ボカシの向こう側 – 吉原Momo「み〇」さん

こんにちは、チナスキーです。

かつて、「顔さえ良ければ歌が下手でも、まあ、そこそこは」という事実を証明したアイドルがいました。南野陽子さんです。もう、びっくりするくらい綺麗な方でした。今も綺麗ですが。その南野さんの楽曲に「フィルムの向こう側」という「おめ、バブルで浮かれすぎだろ?」ってな具合の曲がありまして。

あれでオリコン1位取っちゃうんですからね。本当にいい時代だったんでしょうか?よく「昔のアイドルはレベルが高かった」なんて言う人がいますが、「フィルムの向こう側」と細川ふみえの「スキスキスー」をご存知の上で仰っているのでしょうか?

今回、Momoでボカシの向こう側のシャープなお顔は実在しなかったという体験をしまして、それで「フィルムの向こう側」のことを思い出したわけです。

しかし、新人が多すぎますね。少し心配になっちゃいます。私ね、ずっと前に下の記事を書いたことがあるんですけど、考え方は今も変わっていなくて、選択肢の多さと客の幸福感って比例しないと思うんです。そろそろ整理をしないと客が潜在的な「面倒臭さ」を感じはじめるのではないかと思うのです。

勝手に風俗コンサル:在籍数を多く見せるのはバカバカしい

2014年4月9日

まあ、しかし上の記事って5年以上前に書いたものなんですね。当時リアルタイムでこの記事を見た方っていらっしゃいますか?いらっしゃったら、コメントをお願いします。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:16,000円(60分 ※ポイント割引利用)
フリー or 予約:予約
営業時間:12時~24時
入店時間:平日夜入店
待ち時間:5分
混み具合:他に2人

Photo by Shunichi kouroki

お店の雰囲気と店員さん

今回はMomoの隣の隣にある銀河ステーションに案内された。入った案内部屋には、1人がけの椅子が壁に沿って4脚ずつ向かい合うように並んでいる。お互いにバッチリ向き合う配置だ。

先客の2人は1人、また1人案内されていった。1人残されると随分とあまりに殺風景な部屋だ。雑誌もない。新聞もない。壁に貼られているのは、盗撮すると警察に通報するという紙と避難経路案内だけだ。「風俗の王様」と呼ばれるくらいだから(古い?)、ソープに対してもっとお花畑的なイメージを持っている人も多いんじゃないだろうか。しかし、実態は怪しい会社の怪しいバイトの面接を待つ部屋みたいに、華も色もない部屋である。

女の子

階段の下で会った「み◯」さん(T167.B91(G).W57.H86)は写真のイメージよりも随分大柄に見えた。ホームページの画像から、シャッキっとしたお顔の輪郭を想像していたが、まったく違った。面食らった。ちょっと水卜アナに似ている。色が白いのは写真のとおりだ。

彼女は「ニコっ」と不器用そうに笑い私を部屋へと連れて行った。

部屋に入って、ベットに座ると彼女も隣に座った。少しモジモジしている。肩に少しかかるくらいの髪がエアコンの風に揺れている。風俗仕様のミニスカートから伸びる白い太腿が、彼女がムチムチ体型であることを伝えていた。年齢は23か24くらいだろうか。よく分からない。

彼女はまだ新人で、緊張しているように見えた。「方向性は客に委ねる」という受け身な態度が見てとれた。要は素人系である。

サービス

会話をするとちょっとリラックスしたのかニコニコと話しはじめた。「み◯」さんは私のタイプではなかったが、可愛らしさはあった。話しやすかった。火をつけられるおじさんもいることだろう。

私が勝手に服を脱いでいくと、「わたしも脱ごうかな・・・」と彼女は言った。

「あの、脱がせましょうか?」と言ったら、なぜか目をキラキラさせて「いいんですか?」と返ってきた。プロフィールにGカップとあるように胸は大きかった。そしてお腹も「それなりに・・・」だった。スリムな体形の女性が好きな方は残念に思うに違いない。ここが写真のイメージとの最大のギャップである。

彼女の服を脱がせて、軽く悪戯しあった。胸にキスをすると、「あっ」とちょっと色気のある声が聞こえた。顔を上げて軽く唇で唇に触れた。

彼女はとても素直で、流れを私に任せているように見えた。未開発であり、仕事のスタイルを確立していなかった。

だから、思った。

今日はイケるかも。例の縁取るやつだ。上手く誘導すればイケるかも。

だから、風呂に入りたいと伝えた。彼女は少し安心したような表情で立ち上がって、私を風呂場に連れて行った。体を洗ってもらい、イソジンでうがいをして風呂に入った。彼女が自身を洗い終わる頃に風呂を出た。

ベッドに仰向けになると、彼女が私の体に乗り、迫ってきた。顔と顔が15cmくらいの距離を隔てて向き合うと、彼女はニッコリと笑った。さっきよりもリラックスしているように見えた。釣鐘のような形のおっぱいが気になって仕方ない。そして上からキスをされた。まだ控えめなキスだった。

