「どうしたらソープで指名を増やせるでしょうか?」に回答します

全国のソープ女子、ソープ男子の皆さん、こんにちは。

今日は久々の風俗コラムです。皆さんは、「風俗Q&Aドットコム」というサイトをご存じでしょうか?今日はその「風俗Q&Aドットコム」との一方通行コラボ企画(チナスキーサイドが勝手にコラボ企画と言っているだけ)です。

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

先日、この「風俗Q&Aドットコム」に下のような質問が掲載されました(一部抜粋)。

私は1年目くらいですがランキングは半分より下で、確かに指名してくれる人もいるからありがたいのですがどんどん自信がなくなっていきます。

お給料はフリーのお客さんでもあんまり変わらないので、本当に私を気に入ってくれる人を増やしたいというだけの気持ちです。どうやったらソープで指名を増やすことができるんでしょうか。風俗嬢の立場から、またお客さんの立場からなど両方の方から回答お願いできたらと思います。

実際の本文はもっと長いので、詳しくは「風俗Q&Aドットコム」をご覧ください。

地域や価格帯については書かれていません。ご質問をされている「かなめーる」さんは20代の女性でソープで働きはじめて1年だそうです。彼女に関するそれ以上の情報は書かれていません。彼女が言う「指名」とは、文脈から察するに本指名、つまりリピーターのことです。この方は真剣に指名を増やしたいと思っているのでしょう。こんな真摯な姿勢のビジネスパーソンの力になりたいと、この質問に答えてあげようと考えたのですが・・・難しいものです。

どうすれば、リピーターを増やせるのか ー とても難しい質問ではありませんか?

人がソープに何を求めているのか、根本的には人それぞれです。相性もあります。しかし一方で、同じくらいのレベルの容姿やサービス内容でも本指名の数が歴然と違うことってありますよね。人それぞれといっても、やはりマジョリティーに受ける接客はあるのです。

そこでどうすれば本指名を増やせるのか、私なりに考えてみました。考えるにあたって、肌が綺麗、おっぱいがデカい、お顔が美しいといった、個人の努力ではどうすることもできないこと、シャワーを浴びる前のアナル舐めといったハードなプレイは除外することにしました。

エッチであること

私は、もっともリピートされる女性は、もっとも美しい女性ではなく、もっともスタイルがいい女性でもなく、もっともエロい女性だと思っています。

言い換えると、もっともセックスが好きな女性です。読者の皆さんのソープ観を聞いていると、顔の美しさが第一印象の女性(スタイルやサービスの印象よりも顔の印象の方が強い女性)よりも、スタイルの良さが第一印象の女性の方がリピート獲得率が高く、スタイルの良さが第一印象の女性よりも、「エロい」が第一印象の女性の方がリピート率が高いようです。

「エロい」は抽象的な表現で、様々な意味で解釈できますが、「客の行為に反応してくれること」もしくは「客の反応を見て、その反応に反応してくれること」が、ソープにおける人気要素の代表格ではないでしょうか。

回りくどい言い方をやめれば、「オマンコがよく濡れる」ことです。よく似た表現に「イキっぷりがいい」というのもあります。私も濡れたオマンコを指に感じるとマジ超コーフンして、頭ん中が教師びんびん物語です。キモチ悪いと思われるかもしれませんが、それが男性(例外もいるなんて信じられません)が背負った性なのです。サソリ君とカエルちゃんの逸話と同じです。

しかし、セックスが好きではない人が、セックスが好きになるのは容易ではないでしょう。私はきゃりーぱみゅぱみゅが嫌いですが、今日からきゃりーぱみゅぱみゅを愛せと言われても、できるはずがありません。しかし、愛するフリはできるかもしれません。同じように、「この子エロい」と思わせる努力をしてみては如何でしょうか?人はそれを演技とか表現とかお遊戯と呼びます。

ちなみに、写メ日記やプロフィールで「私は変態」「自分はエロい」などとアピールすることは、逆効果になっていることが多いように思います。無駄に期待をさせるだけです。「エロさ」も「変態」も自己申告するものではなく、相手に感じさせるものです。アピールは表現の墓場なのです。

恋人として接すること

以前、当ブログにレポートを掲載させていただいたビジネスパーソンから、ブログに掲載したことに対するお礼のメールをいただいたことがあります。退店後のことです。その方はメールの中で「私はその時間だけお客様の恋人になれるように日々接客していた。仕事だと思うと悲しくなるから」ということを仰っていました。

その方は特別綺麗だったわけでも、特別スタイルが良かったわけでもありません。サービスもハードではありませんでした。でも、エロくて、確かに恋人のように接してくれました。露骨にイチャイチャベタベタするわけではなく、その時間を一緒に楽しんでくれているという雰囲気がありました。

