19歳 – 西川口アラビアンナイト「な○か」さん

こんにちは、チナスキーです。

先日の「あなたが2020年に会った最高のビジネスパーソン」に参加してくださったみなさんありがとうございます。現在、50人ちょっとの方からご回答をいただきました。

あなたの2020年ベストビジネスパーソンを教えてください

2021年1月6日

特定の方に票が集中していないため、2票でも1位になってしまいそうです。一方で、当ブログの記事に掲載していないビジネスパーソンのお名前が多く、情報量は多そうです。まだ募集していますので、上の記事を読んでからお問い合わせフォームよりご連絡ください。

さて、2021年最初のレポートは西川口のアラビアンナイトです。なぜ突然西川口かというと、先日「Theソープランド公式」というTwitterアカウントが、今回レポートする「な○か」さん(T164.B86C.W59.H87)を紹介していまして、その写真がたいそう美しかったのです。

これも何かの縁と思い、行ってきました。初めての西川口です。なお、その美しい画像は削除されて、今では見ることはできません。

お店データ

場所:埼玉西川口
支払った総額:20,000円(60分)
フリー or 予約:予約
営業時間:6時~24時
入店時間:平日午後入店
待ち時間:10分
混み具合:他に0人

お店の雰囲気と店員さん

初めての西川口。駅の西口を出て、右に曲がるとこじんまりとした風俗街があった。なんとなく池袋の西口(駅を出て右側の区域)に風景が似ていた。それもそのはずで、西川口もチャイナタウン化が進んでいるらしい。ラブホテルのように入り口が隠されているような構造の風俗店がいくつか並んでいた。こうして見ると、吉原のソープは通りからカウンターが見える店が多く、他の地域と比べると堂々としているというか開放的である。

アラビアンナイトも入口が壁で隠れているような造りだった。店に入ると、黒服の店員に迎えられカウンターで料金を支払う。カウンターには10枚ほどのパネルが並んでいた。料金を支払うと、廊下を通って奥の案内部屋に通された。吉原のソープに慣れた私からすると、広くて長い廊下だった。風俗店特有の、どこか懐かしい香がした。

古めかしい案内部屋に入り、ひとりがけのソファに座る。トイレに行ってマウスウォッシュを済ませると、案内の時間になった。案内部屋の横のカーテンを開けると、予約した「な〇か」さん(T164.B86C.W59.H87)が立っていた。

女の子

写真とちょっと違う。

これが第一印象だった。よく見ると同一人物で、修正というよりも「上手く写った写真」という印象だった。写真で見ると稀に見る美人だが、実際の彼女は普通の女の子だった。19歳とあるが、おそらく化粧のせいだろう、もう少し年上の20代前半くらいに見える。話してみると、確かに19歳か20歳前後くらいに感じられる。明るい色の口紅が印象的だった。白いバスローブを着ていた。

学生ではなく社会人の経験があるそうで、キャピキャピした印象はない。どちらかというと落ち着いた雰囲気だった。しかし、「緊張してますよ~」と手で顔をあおぎながら言っていた。

初めての風俗で入店したばかり。彼女は場をしらけさせないように頑張って会話をした。その頑張っている感が初々しかった。ホームページの写真がハードルを上げ過ぎたせいで、対面直後は少し残念と「ま、こんなものか」の中間くらいの気持ちだったが、人柄は悪くなさそうだった。キャラクターを作っていなくて(作れていない、と言った方が正しいだろう)、印象は良かった。

サービス

私も彼女もベッドに座って少し会話をした。吉原と同じように古い部屋だったが、ベッドは広く柔らかかった。その会話から服を脱ぐ自然な流れが作れない様子だったので、私は自分で服を脱ぎはじめた。すると、彼女もすかさず立ち上がってバスローブを脱いだ。私が顔を上げて彼女を見ると、脱ぐのをやめて、バスローブを羽織りなおした。恥ずかしいらしい。

「ほんとに恥ずかしいから、見ないでください~」

本当に恥ずかしそうだったので、私は自分の服を脱ぐのを再開した。彼女は下着姿になり、ひと呼吸置いてから下着も脱いだ。バスローブからは分からなかったが、結構しかっりした下半身をしていらっしゃる。ジーパンを履かせたら腿がパツンパツンになりそうだ。若いムチムチ感だった。下の毛は完全にナチュラルだった。

彼女は先に風呂場に行き、私も続いた。ソープではよくある温度の調節が難しいシャワーだったらしく、苦労してちょうどいい温度にしてから体を洗われた。体を洗ってもらってから、風呂に入り、うがいをすると彼女も入ってきた。そして慣れない動きでキスをされた。正面から身を乗り出して、キスをする彼女。濃厚なキスだった。今、おれの口に舌を入れているのは19歳なんだぜ、と思うと確かな背徳を感じた。

彼女の背中を触ると、冷たくなっていたので我々は風呂を出ることにした。体を拭いてもらいベッドに仰向けになる。心なしか、吉原よりも大きいベッドだ。フカフカ度はかなり高い。

