丸いEカップのOLさん – 吉原プラチナステージ「な○」さん

こんにちは、チナスキー です。

すっかり春ですね。新ソープ人になられた女性のみなさん、泡は汚れなく道は険しいです。安易にNot Smartな方向に流れず、ご自身の信じた道をお進みください。いざとなったら、当ブログを宣伝ツールとしてお使いください。

さて今回は吉原の格安店「プラチナステージ」です。今回はお店のおすすめ「な○」さん(T158 B85(E) W56 H87)という方を予約しました。

なお、下の記事の「ひ◯た」さんが、「ひ◯み」さんとして最近復帰されました。写メ日記でお顔が拝見できるのですが、とても可愛い方ですね。

プラチナステージ 4回目(吉原) – たくさんハグされたい人にはおすすめ

2016年10月19日

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:18,000円(60分 ※ポイント割引使用)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:休日夜入店
待ち時間:10分
混み具合:他に4人

Photo by SCY

お店の雰囲気と店員さん

2軒並んだ店舗の向かって左側の店に入った。入口で靴を脱いで、ロの字にソファが並ぶ案内部屋の店舗だ。

先客2名。2人とも案内されて、別の2人が入ってきた。部屋の外ではひっきりなしに電話が鳴っていた。狭い廊下を、その狭さには少し多過ぎる従業員たちが行ったり来たりしていた。休日の格安ソープによくある光景だ。

女の子

番号が呼ばれ、階段の下に向かった。3段目くらいに「な◯」さんが立っていた。少し地味な印象はあるけれど、可愛い。猫かワンちゃんかというとワンちゃんっぽいお顔だ。柔らかい雰囲気の方だ。

彼女はニコッと笑って挨拶をした。

「待ちましたか?」

なんて言いながら我々は部屋に向かった。

髪が黒くて化粧の薄い、いかにもOLさんである。アダルトビデオに出てくる、ミニスカ&網タイツのOLさんではなく、現実世界にいるOLさんだ。

年齢は25か26くらいだろう。プロフィールに知的とあったが、確かにそう見える。知的であるのと同時にちょっと天然でドジそうでもある。

未経験でこの仕事を始めて、まだ数日目と言っていたが、ノリがいいのか、会話はポンポン返ってきた。何となく、この店にいた杏里さんに雰囲気が似ていた。

彼女は私の前に立つか隣に座るかちょっと迷ったけれど、私が上着を脱いだので、そのまま服を脱ぐのをお手伝いしてくれた。タオルもかけずに全裸にさせられた。

今度は私が彼女の服を脱がせた。ビジネスパーソンにしては、とても普通の下着を身に付けていた。多分、こういうのが好きな男も一定数いることだろう。

「な◯」さんは胸が目立たない服を着ていたが、結構な巨乳だった。白くてまん丸で形が良かった。お腹は出ていない。このスタイルなのに、体のラインが目立たない服を着る。要はそういう地に足がついた方だ。

サービス

「お風呂に行きましょうか?」

と言うので、風呂に向かった。彼女はタライに石鹸やら何やらを入れて、その入念な準備の割にはサラっと私を洗った。背後に回っておっぱいを背中にくっつけながら洗ってくれた。

私の手を洗うときは消毒液のようなものをつけた。衛生観念がしっかりしているのだ。まともな社会人生活を送っている証左である。丸いおっぱいが気になって仕方ない。

風呂に入ると、歯ブラシを渡された。彼女も歯を磨く。

我々はお互いのプライベートなことをずっと話していた。個人情報の提供に慎重なチナスキーではあるが、「な◯」さんには割と正直に掘り下げたことを話してしまった。彼女は飾らないというか、「この子は正直に話してくれている」感があった。信頼ができ、安心感があった。人気があるらしいが、多分その辺りがリピーターに受けているのだろう。

我々は浴槽の中で向かいあって話していた。会話が盛り上がっていたので、お互いに何もしなかった。それで良かった。だって風呂で楽しく会話している途中で、「じゃ、今から潜水艦の形態模写ごっこをしましょう」なんてあまりに不自然だ。私の中に残っている平安時代の頃からのDNAが「いとすさまじ※」と言って許さないだろう。

我々は風呂から出た。体を拭いてベッドで寝そべる。「な◯」さんが覆いかぶさってくる。舌と舌が交わり、彼女の舌はそのまま私の体を下降していった。

「な◯」さんはソープ慣れしていない素人系ではあったが、技術的には性成熟した女性であり、バナナのハニースポットはよくご存知だった。誠実そうで、やや地味なお顔が繰り出すねっとりとしたストロークは大人の風情があった。なお、Rimmingはなかった。

彼女のターンが終わって私のターン。仰向けになった「な○」さんをゆっくり攻めた。最初に2つ並んだお椀を寄せて、間に顔を挟んだ。表現しがたい心地さを伝える信号が手と頬から脳に届けられた。舌を股間に走らせていると、ときどき彼女の出身地のアクセントが聞こえた。ついさっきまで落ち着いて話していた女性がえっちに喘ぐ姿は私の劣情を煽った。

私のターンが終わって、いよいよ2人の共同ターンになった。我々は自由恋愛の誓いの儀式を始めた。最初に「今回は産まない」的なベールに包んだ。舌と舌を交わしたり、おっぱいに埋まったり・・・揺れながら。彼女は素のときとまったく違う表情をしていた。ご乱心というほどではなかったけれど、その若干抑えたリアクションにリアリティを感じた。

私が放射したあと、彼女は寝そべったまま。私はひとり起き上がり、ティッシュを取り出し自分で自分のを拭いた。彼女は慌てて起き上がり、慌てて私のを拭いた。「な○」さんには、ちょっとそういう抜けているところがあった。しっかりしていそうに見えるのだけれど、蛇口のお湯を止め忘れたり、間違えて私のコップのお茶を飲んだり。

我々はセッションの最初の頃のように会話をしながら、体を洗い服を着た。

コールが鳴り、部屋を出た。

まとめ

彼女は福原愛っぽいお顔をされていた。私の中のイメージの福原愛をちょっと大人っぽくしたような雰囲気があった。

癒し系と言えば癒し系。いかにも社会人らしい大人な部分とドジを踏む部分のギャップがあった。私には、飾らない実直な方に見えた。

接客の内容はこれといった特徴はなかったけれど、「普通のOLさん」の佇まいなだけに平素と非平素の変化が目立った。プロっぽくないけれど、接客はしっかりしている。

「な◯」さんは出勤数が少なく、しかも当欠もちょいちょいあるがリピーターは多いらしい。想像するに物足りないと言う人もいるだろうけれど、年齢や好みを問わず支持されるタイプだと思う。

※いとすさまじーひどく興ざめな様

5段階評価

総合満足度:4
費用対満足度:3
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:4(可愛いお顔)
スタイル:4(綺麗な形の巨乳)
サービス:3(会話が楽しかった)
嬢の印象:黒髪清楚なOLさん
写真とのギャップ:写真を見ていないので分からない

関連記事

これが素人系の醍醐味 – 吉原プラチナステージ「み〇」さん

2019年3月6日

足でLock You! – プラチナステージ「ひ〇」さん

2018年12月19日

とても綺麗なFカップ – 吉原プラチナステージ「め〇」さん

2018年12月5日

興味津々の女子大生 – 吉原プラチナステージ「ち〇せ」さん

2018年11月21日

感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)