2017年最優秀ビジネスパーソンを発表します

こんにちは、チナスキーです。

さて、1月の風物詩として名高い出来レース中の出来レース、出来レースと言えば、国体か「ソープファンネット」かというくらいの「輝く!日本ソープ大賞」の時間になりました。

今回は、初の試みとして、読者の方に「2017年で会ったベストビジネスパーソンは?」というお題でアンケートを実施しました。みなさんのおかげで126人もの方から回答をいただきました。ご協力いただきありがとうございました。


↑現在キャンペーン中の無修正動画ストリーミングサイト「Javholic」です。今ならなんと$1/月!!!1ドルですよ。1月31日にキャンペーンは終了です。なお、2ヶ月目からは$9.99/月が課金されるようです。

 

さて、ここで過去の受賞者を振り返ってみたいところですが、字数が多くなるので、気になる方は下のリンクにアクセスしてください。

2016年 2016年のソープ活動を総括する

2015年 私の風俗ランキング、にかえて

2014年 私のソープランキング

2013年 2013年のソープ嬢 部門別ベスト3

こうして見ると、随分昔からやってるんですねぇ。なつかしいねー、2013年のクラブワールドフィーバー。

Photo credit: ImagineCup on VisualHunt / CC BY

というわけで、2017年の各部門の発表をします。

ベストKisser賞:有料記事の方
最初から有料記事でごめんなさいね。文句があれば仰ってください。何もしませんが。ベストKisser賞とは、その年に私にもっとも多くのチューしてくれた方に贈る賞です。この方がいなかったら、この賞は創設されなかったでしょう。私の膝の上に乗って、上方から雨のようにキスを浴びせてくれました。今日、私が自信をもって生きているのもこの方があれほどキスをしてくれたおかげです。

 

最優秀素人賞:吉原エグゼ「さ〇か」さん
素人系のベストセッションを共にしてくれた方にお贈りする賞です。「私の2017最優秀ビジネスパーソン賞」の最終候補の1人でしたが、印象の強弱の差により、下の方が最優秀賞に選ばれました。なお、後追いをされた方から、「アンタが褒めるほどではなかった」と言われたので、単に私の好みだったというだけかもしれません。

 

ベストフィギュア賞:該当なし
もっともスタイルのいい方に贈る賞ですが、該当なしでした。「該当者なし」とは、「すぐに思いつかなかった」ということです。スタイルのいい方はたくさんいます。しかし、今でも記憶に残っているくらい「この人!」という方はいませんでした。

 

最優秀技能賞:一力茶屋「ま〇」さん
もっとも優れた技術を持った方です。この方以外いません。吉原の歩く科学技術庁です。こういうのをプロの技と言うんだ、と改めて認識させられました。「腸まで届く」とはあのことです。詳細は記事をご覧ください。

 

ソープファン賞:プラチナステージ「い〇」さん
読者投票で最も多くの票を集めた方です。126票中8票を集め、ダントツで1位でした。8票なんて少ないと思われるかもしれませんが、日本の人口に例えるなら800万人で、大阪府の人口と同じくらいです。ちなみに、2位の方は2人いて、それぞれ5票でした。私の票は含まれていません。

実は2017年は2人だけリピートした方がいるのですが、この方はそのうちのひとりでした。相変わらず、美しく魅力的でした。デビュー以来ずっと予約が取りにくいそうで、間違いなく当ブログの影響力によるものでしょう。ええ、きっとそうです。

余談ですが、誰かにリピートをしたのは1年半ぶりくらいでした。本指名って楽しいですね。自分はもったいない遊び方をしているのではと思いました。

 

2017年最優秀ビジネスパーソン賞:プラチナステージ「れ〇な」さん
私の独断による、2017年でもっとも輝いたビジネスパーソンは、プラチナステージの「れ〇な」さんです。リピートしたもうひとりがこの方でした。読者投票でも多くの票を集められていました。2017年で最も良かったセッションは?と自問したところ、すぐに頭に浮かんだのがこの方とのセッションです。

