アクアパレス 5回目(吉原)-綺麗な瞳のギャルでした

こんにちは、NPO個人「NUKEに金を払うくらいなら、NUKIで騙されたい」代表のチナスキーです。

今回は吉原の格安店「アクアパレス」に行って参りました。12月の半ばくらいの訪問です。

アクアパレスは、今週の月曜日(12月22日)にも評判の良いビジネスパーソン達が4人も出勤予定だったので、予約を取ろうとして電話をしました。午前9時ですべて予約終了でした。他の店もチェックしたところ、良さそうな子は受付終了ばかり。結局、吉原に行くのはやめておきました。

会社員が有給を取りやすそうな日にソープなんか行くもんじゃありません。今年の12月22日は、「この機会を逃すものか」と吉原に行った方も多いはずです。1年で有数の客入りの日だったのではないかと私は見ています。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:19,000円(60分)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:火曜日17時頃入店
待ち時間:5分
混み具合:他に2人

Title:school girls, Copyrighted by neo

お店の雰囲気と店員さん

その日、私は店から奨められていた嬢を予約していた。しかし、予約確認の電話をしたところ、休みになったことが告げられた。日を改めようか迷ったが、新人で評判がいいらしい「あ〇な」さんを予約することにした。毎度野球に例えて申し訳ないが、ドラフト会議でいうところの外れ一位だ。

店に入ると、受付にプロレスラーのようなスキンヘッドの大男がいてぎょっとした。体格とは裏腹に、親しみやすそうな顔をしていて、もの腰が柔らかかった。カウンターには女の子の写真がびっしりと並んでいる。フリーで来た方が良かったか。

店のカウンター付近には、店員らしき男が2、3人いた。客らしき男が何人か出入りした。格好だけ見ると、誰が店員で誰が客だか分からなくなる。下手すると・・・下手しないでも客の方がきちんとした服装をしている。いつもアクアパレスだった。

女の子

彼女はいわゆるギャル系だった。目鼻立ちがクッキリしていて、綺麗だった。唇がやや厚い。若い頃の小柳ゆきを思い出させた。髪の毛は明るい茶色に染まっていて、根元が黒くなっていた。カラーコンタクトをしている。もっと地味な恰好をした方が綺麗な目と鼻の形が目立つのではないだろうか。そういうタイプの女の子だ。

照明のせいで日焼けして見えたが、実際には色白な方だと言っていた。

明るく話しやすい態度で、私の冗談にも楽しそうに笑ってくれた。見た目は派手だが、気取らない打ち解けやすい性格のようだ。21か22くらいだろう。それくらいの女の子の言葉使いだった。

サービス

狭い部屋に入ると、彼女は私のコートを脱がせて壁にかけた。脱衣の手伝いはしないと判断していたので、私は自分で服を脱ぎ始めた。彼女も自分で服を脱ぐ。彼女は下着が見える丈の短いキャミソールのような服を着ていた。

華奢な体だった。腰が括れていて、胸は小さかった。肌がツルツルだ。シミも線もない、アイロンをかけたばかりのような尻に手を滑らせた。

何を言ったのか忘れたが、私が冗談を言うと彼女は楽しそうに笑った。

我々はおしゃべりをしながら、シャワーを浴びた。入店して1ヶ月も経っていないという彼女は他の店とアクアパレスの違いについて聞きたがった。私は写真と現実の違いや吉原年齢の実態などについて話した。他店の話は、彼女の興味を引いたようだった。私は、こういう目に遭った、ああいうことがあったと少々オーバーに、だが詳しく語った。

我々は会話をしながら、湯船に浸かった。今のところ、特にサービスらしいサービスはなかった。

ベッドに戻り2人で並んで寝た。なかなかサービスを始めない彼女。私が彼女の方に顔を向けると、彼女も私を見た。カラーコンタクト中の瞳孔の動きを見つめた。彼女もじっと私の目を見ている。

