とても肌の綺麗な方でした – 吉原プラチナステージ「ユ〇ア」さん

こんにちは、ソーパー・ソープライターのチナスキーです。

おツユがブッシュを濡らす季節になりました。皆様方、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は吉原の格安店「プラチナステージ」の記事です。注目の新人(のような気がする)、「ユ〇ア」さんという方にお会いしてきました。当ブログで新人さんご紹介コーナーを始めて以来、各店の新人さんを毎日チェックして、プロフィールを読んでいます。

この「ユ〇ア」さんのお写真とお店の紹介文を見た瞬間に僕のスカウターの数値が急激に上がりまして、お店に問い合わせをしたところ、評判がいいのでおすすめしたかったというお返事があったので、行ってきました。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:19,000円(60分)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:平日夜入店
待ち時間:15分
混み具合:他に4人

Photo by adamkontor

お店の雰囲気と店員さん

送迎車は本館(?)の前に止まり、店の中に案内されました。カウンターにはびっしりと写真が並んでいます。できる限り多くの写真を脳に焼き付けておこうと、恥を捨て写真を凝視しながらカウンターの前を通り過ぎようとしましたが、人間そんなに器用ではありません。走る電車の車窓からの風景のように、女性たちの顔は視界に入っては消えて行きました。

案内部屋に客は4人。店員たちはバタバタとしていました。「ご案内」をしたり、隣の別館に客を連れて行ったり。裏から業務連絡の話声が聞こえてきます。今回は、3号店でのご案内とのことで、外に待機していた車で連れて行ってもらいました。

女の子

「ユ〇ア」さんは、色白で綺麗な女の子でした。瞳がパッチリしすぎているくらいにパッチリしています。なんとなく、「ユ〇ア」の名前が似合っています。目鼻立ちがクッキリしていて、派手なお顔です。肌が透きとおっています。綺麗なのですが、最近の私は「少し地味」くらいの女性が好きなので、タイプとは少し違います。

明るい声で、「初めまして~」と言われ、僕たちは手をつないで階段を上がりました。

部屋に入って、改めてご対面。白いワンピースがよく似合っています。年齢はさっぱり分かりません。22、23、24、25、26のどれかだと思います。何となく、若いけれどオトナっぽい子に見えます。だから、取りあえず推定24としましょう。

「ユ〇ア」さんは、おおらかな性格のようでよく笑います。とても楽しそうな表情で接してくれます。笑顔が多いと、「ボクたちフィーリングが合うんだね」と思ってしまうので、男って単純です。あるいは、複雑な世界の中で、僕だけが単純なのかもしれません。

そういえば、初めてプラチナステージに来たときに会った「杏里」さん(既に退店)もこんな雰囲気でした。顔はまったく似ていませんが、笑うタイミングとか笑い方があんな感じです。「ユ〇ア」さんは華やかなお顔をされています。六本木のキャバクラにいそうです。私のソープブロガー経験からすると、若い男性に人気がありそうです。

サービス

「ユ〇ア」さんは、僕の服を1枚ずつ脱がせて、シャツはハンガーに掛け、下着は畳んでカゴに入れました。最後に僕の腰にタオルを掛けて、パンツを取り去りました。

「私の服も脱がせてください」

そう言うと、「ユ〇ア」さんは僕に背中を向けました。白いワンピースは背中にジッパーがあると思いきや、下からガバって脱がせるタイプでした。天然なのか、正面から服を脱がされるのが恥ずかしいのか。

ワンピースを脱がせると、純白な背中が目の前に。美しい背中です。ほっそりしているのですが、アンバランスなくらいに大きなお尻が綺麗な体のラインを形成していました。正面を向いていただくと、小さいながらも綺麗なおっぱいを確認しました。乳首が淡いピンク色です。清潔感のある素晴らしいピンクです。

その乳首がどうしてもと語りかけてきたような気がしたので、両乳首にご挨拶のキスをしました。「ユ〇ア」さん、普段話す声は大きめですが、えっちなことをする時の声は、しっとりしていて色っぽいです。

顔を上げると抱きしめられました。彼女の髪が僕の頬を撫でました。彼女が抱きしめる腕をほどくと、探るような感じで唇が近づいてきました。唇と唇がそっと触れると、いきなり舌が突っ込んできて、僕の舌やら唇やらを、ぬるんぬるんに濡らしました。