彼女がやってきた。

「攻められたい人ですか?」

このタイミングでよくある「攻めるとの攻められるのどちらが好きですか?」と似た質問だったが、なんとなく彼女がリードされることを望んでいると察した。

「じゃあ、先に攻めましょうか?」

「あ、はい、慣れていなくて・・・」

彼女は安心した表情を浮かべた。良いことなのか悪いことなのか、私はすっかりベテランソープ客になってしまったのだ。やりたくても彼女のような初心者の振る舞いはできない。

私はゆっくりと彼女を攻めた。

うまく表現できない。

リアルな反応・・・確かにそうだけれど、それだけではない。ほのかなワイルドさと言えばいいだろうか。汗の匂いに興奮する人たちはこの感覚を追い求めているのではないだろうか。彼女が匂ったわけではない。例えの話だ。

青臭さと言えばいいのだろうか。それはちょっとむせ返るような興奮だった。おれはこんなに若い女の子が好きだったのか?好きなタイプの女性が竹内まりや様と森口瑤子というのはカムフラージュだったのか?もしかしたら、まったくの未処理の「毛」のせいかもしれない。みんながあまりに処理をしているものだから、完全未開拓のジャングルに出会うと、もうチビ黒サンボみたいに舞い上がってしまう。

ひととおり攻めて、彼女のブッシュの中に指で触れた。

・・・スコールの後みたいじゃないですか。

私の所感を伝えると、彼女はまた恥ずかしがった。多分、これだ。人々が「素人系!素人系!」と叫ぶ理由がこれだ。

楽しくなってしまい、たっぷりと時間をかけて攻めた。それが終わると、横になった。今度は彼女が私を攻めた。しっかりとキスをされて乳首を舐められる。そのまま頭文字Fをされた。初心者の彼女ではあったが、下手というわけではなく、普通だった。時間がないので、短い時間で攻めるのを止めてもらい、我々は自由恋愛の扉を開けた。

薄皮の装備を整えて彼女の中に入っていった。キスはさっきよりも激しくなっていた。顔を近づけると、背中に手を回されて抱きしめられる。ブッシュの下のヌルヌル感が薄皮を通じて伝わってきた。

やがてその時は来て、私は射った。体が離れると彼女は何故か少し照れたように笑った。ティッシュを用意してくれので、私は自分で自分を拭いた。その様子を見て彼女は「あっ、ごめんなさい」と言った。

彼女が缶のお茶を出してくれたので、それを飲みながら少し会話をした。世の中の19歳とソープ客おじさんに共通の会話がないように、我々の間にも楽しめるような話題がなかった。彼女は主に自分の話をした。私が普段吉原で会っている女の子たちよりも「な○か」さんの方がちょっと若く感じられるところはそういうところだった。

もう一度体を洗ってもらい、服を着た。彼女はバスローブを羽織って紐を結ぶ。我々は部屋を出て別れた。

まとめ

風俗業界に入りたての新人という雰囲気は良かったが、それ以外の特徴はなかった。普段吉原で遊んでいると10代もブランドに感じられるが、会ってしまえば「まあ、別に」である。でも、あの初々しい反応は好きな人は大好きだと思う。仕事に慣れていないビジネスパーソンだけが醸し出せるものがあった。この仕事を続ければやがて彼女もそれを失くしていく。

ちなみに、以前の彼女の写真と今の写真は随分と違う。前の写真のほうが良かった。つまり、今の写真のほうがより実物に近い。店のこの姿勢は評価すべきだと思う。

5段階評価

総合満足度:3
費用対満足度:3
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:3(普通かな)
スタイル:3(ムッチリ)
サービス:3(サービスは普通だけど初々しさたっぷり)
嬢の印象:普通の女の子
写真とのギャップ:ほぼ同じ

2 件のコメント

  •  西川口がまさか登場してくるとは。それもアラビアンナイト。実はこの店、私のソープキャリアの最初の店かもしれない。(記憶が定かでない。)もう40年前かなあ。埼玉を地元としている先輩の行きつけの店で、何人かと一緒で連れて行ってもらった記憶があります。あの時はアラビア風の出で立ちで、コロナじゃないけどなんて名前かマスクみたいなのしていてご対面だったけど今はどうなのかな。結局この店には再訪していないなあ。

     西川口はその頃でピンサロ(本サロ)にも行ったし、もう5年くらい前とかでデリヘルにも通ったりして、縁がつながっていますが、確かにチャイナタウン化していましたね。

     西川口も19歳ありなんだっけ。吉原とかは自主規制で20歳からと聞いています。

     意外なところをつかれて思わずコメントしました。

    • ソープ好きさん、たまたまTwitterでこの方の写真が流れてきて、とても綺麗に見えたので行ってしまいました。40年前って1980年じゃないですか。そんな前からある店なんですか?吉原は10代はNGですよね。地域によって違う理由が未だに分からない。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)