シルキードール(吉原)- たまにゃ飛び込みで遊ぼう!

こんにちは、チナスキーです。いつの間にかブログを開設して3年が過ぎていました。

ここまで続けてこられたのも、当ブログの熱心な読者の皆様、ご親切にも一方通行リンクを貼っていただいた他のブロガーの方々、ネタを提供し続けてくれた風俗関係者の皆様のお陰です。ありがとうございました。4年もちこたえることを目標に精進してまいりたいと思います。

さて、今回は吉原の店を新規開拓です。今までノーマークだった「シルキードール」という店です。道を歩いていたら中の店員さんに声をかけられたので入りました。

吉原の目立つ場所にあるので名前は知っていたのですが、価格帯や評判はまったく知りません。たまにはこういう飛び込みもいいかと思い遊んできました。

結果どうだったんでしょうか?

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:30,000円(90分)
フリー or 予約:フリー
営業時間:7時~24時
入店時間:水曜日18:00頃入店
待ち時間:5分
混み具合:他に0人

お店の雰囲気と店員さん

シルキードールに行く前に別の店にフリーで入ったのだが、いい子がいなかった。たまには知らない店に適当に入ろうと思い歩いた。それにしても、いつも同じ店ばかりを注目しているので気付かなかったが、聞いたこともない店がいくつかあるのに気付いた。「エンブレムクラブ」という店をご存知だろうか?「プラチナステージ」は?最近オープンしたらしい。

声をかけてきたのは部下に馬鹿にされ、上からは恫喝される日々を送っている零細企業の係長風のおじさんだった。冴えない風采だが、物腰が柔らかい。当然かもしれないが、風俗店員は若者よりもベテランの方が接客上手が多い。写真だけでもと言うので、試しに店に入ってみた。

カウンターの上には5枚ほどの写真が乗っている。未知の店なので、誰がどうなのかさっぱり分からない。こういうときはどうすればいいのだろう?そう、店員に聞いてみるのだ。係長殿は私と嬢の運命を握る裁定者というわけだ。

「おたくの店のエンジェルちゃんを教えてくれないかな、係長」

「そしたら、この子ですよ。本当に美人ですから」

係長は「あ○の」さんの写真を差し出した。確かに他の嬢よりも美人に見える。他の4人の印象はまったく残っていない。私は上唇を舐めて考えるフリをした。

「90分からしか受付ていませんが、彼女は高級店クラスですよ」

よし、係長殿のおすすめに入ろう。妖怪がでてきたら二度と来ないからな。

女の子

係長が言うとおり、彼女は美人だった。高級店顔だ。「みなせ優香」(苦悩に満ちた私のエロビデオレビューサイトへのリンク)というAV女優にちょっとだけ似ている。

彼女がどんなルックスなのか知りたい方は、シルキードールのホームページから彼女のブログにアクセスしてみるといい。ブログでの写真は、嘘偽りない「あ○の」さんの写真だ。ブログ上とはいえ、ここまで真実を写し出している写真も珍しい。風俗店のせいで、私は写真という技術そのものを疑うようになっている。

ブログではなく店のWebの写真とは若干違う。私は店で見た写真(ホームページの写真と同じ)より、実物の方が綺麗だと思った。年齢は不詳。大人っぽい雰囲気から30は過ぎていると思われる。

2017年5月追記:3年前の記事なので、当時の写真と現在の写真は違うと思われます。

プロフィールに172cmとあるとおり、大柄だ。胸の85cmというサイズは嘘ではないだろう。カップのサイズはCぐらいだと思った。腰はきちんと括れていて、後ろから見ると綺麗な逆三角をしている。お尻の形がよく、尖って見える。大衆迎合的なエロい尻だ。

サービス

部屋に入ると彼女は先ず私を座らせ、何が飲みたいか聞いた。

なるほど。90分限定なわけだ。

初心者の方のために・・・3万円以下の大衆的な店では、飲み物はプレイとプレイの間やプレイ後に飲むのが一般的だ。最初に何が飲みたいか聞かれるパターンは珍しい。

我々は普通に一杯の茶を飲む時間のおしゃべりをした。風呂にはドバドバとお湯が流れていた。限りある私の人生の時間とともに。

そこそこの時間を会話に費してから、彼女は私の服を脱がせた。時間配分はズルいがひと通りのサービスはできるらしい。シャワーで体を洗われ、風呂に入った。彼女は自分の体を洗い始める。私はその尖った尻を見つめながら歯を磨いた。

彼女も風呂に入ると、私の腰を持ち上げフェラチオをした。一般的なレベルの一般的なソーププレイだ。

マットはどうする?

