STD(性感染症)検査とB型肝炎ワクチン接種のご報告

こんにちは、今日は風俗コラムです。

今回は病気のこと。耳が痛い話じゃないですか?でも、ダメですよ、そのリスクに向き合わなきゃ。「病気が怖いのにソープに行っている」という矛盾から目を背けてはいけません。リスクを直視しようではありませんか。

「僕は病気の怖さは病気にならないと分かりません!」って読者の方から何度も宣言されたことがありますが、少しは想像しましょう。毛じらみの痒さは知らなくても、陰毛が痒くなったら辛いだろうなー、ショックだよなーってことぐらい想像できるじゃないですか。

今日は、この記事によって誰かが病気になる可能性が0.1%でも下がればと思い、書き綴りました。どうぞ最後までお付き合いください。皆様からの体験談やご意見をお待ちしております。

STD検査を受けました

え〜、まずは先日STD(いわゆる性病です)検査を受けてきました。HIV、B型肝炎、梅毒、淋病、クラミジアの血液検査です。

結果はすべて陰性。5月にも受けたのですが、その時も陰性でした。疑わしき行為から3か月経たないと正しい結果が出ないので(意味の分からない方は「ウインドウ期間」で検索してください)、取り敢えずひと安心です。

みなさん、STD検査は受けたことはありますか?定期的にソープに行く方は受けた方がいいですよ。自治体の検査ならタダです。自分が住んでいる自治体や職場の自治体である必要はありません。基本的に匿名なので、どこに住んでいるか等は聞かれません。よく行く取引先の近くの保健所だって受けられます(自治体によるかもしれませんが)。

検査を受ける時間がない。人の目が気になるという方は、性病検査キットを使うしかありません。下の商品は16,200円とちょっと高いですが、HIV、B型肝炎、梅毒、淋病、クラミジア等の検査ができます。結果はWebページにログインして見れるので、家族や人の目を気にする必要はありません。しかも、検体到着後3日で結果が分かるので、現在心配されている方もすぐに結果が分かります。

性病検査キットSTD-8(男性用)
性病検査キットSTD-8(男性用)

性病検査キットSTD-8(女性用)
性病検査キットSTD-8(女性用)

B型肝炎の予防接種も

ほぼ同じ時期に、B型肝炎のワクチンを受けてきました。B型肝炎にワクチンがあるって知ってました?予防できるんですよ。私のような重度のソープユーザーが受けない理由はありません。

B型肝炎のワクチンって3回受けないといけないんです。1回目の1か月後に2回目、その半年後に3回目。効力は15〜20年だそうです(5年のワクチンもあるらしい)。料金は医療機関ごとに違っていて、1発5000円~10000円くらい。私は2回目まで打ちました。予防接種なので、段取りはインフルエンザの予防接種と同じです。ただ、理由を聞かれたのは困りましたねー。あの医者、多分ドSですよ。

 

ドク「B型肝炎のワクチンですか・・・どういう理由で受けられるのですか?」

ボク「え?」

まさかの想定外の質問です。つーか、おめぇ、理由なんざおめぇに関係ねぇだろっ!理由を言わなくちゃ注射打ってくれなってのか!?個人じょーほーほごほーが黙ってねぇぞ、おいっ!

ルール違反じゃないですか?これ。まあ、しかしそんなことも言えずに・・・

ボク「・・・(えぇっと、自分、月に何度もソープに行っておフェラされたりとかおクンニしたりするもんで、その・・・ビー型肝炎の予防接種ってやつを打っときたいと思いやして・・・)」

ドク「会社に言われたのですか?」

ボク「そうなんです。会社。海外出張が多くてねー。レアアースってやつ?ナントカスタンって国の鉱山的な?こう見えてもエリートなんでさ。よく行くんですよー。いやー、ジャルのラウンジでマイルがねー、まったく」

ドク「いつまでに打てと言われたんですか?」

ボク「え?」

ドク「B型肝炎のワクチンは3回打たないとダメなんです。今日が1回目で次が1か月後、その半年後に3回目。そのことはご了承ください」

ボク「あ、はい」

 

実際にこんなやりとりをしてからのお注射でした。注射自体は普通の注射と変わりません。激しい運動はダメとかそういうことも言われませんでした。その日にソープに行っていいかどうかはお医者さんに聞いてください。みなさんも、受けるときには事前に理由を考えておくか、「てめぇにかんけぇねぇだろが」と言い返す準備をしておきましょう。

みんなやってるの?

