出した後に尻をつかまれて – 吉原ラブストーリー「な○」さん

こんにちは、チナスキーです。

「水曜日の昼は街からおじさんがいなくなる」と言っているブログを執筆している者です。初めての人ははじめまして。常連の方は、こんにちは。

さて、今回は吉原の大衆店「ラブストーリー」に行ってきました。たまには、違う店に行きたいな~と物色していて94cmのHという方がいらっしゃいまして。

ところで、「ラブストーリー」と言えば「東京ラブストーリー」じゃないですか。懐かしいな~と思ってYouTubeを探したら、すぐに第1話ヒットしました。コメントを見ると当時を懐かしむコメントが多く見られますが、青臭さを感じて私はダメでした。もっとみんな大人じゃなかったっけ?そりゃそうですよね。自分だけ30年分年をとっているんだから。

過去のドラマを見て懐かしむよりも、私の問題はいかに現実だけど非現実のラブストーリーを楽しむかです。千束ラブストーリーってやつを。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:35,000円(100分)
フリー or 予約:予約
営業時間:10時~24時
入店時間:平日夕方入店
待ち時間:10分
混み具合:他に0人

Photo by Bryan Nguyen

お店の雰囲気と店員さん

吉原に長く通っている人なら何度も経験があるでしょう。吉原についてから分かる当日欠勤。最寄り駅から歩くこと15分。引き返すにも引き返せず、しかしどの店の誰を選べばいいのかも分からず。

こうして人はあっさりと吉原村の流浪の民(ジプシー)になるのです。

しかし、流浪するのは客だけではありません。吉原という街はとても興味深いところで、流浪の店というのが存在するのです。それが、このラブストーリーです。私の記憶が確かなら、ずっと以前は「シャルマン」という名前でした。そのシャルマンがいつしか、「アミューズ」という店になりました。その「アミューズ」の系列店として「銀河ステーション」がオープンして、えーっと、えーっと、時(多分半年とかその程度だと思いますが)は流れ「銀河ステーション」が「アミューズ」に吸収合併されました。今年のその「アミューズ」の系列の「ラブストーリー」という店をオープンして、最後に「ラブストーリー」が「アミューズ」を吸収合併することで誕生したのが、現在の「ラブストーリー」です。

なんだか読んでいてムズムズしてきませんか?「これだから風俗業界は・・・」なんて呆れているあなた、それは偏見です。世間知らずと呆れられるのはあなたの方です。三菱UFJ銀行がどういう経緯で三菱UFJ銀行になったか、もしくは石油業界の再編の歴史を見れば、こんなことはどの業界でも起きているということに気づくことでしょう。ただ、吉原の違いは、それが直径500メートル程度の範囲で起きているという点だけです。

前述の経緯は多少間違っている部分があるかもしれませんが、ご容赦ください。おそらく正確にスラスラ言える人なんて日本に数人程度でしょうから。

なお、お店の名誉のために言っておきますと、店名や場所がころころと変わったからといって、信頼できない店というわけではありません。むしろ古い店のほうが怪しいという傾向がありますし、世間一般のモノサシでは理解できない事情がある街なのです。

そういうわけで今回訪問したのが「ラブストーリー」です。別に「チナっち、セックスしよっ」と言われたから行ったわけではありませんよ。ちなみに、当ブログで大人気の下の方が在籍しているのもラブストーリーです。

Gカップの大人の魅力 – アミューズ「天〇あ〇」さん

2018年8月1日

店に入ると、どこか懐かしい雰囲気がありまして。場所とか、中の構造とかね。そういえば、シャガールがあった店なんですね。案内部屋は新しい店らしく綺麗でした。店員さんもとても丁寧です。

女の子

今回予約したのは「な○」さん(T153cm B94(H) W54 H83)。あくまで巨乳好きではないという姿勢を貫いている私ですが、今回ばかりはこの数字とHに心がつかまってしまいました。これは巨乳が好きとか嫌いとかに関係なく、運命なのだと思います。

階段の下であった彼女は、綺麗な方でした。最近、「綺麗な方でした」ばかり言っているような気がしますが、実際そうなんです。めちゃめちゃ綺麗というほどではありませんが。会社にいれば、1人か2人は手を出すと思います。

多分、吉原はレベルが上がっているんです。冗談ではなく、本当にそんな気がしています。ただ、綺麗な人が増えたからと言って、満足度が比例するわけではないということも事実です。

