舐めてると濡れちゃう – 吉原Momo「み〇あ」さん

こんにちは、ソープ客の代弁者です。

先週は突然のお休みをしてしまい、すみませんでした。師も走る師走ですから、丁稚おじさんみたいな私はもっと走らなくてはならないくらいに忙しかったり、なんだかんだだったりで。

さて、連日のように新規コロナ感染者が2000人を越えていますが、我らが吉原の景気はどうなんでしょうか?走っている車の量や案内部屋の客の数を見ると、以前とほとんど変わっていないように見えるのですが・・・私からは「お気をつけください」としか申し上げられなくて心苦しく思います。

さて、今回は「Momo」を訪問してきました。前回は素晴らしい方にお会いしましたが、どなたかあの記事を見て後追いをされた方いらっしゃいますか?そこそこ出勤をされているようなので、ぜひ予約争奪戦にトライしてみてください。

今回もお店の方のおすすめだったのですが、結果はどうだったのでしょうか?

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:18,000円(60分 ※ポイント割引利用)
フリー or 予約:予約
営業時間:12時~24時
入店時間:休日夕方頃入店
待ち時間:10分
混み具合:他に5人

Photo by redcharlie

お店の雰囲気と店員さん

店に入る前に、目の前のアクアパレスから高身長のすげえ綺麗でかっこいいお姉さんが店員さんと一緒に出てきて見送られるようにアクアパレスを背にして右の方向に向かって行った。雰囲気的にラバーズがセレクトの店舗に向かったと思われる。

モモに入って料金を払い案内部屋に入ると、早速アクアパレスの出勤を調べた。身長と時間から「あき◯」さんか「せ◯」さんが該当した。スマホをしまい、周りを見回した。私以外に5人の客がいた。世の中はGoToトラベルキャンペーンを自粛するだのしないだのと騒いでいる間に、男たちはGoToソープキャンペーンでおマン飛行していた。

5分も経たないうちに、アテンションプリーズで番号が呼ばれた。私は立ち上がり、受付前の階段の上を見た。

女の子

今回予約したのは「み〇あ」さん(T161.B84(D).W55.H84)。ホームページの横顔に更にボカシをいれた写真から想像していたよりも、少しギャルっぽかった。彼女は明るく挨拶をして、私を部屋に案内した。

ベッドに座り、改めてご挨拶。年齢は20代前半だろう。目元は故・竹内結子さんに似ているが、笑うとそうでもない。気さくで明るかった。私はとりあえず、おじさんでごめんなさいと詫びた。たいして悪いとも思っていないのだが。当然、彼女はそれを否定した。70代の客もいるらしい。そこから、40歳、50歳も年の離れた人とどういう会話をするのかをするのか、という話になり、年の離れた客の中には説教をする客もいるという話になった。

本指名をするくせに「誰それはもっとサービスがよかった、こうしてくれた、ああしてくれた」と文句を言うそうだ。ソープにこれだけ行っていても、他の客と比べて私の至らない点をビジネスパーソンに指摘されたことは一度もない。お金を払う側と受け取る側の立場の違いといえばそれまでかもしれないが、若い女の子たちにはデリカシーがあるのに、じいさん、おじさん達が失礼なことをズケズケと言うのはいかがなものだろうか。

彼女はその爺さんの説教を「ムカついた」と言わずに、「悲しくなった」と言っていた。そういう健気な一面を持つ方だった。

サービス

服を脱がせてもらい、彼女も自分で服を脱いだ。プロフィールにチャームポイントとして「くびれ」と書かれているように、腰が括れていた。胸は普通のDカップよりも少し大きく見える。少しだけ下腹部が気になってしまったが、普通の範疇だと思う。

我々は風呂場に行き、彼女は私の体を洗った。「み〇あ」さんは話に慣れているようで、喋りすぎることもなく、しかし会話が途切れることもなく話し続けた。ひととおり、洗ってもらい風呂に入る。彼女も後に続いた。私に背中を向けてもたれかかってきた。リラックスしているもたれかただった。

