壇蜜風はんなり美人 – 吉原アクアパレス「み〇」さん

こんにちは、チナスキーです。

お盆はいかがでしたか?今回は外部ライターの「えっちびさん」のレポートです。吉原の格安店「アクアパレス」の「み〇」さん(T154.B84(D).W56.H85)のレポートです。

この記事のタイトルにも使われている「はんなり」という言葉ですが、皆さん、どういう意味かご存知ですか?「はんなり」と聞けば、私は「ふんわり、ほんわか、柔らかな美しさ」と解釈していました。実際には、「はんなり」は「華あり」が語源(諸説あるそうですが)で「明るくて華やかでありつつ上品な様」を意味するようです。ただ、微妙なニュアンスがあるようで、簡単には使えない表現だと今回の記事で知りました。

「えっちび」さんも、私と同じように「落ち着いておっとりしたイメージ」で解釈されていました。下の記事は「はんなり」を誤用しているのですが、修正せずにそのまま公開することにしました。ご留意のほどを。

ところで、今回でアクアパレスのレポートは29回目です。しかも、そこそこの現役率です。今週の水曜日もちょうど3年前にレポートした「の〇ぴー」さんが出勤されていました。この現役率が高いということは、ブロガーにとってはとても重要なことです。記事がムダにならないですからね。

30回目は特別企画でもしたいところですが・・・何も思いつきません。2輪車もありませんし。というわけで、企画を募集しますので、アイデアがある方はコメント欄にお願いします。ま、個人的にはお店に何かしていただきたいところですけどね!

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:16,000円(60分19.000円−合言葉割引1.000円−ポイント割引2.000円)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:平日22時20分頃入店(予約は22時30分から)
待ち時間:20分 (予約時間からは10分 系列店LOVERSにて)
混み具合:LOVERS待合室に7人(番号待ち4人、送迎待ち3人)

お店の雰囲気と店員さん

この日もアクアパレスに予約を入れた。私が一番好きなお店。ダントツでこのお店に行くことが多い。これまで何人ものオキニがこのお店にいた。卒業してそれっきりになったり、卒業したと思ったら復活したり。そしてオキニは増えたり減ったり。そして今も何人かのオキニがこのお店に居て、定期的に会いに行っている。

でもオキニとの繋がりはいつどうなるか分からない。だから新たなるオキニを求めてチャレンジを繰り返す。この日も新たなるチャレンジとなった。チャレンジするときに決め手となるのは、プロフィールページの紹介文。

私はこのお店の紹介文が好きだ。この紹介文が好きでこのお店に通っていると言ってもいい位だ。何だかちょーいい加減…と思わせておきながら案外的を得ていたりする。通っている内に段々と紹介文を読み解けるようになってきた。そんな気がする。だからだろうか、私はこのお店でアタリを引くことが多い。たまにあれっ?という時もあるけれど、これだけ通っているにもかかわらず「地雷!」と思われるような女の子には出会ってはいない。

この日は入店以来気になっていた女の子を予約した。紹介文を読み解き、この女の子はアタリだろう、そう期待していた。

「すんげぇ美人。壇蜜にクリソツ。というか似過ぎ!」

だって。

ちょー壇蜜ファンという訳でもないんだけど…。

それでもやっぱ期待しちゃうでしょ。ね、ね!

予約していた時間より10分ほど早く着いた。いつも通りだ。抜かりはない。お店に入ると予約をしているかどうか聞かれた。予約をしていること、ついでに自分の名前も伝えた。予約済みの女の子の名前を確認されて、お支払となった。

ご案内は系列店のLOVERSになるという。番号札2枚を受け取り、通い慣れた道をひとり移動した。アクアパレスからLOVERSへは徒歩3〜4分程。通り道で声を掛けてくる他店の呼び込みを適当にやり過ごし、LOVERSの入り口を入った。急な階段を上るとまた受付がある。そこで番号札1枚を渡し、向かい側にある待合室に入った。

狭い待合室に同志が7人ほど。真ん中よりやや右側に通路があり、その両側に簡易的なソファが並んでいる。私は空いていた席に荷物を置くと、早速ウォーターサーバーで水を汲み、ゴクリと飲んだ。テレビを観ながら様子をうかがっていると状況が見えてくる。番号待ちが4人、送迎待ちが3人という感じ。出たり入ったり入れ替わりながらもほぼ人数は変わらず、均衡は保たれていた。

女の子

期待に胸が高鳴っていた。私の下半身も待ちきれない様子でムズムズと疼いていた。

約20分ほど待った頃、ようやく番号を呼ばれて待合室を後にした。店員さんに番号札を渡し、右手の階段を上ると、数段上がった端っこに彼女は佇んでいた。顔を上げると目が合った。彼女は控えめに微笑んだ。

すんげぇ美人? 壇蜜にクリソツ?

