「好きなプレイ=お尻を攻める」吉原アミューズ「か〇で」さん

こんにちは、チナスキーです。

今回のレポートのお店は、私が訪問した当時は「銀河ステーション」という店名だったのですが、その銀河ステーションは系列のアミューズに統合され、在籍の女性の皆さんもアミューズに移籍されました。なので、この記事のタイトルも「アミューズ」としています。記事の中の「銀河ステーション」という言葉も「現在のアミューズ」のことだと置き換えて下さい。

ある店とその系列店が統合され、スタッフやら何やらも統合される。これだけなら、世の中によくあることですが、吉原は「トリックアートとトリックテキストの街」です。銀河ステーションという店名と箱は残り、そこには10月1日から「クラブワールド」という店が移転しました。9月まで「クラブワールド」と呼ばれていた店は、「銀河ステーション」という店の名前と店舗を引き継いだというわけです。ややこしいですねー。

銀河ステーションのホームページに書かれている「2018年10月1日より『クラブワールド』が移転となりました!」というひじょーに分かりにくい紹介文が、トリックの街・吉原を象徴しているようで、私は好きです。

しかし、クラブワールドと言えば、この店の記事をきっかけに当ブログを読みはじめた方も多いのではないかと思います。あれはちょうど5年前でしたね。その店の名前が消滅するとは、時代の流れを感じますね。クラブワールドがあった店舗には、新しい店ができるのでしょうか。個人的には、どこかの系列ではなく完全新規店ができてることを期待しています。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:26,000円(70分)
フリー or 予約:予約
営業時間:8時~24時
入店時間:日曜日夕方入店
待ち時間:10分
混み具合:他に2人

Photo by Damara Avila

お店の雰囲気と店員さん

ある日、ある店のあるビジネスパーソンに当日欠勤を喰らった。最近、2回予約すると1回は当欠されている。それでいいのか?仕事とはもっと勤勉に励むものではないのか?

当欠が分かった時には吉原付近にいた。とりあえず、いくつかの店に行ってみた。しかし、どの写真もピンと来ない。仕方なく路上でスマホで物色を始めた。

休日の夕方、色街の路上で必死にスマホで女を探す中年。世の幸せな人々には私の背中はどう映るのだろうか。

以前、アミューズに行ったときに帰りの車の中で、ドライバー(銀河ステーションの店長だと言っていた)が、おすすめのビジネスパーソンについて何人か語っていたのを思い出した。彼女たちは出勤しているのだろうか。銀河ステーションのホームページをのぞいてみた。

「か〇で」さんという方の画像が目に留まった。身長162㎝でBが92G、W56、Hが84。プロフィールを見ると、「好きなプレイ」に「おしりを責める♡」とある。

なるほど、おしりを責める、ね。ブログをやってみて、分かったことがある。世の中には、けっこうな割合でおしりを責められるのが好きな男がいるということだ。私にはその気持ちはちょっと分からないが、「男もすなるという日記といふものを・・・」という心情で、この「か〇で」さんにお会いすることに決めた。

「銀河ステーション」は数十メートル先にあった。フリーで行った。

店に入るとすぐ左手にカウンターがあった。すぐに入れるビジネスパーソンは5人。そのうち、「特待生」と書かれた方が2人。「か◯で」さんの写真を指差して「この方はどうでしょうか?」と聞くと、店員は重大なここだけの話を伝えるような神妙な顔をして、

「めちゃくちゃ人気があるんです。胸も大きくて、会っていただければわかるんですが、ニコニコしていて。大人気です」

新人と書かれた肌の白そうな子を指差して「この子は?」

「この子は入ったばかりで、まだ評判が分からないんです。でもビデオの仕事をしている子で、ぜひ入っていただいてご感想をお聞きしたいです」

結局、当初の予定どおり「か◯で」さんを指名することにした。ここは番号札がないらしく、名前を聞かれ、料金を払った。6人くらいしか入れない案内部屋に入った。先客が2人いたが1人はグループ店の部屋借りのようだ。

女の子

階段を見上げると「か◯で」さんが踊り場のところでしゃがんでいた。挨拶をすると立ち上がって、私の手を引いて部屋に向かった。

沖縄っぽいお顔である。よく言えば、顔の目元から上は牧瀬里穂っぽい。悪く言えば若干小向美奈子っぽくもある。なお、全体では牧瀬里穂に似ているわけではないので、牧瀬里穂が好きな方は注意されたし。

プロフィールの数字に比べるとやや大柄に見えた。パネルの画像やホームページの写真とはかなり違って見える。体の肌は白いのだが、透明感という感じはなかった。年齢は30歳くらいだろうか。よく分からない。

サービス

「か◯で」さんは私をベッドに座らせて、正面に膝立ちした。軽く挨拶をして唇に軽く「チュっ」とやられた。

そこから服を脱がされていった。全裸になると、彼女はワンピースをがばっと脱ぎ下着姿になった。私に抱きつき、ホックを外すように言う。ホックを外すと、白くてトップが薄ピンクのおっぱいが出現した。

