超高級店の紹介文にモノ申す

どーもー、チナスキーでーす。

ちょっと今日はモノ申させてください。いやいや、別に文句を言うんじゃなくてね、あれですよ。経営コンサル的な?外部顧問的な?集客メソッド的な?あーいうチャラチャラしたやつです。でも、読むだけで目標200%達成間違いありません。

先週、超高級店ルピナスに行ったお話をしましたが、超高級店に行こうと決めてから、それはもう色々な店の色々な女の子のプロフィールを目を凝らして見たんですよ。

だって8万以上だからね。8万っつたら、スーツだってそこそこの高級品ですよ。3年は着れるでしょう。それを120分のために使うわけですから、アチキのような庶民は慎重にならざるを得ません。

まー、しかしね。どれだけプロフィールを読んでも、その人がどういう人なのかさっっっっぱり分からない。超高級店ってなんであんなに分かりにくい紹介文を作るの?つーか、何を伝えようとしているの?なんか「超高級」に酔ってない?

例えばこんな感じ。

「男なら誰しもが会った刹那、ジャーマン・スープレックスを受けたくらいの衝撃を受けます。ルネサンス期の彫刻のようなボディライン。彼女がほほ笑むだけで、フラッシュがたかれたように周りの空気が輝く・・・お母さんマジ蚕じゃね?桑の実食べる?というくらいのシルキースキン。『色気』という言葉が陳腐に聞こえてしまう危険なフェロモン。そんな彼女はお客様にとってきっと忘れられない存在になるでしょう。彼女との時間は極上の異空間となることを約束します」

エーアイに書かせたポエムか?キターー(·:゚д゚:·)ハァハァーー!!!!を使えっ!ビーチクの色と陰毛のふさふさ加減くらい書きやがれってんだ。

何も頭に入ってこないんですよね。文字が目から後頭部に抜けていく感じ。意識しないと最後まで読むことさえできません。

分からない人も多いでしょうけど、大昔にTVで放映されていた水曜スペシャルの「川口浩探検隊」のナレーションに触発されているんじゃないのでしょうか?

「未だ人類が踏み込んだことがない深いジャングルは、まさに魔界の入口。数千年の時の中で一度も文明の侵入を許さなかった地球最後のミステリーに我が探検隊が挑む!」みたいなやつ。道にはタイヤの跡があるくせに。

体言止めが知性の象徴とでも?小難しい言葉を散りばめれば高級店が出せるとでも?

「超高級にふさわしい紹介文」とはそういうものではありません。平坦な言葉を使って、「こういう人はマジ破産覚悟で来てくれ。絶対ハマるから」とか「アンタみたいな人は後悔するから他の子にしな」をネガティブな言葉を使わずに、分かる人には伝える、それが超高級店に求められる紹介文です。それができないなら、チョーーゼツイイーー女ーーーー!!!!とか、河合美香クラス、グレープフルーツオッパイキターーーー!!!!とかで良いのです。

ちょっと極端な表現をしましたが、実際に適当な女の子のプロフィールを見てください。集客効果あるのですかね?そのプロフィールの文章を読んで、「この子はオレのタイプだ!8万円払う価値がある!」ってなる人が何人いると思います?

これが私が日頃思っている超高級店に対する不満です。高級感を意識したプロフィールではなく、「おれたちは、写真やプロフィールの文章で釣るなどというせこいマネはしないんだぜ」という姿勢を見せた方がいいと思うのです。

だってね、ソープですよ。ソープの本質ってプロフィールの文章の格調高さではないですよね。「女の子はイマイチだったけど、プロフィールの文章はさすがって感じかな」なんて評価する人はいないのですよ。ソープの本質は泡のきめ細かさ、ケツの皺と皺の間にまで染み込む滑らかさです。

まあ、難しいとは思いますよ。1人の女性だけを描写するならまだしも何十人もいるわけですから。でも、そこはビジネスなんだから、試行錯誤するしかないでしょう。プロフィールの紹介文を読む人って相当に8万円払う意思のある人ですよ。それを確実に捕まえるライティングというのは、研究する価値があるのではないでしょうか。

ぜひ、客である市民に寄り添ったプロフィールを書いて、本質を追求してほしいものです。

2 件のコメント

  • なるほど、ごもっとも。
    いっそのこと、実際に入った人の方が書いた方がいいのかもしれませんね。
    先日レポートいただいた「い〇み」さんなら
    どんな紹介文になるか気になりました。

    • けむぞうさん、コメントありがとうございます。入った人々の評価を聞き込みして、店目線と客目線を交えながら、どんどん改良していくのがいいと思います。

      「い〇み」さんのプロフィールなら、清楚、黒髪に白いお肌、擦れていない感、濃厚さはないけれど密着してくれといった特徴を、抑揚をきかせながら表現するといいのではないかと思います。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)