私は考えた。もうかなりの時間が過ぎているはずだ。私はマットの後にベッドに行く時間はあるのか聞いてみた。

マットとベッド、時間的に両方は無理よ。

そんな選択肢は最初からないといった口ぶりだ。慌しいことはしないというスタンスなのだろう。ここは客によって意見の分かれるところだろう。90分あれば、マットとベッドの両方をこなす嬢は珍しくない。

一方で、慌しさも否めない。その慌しさの中では満足してもらえるサービスは提供できない、という考えがあってもおかしくはない。店が予め伝えるべきという意見もありそうだが、そこまで説明を求めるのも「遊び」としては窮屈に感じる。

結局、私はマットは断った。風呂を出ると再び何が飲みたいか聞かれた。それも断った。そんなに喉が渇いているのなら、風呂の湯でも飲むさ。

座っているとまたおしゃべりが始まりそうだったので、私はベッドに横になった。彼女は私のサインを正しく読んで、サービスの態勢に入った。

彼女のサービスは地雷というほど酷くはなかったが、普通以上のものはなかった。舌を使ったキスをしてきたことに私は安心した。そしてキス、乳首舐め、フェラチオという当り前過ぎる三連攻めを軽くして、シックスナインを提案してきた。サービスのできない嬢は早々にシックスナインをしようとする傾向にある。私は彼女達のお陰で、かつては神々しかったシックスナインというプレイが嫌いになった。

目の前にデカいケツがどーんとズームアップした。シックスナインになって初めて気付いた。彼女はパイパン嬢だったのだ。だが、それまで気づかなかったように、パイパンであることは私にとっては良いニュースでも悪いニュースでもなかった。この後すぐに挿れようとするんじゃないだろうな、と警戒心をもってクリトリスを舐めた。

幸いなことに彼女は私に攻めさせてくれた。そして、そこから先は前半に比べ、幾分マシなプレイになった。

マットをしない分、時間に余裕があったので私はゆっくりと彼女を攻めた。彼女は私のケツの穴は舐めてくれなかったが、舐めさせてくれはした。オマンコを指で触ると、そこは淡白な彼女の態度にしてはしっかりと濡れているのであった。ローションに違いないと思ったのだが、それは自然なマン汁であった。

我々は合体した。後ろから合体すると、彼女の体型と尻ならではの興奮を感じた。前回の博多の嬢の尻を思い出すと、胸の形は前戯の興奮に作用し、尻は挿入後の興奮に作用するのではないかと考えさせられる。

正常位に体位を変える。彼女の舌が私の舌を受ける。彼女のオマンコはややキツめであったが、最後には射精することができた。もちろん、ゴムの中で。

まとめ

総合満足「2」か「3」か迷うところだが、美人だし、会話もきちんとしていて、最低限のサービスはしてくれたので「3」にしておこう。リピートする気はないが、後悔はしていない。

外見重視という客でも、許容できる、できないサービスの悪さというものがあるはずだ。彼女のルックスとサービスの内容を考えると、外見重視の方ならある程度満足できるだろう。私のように何十人ものソープ嬢に会えば、外見、サービス共に良い嬢に出くわすこともある。そういうソープ暦の長い客は全体的に物足りなさを感じるかもしれない。特に嗜好が私と似ている読者(このブログにはそういう方が多い)には、おすすめとは言い難い。

プレイ後に案内された部屋の壁には在籍嬢の写真が貼ってあった。比較的若い店員が盆にお茶を乗せて入ってきた。せっかくなので、彼におすすめを聞いた。彼は予約しないと入れない人気嬢を、それぞれの特徴とともに何人か教えてくれた。態度は少し挙動不審だが説明はしっかりしていた。

ご予約の際はぜひ私にご連絡ください。

と名刺を渡された。

私はこういう営業マンが好きだ。良い店員は良いソープ嬢より貴重である。微力ながらあなたのビジネスに協力しよう。

5段階評価

総合満足度:3
費用対満足度:2
ボーイさん:4(初めての客にすすめる理由は理解できた。帰りにおすすめを親切に教えてくれた)
女の子ルックス:4(美人。ブログの写真を見て判断してほしい)
スタイル:3(綺麗なスタイルをしているが、もう少し胸があれば4)
サービス:2(一般的には普通かもしれないが、物足りなかった)
嬢の印象:美形、長身
写真とのギャップ:店の写真とは少し違うが、実物の方が綺麗。ブログの写真は本人そのもの。

8 件のコメント

  • 飛び込みですか!!
    う~ん、写真だけでもと言われても、どこかに入ったことがないです。
    でも、一度やってみるのも良い経験ですよね。
    そういう、流れで入るとき、店員とのコミュニケーションは大事だと思います。
    その、コツとは何でしょうか?
    特に、経験の浅い私は、「だましてるんじゃないか?」と思って、びくびくしてしまいます。
    アドバイスがあれば、ぜひ……!!