すぐ上に書いた「い〇」さんと有料記事にした某超高級店の方(既に退店)も良かったのですが、真っ先に思い浮かんだ「れ〇な」さんが私の2017年の最優秀ビジネスパーソンです。彼女にお会いして、ひとつの真理を発見しました。それは「魅力的な女性は姿勢がいい」ということです。あのちょっと知的で堂々とした佇まい、それなのに話しやすい人柄、雰囲気とは裏腹のドーパミン多量セッション。素敵な時間をありがとうございました。

 

まとめ
プラチナステージの宣伝みたいに見えるかもしれませんが、良かったのだから仕方ありません。「お金もらってるからだろ」と思う方もいるでしょうけど、逆に私は文句を言われるのではないかと少し心配しています。できれば、当ブログとは何の縁のない店のビジネスパーソンの名前を並べたかった。

本音を言うと、毎年やっているこの「ベスト~」記事は、抵抗があるんですよ。

この記事に載る方は、大抵の場合は既に人気がある方です。露出を減らしたがっている方もいるのではないでしょうか。本指名で予約が埋まる方なら尚更です。それなのにレポートを掲載した挙句、蒸し返すように年間MVPみたいなのに選びやがって、と先ずは店に文句→店から削除依頼、なんてパターンもあるかもしれないと想定しています。

間接的に、あるビジネスパーソンの方から選んだことに対するお礼を言われたことはありますが、ご迷惑をおかけする可能性の方が高いのではないかと思っています。前もどこかに書きましたが、高評価として書かれた方の気持ちが分からないのが(悪く書かれたら不快というのはよく分かります)、当ブログが抱える課題です。

キリがないので、話を変えましょう。

今回初めて実施した読者アンケートですが、全国の56店、99人のビジネスパーソンの方の名前が挙がりました。そのうち、ブログに掲載されている方は20人。上位4人はすべてレポートされた方です。どうです?このブログ力。

ただ、この読者アンケート、あまりフェアではないことに気付きました。先ず、回転が早い格安店の方が有利です。高級店よりも客が多いわけなので、比例してこのブログを見ている客も多くて、投票する客も多いと考えられます。このブログが格安店を中心に扱っていることも影響しているでしょう。それと、記事を書いた時期にもよります。時期が早ければ早いほど、多くの客が会うので投票される確率も上がります。

一方で、私の独断である「最優秀ビジネスパーソン賞」は、記事を書いた時期が遅い方が有利と言えます。私の記憶が新しいからです。「れ〇な」さんと有料記事にした某超高級店の方の時期がひっくり返っていたら、「最優秀ビジネスパーソン賞」は有料記事の方になっていたかもしれません。

アンケートの集計や質問への対応は大変でしたが、とても楽しかったです。メールアドレスを添えて回答してくれた方には、こちらの記事のパスワードをお送りしました。メールアドレスを送ったのにパスワードを受け取っていない方は、いつ頃、誰に投票したのかとともにメールアドレスをお送りください。メールアドレスを送り忘れていた方や今から新規に回答をする方にはパスワードは発行しません。ご了承ください。

今回のアンケート作戦が楽しかったので、今後も同じような企画をしようと思います。アイデアのある方はお気軽にご連絡ください。なお、ワーストワンとかパネマジ大賞みたいなネガティブな内容の企画はやりません。

4 件のコメント

    • ビジネス屋さん、今年は本指名を増やしたいと思っています。ときどき、3年も4年も前に会った方に、もう一度お会いしたくなります。

  • こんにちは。
    個人的ベストフィギュア賞はコートダジュールのは○な嬢でございました。
    引退したら私もち○こを収めようと感じさせてくれる方でした。

    • t-tさん、貴重な情報をありがとうございました。今度、ぜひお会いしたと思います。しかし、あのホームページ、PCで見ると名前が出ていないので見にくい・・・

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)