「な○」さんは、まあ、綺麗という感じの方なのですが、22歳は少し無理があります。先日、記事にしたハールブルクの「西○」さんと同じくらいか、「西○」さんの方が少し若いくらいです。

この辺りが、この価格帯の店の課題ですかね。価格が高いとしっかりとした女性が多い。必然的に平均年齢は上がる。だから若く見せてしまう。格安店は責任感がないアルバイト感覚の女の子が多い。色々と緩いから若い子が働いてくれる。だから若く見せる必要がない。しっかりした女性を求めれば求めるほど、プロフィール上の年齢と実年齢が乖離していく。吉原パラドックスです。

サービス

以前の記事を見ると、26,000円/70分だったので料金が変わっていますね。現在は100分で35,000円コースと、130分で48,000円コースがあるのみです。値上げと受け止めている人も多いのでしょうけれど、10分あたりの単価は下がっているので、良心的な値上げと言えるでしょう。特に上の記事の「天○」さんのレベルを考えると100分で35,000円は安いと思います。それに2時間でも1回戦しかできない私のような男にとって、100分は「ゆったりできるし飽きる前に終了するちょうどいい時間」です。

肝心の「な○」さんですが、実はあまり印象に残っていません。サービスはいわゆる「即」でした。この点を考えてもお手頃な価格だと思います。とても気さくな方で、明るく優しく接してくれました。

ただ、特徴があるかというと、これといったところはありません。後悔はしていませんし十分楽しかったのですが、この人にはこれがある!というものが私には見つけられませんでした。良い方だけに残念です。

あと、94cmなのにHと書かれている胸ですが、う~ん、本当にHもあるのだろうかと疑問に思いました。私の想像では「H」と書けば、いわゆる「巨乳好き」が集まるはずです。「いやいやいや、別に胸にこだわっているわけじゃないから」なんてことを言うのは私くらいなものです。そして「巨乳大好き」な男たちが期待する「H」はもっとボリューム感があるはずです。

下手に期待をさせてしまうのは損ですよね。Eくらいにしておいた方が好印象を与えられるのではないでしょうか。敢えて下げておくのも立派な戦略なのです。それと、胸の感触はやはりどう考えても22とか20代半ばのそれではありませんでした。この辺りのやり方が時代にそぐわないのではないかと思います。余計なお世話でしょうけれど。

しかし、一点だけ、強烈に印象に残っている素晴らしいプレイがありました。

正常なポジションで私は終了してゴムの中に出したわけですが、ほら、あの時って脈を打つじゃないですか。彼女ったら、僕のお尻に手を当ててその脈に合わせて自分の腰を僕の腰に押し付けてくるんです。最後の余韻を味わうみたいに、何度も何度も自ら腰をおっつけられました。あれはエロかったですね。

時間が余ったので、ベタベタしつつ終了まで楽しくお話をしました。素人感はありませんが、お仕事っ!って感じもなく、イチャイチャベタベタしてくれる方です。楽しかったです。

まとめ

サービスの内容は高級店に近いと思います。お手軽高級店というポジションですかね。

帰りに店員さんが近づいてきて、

「今日の女の子いかがでしたでしょうか?競争が激しくなっていまして、少しでもお客様のご感想を集めて改善していきたいと思っております」

と聞かれました。こういう姿勢、私は好きです。

でも、今回の「な○」さんはこれといって悪い部分はないんです。そこが難しいところです。

「特にダメなところはなかったですね。良い方でした」としか私には言えませんでした。今考えれば、胸のサイズと年齢表記をちょっと変えたほうがいいのではと言えば良かったのですが、その時はそこまで気が回らず。

あの店員さんがこの記事を読んで改善につながることを願うばかりです。

5段階評価

総合満足度:3
費用対満足度:4
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:4(まあ、普通に綺麗)
スタイル:4(スタイルもいいと思う)
サービス:3(良いサービスだけどあまり特徴がない気がする)
嬢の印象:予想よりもお姉さん
写真とのギャップ:写真を見ていないので分からない

2 件のコメント

  • あまねさん入りました。良い子だと思うけど、年齢はかなり違うかなと。このグループは年齢がサバ読みすぎですよね。

    • 親父さん、私はあの方の記憶はほとんどありませんが、大変評判が良いので年齢に拘らない人も多いのでしょう。一方で、年齢表記についてはもう少し事実に近い表記をした方が信頼を得られるとは思います。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)