一力茶屋(吉原)-2chで高評価の嬢、濃厚なサービスでした

こんにちは、チナスキーです。

今回、吉原の格安店「一力茶屋」に行ってきました。読者の方から「ま〇み」さんの情報はありますか?2chで評価が高いのですが・・・と相談を受けて、ホームページをチェックしたところ、なかなか良さそうに見えたので自ら突入して参りました。

2chを見たところ、確かに賞賛するコメントが多かったです。「葵さんよりも上」みたいなコメントがあったり・・・先に結論を言ってしまうと、2chの評価は少し過大と思いました。もし私が事前に2chを見ていたら、「盛られている」と思いつつ期待をしたでしょう。そして、がっかりはしないまでも、もう少しだけ評価は下がっていたでしょう。

とは言っても、良い嬢です。2chを見ずに行けば、多くの方は満足し、リピートする人もいることでしょう。

私は昔は2chをチェックしていましたが、今は見ていません。それでも吉原で後悔をすることは多くはありません。確率でいえば、皆さんと同じくらいか少し良い成績をおさめていると思います。掲示板のチェックなんてしない方が楽しく遊べるし、時間を浪費せずに済む、というのが私のスタンスです。

asakawaran←下で名前が出てくる朝河蘭さんです。昔のAVって当時は「こんな子がAVなんて!」と感動しても、何年も経って観ると「たいしたことないな」と思うことが多いですが、彼女は今でも別格です。ご興味ある方はこちらをクリック。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:20,000円(60分)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:金曜日18時頃入店
待ち時間:10分
混み具合:他に3人

お店の雰囲気と店員さん

店に入るときに、ひとりの若い客が店が出ることろだった。これまた若い店員が彼を追いかけて「どうでしたか?」と聞いていた。私は耳をスタートレックにして彼らの会話を聞いた。「う~ん、ちょっとねぇ」と、笑いながらもその男は、「あまり良くなかった」というようなことを言っていた。店員は「はあ、そうですか」と神妙そうに相槌を打っていた。

そうこうしているうちに、別の店員に案内部屋に案内された。彼らの態度は大変しっかりとしていた。

私が案内を待っている間に、おじいちゃんが2人部屋に入ってきた。まったく根拠はないが、おじいちゃんが来る店は、悪い店ではないのだろう。

女の子

彼女の第一印象はあまり良くなかった。挨拶がつっけんどんで愛想がなかった。しかも、ノースリーブのワンピースから伸びた両腕はこんがりと日に焼けていた。どこかで見た、「小麦粉をキツネ色になるまで炒める」ときのあの色と同じだった。

しかし、部屋に入ると彼女は気さくだった。やや話が長いきらいはあるが、わざとやっているようには見えない。

顔はあの朝河蘭(下の画像・・・とは全然似ていない)に目元が似ていると思った。朝河蘭よりは面長ではあるが、黒くて綺麗な瞳をしている。日焼けの影響と思われる肌の荒れがなくなればもっと美人に見えるだろう。年齢は20代後半から30前後ぐらいと思われる。

asakawaran

※復刻版が出たらしい

サービス

彼女は新人だったが、サービスは慣れていて濃厚だった。以前別の店で働いたことがあると言っていた。

お互いに全裸になると、彼女は私の前で膝立ちをして、誘うような手つきで私の太ももをさすった。日焼けのあとは見事で、胸と尻だけが真っ白だ。胸は少し大き目で綺麗に尖っていた。その先に玉のような乳首がついている。

前方斜め下からベロチューをお見舞いされた。ねっとりとしたいやらしいやつだ。

「このまま始めちゃいますか!?」

ちょっと悪戯っぽい言い方で、彼女が言った。

「あっ、でもシャワーは・・・」

私はしおらしく言ってみた。相手が攻めの構えを見せれば受けて流す、これがチナスキー流である。

「いいの、いいの」

と言って、彼女は私の腰にかかっていたバスタオルを剥ぎ取り、フェラチオを始めた。お上手なフェラで、チンコ親父は隆々と、一方で私は力が抜けて横になった。フェラチオを中断し、彼女は私に覆いかぶさってキスをした。べちょーっとしたキスだ。私は口も体も彼女の唾液にまみれた。

彼女は私の足先まで舌で愛撫をしてくれた。再び股間に戻りフェラチオを始める。丁寧な技だった。

彼女がゴールデンボールズを舐めようとしたときに、私はもう一度言った。

「あっ、でもシャワーは・・・」

「平気だよぉ」

と優しく言ってくれた。吉原の女性達はいつも私に優しくしてくれる。どうしてだろう?

