“キスが好きだから、それで感じちゃうの”-吉原Momo「あ〇」さん

こんにちは、私のブログ「AMBITIOUS YOSHIWARA」にお越しくださいましてありがとうございます。

今回は当ブログ所属の”模型”メンバーによる吉原の格安店「Momo」のレポートです。今気付いたのですが、2連続ですね。というか、この店の記事ばかり掲載しているような気になってきました。でも、私が意図的に選んでいるわけでも、推奨しているわけではないんですよ。模型メンバーが勝手に行っているだけです。

というわけで、「ぜひ、ウチにも来て!」というお店がいらっしゃれば、お気軽に声を掛けてください。必ず行くとは約束できませんが、おすすめ情報をいただければ検討を致します。とりあえず、お願いするのはタダなので、どうぞ。

ま、こんなこと言っても、誰も連絡はしてくれないんですけどね。今年の頭の旧女帝(リニューアルする前の女帝)の方ぐらいですよ。私に声を掛けてくれたのは。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:17,000円(60分)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:平日17時00分頃入店
待ち時間:10分
混み具合:他に4人

Photo credit: sun_summer on Visualhunt.com / CC BY-SA

お店の雰囲気と店員さん

どうにも風呂に行きたい気持ちになる、そんな日だった。色々物色していたのだが、アクアパレスのキスが好きだという女性を予約した。やはり当日の気持ちに素直になるそれが一番満足感の高いセッションに出会える、そう思ったからだ。しかし直前に電話したところ彼女はお休みですと言われてしまった。はてさて困った。

基本的に人気と実力を兼ね備えた姫様は、相当な幸運がない限り、フリーでは入れない。だからこんな時は急遽出勤が多い店で、プレイスタイルが合いそうな子を選ぶと決めている。というわけで、アクアパレスかMomoにしようと思い物色をしたところ、「あ〇」さんのプロフィールが私の目にとまった。

”この彼女、キ〇魔で全身性感帯の敏感体質。ある意味性欲の塊。 ”

なるほど。キス魔というのは非常に良い表現だ。今日は彼女にしよう、そう決めて電話を掛けた。

女の子

冒頭にも記載したが、今回私が予約したのは「あ〇」さん(T156.B85(C).W57.H86)という方だ。Webページの画像をご覧いただきたい。ちなみに私の入る前のイメージは、かなりスレンダーでこげ茶色の髪の毛に似合う優しそうなイメージのお姉さん。イメージは小林麻耶さん(元TBSアナウンサー)だ。

実際の彼女は、うーん。なるほど。これはあれだな。確かにご本人ですが、全体的にちょっとイメージからずれていた(当社比10%増し)。見た目の個人的な彼女の感想は、セクシー女優のAIKAさんに似ている20代中盤ぐらいのちょっとギャルよりのお姉さん。まとっている空気は写真とそこまで変わらないので、私が勝手に妄想をして盛り上がってしまったのだと思うことにした。

彼女のBWHは大きくは嘘をついていないのだろう。でも、世の中には大きく見える85cmのバストと、大きくは見えない85cmのバストがある。彼女は全体的に凹凸が少ないタイプだった。お腹は出ていないが平面的というか、立体的ではないのだ。

話してみると、気さくなお姉さんといった感じの女性で、会話が盛り上がった。このお店に来る前にどんな仕事をしていたのかなどにも気さくに答えてくれ、とても会話がしやすかった。彼女であればキャバクラなどにいても、人気者になれそうだ、そう感じた。

サービス

彼女はキス魔だった。

出会ってハグをして、そのまま洗体してもらったのだが、洗体中にも顔を上に上げてきてキスをせがんできた。お風呂屋さんにどうしても行きたくなった私の原動力は、キスが好きな女性とセッションすることだったので、これ幸いとばかりにキスをした。

「タバコのフレーバーが香りました」

なるほど、確かにプロフィールにはあなたが普段タバコを吸われることが記載されていましたね。タバコのフレーバーが香った場合、私のキスのモチベーションが著しく下がりました。しかし、キスをしないという選択肢はない私は解決策を考えました。そうだ、歯と舌を磨けばよいのでは?

