とても柔らかい方でした – 川崎セシル「な〇み」さん

こんにちは、チナスキーです。

当ブログを毎日ご覧になっている方はご存知かと思いますが、我が戦友、「キ印」同志がどこかに行ってしまいました。あの数日間の交流はなんだったんでしょう。キ印同志に言いたい。

てめぇ、消えるんだったら、オトモダチになんかなるんじゃねぇ!どうせ今もここを見てるんだろ?戻ってきやがれっ!

閑話休題、今回は川崎の格安ソープ店「セシル」を初訪問して参りました。吉原の「コートダジュール」の姉妹店なんですね。「セシル」と言えば浅香唯ですが、あるお友達からのおすすめで今回は「な〇み」さんという方にお会いしてきました。

お店データ

場所:川崎
支払った総額:19,000円(60分)
フリー or 予約:予約
営業時間:6時~24時
入店時間:平日午後入店
待ち時間:10分
混み具合:他に3人

※画像はご本人とは関係ありません。柔らかい→クッションで検索したらヒットした画像です。

お店の雰囲気と店員さん

店に入った瞬間思ったのが、「店員の数が異常に多い」だった。受付の空間にウヨウヨといる。ソープというのは、これほどまでに人員が必要な商売なのだろうか。受付のカウンターのところで、自分の名前と予約しているビジネスパーソンの名前を告げた。「な〇み」さん(T146 B81C W57 H80)という方だ。

私が訪問したとき、セシルは「夏風呂割」という割引イベントを実施していた。こちらから何も言わなくてもイベント割引が適用されたようで、通常料金よりも3000円安い、19,000円を払った。「夏風呂割」は現在では「十五夜割」になっている。ソープでよくある半永久的限定イベントなのだろう。

料金を支払うと、つい立で2つに分けられている案内部屋に入った。先客が3人いた。おしぼりやお茶のサービスはなく、案内部屋の中に自動販売機が置いてあった。

女の子

「な〇み」さんはキャミソール姿で迎えてくれた。会った瞬間に抱きつかれた。柔らかさが体に染み込むように伝わってきた。階段を上がり、部屋に入った。

川崎というと、セレクション、プレミアムの系列しか行ったことないので、「内装の川崎」というイメージがあったが、セシルの内装は標準的なソープのそれだった。つまりボロかった。

ホームページでは彼女は「ロリロリ系」と表現されている。実際の彼女は146cmという身長を除けば、ロリロリという印象はなかった。

少し修正されているようにも見えるが、お顔はだいたいホームページの画像と同じだった。体の方は画像よりもかなりムッチリとしている。小柄で色白で、ハリのありそうな体に見えた。年齢は20代前半といったところか。

サービス

「お名前は何ていうの?」

「・・・チナスキーと申します*」

「じゃあ、チナちゃんね」

「それで結構でございます」

そんな会話のあと、彼女はベッドに座る私に正面から近づき、キスをかましてきた。最初から舌突っ込みである。そのまま押し倒すように体を寄せてきて、首に何度もキスをされた。

ベタベタされながら、服を脱がされた。「な〇み」さんは後ろを振り向き、服を脱がすように言った。服を脱がせると、私の両手を取って、自分の胸に当てた。大きくはないが確かな感触のあるおっぱいだった。

そのままプレイに突入しそうな雰囲気はあったが、真夏の日差しの中を川崎駅から歩いてきた身としては、汗臭いまま続行するのも申し訳なく、お風呂に入りたいと申し出た。当たり前だが、彼女は快諾し私の体を洗ってくれた。

風呂から出て、ベッドに座っていたら、再び正面から抱きつかれた。何かとベタベタすり寄ってくる方である。「な〇み」さんのことを私に教えてくれた友人は、「『な〇み』さんは飛び込んできてくれる方」と表現していた。確かにそういう表現がぴったりの迫り方だった。

私は彼女を正面に後ろ向きで立たせて、その白くて柔らかいケツを舐めた。その手触り、舌触り、女の肌の滑らかさを感じた。彼女はベッドの前で立って、私はベッドに座って、そんなポジションでプレイが始まった。いつのまにか彼女は床の上に四つん這いになっていた。