あぁ、ゲスな言い方をどうかお許しください。そのとき、うっほー!若いねぇちゃんのエキスぅぅぅぅぅ、たまんねぇぇぇと思いました。

僕たちは少しの間、乳繰り合いました。「シャワーにいこ・・・あん・・・」という名前のゲームを楽しみました。しかし、僕も大人です。プレイは続行せずに、彼女の言うとおり、シャワーに行きました。

抱きつかれたりしながら、丁寧に洗われます。彼女の偉いところは、よく喋るのですが、たまに自分についてのことを挟みながら、ちゃんと相手のことを中心に話を展開していくところです。それに口を動かしつつ、手もお仕事をしています。私がそうだったように、自信のない男性が彼女に会えば、自分は自分が想像していたよりも面白い男なんだということを悟ることでしょう。

風呂に入ると、再びキス。唾液いっぱいです。ベトチューです。口周辺の舐め回しに近いキスです。キスが終わると潜望鏡をしてくれました。

「ベッドに行きましょうか」と言われ、風呂から出ました。

ベッドで仰向けになっている僕の上を、唇から乳首、わき腹と彼女の舌は移動していきました。乳首を舐められるとき、目の前に真っ白な耳が見えて、その裏にダークな髪がかかっていて、更にその向こうにやはり白いうなじが見えました。たまには至近距離で女性のうなじをじっくり見るのもいいものです。人がときどきうなじを色気の象徴のように言うのが分かりました。

僕が喘ぎ声を出すと、彼女は可笑しそうにクスクスと笑います。おじさん、なんだか嬉しくなっちゃいました。舌が這ったあとに、唾液の軌跡が光っています。あれだけ濡らしておきながら、匂いを感じさせないのは立派だと思います。ヒトの唾液はいい香とは言えませんもの。

股間に到達するとフェラチオが始まりました。両手の指先で乳首をつまみながら、口だけでフェラチオをしてくれます。ちなみに、この指先で乳首つまみは風俗ビジネスパーソンに嫌われるプレイベスト3に5年連続で入っているので(チナスキー調べ)、やられてもやり返さないのが吉です。

彼女の舌が僕のゴールドボールズに移動しました。優しい舐め方でとても気持ちいいです。ゾクゾクします。その舌がだんだん下に進んでいきました。往ったり来たり、バックアンドフォワードの舐め方でゴールドボールズ領域とケツの穴領域の境あたりを舌が触っては離れていきます。

そしてきました。久しぶりの格安店リミング。「やめて、恥ずかしい」と形式的に申し上げましたが、「ダメダメ」と笑いながら、足を持ち上げられました。僕が長い年月をかけて開発した「やられると分かっていることを拒絶すると、行為がエスカレートするような気がして興奮度20%アップ」プレイです。リードされているようにリードするのです。もしくは、リードされているようにリードしているつもりにさせられて実はリードされるのです。

とにかく、彼女の両手は僕の両腿を押さえつけていて、その水々しい舌先は僕のケツにつながっていました。幸福でした。

推測ではかなりの時間が経過していたので、僕は短めに攻めを済ませて、「ユ〇ア」さんが望んだとおり、アタタタタタタしました。もちろん、無防備ではなくゴムのプロテクターを装備してです。僕は最強の男ではないので、力んでプロテクターを破ったりはできません。

前戯の時は、しっとりした声だったのですが、いざという時になるとなかなかのボリュームの声です。しかもちょっと舌足らずな喋り方になって、「今の!今の!そこ!しょこ!」と熱心に指導してくださりました。

彼女は背中をのけぞらせて、枕を両手でギュ―っと握っていました。何かに耐えるような表情をしつつ、「すゅごい」とか「気持ちいい」と大きな声で言ってくれます。文字にすると白々しく見えるかもしれませんが、当事者(もちろん僕のことです)の目には、かなりの乱れ方に見えました。

前回の「さ〇り」さんほどの壊れ方ではありませんが、それでも僕は興奮にうねられました。あの、脳の皺がウェーブする感覚です。顔を近づけると、背中を抱きしめられ、彼女の口が僕の口に吸いついてきました。その状態で顔を左右に動かされたものですから、口の周りが唾液に覆われました。そのままギュ―とされながら、僕は頂点に辿り着きました。

終わって動きを止めると、再びよく笑う「ユ〇ア」さんに戻っていました。ティッシュを持ってきて、プロテクターを外してから拭いてくれました。丁寧に搾り取ってから・・・あれ、口に入れちゃいました。

