“この仕事が大好き” – 吉原アクアパレス「ゆ〇き」さん

こんにちは、チナスキーです。

「倶楽部花物語」がリニューアルのため閉店ですって。吉原の場合、リニューアル閉店といっても本当にリニューアルするのか勘ぐってしまいますが、とにかく今月末までのようです。働いているビジネスパーソンのみなさんは系列に移籍するのでしょうか。。。

さて、今回はアクアパレスの「ゆ〇き」さん(T170.B83(B).W56.H85)という方にお会いしたときの体験談です。私のお友達が「すごい美人」と絶賛されていたので、お会いしてきました。ちなみに、このお友達ですが以下の方々を教えてくれた、確かな実績のある方です。

手がヌルヌルに・・・吉原アクアパレス「り〇」さん

2019年6月19日

ちょー美人でありんした – 吉原アクアパレス「ルー〇ー」さん

2018年8月29日

Selection(川崎) – ハーフ系の美しい女性でした

2015年4月8日

本当はもっといると思うのですが、忘れてしまいました。

ちょっとユニークな方で、何となくいつもと同じ調子で書くのは相応しくないように思えたので、少しパターンを変えて書いてみました。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:19,000円(60分)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:平日夕方入店
待ち時間:5分
混み具合:他に1人

Photo by James Forbes

女の子

今回お会いした方は少しユニークな方です。外見的には普通にスラっとした美人なのですが、話してみるととても面白い方でした。

なんでも「好きでこの仕事を始めた」とか。「わたしエッチなことが大好きで、好きでやってるの!」的な絵に描いたような「好き」ではありません。ほら、「エッチ大好き」という女の子って、それを押し付けるようなところがあるじゃないですか?でも、彼女はそういう「エロの押売り」的な要素はなく、「そう、好きだからやってるんだよ」みたいなサバサバ、あっけらかんと言うのです。

例えば、潜望鏡とか技巧に満ちたボディ洗いとかについては、「そういうのは仕事でしょう?私は仕事はしないから、そういうことはしない」とキッパリと言っていました。

「イチャイチャもしない。私にはできない」

「自分が楽しむ」が前提にあるので、例え求められたとしても、できないこと、やりたくないことはしないそうです。気持ちいいくらいにはっきりしています。写真を見るとややギャルっぽく見えますが、実際には落ち着いた女性です。社会人経験がありそうな、大人の雰囲気です。しっかりと自分の考えとルールを持っていて、高いコミュニケーション能力を持っている方だと思いました。

ごくごくたまに、本当に稀ですが、彼女のようにソープを楽しんでいるビジネスパーソンがいらっしゃいます。僕はソープにおいては、「楽しんでいること」がビジネスパーソンが持てる最強の武器だと思います。

以前当ブログのコメント欄に「仕事は楽しいのに、指入れをされるのが苦痛で最近辛くなってきた」と書かれた女性がいらっしゃいました。

このコメント欄の方は、「仕事なんだからある程度の我慢は仕方ない」という考えをお持ちなのでしょう。しかし、「ゆ◯き」さんは、その点はっきりしています。「楽しい」の妨げになることはやらないし、やられたくないという明確な態度をお持ちです。

例えば「乳首はとても感じる。でも、思い切り吸われたり、つねられたりすると一気に引いて、何も感じなくなる」と言われていました。

「好きでソープをしている」という点では彼女は珍しいビジネスパーソンかもしれませんが、女性としては普通の方です。なので、女性の本音を聞きたい方の先生的な存在にもなるかもしれません。本人がそれを望んでいるかは分かりませんが。

プロフィールにあるとおり身長が高くてすらっとしています。スリム体型です。僕のお友達は、松井玲奈似で本当に綺麗でびっくりしたと言われていました。僕にとっては、天海祐希風の美人に見えましたが、タイプではありません。まあ、美形であることには変わりません。お肌がとても綺麗な方です。タトゥーはありますが。

挨拶を交わして、少し会話をするととてもサバサバしているのがすぐに分かります。恐らく多くの人がそう感じることでしょう。でも、話してみるととても気さくです。気取ったところや構えているところがまったくありません。地面に足をつけて接してくれます。

