巨乳好きなら90未満を選べ – 吉原アクアパレス「り〇」さん

こんにちは、チナスキーです。

じめじめとした今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?

昨日のニュースですが、オリンピックに向けた「浄化作戦」で六本木のタワマンでカジノが摘発されたんですって。タワマンでカジノってすごいですね。しかし、「浄化作戦」って嫌な言葉ですね~。カジノなんてどうでもいいんですけどね。つーか、カジノ作ろうとしている連中がカジノを摘発するなんてなかなかの皮肉です。

ぜひ有権者の皆さんには東京にカジノを作ろうとしている人々を次の選挙で浄化していただきたいものです。カジノなんて物騒なものは、三重県あたりの島にでも作っておけばいいんですよ。地方活性化するし。赤福が売れるし。人が多い東京に人を集めてどうしようというのでしょう?

なんかムカついてきたので、本題に入りましょう。今回はアクアパレスのNo.1の方にお会いしてきました。実はそんなすごい方とは知らなくて、クィーンにたいして失礼な態度をとったかもしれません。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:18,000円(60分)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:日曜日午後
待ち時間:10分
混み具合:他に2人

写真と記事の方はまったく関係がありません。

お店の雰囲気と店員さん

久しぶりにやってきました、アクアパレス。女の子の写真がびっしり並んでいるカウンターが懐かしいです。見慣れた店員さんが2人と見慣れない店員さんが2人。カウンターで予約しているビジネスパーソンの名前を告げ、ポイントカードを渡し料金を払った。

案内部屋に入ると、他の客は1人だけでした。最近はいつもこうなのか、たまたまなのか・・・しかし、日曜日の午後の吉原は意外に空いているものです。テレビを眺めていると、「今日はありがとう!またねー!」という女性の声が聞こえて、ボロボロのTシャツを着た若いお兄さんが入ってきました。送迎車の案内の声がかかると彼は出ていきました。

やがて店員さんが入ってきて、僕の番号が呼ばれました。

女の子

案内部屋を出て階段のところに行くと、彼女が階段の奥に潜むように立っています。

「こんにちはー。よろしくお願いします」

と挨拶をされました。「り〇」さんは写真から想像していたよりも、かなり素朴寄りの方で、写真から感じさせる派手さはありません。年齢は20代半ばから後半くらいでしょうか。写真を見て「垢ぬけた可愛い子」を予想していると残念に思う人もいるかもしれません。髪の色もダークです。落ち着いた雰囲気の大人の女性です。こういう店で働いているようにはとても見えなくて、素人系の方です。

お顔は少し強引かもしれませんが、雛形あきこさんを地味にした感じですかね。僕の好みではありませんが、決して可愛くないというわけではありません。可愛いという人もいるでしょうし、元OLさんということで社内で彼女のことを好きだった人もいることでしょう。

「り〇」さんはアクアパレスのいつものワイシャツではなく私服っぽい服を着ておられました。体のラインが分からないような、普通の服です。そういう純朴なタイプのビジネスパーソンです。

サービス

とりあえず部屋に入ってお話。彼女は僕から少し距離をおいて座っています。まったく服を脱がせる気配がありません。でもいいのです。格安店ですから。素人系の方ですから。「プロっぽくない人がいいっ!」などと言いつつ、服を脱がせてくれるのを期待するなんて矛盾しています。服を脱がせてほしいなら高級店に行くか、ソープの接客に慣れていそうな女性を指名すればいいのです。

むしろソープになれているのは僕の方なのですが、引っ込み思案な性格を前面に出して「おじさんの分際でかわいいっ!」という戦略で生きているチナスキー。手が出せません。「今この話題を話しているときに手を出すのは不自然だよな」「今触ったらガツガツしてると思われるかも」と手を出さない言い訳ばかり思い浮かびます。話せば話すほど、手を出す機会が見出せません。

別に「り〇」さんがおしゃべりというわけではありません。「り〇」さんは私を話し好きと思っていたことでしょう。手が出せないだけなのに。

「お風呂に入りますか?」

僕のジレンマを知ってか知らずか、彼女から切り出してきました。救いの言葉です。彼女は髪を止めて、僕は自分で服を脱ぎはじめました。彼女もご自分で服を脱いでいきます。

89㎝のFカップ。デカいです。94㎝のGカップと言われても疑わないでしょう。彼女の立派なパイオツを見て、「巨乳好きなら90未満を選べ」というソープ格言は真理だったのだと確信しました。お腹はスリムではありませんが、ちょっとムッチリしている程度です。この胸のサイズであれば、文句のないお腹です。腰も括れていますし。

すべての服を脱いで、僕たちは風呂場に行きました。会話をしながら、体を洗ってもらいました。背中を洗うときは正面から抱きつかれるように洗われます。体が洗って風呂に入ると、イソジンでうがい。それが終わると彼女も入ってきました。話しながらも、控えめな手つきで彼女は僕のチンコ親父をいじります。

「固くなってるね」

なってますとも。あなたのパイオツのせいです。彼女が向かってきて、キスをされました。優しい感じの、それでいてしっかりと舌が絡むベロチューです。

「舐めていい?」

しばらくキスをされた後に彼女がそう言いました。そして僕の腰を持ち上げて、潜って望むやつです。はぁはぁ言っていると、「気持ちいい?」と声をかけてくれました。その言い方には「尽くしている」感がありました。親が厳しくてあまりふしだらなことをしたことのない若い女の子が大好きな彼氏を気持ち良くさせようと一生懸命尽くしている、そんな妄想をしてしまいました。