で、この予防接種をしたときに思ったんです。世の中のどれくらいの人がB型肝炎のワクチンを受けているのだろう?風俗業界はどうなんだろう?

私はツイッターをやっていて、「てめぇら、風俗行くんなら検査受けろや」とか「検査行ってきました。陰性でした。明日出勤します」といった風俗嬢様たちのツイートをよく目にします。でも、だーーーれも「B型肝炎のワクチン打ったよ」とはつぶやいていないんです。「予防接種せんかーい」も見たことがありません。実際、「B型肝炎 予防接種」とか「B型肝炎 ワクチン」でツイッターを検索しても、風俗関係のアカウントは全然見つかりません。

そこで、ツイッターのアンケート機能を利用して、風俗で働く女性と風俗を利用する男性それぞれに呼びかけてアンケートを取ってみました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。チナスキー調べでは、私の知る限り、この調査は日本初の風俗従事者を対象にしたB型肝炎接種実態調査です。ま、日本初じゃなかったら、歴史上最新版です。私の知る限り。

先ずは女性。

こっちは男性。

まず、目につくのが投票数の差。女性が310票で、男性が51票。なんなんですかね、この差は。両方とも1週間かけてのアンケートですよ。男性の方が圧倒的にフォロワー数が多いのに。リツイート数も全然違う。

回答に「子供の頃に摂取したことがある」を入れたのは、B型肝炎のワクチンは効力に期間があるためです。ワクチンによって違うらしいのですが、長くて20年くらいだそうで、「子供の頃に摂取した」は有効期間が過ぎている可能性が高いです。つまり、風俗に関わる男女でB型肝炎のワクチンを接種していて、それが現在も有効な人は全体の12~13%ということになります。

男性フォロワーの中には海外風俗ファンの方も少なからずいるようで、男性の12%(たったの6人)には海外風俗利用者が多いのではないかと私は見ています。大人になってから摂取した女性の中にも、元だったり現役だったりの医療関係者(職場で義務付けられている等の理由で接種)がそこそこいるのではないでしょうか。

まったく話は変わりますが、ツイッターのアンケートっておもしろいですねー。アンケート中毒になりそうです。何か調査してほしいことがあったら、お知らせください。

B型肝炎って?

B型肝炎は、日本には150万人くらいの感染者がいて、そのほとんどは母子感染と言われています。1986年以降のB型肝炎の母子感染防止事業により、その母子感染も大幅に減ったそうです。その対策の結果、86年以降生まれでは日本はB型肝炎キャリアが最も少ない国のひとつだそうです(注1)。ただ、この対策は、母親がキャリアの場合に生まれたばかりの子供にワクチンを打つというものなので、86年以降に生まれた人はB型肝炎に感染しないというわけではまったくありません。ちなみに、2016年4月以降に生まれた子供に対しては、2016年10月からB型肝炎のワクチンは無料になりました。

一方で、お隣の中国は人口の10%がB型肝炎ウイルスのキャリアと推定されています(注2)。恐ろしい国ですね。ごめなさいね。チナスキーを英語で書くと、Chinaskiなんですよ。ChinaにSkiですよ。でも、ごめんなさい。やっぱり怖いです。大陸の人々が日本的風俗に万来するの、怖い。いやいや、自分が絶対安全なわけじゃないですよ。分かってますよ。でもね、本音を言うとね、できれば上野とかでコンドーム爆買いしてそのまま帰っていただきたいよ。ごめんね、ひとりひとりが悪いってわけじゃないんだけどね。

中国だけじゃなくて、東南アジアは全体的に人口に対する感染率が高いそうです。タイで8%、韓国で7.3%。日本は1.4%とされています。東南アジアで遊ぶ方、気をつけてね~。どこかの元風俗スタッフのブログで、先輩がタイで女遊びして肝炎になって死んだっていう話がありましたよ。そういうこともあるんです。

住宅ローンが借りれなくなる?

