後からジワジワくる恋人接客 – 吉原コートダジュール

こんにちは、チナスキーです。

10月の前半は暑いと思っていたら、いきなり寒くなりましたね。クリが美味しい季節でもありますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今回は吉原のコートダジュールにやってきました。読者の方におすすめいただいた方を予約したのですが、良かったですねぇ。いい人をご紹介いただきありがとうございました。

読者の方のおすすめって外れないんですよ。リアルな口コミって本当に信頼できます。ただ、この口コミがネットでのマスに向けた口コミになった瞬間、嘘が混ざって信用できなくなってしまうんですよね。ソープの情報は少人数のコミュニティで情報交換するという手法が最適なのでしょう。

でもそうするとビジネスにならないから、誰もやらない。難しいものです。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:28,000円(60分)
フリー or 予約:予約
営業時間:9時~24時
入店時間:平日夕方入店
待ち時間:5分
混み具合:他に2人

写真とご本人は関係ありません。

お店の雰囲気と店員さん

受付をすませると、案内部屋に通されます。正面のテレビにはビジネスパーソンのインタビュー動画。独特ですよね。インタビュー動画を流しているお店なんてここくらいではないでしょうか。料金を払い、手洗いにいきました。マウスウォッシュがおいてあります。口をゆすいでから、案内部屋に戻ると番号が呼ばれました。

女の子

案内部屋のすぐ隣にある階段の踊り場に彼女は立っていました。可愛いですね。吉原では3万円払っても結構なお年を召された方が出てくることも多いということを考えると、60分という短いコースとはいえ、28000円でこの方が出てくるのはなかなかお得感があります。

ちょっと安倍なつみさんに似ているので、安倍さんと呼ぶことにしましょう。

なぜ、名前を隠すのかって?それは後で話しますから。

お部屋に入ると、まずはご挨拶。安倍さん、かなり若そうです。この店の在籍表を見ると、23~25歳の吉原年齢層の方が並んでいて、彼女もそうなんですが、これが10年前の同じくらいの料金の店だったら、30歳~40歳くらいの方が出てきてもおかしくなくて、むしろ不満を言う方がおかしい、無粋、世間知らず、吉原の門をくぐるのは10年早やいんだ、おとといきやがれ、くらいに言われていたのに。かなり良くなったものです。

これも「反パネマジ、反吉原年齢」を訴え続けてきたこのブログの成果に違いありません。イグノーベル吉原平和賞ぐらいいただきたいものです。

話が逸れましたが、僕が聞いてもいないのに「わたし、お店では〇〇歳になってるけど実際は21歳なんだ」と仰いました。まさかの逆サバ読みです。まあ、実際にお顔もお肌も言動もそれくらいの年齢に見えます。〇〇歳も21歳もほとんど大差ないので、本当なのでしょう。

「おにーさんは、この店はよく来るの?こういう店はよく来るの?」「どうして、私を選んでくれたの?」

なかなかの質問攻めです。まあ、もしかしたら、皆さんにとってはたいした質問攻めではないかもしれませんが、稀代の泡随筆家を吹聴する僕にとっては際どい質問なんです。

つまり、安倍さんは自分のことをアケスケに言うし、相手のこともズケズケと質問する、精神世界における超密着接客なお方なのです。まあ、私のようなイグノーベル官能文学賞を狙っているノンフィクションソープ作家でない限り、彼女の接客スタイルは無害というか、むしろ喜ばしいものなのでしょう。

サービス

割とプライベートなやり取りがあった後、彼女は僕の前に座り、服を脱がせてくれました。タオルもかけずに、僕はすっぽん。脱がせてと言われたので、服を脱がせました。下着はご自身で脱がれました。

おじさんなら、この辺りで若い女の子にちょっかいをかけたくなるものですが、彼女は間髪入れずに「お風呂いこっ」と明るく誘ってくれます。自分のペースで進めるのがお上手ですね。

先ずは、お風呂に入るように言われて、お風呂に入って歯磨きとうがい。

「こっちに来て」と言われて、風呂から上がります。体を洗われている最中に、チュッとキスをされたかと思うと、続けざまにベロチューをされました。

あぁ、これなんですよ。こんなに若くて可愛い子とベロチューされる幸せ。2人でお風呂に入ったら、もう「そんなにキスしたいの?」っつーくらいにキスを浴びました。それから、腰を上げられて頭文字F。献身的と言いましょうか、止めてほしいというまでやりそうな頭文字Fです。

お風呂から出て、ベッドに寝転びます。彼女はとても人懐っこくて積極的に話しかけてきます。

僕の名前が書かれた紙を見ながら、「この名前は本名なの?」「彼女はいるの?」「最近最後にしたのはいつ?」など、ソープ客に聞いてはならない質問ベスト10の半分くらいを、イタイケな僕に浴びせてきます。

しかし、天使気質である彼女。僕を質問攻めするだけでなく、きちんと自分のことを晒します。ご自身の暗い過去、コンプレックス、本名(もちフルネーム)、昼の職業、その職場での悩み、給料・・・聞いてもいないことをスコンスコンと放り投げてきます。特にご自身の過去については何度も言われて、どういう反応をしていいのか決められないまま頷くことしかできませんでした。