ううーっ、えぇーっと。ちょっと期待が大き過ぎたかな。確かに壇蜜「風」ではある。似ていると言えば似ている。美人といえば美人だ。でもうぅーん、華がないかなぁ。だいぶ地味な雰囲気に感じられた。

手を引かれて階段を上る。扉が開いていた部屋へと導かれた。私が靴を脱ぐと彼女は扉を閉め、密室に2人きりになった。簡単に挨拶を済ませると、彼女は私が脱いだ上着を受け取り、ハンガーに掛けてくれた。

お話しをしながら私は次から次へと着ていた服を脱ぎ、脱衣カゴに入れていった。彼女が着ていたセーラー服は私が希望して脱がせることになった。スカートを脱がせ、お次はトップス。ゆ〜っくり、じ〜っくり、時間を掛けて脱がせていった。

「ふふふっ、ちょっと…。」

私がゆっくり脱がせたことに彼女はとっても恥じらった。その恥じらっている雰囲気に萌えた。ふだんはできるだけ女の子が望まないことはしないようにしているけど、この時は私の中に眠っているS心がメラメラと湧き出てくるような気がした。

へ・へ・へっ。

彼女の肌は白くてきれいだった。前から抱きつき、ブラのホックをゆ〜っくり外すとお椀型の美しいおっぱいが露わになった。白い肌にピンク色の頂きが映えていた。

最後に残った1枚もワザとゆ〜っくり、じ〜っくり脱がせてみる。彼女の恥じらう様子にまた萌えた。アソコの周辺はスッキリとお手入れされていた。脚がすらっと長くて美しかった。美脚と言ってもいいのかなと思う。

一見クールに見えるけど、話しにくい訳ではない。ゆっくり、おっとりとした話し方をする。彼女を一言で表現しようとすると「はんなり」という言葉が浮かんでくる。落ち着いていて、だらしないところがない。きちんとしていて丁寧だけど、程良い加減で堅苦さは感じられない。

声のトーンはやや高めで、澄んだきれいな声をしている。彼女の声や話す雰囲気が、昔付き合っていた女の子に似ていた。ちなみに付き合っていた女の子は標準語を、彼女は京訛りの言葉を話すという違いはあるけれど…。

サービス

先にお風呂に入るように勧められた。私が歯を磨いている間、彼女が泡を作ったりして準備を整えていた。彼女に呼ばれると私はお風呂をあがり、スケベ椅子に座った。彼女は私の身体を丁寧に洗ってくれた。

ゆるりとお話をしながらも手を休めることなくお仕事を進めていく。このお店に入ってまだ○日目ということだったが、手際は良く、仕事には慣れている様子が伝わってきた。

再びお風呂に入ると彼女も後から入ってきた。私はちょっとドキドキした。彼女の瞳が色っぽく感じられたから。彼女は私のそんな動揺を察したのか、私に背中を向けてきた。彼女の背中には少々肌荒れが見られたものの、そのほかのパーツは白くて美しかった。

私は後ろから手を回して彼女のおっぱいをふんわり撫でた。モミモミもしてみた。背中に何度か口づけもした。彼女の方からと言えば、特に攻めてはこなかった。私は長湯できないたちなので、そろそろベッドに行こうと誘おうと思っていた矢先…。

「温ったまりました? 上がりますか?」

そう切り出してくれた。察しがいいようだ。

まずは彼女に攻めてもらうようにお願いした。私はベッドに仰向けになり彼女を迎えた。彼女はチュッ、チュッと何度か口づけをしてくれた。軽めではあるけれど舌も混じり合わせた。

チュパッ、チュパッと大きな音を響かせながら、彼女の攻めは私の下半身へと移っていった。彼女の攻めは優しくて丁寧で、とても気持ちが良かった。私のチビッコはあっという間にギンギンに反り返り、ソリマッチ!になった。ソリマッチがさらにカチンコチンになっても手をユルめることなく、彼女は攻め続けた。

「あぁーっ、ヤバイヤバイ!」

暴発しそうな危機を迎えたが、なんとか踏みとどまった。

「あぁーっ、ヤバイヤバイ!」

と、彼女が真似をするものだから、可笑しくなって、ふたりで顔を見合わせて笑った。

そんなことがきっかけとなり、ふたりの立場は入れ替わった。仰向けに寝ている彼女に私が近づいた。見つめ合い微笑むと、彼女は恥じらった。顔を近づけると色っぽい瞳を閉じて、口づけに応じてくれた。

軽く舌を求め合った。舌を交えながらおっぱいにそっと触れた。私は身体の位置をちょっとずらし、おっぱいを舐めたり、吸ったり、揉んだりした。控えめながら気持ち良さそうな声が漏れ聞こえてきた。

更に身体の位置をずらして行くと、彼女のムスメッチョが見えた。お毛毛がスッキリとお手入れされているから丸見えだ。乱れがなくとても美しいフォルムだった。

はやる気持ちを抑えて、周辺部から舐めた。オシリッチョも舐めたが嫌がることはなかった。ムスメッチョの頂きにあるツボミをそっと撫でるように優しく舐めた。舌を縦に横に小刻みに転がしていると、徐々に艶めかしくなっていくのを感じた。