ということで歯磨き&舌磨き好きアピールをして、彼女にも磨いてもらうことしました。彼女と一緒にお風呂に入り二人で歯&舌を磨き、最後にイソジンで準備完了。

ベットへ行きセッション再開。お互い立ったままキスをします。最初は確認するように唇が触れるだけのキス。徐々に彼女の唇をなぞるようなキスをします。そしてお待ちかねのフレンチ・キス。

「タバコのフレーバーが香りません」

私のキスのモチベーションは復活し、キス魔の彼女とキスを繰り広げた。非常に満足なキスだった。やはりタバコのフレーバーが香らないキス程良いものはない。そう感じた時間だった。

次のステップに進むべく、彼女を中腰の態勢にした。唇を話すとき、彼女は若干残念そうな顔を見せた。そして座っている私の顔の位置に彼女のお胸が来るようにし、まずは唇で彼女のきれいな乳首を刺激した。

「んっ。きもちいい」

彼女の口から可愛らしい声が漏れ出た。そのまま両方の乳首を刺激しながら、彼女のお股の周辺を愛撫していき、彼女の大事なところを触ってみると、湿り気というには粘度の高いものを感じた。クチュッっという音とともに、指が滑らかに動くのを感じた。

「感じているの?」

「キスが好きだから、それで感じちゃうの」

彼女の回答に気をよくした私は、そのまま中腰の彼女にゆっくりと指を挿入し、やさしくこするように愛撫をした。

「あっ、あっ、あっ」

彼女はそう言って顔を下に向け、目をつむって快感に耐えるような表情をした。私が愛撫を継続していると、私の肩のあたりに唇を当てて、快感に耐えていたが、その様子がどうにもかわいく見えてきて、ついついこする速度を上げてしまった。

「あーっ、あっ、あっ、きもちいい、いく」

彼女の内部が収縮するのを感じたと同時に、彼女の体が震えた。震えが収まったと同時に、彼女は顔をあげて目をつむって、こちらを見つめてきたので次はキスをしながら、愛撫を継続した。キスをしているので、んー、という彼女の声を舌で感じながらも攻めていると、再度彼女の内部の収縮を感じたところで、彼女から指を抜いた。私の指はびしゃびしゃになっていた。

その後ラテックス性のゴムを装着し、彼女とバックで交わった。たまたま彼女とは体の構造上、うまくハマらなかったらしく、動くのに難儀してしまったが、そのままフィニッシュ。

まとめ

満足のいくキスをしたい。その点においては満足のいく良いセッションだった。しかし、お顔とスタイルが私の好みではなかったため、私の中の盛り上がりは少なかった。それに加えて、最後の描写にもあるが、物理的な体と体の構造上、私がバックでスムースに動けず、自由恋愛での満足度も低かった。

しかし、誤解を与えないように言っておくと、彼女はセッション後もこちらに気を使ってくれたり、話しやすい雰囲気を絶やさないビジネスパーソンとしてしっかりした方だった。私は時間ぎりぎりだったため、ピロートークなどしなかったが、彼女であればそれも楽しい時間になるだろう。

お顔はセクシー女優のAIKAさんに似ているように私は感じた。どちらかというと、ルックスやスタイルよりもサービスを求められる方にお勧めしたい。

5段階評価

総合満足度:3
費用対満足度:3
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:3(縮尺が私のイメージと違った)
スタイル:3(凹凸が少なかったように感じた)
サービス:4(キスが多めで気遣いもできている方だった)
嬢の印象:セクシー女優のAIKAさんに似ていると感じた(凹凸は少ないが)。
写真とのギャップ:縮尺以外は特になし。雰囲気はご本人のものだと思った。

関連記事

殿堂入り巨乳保有者 - 吉原Momo「り〇ん」さん

2018.04.04

女優の宮地真緒さんに似てる? - 吉原Momo「さ〇み」さん

2018.03.23

まさに綺麗系の美人 - 吉原Momo「あ〇か」さん

2018.02.14

お姫様との楽しいゲーム - 吉原Momo「の〇ピー」さん

2014.08.13

感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)