このざっくばらんな態度が彼女の魅力なのでしょうね。人として信頼できそうな、こっちも本音で話してしまいそうな、そんな独特の雰囲気があります。「あの、僕、チナスキーといって、ソープブログなんぞやっているんですけど、どう思ます?」みたいな話をしたいと思いました。彼女となら語り合いたいと思ってしまったんです。

会ってすぐに「どんなことがしたい?どんなことがされたい?」と聞かれました。後から、あれがして欲しかった、あれがしたかったと後悔されたくないから、要望があったら教えてほしいと言われました。僕は「特にない」と答えました。したくないことはしないと言うのでしょうけれど、「楽しいからこの仕事をしている」と言いつつ、客のこともちゃんと考えているようです。

肝心のプレイの方は、まあアクアパレスとしては一般的な内容です。セッションの当初キスをしてくれないので、僕は途中で「キスはNGの方ですか?(彼女はこういう質問もしやすい雰囲気があります)」と聞いたとこら、ニヤっと笑って濃いのをしてくれました。

僕が射(イ)く直前に、彼女も「あ、頂(イ)く、頂(イ)く・・・」と声を出し、激しい締めと緩みの連続を体験することができました。想像ではありますが、相性が合えばもっと弾けてくれるのではないかと思います。

終わった後に、2人でベッドに並んで寝て、コールも無視して、これまでの行為の感想を言い合ったり、理想的なセックスとはどのようなものかを語り合いました。飾らない口調で話してくれて、心地良かったです。

「ムラムラが続くときは連続で出勤してる」

「さっきキスはNGなのか聞いたでしょ?『大丈夫』と答えた時のあの安心した表情。男の人のああいう表情が大好きなの」

「わたし、最初、ちょっとドライな態度に見えなかった?第一印象がドライで、その後にちゃんと接客するとみんな安心して・・・そのギャップがいいみたい」

彼女は彼女なりに探求心をして、工夫をされているようです。それでも、やりたくないことはやらない、という姿勢がいいじゃないですか。

世の中、おっぱいがどうの、顔がどうの、即尺がどうのとか、そういうことばかり議論されますが、「ゆ◯き」さんについてはそういう次元で語るのは正しくないように思えました。なので今回は満足度とかそういうのは「なし」とします。

僕はソープでたくさんの女性と会ってきましたが、姿勢をもって接客されている方というのは、それぞれ独特の個性を持っていらっしゃいますね。「哲学」というと大袈裟かもしれませんが、ひとりひとりに、試行錯誤を重ねた結果の独自の進化のようなものを感じます。逆に、工夫をしていない方は、無個性でどうしても印象が薄い。

思えば、上にリンクを貼った「ルー〇ー」さんも思慮の深そうな、独特な雰囲気の方でした。

客の立場で申し上げれば、そういう女性が成功する業界であってほしいと願っております。このブログがちょっとでもお役に立てばいいのですが。

関連記事

まさに綺麗系の美人 – アクアパレス「京〇」さん

2019年8月28日

手がヌルヌルに・・・吉原アクアパレス「り〇」さん

2019年6月19日

そしておれも途方に暮れた – 吉原アクアパレスMさん

2019年3月20日

キターーー!!!の新人さん – 吉原アクアパレス「こ◯」さん

2018年12月7日

4 件のコメント

  • チナさん。このグループでがっかりした事がありました。よく当欠がありますね。でもそれだけでなく予約を飛ばしてますね。一時間前の電話で休みと言われたのですが、夜に姫の日記をみるとお客さんへのお礼が。最初から断ってくれればいいのに。リピートと姫予約優先だと思うのですが予約の意味がない。人気の子には新規では入りにくい理由でしょうね。

    • へたれオヤジさん、遅刻か時間の遅延が重なった影響を受けた可能性もありますね。もしくは・・・

  • チナスキーさん

    メール含め色々とありがとうございます。
    驚いたことにこのタイミングで、この方、一覧から消えてますね‥😱

  • へたれオヤジ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)