その顔が近づいてきて、キスをされた。彼女の舌が私の舌を右に左に舐めた。彼女の肩に手を当てると、彼女も私の背中に手を回した。少しの間、我々は口を重ねたまま抱き合った。

彼女が体を起こし、唇を私の唇から体の下の方に移動させていった。フェラチオは悪くはなかったが、RIMはとてもしそうになかった。彼女はサービスが淡白なタイプだ。これまでの会話で分かっていた。だから、彼女の攻めを早めにターンさせて、私が彼女を攻めることにした。

私の舌が彼女の美しい肌をなぞった。尻の肌は張り、カーブは限りなく円に近く、手触りは滑らかだった。推測するに、彼女は私が何を企んでいたのか十分に理解していたに違いない。毛一本ないその門に私が近づくと、ふたつの臀部が私の舌の前に立ちはだかった。中央突破を試みたが、彼女の阿形と吽形の筋肉は思いのほか固く、ことごとく私の突入を跳ね返した。

「恥ずかしいからダメっ!」

私は叱られた。 彼女の仰向けにし、そっとオマンコを指で触れた。

あれ!?けっこう、水々しくない?

あまり期待していなかっただけに、私は驚くとともに、ローションを疑った。

真実を確かめるために、右の中指を自分の鼻元にもっていき、クンクンした。紛れもないヒトの体液の香りがした(臭いわけではない)。その旨を彼女に報告すると、

「マジで恥ずかしいから!」

と肩を叩かれながら、また叱られた。指を再び股間に持っていくと、笑い顔が切なそうな顔に切り替わった。 時間がないので、攻めを切り上げて、ゴムを装着してもらった。

奥の方が狭いという彼女の中に、ゆっくりと、慎重に入っていった。彼女の様子を見ながら、亀の頭を少しずつ奥に進ませた。彼女の顔は目を閉じると、まっすぐな鼻筋が目立った。我々は口や体を重ねながら、体を揺らした。時間ギリギリのゴールまで。

まとめ

内容的に、前回の「の〇」さんと似ていたが(というか、今読み返すと流れがほぼ同じだ)、「あ〇な」さんの方が楽しそうに接客をしてくれた。反応も良かったし、ルックスもいい。

20代前半のビジネスパーソンは受身中心の子がほとんどなので、その辺りの事情を分かっていて彼女に入るのであれば、後悔はしないだろう。先日、読者の方から「の〇ピー」さんも随分サービスに慣れている様子だったと聞いたので、「あ〇な」さんも数ヶ月もすれば成長するかもしれない。

ただ、リピートするかと言えば、2、3年は待ちたいと思う。もっとサービスに慣れて、エロさが増したら、優秀なビジネスパーソンになると思われる。それと、もっと大人のメイクをした彼女を見てみたい。それまでこの仕事を続けていたらの話だ。

5段階評価

総合満足度:3
費用対満足度:4
ボーイさん:なし(予約なので)
女の子ルックス:4(美形)
スタイル:3(スリム。プロフィールでは胸はCとあるが、Bくらいに感じられた)
サービス:3(キスと反応が良かったので)
嬢の印象:ギャル系、美形
写真とのギャップ:写真では可愛らしく見えるが、もう少しキリっとした顔。鼻の形は写真の通り。

関連記事

2014年10月8日投稿 アクアパレス 4回目(吉原)
2014年08月13日投稿 アクアパレス 3回目(吉原) – お姫様との楽しいゲーム
2014年05月07日投稿 体験記:アクアパレス 2回目(吉原) – オッパイが綺麗なら女は無敵
2014年01月22日投稿 体験記:アクアパレス(吉原) – 若くて微乳なのにドエロだった

7 件のコメント

  • あんなさん、1月の遅番ランキング1位になりましたね。
    チナスキーさんのブログの影響でしょうか?
    僕も指名してみたい女の子のひとりです。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)