風俗川柳(七夕縛り)

みなさん、こんにちは。

毎週金曜日は外部ライターの方の記事を掲載していますが、今週は誰も書いてくれなかったので、この季節の風物詩となりました七夕風俗川柳をお送りします。

まず、過去の作品のおさらいをしましょう。

先ずは、最初の句

おりひめを 予約せんと 発信百回

次に昨年の作品

“天蓋を” 笹に託して 3年目

そして、こちらが今年の句です。

昨年と被っていますね。残念ながら、これが私の能力の限界のようです。そういうわけで、七夕風俗柳人としては筆を折ることにしました。3作品しか残せませんでしたが、悔いはありません。

今後の七夕風俗川柳界の発展を心よりお祈り申し上げます。

2 件のコメント

    • ねっとりさん、ありがとうございます。「七夕縛り」が厳しかったのか、今回応募されたのはねっとりさんだけですね。なお、Answering川柳は思い浮かびませんでした。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)