ワレメッチョもベロベロ舐めた。お許しを得て指を入れたりもした。再びツボミを舐めながら、指を入れたり出したり、掻き回したりしていると、ビショ濡れになっていった。

控えめだった彼女の声は部屋に響くほどになっていた。心なしか声のトーンは低く感じられた。彼女は私の腕をぎゅーっと掴んだ。そしてその握った手の力がどんどん強くなっていった。

彼女の愛液にまみれた右手でソリマッチをシゴクと、めたんこ気持ちよかった。我慢するにも限界があるようだ。私は入れたくなっちゃったと彼女に伝えた。すると彼女は何やら包みから取り出した。コンドーマッチ!だった。彼女はソリマッチにコンドーマッチを被せてくれた。

ソリマッチ & コンドーマッチで、よっしゃ、準備万端!オーライ、オーライ。

仰向けになっている彼女の脚を開いて、私と彼女はひとつになった。

とにかくゆっくり、ゆっくりと交わった。彼女の脚を開いたり、持ち上げたりして、異なる挿入感を味わった。彼女の腰を抱き上げ、上に乗っかってもらった。彼女は大きく抜いてズブリ、大きく抜いてズブリを繰り返した。ちょー気持ちよかった。私は彼女を抱き寄せ、下から突き上げた。

繋がったまま彼女を仰向けの体勢へと戻した。腰を動かしながら、形のいいおっぱいを揉んだり舐めたり堪能した。彼女の背中に手を回し、きつく抱きしめた。彼女も私の背中に手を回しぎゅーっと抱き返した。

唇を重ね、舌を交えながら、私は腰を振りつづけ、彼女はそれを受け入れた。ふたりは一体化しながら悶えていた。やがて私は我慢できずにフィニッシュを迎えた。

まとめ

私がベッドに横たわると彼女も寄り添ってくれた。他愛もない会話をしながら余韻に浸った。出会った頃と比べると彼女はよく笑ってくれた。クールな印象の彼女だけど、笑顔が可愛かった。

 プロフィールページに書いてある紹介文を読んで、期待が高まり過ぎていた気がする。彼女は美人だけれど、「すんげぇ」ではなかったし、壇蜜風だけれど「クリソツ」ではなかった。でもその紹介文を読んでいなかったら、どう感じていたのだろう? 彼女自身はやや地味ながらも魅力的だったとは思う。

スタイルも素晴らしかった。スレンダーながら出るところは出て、引っ込むところは引っ込んでいて、バランスが良く、美しかった。でもグラマラスなタイプがお好きな方にはやや物足りないかもしれない。

彼女とのセッションはふつうという印象だった。リピートすることはないだろう。当初はそう思っていた。あれから数ヶ月が経ち、気持ちは揺らぎ始めている。こうして記事を書きながら改めて思い出し、また会いたいな、という気持ちがじわじわと湧いている。

彼女はイチャイチャ上手という訳ではないし、比較的サッパリとしている。でも、きっとリピートすれば、彼女の良さをもっと理解することができるだろうな。そんな気がしている。

5段階評価

総合満足度:3
費用対満足度:3
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:3(美人だとは思うけど好みとは違った)
スタイル:5(全体のバランスが良かった)
サービス:3
嬢の印象:壇蜜風 スタイル良し 京言葉 はんなり 色白 美乳
写真とのギャップ:ほぼ写真通りかな

関連記事

おじさん好きの美デカ尻お嬢様 – 吉原エグゼ「あ〇」さん

2017年8月11日

エロい反応におじさん心をくすぐられた – 吉原アクアパレス「〇奈」さん

2017年8月2日

こんなおじさんに、こんなにもイチャイチャしてくれるなんて!吉原アクアパレス「夏〇」さん

2017年4月21日

アクアパレス 吉原(22回目) – チューしていい?だって

2017年2月15日

顔面騎乗位をする私にシャワーが降りそそぎ – 吉原Momo「ま〇み」さん

2016年8月31日

21 件のコメント

  • チナスキーさん、こんにちは。

    レポート一覧を拝見いたしますと、このみ○さん、退店したことになっていますが、ずっと在籍しており、出勤も続いております。どなたかと間違えたのでしょうか?

    在籍人数が半端じゃなく多いし、似た名前も多いし、おまけに伏せ字になっているので、間違えが生じやすいですよね。お手数ですが、修正をお願いいたします。

    • えっちびさん、失礼いたしました。一覧表の方だったのですね。修正しました。今気付いたのですが、何となく分かってはいたのですが、今年の2月からこの表を更新していませんでした。対応しなくちゃ。。。

    • makosucksさん、この記事を書きましたえっちびです。コメントをいただきまして、ありがとうございます。

      そうですか。よかったです。実を言うと結局私自身はリピートしていないんです。サービス地雷になっていたり、劣化していたりしていないようで、安心しました。

      私の記事にかかわらず、またよかったらコメントしてください。これからもよろしくお願いいたします。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)