アイドル 3回目(吉原)-私が会った女性で一番壇蜜様に近い

2015年8月14日追記:この店は閉店しました。

こんにちは、守銭奴チナスキーです。

さて、新たに広告を掲載することになった吉原の「アイドル」のレポートです。店とメールのやりとりができるようになったので、私はこの店で地雷を踏むことはなくなりました。このブログを見ている皆さんが、お金をムダにする確率も下がることでしょう。

今回は元々お店のイチ押し、且つ一番気になった嬢が時間が合わず、第二の刺客は当日生理休暇。結局、第三の候補に入ることになりました。風俗で遊ぶときは、常に三手先まで見越したプランが必要なのです。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:25,000円(70分)
フリー or 予約:予約
営業時間:日の出~24時
入店時間:金曜日18時頃入店
待ち時間:10分
混み具合:他に1人

お店の雰囲気と店員さん

「アイドル」という店、前回の訪問のときから少し雰囲気が変わった。待合室の壁にはポスター仕立ての嬢の写真が貼ってあり(以前はなかったと思う)、殺伐とした吉原の空気を少し明るくしていた。

料金体系がシンプルになったこと、吉原年齢が修正されたことからも、イメージを変えようとしているのが分かる。このブログへの広告掲載も、その一環なのだろう。同じようにイメージチェンジを実践した「キャンディーガール」を思い出した。

女の子

今回予約したのは「ひ○り」さんという新人。店がピックアップした何人かのおすすめ嬢の1人だ。あとから聞いたのだが、顔出しがNGで待合室にも写真が貼っていない。

会った瞬間に、彼女はパっと目を見開いて私の顔を見た。それが「どこかで見たことある」という表情に見えたので、他の店で入ったことがある嬢なのかと思ったが、彼女は何事もなかったように私の手を握って階段を昇り始めた。

この「ひ○り」さん、ちょっと壇蜜に雰囲気が似ている。まず目元が似ている。それに白い肌が映える黒い髪。色気がある。覗き込むような目で私を見てくるので、私はひどくドキドキした。年齢はどれくらいだろう。顔、落ち着いた態度、話し方から推測すると30~32歳ぐらいだろうか。肌の質感や胸の張り(小ぶりだが)は20代後半に感じられた。とにかく肌が綺麗だ。

全体的に骨が太そうで、水泳選手のような体型である。スポーツの話になって、何かしていたか聞いたところ、「水泳じゃないですよ」と真っ先に言われたので、よく言われるのだろう。彼女はWebの画像と同じチャイナドレスを着ていた。全体的に大柄だが、綺麗な腰のラインをしている。尻はちょうど下の写真のような感じだった。

oae00078pl

サービス

「こういう店にはよく来るんですか?」

私が100回以上聞かれてきた質問を彼女もした。

「月2、3回は来るよ」

彼女はおかしそうに笑った。こう答えると、たいていの嬢は笑う。少しだけ空気が軽くなる。私が長年研究した成果である「嬢と打ち解けた雰囲気を作るために その1」だ。実践してみよう。

ベッドに腰掛けた私の前に彼女は正座した。私の足を膝の上に乗せて靴下を取る。丁寧に一枚ずつ服を脱がされた。

「どうしますか?」

私を腰にタオルを乗せただけの恰好にしてから、彼女はこう聞いてきた。珍しいパターンなので、私は少し困った。お尻の穴を舐めてください、なんて壇蜜(っぽい嬢)に向かって誰が言えよう?

「じゃあ、私の服を脱がせてください」

私が困っていると、彼女は私の隣に背中を向けて座った。ピッチリとしたチャイナドレスは、広い肩幅、締まった腰、デカい尻で構成される彼女の体のラインを忠実に表現していた。くうーっ、このカーブ。世界中の工業デザイナーを黙らせるぜ!ドレスを脱がすと、下着を着ていない彼女の裸体が露になった。很好なお尻アルねー。

背中は広く、真っ白だ。その下に大きなお尻が横に広がっていた。

はじめまして、ボクの可愛いピーチちゃん。

彼女は再び私の前に座り、腰の上のタオルをめくると、おねーさんぽい態度でチンコ親父を弄りはじめた。チンコ親父、最初からマックスである。最近の親父殿、昔のホエールズのようにスタートだけは良くて、途中で失速する傾向がある。

しばらく手で弄ったあとに、彼女はフェラチオを始めた。ベッドに座る私。その前で正座のままフェラチオをする彼女。色白の美人が私の足と足の間でペニスを頬張っている。100年後に残したい日本の美しい光景だった。