「いや~ん、チナちゃん、えっちぃ~」

「な〇み」さんはそんなことを言った。あまりにありきたりな言葉であるが、「チナちゃん」が挿入されているだけでちょっと違って聞こえるので、私もつくづくチョロい客である。

私の攻めがひと段落すると、「な〇み」さんが攻めたいというので、私はベッドに仰向けになった。彼女が覆いかぶさってくる。体が小さいので軽い。その状態でベロベロにチューをされ、耳の穴に舌を突っ込まれた。そのゾクゾクする感覚を言い訳にして、彼女の背中に腕を回し抱きしめた。適度にムッチリとしている彼女の表面は柔らかくあたたかかった。まさに「女を抱いている」という感触だった。幸福を感じた。背中の肌もやはり滑らかであった。

彼女の舌は私の首筋から乳首を通過し、チンコ親父に達した。彼女は亀頭の周りをグルグルと円を描くように舐めたり、側面を舐められ私が大きく反応するとそこを重点的に舐めたりと、ポイントを変えながらチンコ親父をあしらった。その舌はゴールデンボールズまでは到達したが、菊の紋章までは到達しなかった。

「チナちゃんのがほしい」

という予想外の愛の告白をされたので、我々はそこが体を清めるための特殊浴場にすぎないのに自由恋愛をするに至った。仰向けになった彼女に、今度は私が覆いかぶさった。体を合わせると背中に腕を回され、体が密着した。彼女は舌を伸ばして私の舌を迎えてくれた。彼女との行為は受け入れられている感触が強かった。

やがてゴムの袋は白いもので満たされた。それでも我々は密着を続けていた。脈を打つたびに彼女は少し体を震わせ、息を吐いた。ときどき背中に置かれた彼女の手に力が入るのを感じた。

私が離れると、彼女は笑顔で感想を言った。そして袋を外し、親父の身を清めてくれた。

少し時間が余ったので、ベッドで横になって会話をした。彼女は私の肩や胸をずっと撫で、たまに首筋にキスをした。話によると、彼女は本当はマットプレイが得意らしい。最近は風俗で働く女性が増え、「その中から私を選んでくれているのだから後悔をさせたくない」と言っていた。そういう姿勢を客に伝えられる、しっかりとしたビジネスパーソンである。

時間がきたので、もう一度風呂に入り、服を着た。彼女はフロントにコールをして、もう一度我々は抱き合い、ベロチューをして部屋を出た。

階段を下ると、店員にiPad(か類似のモノ)を渡され、アンケートを記入してほしいと言われた。面倒だからと断ったら何か言われそうな雰囲気があった。かなり細かいそのアンケートを入力し、店員に返した。「女の子はどうでしたか?」と聞かれたので、「とてもよかったです」と答えた。店員は安心したような顔をして、私を帰してくれた。

※実際の会話とは少し異なります

まとめ

最近の風壇の先生方は、やたらと「素人系 vs お仕事系」の方向に議論を持っていきたがる。「な〇み」さんは、素人系なのか?お仕事系なのか?私にはよく分からない。少なくとも彼女は普通のビジネスパーソンよりも長く肌を接してきて、そのお肌はとても柔らかかった。癒し系というか、柔らか系というか・・・

料金を考えると、コストパフォーマンスはかなり高いと思う。顔はタイプかというとそうでもなかったが(写メ日記のお顔とほぼ同じである)、ホスピタリティが高かく、接客やサービスについて文句をつけるところはない。あまりハード過ぎるのは引いてしまう、かといって何もできないような素人もつまらない、という一見わがままだけれど、よくありそうなニーズに答えられるビジネスパーソンだと思う。

難しいのは、彼女が早朝から夕方までしか出勤しないことである。

それにしても・・・夏の川崎ソープは駅から遠い。

5段階評価

総合満足度:4
費用対満足度:4
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:3(可愛いけれどタイプではない)
スタイル:4(お肌が綺麗で柔らかかった)
サービス:4(ベタベタしてくる)
嬢の印象:小柄、ムッチリ、イチャイチャ
写真とのギャップ:顔は同じ、スタイルは写真の方が少しスリム

 

2 件のコメント

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)