彼女の唇は私の乳首を通過して、チンコ親父に達した。彼女はビジネスパーソンとして発展途上にある。頑張ってはいたが、頭文字Fはぎこちなかった。パターンをいろいろ試して反応を見る、ということをしなかった。私は他にすることもなかったので「Oh..,」と声を出した。彼女はゴールデンボールズも舐めてくれた。格安店なのだから、一生懸命やってくれるだけでありがたいことなのだ。ゴールデンボールズまで舐めてくれるなんて。こうして例の縁取るやつは、期待し過ぎだと悟った。

頭文字Fをやめると、もう一度覆い被さってきた。そしてさっきよりもうんと激しいキスをされた。彼女の中で何が起きたのかよく分からなかったが、目が少しトロンとしていて、キスから「スイッチ入っちゃったの」というメーセージが伝わってきた。プライベートな自由恋愛に堕ちた2人に言葉はあまりに野暮だった。彼女は総重量を私にのしかけてきたので、少し重かった。でも、そのことは彼女には伝わらなかったらしい。

彼女の下腹部と私の下腹部が密着している間に手を突っ込みその奥を触った。

なんじゃ、このヌメリケは!?

ヌルヌルのツルツルだった。液が糸を引いているのが見なくてもわかる。

「いったいこれはどういうことですか?」

「舐めてたら・・・」

彼女は赤面した。そうか、これがシロウトの反応ってやつか。ソープでここまで顔を赤らめる人も珍しい。昨今のソープ店がやたらと未経験と素人を強調するのはこういうことがあるからか。

彼女とベッドの間に挟まりながら、彼女の股間に指を走らせてそのヌメリを触診していた。

そうしている間も彼女のキスは続いた。唇と唇が、あるいは舌と舌が触れ合いながら彼女は喘ぎ声を出した。

体が離れて、彼女は仰向けになった。そばにあったプラスチックの箱に無造作にいくつもの四角い袋に入った輪っか状のものが入れられている。彼女はそのひとつを取り出した。

足が少し開かれ、その間を進んだ。上から彼女に密着すると、女特有の柔らかさを感じた。奥に進もうとすると、絶妙な圧力を感じた。「え?まさか、もう?」と思って、腰を引いた。しかし、本能に腰を押し出すように命令されたので、そうした。快感ぎ押し寄せてきて、あっという間に射ってしまった。文字通りみこすり半だった。

なんだったのだろう、あれは。圧力と言えば圧力なのだが、吸い付くような感触もあった気がする。

輪っかを自分で外し、その後をティッシュで拭ってもらい、彼女の隣に寝転がった。

「いつもはこんなに瞬殺されないのですが・・・」

私は言い訳なのか、見栄なのか自分でも分からないことを言った。

「あの・・・わたし、カズノコ天井って言われるんです

「カズノコ天井!?」

思わず彼女の方を向いた。そういう女性に会うのは初めてだった。残念ながら、私は彼女のカズノコ天井ぶりを感じることができなかった。奥まで到達する手間で圧力か吸引力かに負けてしまったのだ。締め付けるとは違う、引っかかるようなあの感触。あれはカズノコ天井の手前の感触だと思う。

コールが鳴り、我々は風呂場に行った。体を洗ってもらい、私は風呂に入った。風呂に浸かりながら、カズノコのことを考えていた。不思議なものだ。カズノコ天井に「点」をひとつ与えるだけで、カズノコ天丼になる。昭和的であり、ダイヤモンド映像の香りが漂う言葉が、点ひとつで高級寿司屋の裏メニューみたいになるのだから、不思議なものだ。

そんなことを考えていた。

まとめ

Momoのホームページで「み◯」さんの画像とプロフィールを見ると、おそらく20歳以上の男子の80%は細いのにおっぱいがデカく美しい女性を想像することと思う。

でも、私が会った女性は、画像が主張しているほどシャープではなかった。91cmのFカップに対して妥当な輪郭をされていた(お顔もお体も)。だから、「細いのに巨乳」という少年の夢のような女性が出てくるとは期待してはいけない。91cm相応の方である。「イチャイチャ」というのも、まあ、イチャイチャと言えばイチャイチャなのかもしれないがごく標準的な格安での接客態度だった。地雷ではないし、「太っている」というほどではないので、文句はない。

彼女の特徴はあの感触だろう。前述の通り、私はそこにたどり着く前に力尽きたが、どなたか彼女の言うことが本当なのか(あるいは「カズノコ天井」と言った男達の感覚が正解なのか)体験していただきたい。

5段階評価

総合満足度:3
費用対満足度:2
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:3(タイプではなかった)
スタイル:3(確かに胸は大きいけれど)
サービス:3(素人)
嬢の印象:写真と違う
写真とのギャップ:違った

関連記事

この料金でこんな綺麗な人が? 吉原Momo「し〇り」さん

2019年9月11日

恋人接客でした – 吉原Momo「リ〇」さん

2019年8月14日

ちょーえっちなカラダ – 吉原Momo「み〇」さん

2019年2月20日

ダメ!イかないで!吉原Momo「ま〇」さん

2019年1月16日

11 件のコメント

  • リアルタイムで見てましたね。
    仰る通りなのだろうと思います。

    ただ、個人的には雑然と並ぶ品物の中からお宝を探すみたいで嫌いじゃないです(笑)

    もう、5年も前ですか。。
    そりゃ年もとりますね。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)