「やっぱり、お尻を洗ってきます」

「どうして?」

「お尻を舐めてほしいからです」

彼女は笑って、自分の手に唾液をたっぷり乗せて、私の尻の穴に塗りつけた。唾液滅菌法だ。すべては私の期待通りに進んでいた。

彼女は私の足を持ち上げて、丁寧にアナルを舐めた。

これはいいアナル舐めですねぇ。

私は喘ぎ声を出しながら、興奮しつつも、彼女のリミング(Riming=アナル舐めのこと)を評価した。こんな夕方にシャワーを浴びていない私の尻の穴を舐めてくれる嬢がいるのだ。先日、逆の立場で嬢の尻の穴を舐めることを一瞬躊躇した自分を恥じた。汚いかもと嘆くよりも、アナルを信じて苦い思いをする方がいい。

本格的なリミングを受けたあと、今度は私が彼女を攻めた。お礼に私もリミングをしてあげたが、彼女は嫌がらなかった。

60分しかなかったので、適度に攻めたあとに、我々は自由恋愛に基づき交わった。彼女の反応はエロく、正常位では背中に腕を回されたまま、例のべちょーというキスをたっぷりされた。ほどなくして私は射精を迎えた。丁寧にゴムを外すと、彼女はチンコ親父を咥え、残った子チナスキーちゃんを吸い取った。

ちゅばっ

という口を離すときの音が、ボロい和風のソープ部屋に響いた。彼女が下唇に指で触れて離すと、付着した子チナスキー液が糸を引いた。彼女はそれを、ちゅっと舐めてからティッシュで拭いた。そんな行為を私は肩で息をしながら見つめていた。

まとめ

日焼けのあとは少し気になったが、サービスは大変濃厚で満足できた。2万円であれほど濃厚なサービスを提供してくれる嬢は、そう多くはない。なのに、リピートするかと言えば多分しないと思う。
人の何かに対する評価というのは、どうしても先入観や背景が口を挟む。今回の場合は、最近「当り」の嬢が多かったという背景があったので、相対的に彼女の評価は下がった。だから、リピートしたい!とは今は思わない。
もし私が2chを事前に見ていたら、少しがっかりしていたと思う(たとえ、信用できないと分かっていたとしても)。もし私がフリーで一力茶屋に入り、彼女に入っていたら、「格安店なのに素晴らしい嬢だ」と言っていただろう。
良い評価のレポートが多すぎると、ブログとしてはつまらないので、いいガス抜きになった。次回の記事の嬢も非常に高評価だから。

5段階評価

総合満足度:3
費用対満足度:4
ボーイさん:評価なし(予約なので)
女の子ルックス:3(綺麗な顔立ちではあるが、ちょっとタイプとは違った)
スタイル:4(綺麗なシルエットをしている)
サービス:5(60分間でみっちりと濃厚なサービスを提供してくれた)
嬢の印象:日焼けをしている、どちらかというとおねーさんタイプ
写真とのギャップ:店では写真を見ていない。Webの写真を見ると、顔のギャップは感じないが、肌の色が随分と違う

関連記事

2014/3/12投稿 体験記:クラブワールド 3回目(吉原) – 普通・・・かなぁ
2014/3/5投稿 体験記:一力茶屋(吉原) – Return of Chinaski (チナスキーの帰還)
2013/10/17投稿 体験記:クラブワールド(吉原) – マットテクニックは素晴らしいお嬢様
2013/10/3投稿 体験記:クラブワールド(吉原) – ついに見つけた!現役No.1嬢(チナスキー調べ)
2013/2/22投稿 ヴィーナス(吉原)
2012/11/18投稿 大奥

17 件のコメント

  • まなみちゃん入りました。
    心配したとおり煙草臭かった。
    しかし、その他はgood。
    是非禁煙して下さい。

  • 山本さん
    コメントありがとうございました。
    口臭が気になると、萎えてしまいますよね・・・
    煙草を吸っているのに匂わない人もいるんですよね。銘柄が違うのか、ケアが違うのか・・・

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)