アクアパレス 3回目(吉原) – お姫様との楽しいゲーム

どうも、覆面調査人Zoku-Butsuのチナスキーです。「俗物の、俗物による、俗物のためのブログ」へようこそ。みなさん、元気に俗物していますか?

さて、今回は吉原の「アクアパレス」第三弾です。店員の接客・電話態度が悪かったという報告と、「すすめられた嬢が当った」という報告の両方を受けるこの店。今回はどうだったのでしょう?

【告知】来週一週間、バケーションのため1年ぶりの休刊をします。コメントにもお返事できません。

お店データ

場所:吉原
支払った総額:17,000円(60分 ※会員カードに貯まったポイント2000円分を利用)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:水曜日15:00頃入店
待ち時間:15分
混み具合:他に5人

Photo credit: tedge__ via Visualhunt.com / CC BY

お店の雰囲気と店員さん

今回予約したのは「の〇ぴー」さん。以前、店員からすすめられたので、私に「いい嬢知らない?」と相談された読者に「店員のおすすめ」として情報提供をした。その方から「良かった」という感想があったので、私も入ってみることにした。正しい情報が回れば世の中は良くなる。

受付を済ませると狭い部屋に案内された。すでに2人の男がいたが、私が入った後にさらに2人増えすし詰め状態になった。狭い部屋に女を買う男がギュウギュウ詰めである。快適とはほど遠い環境である。

5人のおっさんは、それぞれ無言のまま雑誌を読んだり、スマートフォンをいじったりしている。テレビではかの偉大な国の期限切れの加工肉の問題について報道していた。偉大な国では、食の安全など足の小指の爪先ぐらいにどうでもいいことなのだ。それを素人同然のタレントコメンテーターが知ったような顔で話すのは滑稽以外のなにものでもない。

女の子

案内された先の階段1段目には、若くて綺麗な女が立っていた。

わお、カワイイ!

彼女は美しかった。華奢な体躯、切れ長の瞳、ぷっくりした唇。やや大人っぽく見えるが、おそらく20歳と少しといったところだろう。下着の上にワイシャツだけという恰好が似合っていた。

抱・き・し・め・た・い

と思った。

なぜ格安店にそんな容姿の女が?とあなたは思うかもしれない。だけど彼女は高級店には、いそうにない。高級店には若すぎる。それに雰囲気がカジュアルすぎる。若くて、可愛いからといって高い店で働けるわけではないし、高い店だからといって若くて可愛い女が出てくるわけではないのだ。

前回のアクアパレスは「カ〇パン」という嬢に入ったが、顔を見ると「カ〇パン」に近いのは、この「の〇ぴー」さんだと思った。顔だけで言えば、昨年12月にレポートしたティアラの「ま〇み」嬢以来の綺麗さだ。

onegai

サービス

前回の「カ〇パン」嬢と同様に、彼女のプレイも素人芸だった(胸の大きさを除けばタイプ的に2人はとても似ている)。密着感はあまりないものの、明るく人懐っこいタイプだ。そして、何をするにしても恥ずかしがった。私が若くないからだろうか、恥ずかしがる若い女に「イタズラ」をしかけて、「いやっ、恥ずかしいっ!」と笑いながら逃げられるゲームは、これ以上ない楽しいゲームだった。

そんな彼女だから、当然脱衣は各自で行う。私は自分のパンツだけは彼女に脱がせてもらった。断るときは笑顔で断られるので、彼女には気軽にリクエストができた。客のリクエストを上手く断ることは、客のリクエストを受け入れることよりも、好印象を与える場合だってあるのだ。

彼女にはタトゥーがあった。背中一面というものではないが、小さくはない。色白ではないが、肌がきめ細かく綺麗だった。その触り心地は、肌の綺麗な東南アジアの若い女を思わせた。胸はプロフィールではDとあるが、BかCだろう。括れた腰とでかい尻の組み合わせは、見事な「砂時計」型のラインを作っていた。

もし私が彼女の特徴をプロフィールに書くなら、その肌のきめ細かさ、魅力的な体のライン、綺麗な顔、「女の子」らしい態度を簡潔に書くだろう。

プレイについては、語るべきことは多くはない。彼女は私の体を普通に洗い、普通に前戯をして、普通に合体した。彼女が私を攻めるときはキスはなかったが、体を重ねているときは、むしろ彼女から積極的に私の背中に腕を回し、口を合わせてきた。

アソコナメナメさえも恥ずかしがり、私が彼女の股間に顔を埋めようとすると、オマンコを手で覆われた。だが、私の懇願により「目をつぶりながらクンニをすれば問題ない」条約を結んで、アソコナメナメをさせてもらった。

そんなやり取りも私には楽しかった。薄いマン毛越しに彼女の顔を見た。目を閉じて、かすかな喘ぎ声を立てるその顔が美しかったのを覚えている。舌を動かす度に腹筋がビクビクと動いていた。

彼女のアソコを指先でなぞると、濡れているのが分かった。そのことを言うと、

「そういうの、言わなくていいからー」

と肩を叩かれた。

あぁ、ソープ遊びって楽しい。

私が果てた後に、少し時間があったので、我々は裸のままベッドで会話をした。彼女は、雰囲気や年齢(推定ではあるが)にしては、きちんと話せる女性だった。若いのに会話を楽しめるという貴重な嬢である。

まとめ

ご覧のとおり素人娘である。密着は少なく、むしろ逃げられることが多かったが、彼女の逃げ方には不快なものがなかったし、可愛らしさがあった。明るくて擦れていない性格が為せるわざである。そんな彼女だから、尽くされたい方にはおすすめしない。逆に、お姫様に拝み続けてどこまでのサービスさせられるかという遊びを愉しんでほしい。

以前、ティアラの記事で、完成されたサービスが私を虚しい気持ちにさせると書いたが、「の〇ぴー」さんはその真逆だ。技がないことが客を満足させることもあるのだ。

彼女は若く、まだエロさが足りない。「未開発」といった具合だ。しかし、「未開発」のままの方が固定ファンをつかめるようにも思える。若い男性の方には物足りないかもしれないが、私のようなおじさんにとっては、「こんな若くて可愛い子とセックスできるのは、ソープ以外ではありえないだろう」という感謝をさせてくれる嬢だ。

帰り際に他のおすすめも聞いたので、次回の候補として挙げておく。

5段階評価

総合満足度:4
費用対満足度:5
ボーイさん:なし(今回は予約なので評価なし。しかし、以前のおすすめが当った)
女の子ルックス:5(美人である)
スタイル:4(シルエットは素晴らしい。胸がもう少しあれば5)
サービス:3(楽しかったが、技はまったくない、でも楽しい)
嬢の印象:美人、スリム、括れている
写真とのギャップ:写真と同じ

関連記事

2014/05/07投稿 体験記:アクアパレス 2回目(吉原) – オッパイが綺麗なら女は無敵
2014/01/22投稿 体験記:アクアパレス(吉原) – 若くて微乳なのにドエロだった

23 件のコメント

  • ドタ2回にめげず、先日3回目のトライでやっと入ってきました!
    綺麗系ですかね。
    だいぶ慣れたのか、入浴後にタオルで拭いてくれた後、積極的な全身リップからのフェラでした。(ゴールデンボールズに達したけど、Rimは無し)
    此方からの攻めも、条約無しであらかたOKでしたよ。
    チナスキーさんも仰ってますが、彼女はキチンと会話出来ますね。
    とても楽しい時間でした。

  • けんけん。さん
    3度目の正直がかなって良かったですね。
    内容も良かったようで、安心(?)しました。
    私のときと、内容が随分違ってみますね。私が原因かも???

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)