元メイドさんのロリっ子とイチャイチャしました – 吉原あうん「も○」さん

こんにちは、チナスキーです。

漫画「ドカベン」が終わるそうですね。まだやっていたのですね。

水島新司さんといえば、「岩鬼が三振する予定だったのにホームラン打っちゃったんだ!」みたいなことを伊集院光(だったと思う)に話したエピソードが有名ですが、ダイナミックな人の動きを描くのがとても上手だと思うんです。生き生きとして見えるんですよね。今回のドカベンが終わるという話題の中で、その辺に触れる人がもっと多くいてもいいんじゃないかと思いました。

さて、今回は外部ライターの「タケル」さんが書いた記事です。毎回、ロリっ子、ロリっ子と仰っているのですが、ロリっ子のどこがいいのでしょうか。今回の阿吽(あうん)の「も◯」さん(T161.B83(C).W58.H83)なんて、画像を拝見したのですが、私なら選ばない方です。好みってあるものだな、と「タケル」さんの記事を読むたびにしみじみと思います。


↑石原さとみ似って誰もが共感するハズ…!!!似てるんです!!!マジでwwwという売り文句の作品です。確かに、まあ、似てなくはない・・・かな。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:21,000円(60分)
フリー or 予約:予約
営業時間:6時〜24時
入店時間:平日午後
待ち時間:15分
混み具合:他に2人

Title:Photo by Danijela Froki

お店の雰囲気と店員さん

僕の勝手なイメージかもしれませんが、吉原の女の子って、ロリ系の女の子が少ないと思いませんか?ホームページを見ていてもなかなかピンとくる女の子がいないのです。

そんな中で、超絶ロリっ子を発見してしまいました。それが今回突撃した「も◯」ちゃん!プロフィールを見ると何と前職はメイド喫茶とのこと。

萌えの聖地、秋葉原で働いていただけあって、僕の萌え心は写真を見た瞬間から「も◯」ちゃんに奪われてしまいました。これは予約しなければという使命感に駆られ、電話で予約しました。

当日。送迎をお願いし、お店まで送っていただきました。車を降りるとボーイさんがお出迎えしてくれ、奥の待合室へ案内してもらいました。

待合室は黒いソファーが6脚ほど置いてあります。部屋にはシャンデリアがあり、豪華さがあります。この価格帯のお店の中では、内装の豪華さや広さはトップレベルではないでしょうか。

お茶とおしぼりを受け取り、料金を支払ったらパネルに映し出された在籍している女の子の写真を眺めながら時間がくるのを待っていました。

そしてついに待合室の扉が開き、お声がかかりました!荷物を持ち、ドアの向こうにいる「も◯」ちゃんに会いに行きます。

女の子

そしていざご対面!!うっひょ〜〜!!目の前には萌え系ロリっ子が!!髪の毛は黒く、清楚さを感じます。こんな女の子と今からエッチなことができるだなんて、もうこの時点であそこは大きくなりはじめていました。

ホームページの写真はバッチリメイクをして撮影しているように感じました。そのため写真とは違う印象を受けましたがロリっ子という点においては全く変わりありません。

「も◯」ちゃんは「よろしくお願いします」とかわいく挨拶をしてくれると手を繋ぎ、部屋まで案内してくれました。

サービス

部屋に着くとお互いベッドに座り、少しお話をしました。「も◯」ちゃんは、はじめは少し緊張した様子でしたがお話していると緊張がほぐれたようで、色々な話をしてくれました。

楽しくお話しながら服を脱ぎシャワーで体を洗ったら、お互い一緒の方向を向いて僕が「も◯」ちゃんを背後から抱きしめるようにしてお風呂に入りました。

お風呂ではお話しながら「も◯」ちゃんの脇腹やお腹、太もも、乳首などを指で撫でるようにして愛撫していました。時々体をピクッと反応させていました。この反応がまたかわいくて、ついついたくさん責めたくなってしまいます。

こんな感じで、お風呂でイチャイチャと時間を過ごしてからベッドに移ります。「も◯」ちゃんはタオルで体を拭いてくれ、ベッドに連れて行ってくれました。

ベッドではお互い見つめ合った後軽くキスをしました。そのキスはどんどんと濃厚になっていきます。僕の手は気付いたら「も◯」ちゃんのおっぱいへ・・・。

「も◯」ちゃんのおっぱいは少し小ぶりではありますがハリがあり、揉み応えのあるおっぱいで、若さを感じました。

乳首をコリコリしてみると、時々あっ、とエッチな声が漏れてきました。「も◯」ちゃんの声はかわいく、声フェチの僕はこの声だけで勃起してしまいそうでした。

「も◯」ちゃんをベッドに仰向けに寝かし、首筋や鎖骨、耳などを舐めてみました。「も◯」ちゃんは時々甘い喘ぎ声を漏らしながら感じていました。僕は「も◯」ちゃんの感じている表情を見ただけで、もうあそこがガチガチになっていました。

