シャガール 3回目(吉原) – 最中に首を両手でつかまれました

2017年5月追記:この方は退店しました。

こんにちは、チナスキーです。

今回は芸術の秋ということで、吉原の中級店「シャガール」に行ってきました。最近、わりと気に入っている店です。他の店とはちょっと違う画像も悪くありません。過去の成績を振り返ると、大満足、大満足(すぐに辞めてしまったのでレポートはなし)、イマイチという流れです。読者の方のレポートを見ても、大ハズレがありません。

女性の年齢、容姿、体型に、今のところバラつきがなく安心感があります。このバラつきがないっていうのが、店選びの大事なポイントだと最近思います。

今回は新人の方に入りました。結果はどうだったのでしょうか?

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:30,500円(90分 ※新人割引適用)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:水曜日午後
待ち時間:5分
混み具合:他に1人

Title:[ C ] Marc Chagall – Le quai aux fleurs (1953) – Detail, Copyrighted by cea +

お店の雰囲気と店員さん

1週間後ぐらいに新人が2人入店するとホームページで告知されていたが、予定が合わなかったため、とりあえず予定の合う新人の方を予約することにした。

店に入ると例によって事前アンケートが渡された。アンケートというよりも、「やってほしいプレイ注文票」だ。即即サービスをしてほしい、キスはディープ、ソフト、攻めたい、攻められたい、麺は固め、柔らかめ・・・事前にそんな要求を紙に書くということに馴染めず、名前だけ書くことにした。

案内を待っている間、店員のおじさんにトイレに行きたいと言った。「他のお客様のお迎え中なのでまってほしい」と言われた。しかし、待てども待てども、声はかからない。おしっこをチビりそうになってきたので、別の若い店員さんにトイレに行かせてくれと懇願する。彼は快くトイレに案内してくれた。

女の子

階段の下で我々は会った。

彼女は「こんにちは~」と挨拶をしてニッコリ笑った。やや高めの声である。Webの画像と全然違うというわけではなかったが、何かが違っていた。修正というよりも撮り方の問題だろう。想像していたよりも、化粧が厚い。そのせいで何歳なのかさっぱり分からない。きゃりーナニガシが何歳か分からないのと同じ現象である。

サービス

はじめまして~

彼女はそう挨拶をすると、そのままベッドに座っていた私に突進して、ブチューしてきた。唇を細かく左右に動かして、私の舌先がこねくり回される。

この子、エッチだぁ。

そう思わせるキスだった。長い時間、舌先クネクネが続いた。彼女は私の両肩に手を置いていた。私が彼女の背中に手を回すと、彼女も背中に手を回す。我々はひしっと抱き合った。舌はずっと動いていた。

口が離れると服を脱がされる。そして背中を私に向けて自分の服も脱がせてほしいと彼女は言った。下着姿を検分しようとしたが、「恥ずかしいから」と笑いながら、しかし断固として断られた。最後に私はパンツを脱がされ、そのままフェラチオをされた。

とても大事で壊れやすい棒を咥えるようなフェラチオだった。労わりと慈(いつく)しみがあった。ねっとりとしていて、彼女の口のあたたかさがチンコ親父に熱伝導した。キスと同じようにフェラチオも長かった。

横になっていいよ

徐々に体が倒れていく私を見て、彼女はそう言った。私はベッドに横になり、彼女は私の足と足の間に入り込む。じれったいほどにゆっくりと彼女の舌が私の股間を移動した。フェラチオも素晴らしかったが、ゴールデンボールズ舐めが絶品であった。ゴールデンボールズの皺を1本ずつ舐めつつ、これまたゆっくりとチンコ親父を手でさする。

Rimingがなさそうだったので、私が指で上体を起こすように促すと、彼女はそのままオマンコにペニスを当てようとした。私は慌てて制止して、ベッドに横になるように導いた。

残念ながら、彼女は下腹が出ていた。綺麗な躯とは言い難い。薄々と感じていたが、彼女はずっと、90分間油断することなく、その下腹部を隠していた。下着姿のときに体を見せなかったのはそのせいだ。人を下腹で判断するのは良くないことだ。彼女の良し悪しを下腹だけで決めるべきではない。隠しようもないものをここまで必死に隠すなんて、健気じゃないか。その姿は可愛くさえ見えた。