B型肝炎そのものについて私が語れることは少ないです。みなさん、ネットで調べてください。ただ、B型肝炎には2つの側面があって、ほとんどのサイトがその片方についてしか語っていません。ひとつは、医学的な側面。そして、もうひとつは経済的側面です。

知ってますか?B型肝炎キャリアになると、生命保険や医療保険に加入するためのハードルが上がる可能性があるのです。そして団体信用生命保険(団信)にも加入できない可能性があります。

「団信」って若い方は知らない方も多いかもしれませんね。団信というのは、住宅ローンを借りるときに条件になる生命保険です。金を貸した相手に返済前に死なれてはたまらんとういことで、金融機関が「団信っていう生命保険に加入しないとお金は貸さない」と条件にするのです。団信に入っておけば、借主が死んでも、生命保険が未返済分を払ってくれるから銀行もお金を貸せるというわけです。

つまり、

B型肝炎に感染→団信に加入できない→お金が借りれない→家やマンションが買えない、ということがあり得るわけです。まあ、絶対に団信に入れないわけではないようですし、ワイド団信みたいな条件の緩い(けれど金利が上がる)団信があったり、団信が不要なローンもあるので(当然デメリットがある)、必ずローンが組めなくなるというわけではなさそうですが。ウン千万円ためて、キャッシュで家を買うという手もありますしね。毎月10万貯金すれば、30年後には3600万円になります。

一度「B型肝炎 住宅ローン」とか「B型肝炎 保険」で検索してみてください。病気の苦しみというのはその症状や治療の大変さだけはなく、様々な社会的・経済的制約という側面があるのだと理解することができます。

ちなみに団信に加入しにくいのはHIVも同じです。読者の方から「HIVっていっても死なない病気っすよね!」みたいなことを言われたことがありますが、「死なないかもしれないけれど、色々と不都合は多い病気」であることには違いないようです。

お医者さんのお話

以下は、下のサイトで紹介されている谷口先生というお医者さんのお話です。谷口先生もワクチンを打つことを推奨しています。セックスワークするなら、一番に打てと。それと、お尻の穴を舐めるとA型肝炎に感染するリスクがあるので、こっちもワクチンを打った方がいいそうです。

谷口恭先生に聞く!風俗で働く上で知っておきたい性感染症のお話

(B型肝炎は)見方によっては、HIVよりはるかに重要です。感染力が極めて強いので簡単に感染しますし、ウイルス量が多いと唾液などにもウイルスが含まれているので、コンドームだけでは防げません。さらに、2000年代から、成人になってから感染しても治らない「慢性型のB型肝炎」が増えています。慢性化すると、かなりの長期間強い薬を飲み続けないといけませんし、きちんと治療をしたとしても肝硬変や肝臓がんに進行することもあります。ちなみに、B型肝炎は治療の補助はありますが、それでも患者の自己負担費用は高いです。

チナスキーからのご提案

さて、ここまで読んで8割以上の読者が「すぐにB型肝炎のワクチンを受けよう」と決断されたかと思います。でも、気になりますよね?

僕のお気に入りのあの子はワクチンを受けているのだろうか?

上のアンケート結果をご覧ください。9割近いビジネスパーソンが「受けたことがない」と答えています。9割近いということは四捨五入すれば10割なので、まず間違いなくその子は受けていないと言っていいでしょう。

さあそこで、彼女をB型肝炎の予防接種に連れて行ってあげましょう。ロングで予約してあげて、車に乗って病院に行くのです。軽いデートです。お金も払ってあげましょう。以前、このブログのどこかのコメント欄に「嬢と一緒にSTD検査を受けている」という方がいらっしゃいました。余程の信頼関係がないとできないことです。その境地を目指すのです。

考えてみてください。Godivaのチョコレートは誰でもあげられます。箱根の秘湯に連れて行けるのはあなただけではありません。しかし、B型肝炎のワクチンの接種に連れて行けるのは、多くても3回です。この1回目なんて、「処女をいただく」くらいの価値があります。その女性は、お友達や家族とB型肝炎の話をするたびにあなたのことを思い出すことになるでしょう。このブログを見ているライバルに先を越される前に、彼女を誘ってみてはいかがでしょうか?

なお、病院に入ると問診票を書いたり、名前で呼ばれたりするので、「おれ車で待ってるよ。院内に一緒に入るのは嫌でしょ?」と言ってあげれば、男(客)が上がること間違いありません。

まだ、外に連れ出す関係になれていない方は、この記事を見せて、話のネタにするなり、「君のこと考えているんだよ」アピールするなり、外に連れ出すきっかけにするなりしてみてはどうでしょう?