さて、次は下の方を舐めようと思い、「も◯」ちゃんの股の間へ移動しました。そしてあそこを軽く触ってみたのですが、「も◯」ちゃんのあそこはこの時点でもうすでにヌルヌル状態に。濡れやすい体質なのでしょうか。

そんな「も◯」ちゃんの愛液を舐め取るように下から上へとペロリ。「も◯」ちゃんが腰をもぞもぞと動かしながら感じている姿がかわいらしく、ついずっとあそこをペロペロしてしまいました。

こうしているとそろそろ挿れたくなってきたので、「も◯」ちゃんにアレを装着してもらい、正面から突撃。奥まで達すると「も◯」ちゃんは「お、奥まできてる・・・」とかわいく言ってくれました。

奥にグリグリと押し付けるように動くと「も◯」ちゃんはかわいい喘ぎ声を出しながら感じてくれました。「も◯」ちゃんの上に覆いかぶさり、出し入れするように動くとかわいい喘ぎ声はさらに激しくなりました。

しばらく正常な位置を楽しんだら、次は後ろから突くことに。「も◯」ちゃんに四つん這いになってもらい、お尻を突き出してもらいました。いや〜それにしてもロリっ子がお尻を突き出しているこの状況、興奮しますね!

僕は「も◯」ちゃんの腰をギュッと掴み、激しく腰を動かしました。「も◯」ちゃんは気持ちよさそうな声で喘いでくれています。こんなロリっ子の中に挿れていると思うと少し背徳感のようなものを感じます。この背徳感もロリ系の女の子ならではのものではないでしょうか。

バックを楽しんだら次はジョーバスタイルで「も◯」ちゃんに動いてもらいます。「も◯」ちゃんは僕のあそこを持ち、自分の中へと導いてくれました。そして気持ちよさに任せて腰を動かしていました。

「も◯」ちゃんが自分の気持ちいいように腰を動かす姿を見ていると、この子はこうやってオナニーをしているのかな、など色々な妄想が膨らみます。幼い顔をしているのにこんなエッチなことまで覚えちゃってるなんて、興奮してしまいます。

そんなことを考えているとそろそろ限界が見えてきました。最後は正常な位置でイこうと思い、「も◯」ちゃんをベッドに寝かせて再び正面から。「も◯」ちゃんをギュッと抱きしめながら動いていると「も◯」ちゃんも僕のことをギュッとしてくれました。

しばらくするとそろそろ限界に・・・。僕は「も◯」ちゃんにイきそうと伝えると、「いいよ、いっぱい出して・・・!」とかわいい声で言ってくれました。僕は「も◯」ちゃんをギュッと抱きしめ、限界まで我慢してフィニッシュを迎えました。

フィニッシュ後、「も◯」ちゃんは気持ちよかったといいながら処理をしてくれ、シャワーで体を綺麗にしてくれました。

最後は軽くキスをしてお別れです。こんな素晴らしいロリっ子が吉原に降臨したとは驚きでした。また機会があれば遊びたいと思います。

まとめ

今回指名した「も◯」ちゃんは一言で言うならザ・ロリっ子という言葉がふさわしいのではないでしょうか。

おっぱいはB〜Cカップくらいでしょうか。特別大きい訳ではありませんが、ハリがあって揉み応えのあるおっぱいでした。

プレイは僕にご奉仕してくれようとする姿が印象的で、秋葉原のメイド喫茶で培った、ご主人様のために尽くすという精神が感じられました。

ロリ系の女の子とイチャイチャして楽しみたいという方にはオススメの女の子です。僕もまた機会があれば遊びたいなと思いました。

5段階評価

総合満足度: 4
費用満足度: 3
ボーイさん: なし(予約のため)
女の子ルックス: 5 (超絶ロリっ子)
スタイル: 3 (おっぱいがもっと大きければなお良し)
サービス: 4 (ご奉仕タイプ) 
嬢の印象: ザ・ロリっ子
写真とのギャップ:多少あり(メイクのせい??)

関連記事

あうん(吉原) - 癒し系のルックスで濃厚なお仕事をするというギャップ

2016.09.28

感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)