潜って望むやつが終わると、今度はパイズリです。こちらも慣れていない。十分に挟めるサイズなのにうまく挟めません。この店に入店してから覚えた技ではないでしょうか。素人の女性なんてそんなものです。健気ではありませんか。相手を気持ち良くさせようと、慣れていない技をしてくれるなんて。慣れていないとか、覚えたてとか、すべて僕の妄想ではありますが。

もう一度キスをされて風呂を出ました。僕の体を拭いているとき、彼女は僕の正面にしゃがみ込んで下半身を拭いてくれました。固くなった銃口が彼女に突き付けられています。僕は「頭文字Fをしてほしい」オーラを必死で出したのですが、彼女には伝わらなかったようです。オーラなんて心霊業者どもが作り出した疑似科学に過ぎないのだ、言葉にしなければ何も伝われないのだ、と改めて思い知らされました。

ベッドに横になると、彼女が「攻めるね」と言いながらキスをしてくれました。舌と舌が交差して、彼女の唇が少しずれて僕の頬に、頬から首に進んでいきます。おっぱいが僕のボディに押し付けられてすんげー気持ちいいです。意図せぬおっぱいマッサージです。彼女の唇は両乳首を経由してやがてトーテムポールに辿り着くのでした。

彼女の頭文字Fは、やはり慣れていないと言いましょうか、控えめと言いましょうか、あまり特徴がありません。たいていのカツ丼がうまいように、それでも頭文字Fですから気持ちいいです。僕があえぎ声を出すと、彼女は「気持ちいい?」とちょっと自信がなさそうに言うのでした。ゴールデンボールズも舐めてくれましたが、こちらも普通ですね。

冒頭で話しすぎたこともあって、早々と攻守交替です。僕が彼女を攻めました。やはりおっぱいは圧巻です。お豆ちゃんを攻めると、その上に残された毛が僕の鼻毛と絡み合いました。舌を動かしていると彼女がこんなこと言ったんです。

「お〇んこ・・・気持ちいい・・・」

あらぁ、おとなしそうに見えて随分とストレートな発言だこと。僕でさえ「おち〇ぽ・・・気持ちいい・・・」なんて言わないのに。この子ったら。

お豆ちゃんの下の隙間産業に指を軽く入れてみたんですけどね、滑り気がありましたね。

トーテムポール・ジャケットを被せてもらってユナイテッドしたんですよ。なかなかこう、体勢的に奥に入れなくて、もしかすると奥の方が苦手な方なのかもしれません。あるいは僕と相性が合わなかったのかも。まあ、奥の方が苦手だったとしたら、それは仕方ありません。僕だって、インフルエンザの検査で鼻の奥に麺棒みたいなの突っ込まれるの大嫌いですから。

奥まで入らなくても、こすれるものはこすれるわけで。そして、こすりによる刺激があるところまで達したら快感が得られるわけで。あまり時間もかからずいっちまいやした。最後にくっついたまま、疲れたふりして、実際に疲れていたわけですが、胸と胸の間に顔を埋めて休憩させていただきました。ゲームにある「回復の泉」みたいな具合に気持ち的には一瞬で心の疲れが飛んでいきました。ぱいおつって不思議です。

まとめ

今ランキングを見たら彼女は1位なんですね。つーか、しばらく来ないうちにランキングの顔ぶれが以前とガラっと変わりましたね。「つ〇さ」さんはどこにいってしまったのでしょうか。完全に浦島太郎状態です。僕の亀の頭、竜宮城大好きなんで。

あの「り〇」さんよりもランキングが上なんですね。今回の方も「り〇」さんなので、何を言っているのかさっぱり分からないかもしれませんが。ここで言っている「り〇」さんとは下の「り〇」のことです。

手がヌルヌルに・・・吉原アクアパレス「り〇」さん

2019年6月19日

ちなみに、上の記事の「り〇」さんは、僕がアクアパレスでこっそりとリピートした唯一の方です。確か去年の夏だったかな。「・・・以前にお会いしましたっけ・・・?」なんて言われちゃいまして。好きですよ、そういう正直な人。

別の方の話をしちゃってすみません。今回の「り〇」さんは、スタイルが人気の秘密でしょうか。あの胸はなかなかいない迫力だと思います。95cmとか欲張ってはいけません。「巨乳大好き(ハート)」な男性にとっても88とか89ぐらいがベストなんです。

5段階評価

総合満足度:3
費用対満足度:3
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:3(タイプではありませんでした)
スタイル:4(胸の大きさは圧巻です)
サービス:3(控えめでした)
嬢の印象:いかにも素人
写真とのギャップ:写真と雰囲気が違う

関連記事

頬にチューされました – 吉原Momo「響〇」さん

2021年5月19日

ワンツーフィニッシュ 吉原Momo「あ◯ね」さん

2021年3月10日

舐めてると濡れちゃう – 吉原Momo「み〇あ」さん

2020年12月9日

今年No.1の美しさ! 吉原Momo「り〇」さん

2020年11月11日

1 個のコメント

  • 毎々お勤めご苦労様です。
    なんでも出かければ良いわけではなくて、適正サイズというものがあるですね。
    それと、1位のBPさんでも、入ってみないと相性はわからないですね。。。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)