悪い写真を出せば回数が減り、店のファンになれば3回が5回にもなる。それでも嘘をついた方が儲かるのだろうか?

Webを見ると「写真修正はしていない」と強調している。修正の有無などどうでもよい。現在の事実に即した写真を出さんかい、と言いたい。

実は、ゴールデンウィークが始まる4月の終わりまで(一般の会社の初任給が出る頃)に、「初心者にすすめる吉原の店」という記事を書いて、キャンディーガールを押そうとしていた。

年齢表記がまともなこと、営業努力が伺えるWebサイトという2点で、この店の評価は高かった。もっと言えば、吉原で一番まともな店とまで思っていた。「し○な」さんは27歳となっている。他の店だったら20か21になっているはずだ。

しかし、今日のことで計画が仕切り直しになってしまった。こうして吉原のソープランドは、デリヘルやら出会い系やらにひとりずつ客を奪われていくのだろう。

また来ることもあるだろうが、数ある吉原大衆店のひとつとして来るだろう。

5段階評価

ボーイさん:1(ダメ)
女の子ルックス:3(2と迷うが3でいいだろう)
スタイル:2(好みではない)
サービス:4(良い方だと思う)
写真とのギャップ:別人
*ウソ。もちろん、倒れていない。

関連記事

2012年11月21投稿 東京吉原:キャンディーガール(第二回)
2012年10月08投稿 東京吉原:キャンディーガール(第一回)

7 件のコメント

  • クラブレッ○ーナでもまったく同様のことをされました。
    W60表記でしたが、実際はW120の柳○加奈子でした。
    もう二度と利用しません。

  • 通行人さん
    ご愁傷様です。W60は危険ですよ。
    まあしかし、正真正銘のデブが出てきたのだったら、やりすぎですね。
    チナスキー

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)