最終的にその方は、予約困難な在籍No.1になりました。先の「エッチであること」に通じるものがありますが、「一緒に楽しむ」というのは客の心をつかむための有効なアプローチだと思います。

気付いてあげること

好みのタイプのソープ嬢は?と聞かれて、「気遣いができる子」と答える方は多いです。ソープでの「気遣い」とは何でしょう?風呂場に行くときに手をつないであげる、エアコンの温度はちょうどいいか入室直後、プレイ後など節々で確認すること、プレイ終了後にドリンクは要らないか尋ねること、などが挙げられます。

しかし、この辺りは皆さんがやっている気遣いですし、あまりやり過ぎるとお仕事色が強くなります。私は「気遣い」よりもソープ客を気持ち良くさせるのが、「気付いてあげること」だと思っています。

高そうな時計、鞄、靴など、身に着けているものが高級そうだったら「かっこいい〇〇ですね」、おじさんだったら「部下がたくさんいそうですね」、「お尻の形きれいですね。スポーツしているんですか?」、「ちゃんと下着まで気を遣ってオシャレですね」等、とにかくその人の容姿や雰囲気が持つ「褒められる要素」を見つけて、それについて言及する。

「この子は自分のことをよく理解してくれる」

これが皆さんの言う「気遣い」なのです。あなたも私もあなたの客も、認められたいという願望を抱えて生きています。どこかに「認めてあげられるポイント」があるはずです。そこを刺激すれば、きっと本指名が増えることでしょう。

その店に来る客の「属性」を理解していること

先に「ひとそれぞれとはいっても、マジョリティーはある」と書きましたが、この「マジョリティー」は店によって、多少の違いはあるようです。もっとも違いが出るのはNSかS着ではないでしょうか。

NS店とS着店の両方を経験したことがあるビジネスパーソンの方から、「NS店に来る客は肉体的な快楽を求めている人が多いから、とにかくカラダを気持ち良くさせるようにサービスに徹していれば指名は返ってくる。体は疲れるけれど気持ちは楽。S着店は毎日メールを送ってくるような客がいるから、精神的に疲れる」という話を聞いたことがあります。実は少しショッキングでした。

格安店と高級店でも客では求めるものも変わってくるでしょう。特に高級店は、ゆっくりとしたい人もいれば、3回したい人もいます。先ずはその客が何を求めているのか意識するだけでも、接客が変わり、本指名率も変わってくるのではないかと思います。

おしまい

思うがままに書きました。他にも写メ日記や話し方とか他にも様々な要素はありますし、「恋人接客とは?」を掘り下げればどんどん深くなるでしょう。終わりのないテーマですね。

男性読者の皆さんはどうでしょう?どういう接客をする方をリピートしますか?あるいは、女性のみなさん、「私はこうしている」というのはありますか?ご意見あれば、ぜひコメントをください。また「かなめーる」さんに協力したい方は、是非「風俗Q&Aドットコム」に回答をしてください。

それと、ビジネスパーソンの皆さん、ご相談があればお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。店名や源氏名を名乗る必要はありません。私から聞くこともありません。

当ブログにしては下品な言葉も使いましたが、コメント欄を含め、本指名が少ないと悩んでいる皆様の参考になればこれに勝る悦びはありません。

 

18 件のコメント

  • 𠮷原です。安めの混合店ランカーです。私の場合ですがランカーになるには、まず絶対に予約をキャンセルしないこと。出勤日、本当にしんどくて体調が悪くても、本指様だけは、死んでも絶対接客する、予約もできるだけ接客する、体調が悪かったら、その日の新規の予約をストップしてもらう。やすまないだけで、取りこぼしがなくなり、指名本数が増える。
    接客は、常に笑顔でして、プレイ中はとにかくエロい女の子、プレイ後は相手に合わせてまったりしたり、話したり、常に相手を観察しながら、できるだけ話を引き出す。そして2回線に必ず自分から誘う。
    入浴剤、衣装など、ほかの子と被らないものを用意して、衣装は毎出勤変える。
    私がやっているのはこのくらいですが、2位と1位は取ったことがありません。

    • 吉原のペンギンさん、コメントありがとうございました。「絶対に予約をキャンセルしない」というのは、素晴らしい姿勢ですね。

      つい最近、当ブログで記事にしたことがある方で、お顔も綺麗で、スタイルも良くて、接客も素晴らしいのに、枠が全部埋まらないという方の話を聞きました(内緒です)。その方は、当欠がひどいんです。もったいないですよね。

      吉原のペンギンさんは色々と工夫をされているのですね。書かれた内容は接客業のお手本のようです。入浴剤や衣装まで変えるのは凄いと思います。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)