なるほど、Gカップだ。肌の色は白く綺麗だった。彼女が「触っていいよ」という間を作ったので、そのGに手を伸ばした。確かな手応えのあるおっぱいだった。その感触と肌の様子を見て、「か◯で」さんの年齢は第一印象より若いのかもしれないと思った。

彼女はチンコ親父をさすりながら、乳首を舐めた。「ここ、感じるの?」なんて言いながら。軽い前座が終わって、「お風呂にしましょう」と言いながら、彼女は立ち上がった。

手を洗うときは、おっぱいに乗せた泡で洗われた。背中の時は正面から抱きつかれ、首筋にキスをされ、離れていくときには頰にもキスされた。尻の穴を洗われて、声を出すと嬉しそうに「ここがいいの?」と聞かれた。

「はい、恥ずかしいです」と答えると、「男の人が恥ずかしがるのって可愛い」と言った。そういうビジネスパーソナリティのビジネスパーソンなのだ。

歯を磨き、うがいをすると彼女も入ってきた。「か◯で」さんは落ち着いた雰囲気の方だった。自然に会話ができる。無理に相槌を打つようなトークをしない。

途中で潜望鏡が始まった。彼女はフェラチオのとき、ほとんど手を使わない。プロフェッショナルな潜望鏡だった。

風呂から上がり、私はベッドに仰向けになった。「か◯で」さんはニコニコしながら、私に覆い被さるように向かってきた。

そしてベロチュー。舌を伸ばして、私の口に突っ込んだり、舌をこねくり回された。彼女の舌は、フェラチオ、玉舐めと流れていった。

最後に彼女の舌は私の尻の穴を濡らした。四つん這いにさせられた。リミングは長く、しっかりやってくれたが、プロフィールを見て期待したほど、激しくはなかった。あるいは私はあまりに贅沢なことを言っているのかもしれない。風呂場にたまたま居合わせた相手にリミングをしてくれたのだ。それだけで、きわめて幸運なことであるのかもしれない。

四つん這いに疲れたので、私は彼女を攻めることにした。恥丘の部分だけに陰毛を残したアソコに指を入れてみたら、みるみる内に水分が分泌(あふれ)てきて、潮というほどではないけれど数滴が手の甲から滴っていた。軽い眩暈を覚えた。

ここまでは内容的にはほぼ完ぺきなセッションなのだが、やっぱりね、パネルとちょっと違うのがね。ショックというほどの違いではなかったが、違うものは違う。後に引きずってしまうのだ。

そんなモヤモヤを抱えつつ、彼女は私にカバーを装着した。そのまま彼女に覆いかぶさると、ぎゅーっと抱きしめられた。背中をときに激しく、ときに優しくさすられた。私の腰の動きに連動させて、彼女の腰が上下に動くのを感じた。行為はだんだんエスカレートしていった。それに応じて2人で舌を激しく交わらせた。背中をさする彼女の手の動きが盛り上がりをサポートしていた。

打ち止め後もしばらく、我々はくっついていた。彼女の腕は背中に回ったまま。チンコが脈を打つ度に彼女は小さな声を出し、腕に力が入った。終わってみれば、内容盛りだくさんのセッションだった。彼女に体を洗ってもらい、我々はキスをして部屋を出た。

まとめ

人気があるというのは恐らく嘘ではないだろう。「か〇で」さんは相手の反応を見て楽しむタイプに見えた。単に相性の問題かもしれないが、会話していても、サービスしているときも、楽しそうに見えた。「あなた、すごくエロい」的なことを彼女は何度も言っていた。自分がエロさを醸し出せる男になった気がした。

芯がしっかりしているお姉さんタイプではあるが、こっちが攻めた時の反応はMっぽい。攻められのも、攻めるのも楽しかった。気を遣い過ぎない程度に接してくれるところや、健全でリズムのいい会話も好印象である。

決して痩せているわけではないので、スリムが好きな方や、20代前半の女の子がいいという方には向かないと思う。マットはできるかどうか分からない。

ルックスがどうとか、若さがどうとかよりも、盛り上がるプレイを楽しみたい人にはおすすめできる。ただ写真と違うところは気に入らなかった。

なお、写真が違うといっても、ルックスが悪いわけではない。悪かったら、どんなに接客の内容が良くても名前を分からないようにする。

5段階評価

総合満足度:3
費用対満足度:3
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:3(パネルとかなり違ったので)
スタイル:3(やや大柄)
サービス:5(会話も含めて素晴らしい)
嬢の印象:大人のお姉さん
写真とのギャップ:ある

関連記事

Gカップの大人の魅力 - アミューズ「天〇あ〇」さん

2018.08.01

13 件のコメント

  • 『「アミューズ」と合併したので、ちょっと安くなったけどお部屋がないのよ』とこれまたなくなった「ピュア」のジェ◎カさんがこぼしていたのも今は懐かしい思い出です(笑)

    • ワイルドおやじさん、ジェ〇カさんって、昔「アイドル」にいた外国人みたいな方でしたっけ?ところで、ピュアはまだありますよ。

      • ピュアはまだあるんですけど、中身はアミューズです!ジェ◎ヵさんは、ハーフでなによりココロがステキな方でした!