当然ながら、私は彼女の胸を触った。お湯に浸かりながらベタベタしていると、彼女が振り向いた。さっきまで明るく話していた彼女はしっとりとしたエロい表情になっていた。その表情を見て、彼女がランキングに入っている理由が少し分かった気がした。その表情のままの彼女にベロチューをされた。濃厚で、すぐ先の官能的な未来を予想させるベロチューだった。

ベッドに寝ると、体を拭いた彼女がやってきた。再びベロチュー。最近の格安店ではだいたいだれもが舌を絡めたキスをしてくれるものだが、彼女のキスはいやらしさがあった。ついでに唾液たっぷりだった。そこから体を舐められ、頭文字Fが始まった。「み〇あ」さんが片手で髪を耳にひっかけながら、チンコ親父を咥える。ときどき上目で私を見る。その表情が楽しそうだった。私も喘ぎ声を出して、彼女のひたむきな頭文字Fに応えた。

しばらくして起き上がった。ベッドの上に座った状態で我々は向き合った。右手を伸ばして、彼女の股間に触れた。そこはジョビジョバしていた。

「・・・まだ触ってもいないのに、どうしてこんなにジョビジョバになったのですか?」

彼女は恥ずかしがった。可愛らしかった。

今度は彼女が仰向けになり、私が彼女の足と足の間に顔を埋めた。お豆ちゃんを舌でタッチしていると、彼女が腰を動かしはじめる。お豆ちゃんを私の舌に擦りつけるように動き、やがて「頂っちゃう」の連呼とともにその動きは止まった。

時は熟し、我々は自由恋愛の確認の儀を執り行った。最初にガキの使いじゃ買えないものを被せられた。

ジョビジョバだった入り口は、摩擦抵抗もなくヌルっと私を迎え入れた。でも、その先のことはよく覚えていない。

終わった後、少し時間が残っていたので、我々はベタベタしながら会話をした。

彼女は恥ずかしそうに、聞かれてもいないことを告白した。

「さっき、すっごい濡れてたのは・・・舐めてたら濡れてきちゃって。固くなってくるのが分かると、あんなふうになっちゃう」

私がもっと若かったら、もう一度勃起していたかもしれない。

まとめ

エロい人だった。仕事をまったく感じさせない自然なエロさを感じさせた。楽しそうに接客してくれた。人気があるのはそういうところではないだろうか。

会話をしていても、外見はギャルっぽくてもしっかりしていたし、若い人と話しているとたまにある「会話を合わせるのに疲れる」こともなかった。

ただ、残念ながら私のタイプではなかった。言い換えると、彼女はポニーテールの竹内まりやさんからあまりに遠かった。それと、プロフィールから抜群のスタイルなのだろうと思っていたのだけれど、やや不摂生を感じさせた。

エロい女の子が好きな方は彼女とのセッションを楽しめると思う。

5段階評価

総合満足度:3
費用対満足度:3
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:3(タイプではなかった)
スタイル:3(普通かな)
サービス:4(反応もサービスのうち)
嬢の印象:ギャルっぽい
写真とのギャップ:写真を見ていないので分からない

関連記事

今年No.1の美しさ! 吉原Momo「り〇」さん

2020年11月11日

17000円でこんなに若くて綺麗な子が!吉原Momo「広〇」さん

2020年10月7日

フリーで突撃 – Momo「しゅ〇」さん

2020年7月15日

背中から抱きしめられて精神崩壊 – 吉原Momo「西〇」さん

2020年5月28日

1 個のコメント

  • コロナ感染者も増えているようなので、何かあったのかと。今までも更新しない時はTwitterなどで呟いていらっしゃいましたしね。また、最近は梅毒も増えてるとの話ですね。お気を付けください。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)