胸の綺麗な素人さん – 吉原ケープエンジェル「エ〇ナ」さん

こんにちは、チナスキーです。

先週、皆さんから寄せられた当ブログに対する改善要望をご紹介しましたが、ひとつ抜けていました。「改善要望ではなくコメントですが・・・」という前置きで、「ビジネスパーソン」や「セッション」という表現が気持ち悪いというご意見がありました。私としては「ちょいとご辛抱を」としか言えませんが、そういう方もいるのだと参考になりました。ありがとうございました。

さて、「もっと幅広い店に行くシリーズ第一弾」としてケープエンジェルに行ってきました。安いですね。朝7時で50分なら8000円ですよ。ピンサロ並みじゃないですか。今回はゴールドクラスの方で60分17000円でした。コストパフォーマンスは抜群です。

在籍表を眺めていたら、当ブログを一躍吉原ソープブログ界のスターダムに押し上げてくださった、あの方もいらっしゃいました。そういえば、ケープエンジェルもクラブワールドの流れをくむ店のひとつでしたね。かつてまったく予約が取れず、予約が取れたとしてもドタキャンという、私の中では「元祖ドタキャンプリンセス」でしたが、今もご健在でしょうか。ちょっと再会したくなってきました。

このように行く店を増やしていきたいと思いますので、行ってほしい店があればご連絡ください。お店の方のご連絡も待ってるよー!

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:17,000円(60分)
フリー or 予約:予約
営業時間:7時~24時
入店時間:平日夜入店
待ち時間:10分
混み具合:他に3人

Photo by Ava Sol

お店の雰囲気と店員さん

店に入るとすぐにカウンターがあって、その上に写真が10枚ほど並んでいた。「Gold」の方の写真もあったので、平日の夜は比較的入りやすい店なのかもしれない。

予約している旨を伝えてお金を払う。対応は丁寧だった。

そこから先に進んだところに案内部屋があった。大きな部屋の真ん中に衝立があって右側が案内部屋、左側が物置(?)という変わった作りだった。部屋に入るときに物置の様子が丸見えで吉原の店らしい乱雑ぶりだが、あれを綺麗にしたら恐らく料金が上がるのだろう。

テーブルを囲むようにソファが並んでいた。他の客の表情までよく見える配置だ。私の他におじさんが3人。みんな無表情で案内を待っている。

女の子

料金が安いので、なるべくスタジオではなく素人がパシャっと撮りました的な写真の方を選んで、予約した。それが「エ◯ナ」さんだった。実際に写真と同じ方が出てきた。体型もプロフィールや写メ日記の写真が伝える通りだ。

「素人、真面目、こんな子がソープに?」そんな印象だ。確かに学生っぽい。ソープ街の標準と比べるとやや地味ではあるけど、それくらいがちょうどいいのだと思う。

サービス

部屋に入って、私はジャケットを脱いだ。彼女はそれを受け取ってクローゼットにかけた。その流れで私は着ている服を脱いでいって、次々と彼女に渡した。どうしようか少し迷ったがパンツは履いたままにした。普通に服を着ている若い彼女とパンツ1枚のおじさん。それは「ソープ客の哀愁と滑稽」というタイトルの令和アートだった。

私はその姿でベッドに座った。彼女も隣に座った。少し無言の間合い。ひどく緊張しつつ、ドキドキ感が爽やかだった。こういう時は何を話せばいいのだろうか?AKBはもう古いのか?タピオカが美味しい店も知らない。明智光秀はどうだろう?

彼女は今年に入って入店したばかり。落ち着いて見えだけど、次のステップが分からないようだった。

「服を脱がせてもいいでしょうか?」

当然、斎藤道三の話をする勇気もなく、服を脱がせたいという願望を素直に伝えた。

「はい、お願いします」と彼女は言って、少し胸を張った。白いシャツのボタンを外していった。彼女は色白で肌が綺麗だった。吉原に通っていると、女性たちの美肌レベルの高さに驚く。日本の平均レベルはこんなにも高いのだろうか。

彼女の背中に腕を回して、ホックを外した。当然ながら、抱き寄せる格好になっている。だから顔も近く。彼女に顔を寄せた。思い切って唇を近付けたら受け入れてくれた。少なくとも希望的感触では受け入れてくれた。軽く2、3回唇と唇が触れた。これ以上進めると怒られそうな気がしたので、深追いはしなかった。顔が離れて改めて彼女の体を見ると、とても美しいおっぱいをお持ちであることに気付いた。だから、その胸にも顔を近付けたら。少し吸っていると、「お風呂入ってからにしましょう」と言われた。言い方を変えれば窘(たしな)められた。怒られたレベルだ。いい年して恥ずかしかった。

彼女は下を脱ぎ、風呂に私を誘った。体を洗ってもらい、風呂に入る。歯磨きを終えると彼女も入ってきた。この頃になると多少は打ち解けた雰囲気になって、我々は取り止めもない会話をしていた。

ここから先はあまり印象に残っていない。

最初はぎこちない様子だった彼女もベッドに横になる頃には慣れたようで、普通にキスをされ、頭文字Fをされた。攻めても嫌がられない。おとなしすぎずオーバーでもなく、まさに素人系だった。

自由恋愛の最後の儀式として、彼女は私にあのユニフォームを被せ、コトに至った。揺れるおっぱいが美しかった。「エ◯ナ」さんの門は狭く、かなりキツかった。L Lブラザーズには厳しいかもしれない。

私が果てたのとらほぼ同時にコールが鳴った。彼女はもう一度私のこと体を洗い、私は風呂に入った。我々は楽しく会話をしていた。

まとめ

可愛くて、スタイルも良く、接客態度もきちんとしていた。プロフィールや写メ日記の写真は信じていい。サービスの濃厚さは全くないけれど、素人っぽさが溢れていて初々しさがあった。

このゴールドクラスの方で60分17000円である。でも、ひと昔前の「格安店=パネマジ、吉原年齢、スタイル詐欺、塩対応」というイメージは「エ◯ナ」さんには、ない。

多分、素人っぽいビジネスパーソンが好きな客はそこそこの割合でリピートするのではないかと推測する。大きくはないけれど胸がとても綺麗だし、擦れたところがない。健気な雰囲気にもある。彼女に足繁く通って学費(学費のために働いてかは知らないけど)の支援をしたくなるおじさんがいても私は驚かない。

5段階評価

総合満足度:4
費用対満足度:4
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:4(可愛い)
スタイル:4(胸がとても綺麗)
サービス:3(まだ慣れていないかな)
嬢の印象:人柄が良さそう
写真とのギャップ:ない。プロフィールや写メ日記の写真を信じていい。

関連記事

ついに見つけた!現役No.1嬢 – 吉原ケープエンジェル「あ〇い」さん

2013年10月3日

感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)