おわりに

いかがでしたか?この「おわりに」に到達する頃には、すでに最寄りの病院を検索されていることと思います。予約が必要かどうかとう確認してみてください。客、ビジネスパーソン、店、立場はそれぞれ違いますが、ウィルスと細菌は共通の敵です。

先ずは自分が接種する。その上で、お気に入りの方やホンシのお客さんにすすめる。ひとりで行くのが不安な女性は、同僚を誘ってみる。お店の方は、その店で働く女性にすすめてみる。ということをご検討してみてはいかがでしょうか?定期的なSTD検査と併せて、そこまで実行すれば、「ボクは他の客よりも女の子に気を使ってるんだぞっ!」と言っていいと思います。

みなさまのご健康とより良い風俗ライフのために。

注1:国立国際医療研究センターの「HBV ワクチンの現状と今後の問題点(2012年)」による。
注2:同上。ただし、WHOのホームページには「9000万人と見積もられている」と書かれている。

Photo credit: Dr PS Sahana * Kadamtala Howrah via Visualhunt.com / CC BY

13 件のコメント

  • お世話になっております。
    ブログを読んで、ん〜受けようと思い、病院を調べ電話。
    ワクチン取り寄せで(今日土曜で、連休もあるだろうが)4日ほどかかると。
    週明け受けて来ます。
    只、そこは、院長が女医…。
    (近所がそこだったというだけです。)

    • 盛さん、行動が早くて素晴らしいです。でも、女医さんというのを気にすることはないじゃないですか?予防接種ですからね。別にパンツをおろすわけじゃないですし。アンケートの結果が物語っているとおり、B型肝炎のワクチン→こいつ風俗客だなっていう社会通念は成立していないでしょうし。

  • 受けたことあるとぼんやりと記憶しております。

    他の性病もどんどんワクチン開発されれば最高なんですけどねえ。
    技術者・開発者の皆さんには頑張っていただきたいです。

    若井

    • 効果が残ってるかどうか、検査してみようかなと思いました。ただ検査がいっぱいあって(何ちゃら抗原とか、何ちゃら抗体とか)どれを検査すればいいかわからないですね。調べてみます。

      • 若井さん、どこかに国産のワクチンの効果は5年みたいなことがあったので、「受けたことがあるとぼんやり記憶」というレベルだったら、受けなおしたほうがいいんじゃないですかね?あと、効果が残っているかって検査で分かるんですかね?今回、たくさんのサイトを見ましたが、ワクチンの効果を確認する検査は見たことがありません。

        • チナスキー様、
          おっしゃる通りですね。。。受けた方がいい気がしてきました。
          エロ道を歩む以上は安全に楽しんでいきたいですね!

          • 若井さん、コメント&メールをいただきありがとうございました。ワクチンの効果が持続しているか確認できるとは知りませんでした。子供の頃に予防接種した方は、確認する価値はありそうですね。

  • 予防接種1回目終了。
    チナスキー様と同じく、『会社で受けろと言われたんですか?』と理由を聞かれ、
    咄嗟に言ったのは、『ネットニュースで見て、受けたほうがいいかなと思いまして。大人になって
    かかると大変そうなんで。子供のころ受けたかもわからないですし』と、言うと
    B型肝炎が公費になったのは最近だそうで、40代くらいならまず子供のころ受けたことはないでしょう
    とのことでした。

    • 盛さん、おぉ、早速受けられましたか。質問されるのは、標準なんですかね。
      あと2回、長い道のりですね。私は約半年後です。

  • 僕もこの記事を読んで、予防接種しようと決めました!
    明日注射してきます。
    理由は決めてますよ。明日終わったら報告しますね

    • ビジネス屋さん、コメントありがとうございました。お互いにウィルスの媒体にならないように気を付けましょうね。

      • B型肝炎の予防接種受けてきましたよ
        医師二人も含めて全員女性。しかもみんな美人。あのクリニックが風俗店なら
        大繁盛だと思いました。医師は30代で活発なキャリアウーマンタイプ。
        看護師はとにかく若く可愛い。受付は美人。なんだ?このクリニックは?

        ワクチン接種にあたり、理由は聞かれました。
        僕は、今後人間の検体を扱う仕事になるので、会社から接種を命じられた
        と言いました。

        というのも、そういう研究職と取引があって、その研究員はみんな
        ワクチン接種していると聞いたことがあったからです

        1ヶ月後、6ヶ月後の接種が楽しみになってきました。
        あのビジネスウーマン達に会いたい

        • ビジネス屋、コメントありがとうございました。

          いい体験をされましたね。その内の誰かとお風呂に入ったというご報告とその体験談をお待ちしております。3人行って、3人が理由を聞かれたということは、理由を聞くのは普通なんですね。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)