彼女はそのままプレイに入る姿勢を示したが、私はシャワーを浴びることを提案した。我々はシャワーを浴び、風呂に入った。風呂の中でも彼女はフェラチオをしてくれた。

攻め手に回ったときの彼女のサービスは、その雰囲気に比べれば特別なエロさはなかった。彼女は少し強めのフェラチオをして、仰向けになった私のゴールデンボールズや尻の臀部、足の付け根を丁寧に舐めた。残念ながら、その舌が尻の米印に達することはなかった。

彼女の耳を軽く舌で触れると、彼女は「あっっっは~ん」といった具合に大胆に喘いだ。うなじがエロく香り立っていた。うつ伏せにして寝かせ尻や内腿を丁寧に舐めると、じわじわと腰が浮いてきた。この女、エロ体質だ。私は核心には触れず、執拗にその周囲に舌先を走らせた。なお、彼女は陰毛を全剃りしている。

「いや~ん、エロぃぃぃぃ」

彼女が叫び声を上げた。我慢できないようだ。

仰向けにしてクリトリスを舐めてやると、彼女が両手の人差し指でクリトリス周辺を引っ張り上げた。そう、パツキン入れ乳のアメリカのポルノ女優が「オーマイゴッシュッ」とか叫びながらやるアレだ。不毛の恥丘にそびえ立った少し大きめのクリトリスをレロレロすると、彼女の腰が上下し始めた。私の舌の動きに合わせて腰が波打つ。舌を止めてもグリグリ動かしてくる。

お互いに十分盛り上がったところで、ゴムを装着してペニスを挿入。我々はセックスにのめり込み、柔道の寝技合戦のように下になり、上になり、横になり、後ろに回った。バックの体勢からポジションを変えようと体を離すと、

「あぁぁん、もう少しでイキそうだったのに!」

と叫ばれた。

最後は正常位の体勢で、お互いの舌を絡ませつつ、私は果てた。汗だくになる素晴らしいセックスだった。

まとめ

セクシーなお姉さん、というのが彼女の印象だ。こういうタイプの女性によくある寛容的な雰囲気、女の抱擁力がある。コートダジュールの「あ○り」嬢を思わせるようなものがあった。サービス、スタイルは「あ○り」さんの方が上で(「あ○り」さんは、吉原有数の存在である)、若さや肌の美しさは「ひ○り」さんに分がある。

接客は丁寧で、きちんと会話ができる。「ひ○り」さんも、話し方の魅力的な女性だった。満足度は3か4かで迷うところだが、もう少しサービスが濃厚だったら「4」にしただろう。

年上の女性は好きだけど、おばさんはイヤだという我儘な、しかし珍しくはない好みを持つ男性であれば、彼女の魅力をよく理解できると思う。

プレイが終わると、プレイ前とは別の部屋(いわゆる上がり部屋)に案内された。飲み物とアンケート用紙が渡された。これも前回はなかった。アルバムを希望すると、「どうぞゆっくりと見ていってください。お帰りの際にはお知らせください」と渡された。次回は元々すすめられていた嬢に入る予定だ。

5段階評価

総合満足度:3
費用対満足度:3
ボーイさん:なし(予約だったので、対応はとても丁寧)
女の子ルックス:4(色白で色っぽい)
スタイル:3(骨太だが、スタイルは悪くない)
サービス:4(攻めは普通、受け身のときの反応が良い)
嬢の印象:色気がある、お姉さん、肌が綺麗
写真とのギャップ:写真を見ていないので不明、Webの写真からはギャップは感じない

関連記事

2014/7/16投稿 体験記:アイドル 2回目(吉原)-プレイは悪くなかったが写真修正と吉原年齢が残念
2012/7/17投稿 吉原 アイドル

12 件のコメント

  • レポお疲れ様です。
    ツイッターでアイドルさんにフォローされて以来
    ちょいちょい気になってたアイドルです。
    アイドルさんのツイッターもちょっと面白いですし、
    HPも今風?に変わったりしてるのでやはり
    担当かマネージャーか変わったんでしょうね。
    そういや最近アイドル所属の嬢の垢もフォローしてみたりしてますw
    レポの嬢ですが私は好きです。
    ここ近頃自分の中のM性が目覚めつつあってゴツめの嬢は気になります。
    全くの推測ですがこの嬢 客の好き嫌いがありそうな感じがして、
    もし当たった場合嫌われないといいなと勝手に思いましたw

  • くじらべーこんさん
    落ち着いた大人の方なので、客に対する好き嫌いはそんなになさそうな感じでしたよ。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)