ベッドで横になっても彼女は膝を曲げ、お腹の上に両手を当てていた。気の弱い私は、そのお腹を揉みしだくなどということはできず(彼女の隠し方にジョークにできない雰囲気があった)、彼女が腹を意識しないように早々にオマンコを舐めた。優しさではなく、見てはいけないものから目を背けるという意識が働いていた。

私の舌が縦縦横横していると、彼女は指を自分の陰毛付近にもっていき、自分でクリトリスを上に引っ張り上げた。勃起したクリトリスが舌先でコリコリしていた。彼女はエッチだった。股間引っ張りの体勢で、「イク、イクぅぅぅ」が何回かあった。実に浮ついた腰である。

「オカモト」を装着してもらい、挿入をした。そのときも彼女は、腹が見えないように股を開かずに、膝を抱えるようにして私を受け入れた。だから、私も常に体を密着させるように彼女に覆いかぶさって体をゆすった。彼女の躯には柔らかさと生温かみがあり、興奮を誘った。

体をゆすっていると、突然彼女の吐息の色が変化した。ギアが一段上がったのが分かった。私の背中をさする指に力が入る。彼女の手が私の背中から離れる。そして両手で私の首をがっしりとつかんだ。(お金でレンタルした)愛の流刑地プレイである。私は興奮の渦を感じた。そのまま射精を迎えた。

その後はベッドに並んで会話をした。疲労困憊で2回目をする気にはなれない。

彼女は化粧の仕方はややギャルっぽく、社会人経験はなさそうに見えたが、話す内容はまともだった。親しみやすさがあり、話しやすかった。ただ、ほんの少し、ほんの1cmくらい試合前よりも距離が離れているようにも感じられた。試しに、乳繰ってみた。彼女も乳繰り返してきた。本格的に乳繰り合っていると、

「もう1回できる?」

と聞かれた。「する?」ではなく、「できる?」という言葉に、(お金でレンタルした)愛の深さを感じた。

もう一度、「オカモト」を被せて、2試合目の開始。私としては珍しくダブルヘッダーを終了させることができた。

まとめ

彼女にはどことないいやらしさがあった。反応も素晴らしかった。それに、とてもいい子だった。体型については、彼女が隠していたこともあり、さほど気にならなかった。顔も私のタイプではなかったが、残念と言うレベルではない。ただ、最近、良いセッションが続いていたこともあり、リピートさせるにはインパクトが足りなかった。

Webの画像は実物よりも綺麗には見えるが、悪質な修正ではない。ただ、ウエストの表記はは60cmくらいにしてほしい。それ以外の不満は特にない。

シャガールはこれで何の情報もなく、大満足、大満足、イマイチ(ただし相性の問題)、普通である。上々だ。残念ながら、大満足だった2人の方はもう在籍していないが、ホームページを見ると再訪してみたくなる。店員が、もう少し気さくに話してくれればもっといいのだが・・・

5段階評価

総合満足度:3
費用対満足度:2
ボーイさん:評価なし(予約なので)
女の子ルックス:3(タイプではないが悪いわけではない)
スタイル:2(お腹周りが・・・)
サービス:4(エロいサービスをしてくれる) 
嬢の印象:ややギャルっぽい
写真とのギャップ:写真と同じとは言えないものの、パネマジというレベルではない

関連記事

2015年6月3日投稿 シャガール 2回目(吉原) – 「素人系」が行き過ぎると失敗する
2014年9月10日投稿 シャガール(吉原)-イチャイチャの極み・・・しかも巨乳!

2 件のコメント

  • 先月ソープで顔はまあまあスタイルは良かったけどキスは嫌がる一度発射したら洗ってもフェラ無理
    体を触ろうとしたら嫌がるじゃあ会話でもと思ったらバッサバッサと切り落とすとゆうサービス地雷嬢に当たってしまったのでルックス、スタイルが少し悪くてもこうゆう濃厚なサービスをしてくれるほうが良いですね
    ルックス、スタイル、サービス良しが一番ですが

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)