  •  ご無沙汰しております。なんか最近はあちこちのお気にばかりを繰り返して新規開拓する気もなく、申し訳ないけどこのブログも読んではいますが、あと追いしてみようという気にならない。
     チナスキーさんも雄琴方面の用が無くなったのか、アムアージユの記事も最近ないし、私も実は通いつめていたお気にが最近やめてしまって、暫く行くことはないのかなあ。なんて先週の雄琴の記事にコメントしようかなとか思っていたら、邪魔するのが悪いような状況のようでね。

     今回、お店のことでちょっとじゃないけど、コメントしてみたりしてね。結局経営陣のことなどが公表されていないので、どうしてこうなったのかというのがよくわからないです。
     クラブワールドというのがこのグループの旗艦店ということでワールドグループだったのかわからないけど、いつのまにかエンジェルグループとか名乗るようになり、3系統にグループ店が別れましたよね。そしてもう2年くらいになるのか、クラブワールドの姫達は新規開店のプレシャスに移籍して、クラブワールドの方は新規に姫を集めて実質別の店になったと思っています。この時でエンジェルグループも離脱したのかな。だから今回の移転、名称消滅といっても、既にチナスキーさんの言う昔のクラブワールドとは別物だと思います。

     実は最近クラブワールドで初めて入って、今は一力茶屋にいる姫に久しぶりに入って改めて素晴らしさを認識したところでして、その時グループ店の送迎車を利用してあちこちの店を通って行くのですが、私としては系列として認識していなかった銀河ステーションも寄ったので、ここも新しく入ったのかなと思っていました。でもお店のHPなんかではなんとも書いていませんでした。そうしたら今回の移転です。

     結局オーナーということなのか経営陣はどれも一緒ということなのかな?あまり巨大グループになると出る杭は打たれるじゃないけどね、なんかあると困るから細かくしているのかなあ。

     チナスキーさん、このあたり事情いかがでしょうかね。他の人でもきっちりと説明できる人いませんかね。

    • ソープ好きさん、確かどこかのコメント欄に、このグループに関して、この店とこの店が系列と説明してくれたコメントがありました。どの記事だったか・・・私は吉原通いですが、「吉原通」ではないのでよく分かりません。

  • いつもお世話になっております。
    か◯でさんのレポートありがとうございます。
    か◯でさんはちょうど検討していた嬢の一人だったので。
    太め&写真と違う、となると躊躇しますね…
    あ◯ねさんを裏返した方が良さそうかも。

      • チナスキーさんのセンスは信用しているんですよね…
        これまでチナスキーさんが高く評価されていたビジネスパーソンは
        あ◯りさん、い◯さん、あ◯ねさんと大当たりだったので。

  • ジェ◎カさんはココロが素晴らしいハーフのお嬢さんでした。たしかにピュアはありますが、中身はほぼアミューズです。

  • ソープ好きさん はじめまして
    以前ある姫に聞いた話では 何かあった時の為にグループを分けてるみたいですよ
    スイートキッスも以前は同じグループでしたがグループ離れて… 経営者同士繋がりがあるのではないでしょうか
    クラブワールドの箱を買い取り 銀河ステーションも買い取りましたしね
    どこのお店かわかりませんがアミューズよりも更にランク上のお店もあるみたいですね
    きっちりとは答えられませんですみません

    •  ゆぅじさん、チナスキーさんコメントありがとうございます。

       私、一時吉原から遠ざかっていたことがあり、ちょうどその頃吉原で人気があって巨大化していたグループが摘発を受けて消滅したように聞いています。エンジェルグループはその関係者がいるのか知りませんが、その後継みたいな雰囲気があると思います。エンジェルグループの姫で摘発されたグループにいたという人がいて、働く側からはいいところだったと話していました。
       そんなわけであまり巨大化しないように気を付けているという話は頷けます。それぞれトップは違っていても真のトップは同じだったりするのかなあ。

       チナスキーさんの言っているコメントは系列店を並べていただけのものだったと思うのですが、ひとつだけ石榴が系列に入っているというのが初耳で、でも他でそんな話聞かないですし、ホームページとか違っていますよね。(エンジェルグループのお店のホームページはレイアウトがみんな同じですよね。)別格の高級店ということにしているのかなあ。

       遊びに行くだけのことでグループ店がどうのとはどうでもいいことかと思います。しかしこのエンジェルグループはチナスキーさんが高評価というかトップクラスの評価を与えている姫が何人かいて、今でもランキングトップとかいうベテラン嬢に注目しています。
       またグループ店の再編とか姫のグループ内移籍とかを繰り返し、なんかいろいろやっていたりして、何を目的としているのか分からず、何となく気になるのですよね。

       そうそう以前にグループ店全体のランキングというのが掲示されていましたね。各店のトップランキングの姫のランキングという雰囲気で興味深かったなあ。また出したりしないかな。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)