そんな話を聞きながら、なぜか僕が思い出したのは下の彼女でした。

【時効】ソープで本当にあった怖い話【成立】

2019年6月5日

いや、安倍さんには上の彼女みたいな病的な何かは感じなく、いたって健全な方だと思うのですが、初対面のおじさんにあまりに無防備にさらけ出しすぎではないかと。嘘か本当かは別として、その接客スタイルに危うさのようなものを感じまして、誰か分かるように書くのは危険だと思いました。

こう書くと、僕が彼女に気を遣っている優しいソーパーソープライターのように聞こえるかもしれませんが、上に書いた「危うさ」も「危険」も僕に対するものなので、彼女が誰か分からないように書くのは僕自身を守るためです。それは気遣いでも優しさでもありません。僕はただこのブログを平和に継続したいだけです。

しかし、これは単に僕の考えすぎで、彼女はちょっと無防備なサービスの良い女の子というだけなのかもしれません。ひとしきり話すと僕に覆いかぶさってきました。可愛くて若い子が覆いかぶさってきて僕にベロチューをする。心が洗われます。都会の競争社会で汚れっちまった僕の心とおちんちんを明るく洗ってくれた彼女。

質問が多くたっていいじゃないですか。こんなに優しく接客してくれるのですもの。

濃厚なベロチューが終わって、首筋を舐められて、最後は頭文字F。と思ったら、ボールから入りました。ボールから温かい舌の感触が伝わってきます。「まさかね」と思いながら、僕は気付かれぬようにそっと腰を上げたり、密かに自分の両足を持つような仕草をしたりしました。

残念ながらリミングはありませんでしたが、安倍さんの頭文字Fはとても気持ちが良かったです。ちらっと僕を見るんです。「気持ちいい」と僕が喘ぐと、嬉しそうに微笑んでくれました。

なんだか申し訳ないことしました。あの僕に対して接客拒否をしたあの女と安倍さんを同列に扱うなんて、僕の心象とはいえ悪いを考えでした。

頭文字Fが終わると、僕が彼女を攻めます。安倍さんは胸は小さめですがスリムでスタイルがいいです。首筋以外は攻められていやな所はないようです。ちゃんと反応もしてくれます。さっきまで明るく話していた女の子が眉間にしわを寄せて声を上げている姿には、興奮を通り越して有難ささえ感じます。僕は舌をこねくり回すように動かしながら彼女に感謝していました。

そして、いよいよあの瞬間。自由恋愛の成就です。

薄いゴム製のコートを被せてもらい、突っ込みました。

狭いです。

狭い、はちょっと違うかもしれません。なんといいましょうか。

フィット感ですね。

過不足なくハマっている感触です。そんな僕と彼女ですから、チューをしながら動いているとあっという間にイっちまいました。楽しいときとはすぐに過ぎてしまうものです。

体を洗って服を着ていると、彼女は名刺に何かカキカキしています。

「はい、後で見てね」

と言って渡された名刺には僕の名前とメッセージが書かれていました。名前を書くところが彼女の誠実さです。素晴らしいビジネスパーソンです。

まとめ

終わってみれば、とても楽しそうに接客をしてくれる方でした。接客を受けている最中は質問攻めに少し違和感を感じていましたが、こうやって記事を書いていると後からジワジワきてまたお会いしたいと思ってきます。

質問攻めをするのも、彼女自身のことをさらけ出すのも彼女なりの距離の縮め方なのでしょう。努力をされている人なのだと思います。彼女に会って後悔をする人はほとんどいないでしょう。

安倍さんはルックスも接客内容も高級店にいてもおかしくありません。60分にしては少し料金は高いですが、過ごした時間の濃密さを考えると寧ろ安いと感じるくらいです。120分もあると時間を持て余しがちな僕には60分で28000円は割高感はありません。

この店はシティヘブンの「システム」を見ると120分53000円としか書かれていません。コートダジュールのことをあまり知らない人が見たら高級店にしか見えません。ここは改善した方がいいのではないでしょうか。

5段階評価

総合満足度:4
費用対満足度:4
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:4(とても可愛いです)
スタイル:4(スリム体形)
サービス:5(恋人接客)
嬢の印象:可愛い
写真とのギャップ:写真よりも可愛いくらい

関連記事

官能美巨乳 – 吉原コートダジュール「さ〇ら」さん

2021年5月26日

罪な柔らかさと質感のおっぱいでした – 吉原コートダジュール「あ〇り」さん

2020年12月23日

11 件のコメント

  • チナスキー様
    興味深いレポートありがとうございます。
    有料レポート化してでもお名前教えて欲しい所ですが、無理な相談ですか(^^;?

      • 以前にTwitterフォローさせて頂いて、先日メールしたのですが、届いているでしょうか?
        あ、ちなみにおそらくこの方と思われる子には先日入りました(^^;

  • ここのお店は行ったことないですが、TVを見せるのではなくインタビュー動画を流してくれるのは良いですね。
    ちょっと単価が高そうだなあと思っていましたが、行ってみたいと思いました。

    • けむぞうさん、従業員の方の接客とかWebの作りとかかなりしっかりした店なので行ってみてください。

  • コート場所が変わってから行ってないんで、興味わきました。
    誰なんだろう? 気になります。
    ヒント貰えないでしょうか?
    料金はヘブン見ると60分から案内は載ってますよ。
    あと、高級店となってるようです。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)