  • どうらくものさん、
    ほとんどの店はWebやプロフィールでも騙していますからね・・・
    個人的には、Webよりも店員の情報のほうがまだマシだと思います。店によりますけどね。
    レポートをご覧になって、精査してください。

  • べいおさん
    いつも、素晴らしいレポートをありがとうございました。
    良さそうな嬢ですねー
    私は好きですよ、スケベ度が低そうなのに秘口から十分に出るというカラダ。
    スキンシップのなさも、淡白さもすべてお膳立てと化します。
    しかし、高いんですよね・・・
    皆さんに見てもらってもOKということなので、お言葉に甘えてコピーしちゃいます。
    皆さん、当ブログ常連(?)のべいおさんのレポートです。
    -------------------------------------------------------
    皆さんの熱に当てられバルボラに土曜日に行ってきました
    前日に来店時間を予約。当日にチナさん方式+小生方式にて事前身支度をして
    来店
    予約時間は11:00(小生は嬢に酒臭いのを嗅がせたくないのも含め、呑んだ勢いで行かない信条)
    既に先客3人(ここの待合室は兎に角狭い。 チナさんのご不満の通りこれがあるので?はやや苦手)
    ボーイが写真の無い、プロフだけの短冊を持ってきて
    「只今、3人の中からお選びいただけます
     直ぐのご案内は○○さん25歳 164 85(D)-58-82美人系
     20分程で    ○○○さん21歳161 84(C)-57-85可愛い系
               み○○さん20歳 160 88(F)-58-86美人系
     いかがなさいますか?」
    すると愚息が
    「父ちゃん父ちゃん今日はオイラに選ばせておくれよ~」と言うので選ばせたのが
    み○○さん
    20分ほどしてご対面
    愚息の第一声は「やったね パパ♪」
    小生のお風呂遊びの中でも第一印象は好印象は神セブン入りまちがいなし
    顔はAKBの古風美人系の(名前知らないが)誰か似
    顎が尖っていないので古風美人に見えるか
    髪は黒く肩をやや超えるくらい
    年齢・スタイルはプロフ通りと思われ、ブラから溢れんばかりの盛り上がり
    「いらっしゃいませ」声は小倉優子系のアニメ声(小生やや苦手)
    それ以上のビジュアルなので愚息は大満足
    他愛も無い会話をしながら脱がされていき
    パンツ一枚でベッドの縁に座わらされ腰にバスタオルを置く
    彼女は股の間に跪きキスや乳首を舐めながらバスタオルの中に手を入れ
    パンツを脱がす
    一度パンツを片付け、自分も脱ぐ
    (ブラジャーを外すと重力でやや垂れる程の重力感のあるオッパイ
     乳首、乳輪は小さく色も黒くなく ウエストのクビレとのアンマッチ感は
    たいしたもの おまけに恥毛は薄目で少々)
    小生にキスをしながら小生をベッドに押し倒す
    「パパ いよいよプレーの始まりだね」と愚息大コーフン
    小生の乳首を攻めながら腰のバスタオルを外して股間へ舌が下りていく
    小っちゃめの唇で愚息を口撃開始
    ところが口撃ではなくご挨拶みたいな扱いなんです
    一生懸命さは認めるものの「棹舐め」とか「裏舐め」とか「口一本」とか
    無く覚えたての女子が彼氏にしているみたいなストロークだけなんです
    父が「お風呂のルールはこんなものではない」と言っても愚息がビジュアルで
    ノックアウト。やる気満々のビンビン状態。
    嬢も察して安全装置装着。お馬さんポーズ
    ここでも動きはヘタ
    でも下からの眺めは・・・
    下から突けば締まったウエストの上にある乳房は大きく揺れる
    更にその上の小顔が左右に動く
    確認も含め、乳房を揉むと天然モノの感触と肌触りはさすが20ちゃい
    腕を引っ張り前屈みにさせ、左手で首を軽く押さえキスをしながら、右手で揉み
    ごたえのある乳房を掴み、腰を振りながら1回戦終了
    それから休息ースケベ椅子ー 一緒に風呂ー マットORベッド選択
    と運ぶのですが
    スキンシップANDスケベ度が低いんです
    愚息のことが嫌いなのかと思ったんですが
    ベッドでの当方からのキスー首筋ー乳首ー恥骨を通って秘部へ行くと
    乳首は固くなるし、秘口から充分出るし(むしろかなり多い)
    ローションの感じしないし
    豆さんも口さんも小さめなんです
    極めつけは10本の下僕の内、特別選抜2本が突入すると
    ヒダ感がないんです。
    まるで上りが近い熟女かこれから感じる事を覚えてく
    少女のように「ツルッ」た感じなんです
    でも間違いなく感じているんです
    何処で感じているか不思議な身体なんです
    そうも思いながら折角感じていてくれているので
    真直ぐ、上、横、横後ろ、後ろ、正面とさせて頂きながら
    逝きました
    嬢の顔を見ながら小さめのアソコに入れている様だけでも満足する人は多いかも
    久々のお風呂選択でお風呂遊びらしい体験で出来ず残念
    多分、店の研修をあまりやらないのではと思います
    帰りに写真集は見ました
    こんなんで宜しければ皆さんに見て貰っても
    大丈夫です
    500ドルアドバイスのささやかなお礼かな

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)