あのお浄めというやつです。20,000円以下の店なのに、なんだか申し訳ない気分になりました。こんなことをしてくれたのは、僕の希望的観測では、僕がよほどいい男だったからではないでしょうか。同じ行為を皆さんにやらなくても、どうか怒らないでください。自由恋愛なんですから。しかし、胸の内に希望を持つことは誰にでも許されることです。

まとめ

「ユ〇ア」さんは素晴らしいサービス精神の持ち主です。彼女のが僕にやってくれたことは、一般的には格安店では期待してはいけない内容です。Rimmingをする方はたまにいらっしゃいますが、最後の射精後のペニスを口に入れるプレイは、年に1回あるかないかのレベルです。あのサービスとルックスなら、きちんと出勤していればランキング入りはすると思います。

不思議なもので、プラチナステージはサービスが濃厚な方や反応がエロい方が多いですね。同じくこのブログによく登場するアクアパレスと比べると、全体的にサービス濃度も平均年齢もちょっと高いといったところでしょうか。

あるいは、お店がそういう方を私にすすめているのかもしれません。そう考えると、もし自分がブログをやっていなかったら、プラチナステージやアクアパレスは今とは違う風景の店に見えていたかもしれません。

「ユ〇ア」さんは写メ日記でチラっと見えるお顔と、同じお顔をされています。写真と実物が同じように見えるのは当然のことなのですが、その当然を敢えて言わなければならないのが、吉原という村です。

彼女の写真を見て、タイプではないと思った方にとって彼女はタイプではないでしょう。タイプだと思った方は、彼女を美しいと思うことでしょう。お顔の好みは分かれるかもしれませんが、お肌の綺麗さを否定できる方はそうそういないと思います。透き通るようなとは、まさにあのお肌のことです。

胸は小さいですが、スリムで腰が括れているとてもスタイルのいい方だと思います。

満足度4ですが、とくにここが悪いというのはありませんでした。満足度5にしなかった理由は、うまく説明ができませんが、私の感覚が「4」と言ったからです。同店にいらっしゃった(旧)エリカ様も「満足度4」でしたが、エリカ様の場合は、満足度5だったなと後からジワジワと思いました。

「ユ〇ア」さんについても同じように思うのかもしれません。ちなみに、現時点では「ユ〇ア」さんよりも先に、今年最初に記事にした「え〇」さんの方がリピートしたいと思っています。

5段階評価

総合満足度:4
費用対満足度:4
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:4(好みではありませんが、一般的には美人でしょう)
スタイル:4(もう少し太ってもいいと思いますが、お尻が大きくて魅力的です)
サービス:5(素晴らしいです)
嬢の印象:華やかな雰囲気
写真とのギャップ:なし

関連記事

ピロートークって大事ですね - 吉原プラチナステージ「ひ〇き」さん

2018.05.16

あれして、これしてと要求の多いおじさんキラー - 吉原プラチナステージ「え〇」さん

2018.01.03

興奮度では今年一番かも - 吉原プラチナステージ「れ〇な」さん

2017.11.29

何度「イキそう!」と言われたことか - 吉原プラチナステージ「ゆ〇な」さん

2017.09.20

5 件のコメント

  • このお店たしかにサービスが(お値段のわりには!)素晴らしいですね!私のオキニは◎るさんですが、いつも50分で入るのですが、MAX75分まで入って(入れて?(笑)いた事があります!「ピンポン!」って私は聞こえて気が気じゃなかったんですが、彼女は聞こえなかったみたいで(笑)ちなみに入りも、結構遅刻します!

    • ワイルドおやじさん、コメントありがとうございます。文面がワイルドで何のこっちゃよく分かりませんが、楽しまれているようで何よりです。◎るさんって誰ですか?

  • springさんです!声すごいです!いつもクンニのあとシェービングクリームみたいになります!この店のハメ塩では有名なsみれさんは私のときは、不発でジェリーべた塗りでした。springさんのほうがよりwetです!

    • ワイルドおやじさん、お答えいただき、ありがとうございました。今度、ぜひSpringさんにお会いしようと思います。ちなみに、〇みれさんのハメ塩というのは私は知らなかったです。

      • springさんオススメします!チナスキーさんのお得意なリミングがキキますよ!ただ声が大き杉かも!(笑)

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)