興奮の渦を感じました – 吉原グッドワイフ

こんにちは、チナスキーです。

すっかり冬ですね。こんな季節はソープのお風呂に入って温まりたいと言いたいところですが、ソープって寒いですよね。

たいていの店は部屋に入るとまずベッドらしきものがあって、その隣にローテーブルがあって、そのスペースの先に風呂場があって・・・という構成だと思いますが、ベッド側は暖房が聞いていて普通なのに、風呂場スペースに行くと異常に寒かったりしませんか?だから、我々ソープ客は、夏も冬も「暑くないですか?もしくは寒くないですか?」と60分の中で何度も何度も聞かれることになるのです。

「温まりたい」よりも、「寒さに耐えた後の温かい風呂を体験したい」がソープファンの正しい表現だと思います。

さて、今回はひさしぶりの「グッドワイフ」です。

読者の方から、「〇〇さんのリミングがすごかった」と言われまして、あのー、みなさん誤解されていますけど、別にボク、皆さんが考えているほどリミング好きじゃないんですよ。少なくとも、自分ではそこまでリミング好きとは思っていないです。

でも、そう言われたら、行くしかないじゃないですか。日本の昔話で、ある和尚さんが村人に嫌いな味噌料理を出されて嫌とも言えずに一気に食べたら、大好物と勘違いされて村人たちに食事を提供されるたびにその味噌料理を出されるようになって困り果てた、みたいな話がありましたが、そんな心境でグッドワイフに行ってきました。


↑現在、MGS(プレステージ)で年末半額セールをやっています。対象のエロ動画は1000本以上。12月17日12時までやってます。鈴村あいり、河合あすなといった人気女優さんの作品が多いです。1週間で150円とかあるので、たまにはどうですか?

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:20,700円(60分)
フリー or 予約:予約
営業時間:7時~24時
入店時間:休日夕方入店
待ち時間:5分
混み具合:他に3人

Photo by Aziz Acharki

お店の雰囲気と店員さん

店に入って、カウンターで自分の名前と予約したビジネスパーソンの名前を告げて料金を支払います。カウンターには店員さんが2人いて、1人は僕の対応、もう1人は電話対応をしています。

電話で予約した時、確認電話をした時、そしてこの店での受付、どれもとても丁寧な対応です。このグループはとてもきちんとしていますね。受付も乱雑な感じはなく、カウンターの脇にはその日の出勤リストを表示するモニターが客に向けられて置いてあります。予約の内容を紙で確認して、番号札を受け取りました。

女の子

番号札を呼ばれて階段のところで予約したビジネスパーソンとお会いしました。彼女はホームページの画像を見ても、いわゆる美人顔ではないので、あまり、いや、かなりタイプとは異なりますが、納得感はあります。

写メ日記を見ると、写メ日記側はかなり頑張って写真を撮っておられるなという感想です。店のホームページの画像はわりと正直なのに、写メ日記ではそれに抗っておられます。

年齢はよく分かりませんが、35歳くらいでしょうか。いや、もうちょっと上かな。見た感じでは店のプロフィールより実年齢は高そうです。ちなみに、子供は産んだことはないと後で仰っていたのですが、僕は子供がいるだろうと思っていました。

サービス

「寒いですか?寒くないですか?」

「暑いですか?」

この2つの質問を立て続けにされて、それが普通に受け止められるというのが「ソープあるある」です。しかも、季節を問わず、年がら年中この2つの質問をされているように思えます。ソープって寒暖差が激しいんですよ。

僕は結構な確率で最初のご挨拶の時に「綺麗な方ですね」とか「可愛いですね」と言うのですが、タイプではない彼女にそんなことは言えず、寒くなったとか、最近の吉原はどうとかそういう話をしていました。30代~40代くらいのビジネスパーソンのほとんどは、乱暴に分別すると「キラキラしている or 真っ暗な闇を抱えていそう」に分けられるのですが、彼女は「キラキラしてはいないけれど健全そう」という印象です。

適当に話しながら、どんどん服を脱がされていきます。彼女は自分で話した後に自分で笑う癖があり、その話し方、もしくは笑い方に居心地の悪さを感じました。

服を脱ぐと彼女の服を脱がせます。体形も、まあこちらも年齢を感じさせるといいましょうか、下腹部がかなり気になります。というか気になって仕方ありません。

体を洗われて、お風呂へ。歯ブラシを渡され、歯磨きが終わるとうがい薬でうがいをしました。彼女くらいの年齢になるとソープ歴の長い方が多いのですが、彼女はベテランの雰囲気はなく素人っぽかったです。彼女も風呂に入ってきて、まずキスをされました。過剰なほどに濃厚なキスです。必要以上です。唾液と唾液の交換です。

それが終わると潜って望むやつ。リミングがすごいというタレコミのもと彼女を予約したわけですから、ソープブログ書きの責務としてリミングされないわけにはいかないじゃないですか?だから、潜って望むやつをそうそうに切り上げて風呂から上がったんです。

僕は思うのです。

人間の記憶とは相対的なものである、と。

ある枠の中で際立って印象的なことがあると、そのことについては細部まで覚えているのに、それ以外のことはほとんど忘れてしまう。逆に、際立って印象的なことがなければ、始まりから終わりまで平均的に覚えている。つまり、記憶できる情報量というのは限られていて、細部にわたって記憶される情報は、それ以外の情報を食ってしまうのです。

結局リミングはありませんでした。彼女のサービスはキスと同じように濃厚でしたが、とにかくリミングはなかったのです。その辺りの僕の心境はあまり記憶にありません。今となってはリミングの有無なんてたいしたことではありません。

あれは僕が攻めている時のことでした。

ひとしきり攻め終えた僕は彼女を攻めはじめたのです。恐らく、リミングを諦めたから攻めたのでしょう。よく覚えていません。

とりあえず、僕は彼女の乳首を舐めました。

「あっっっっっっっっは・・・・・ん」

実際に「あっはん」と言ったわけではありませんが、ほんとこんな感じなんです。なんつーか、絵に描いたようなえっちな反応と言いましょうか、典型的なお姉さん的な反応でして。それまで、サバサバして見えたくらいだったので、そのギャップに僕のアレは完全にカテナチオ。

で、アソコを舐めてから、指を入れたんです。彼女はすっげえ悶絶しています。悶絶されると、自然と指の動きは早くなっていきます。

あれは、どっちが先だったか。

僕が指を動かし続け、彼女の悶絶と悶絶の間隔が短くなっていき、そして一瞬、ほんの一瞬彼女が全身に力を入れているように見えました。何かタメを作るような感じです。

その直前か直後、彼女のアソコの中がうねるように動いたのです。

来るぞ!

僕の脊髄が何かを察知してそう叫びました。ナッパの攻撃が始まるときのピッコロ大魔王と同じ叫び方でした。次の瞬間、

ブッッッッフォン!!!

そんな擬音とともに、彼女の温かい液が溢れてきました。すげぇあたたかいんです。それが、ビシャとかそういう感じではなく、ブッッッフォン!!!って感じで出てきたんです。

ほら、AVを見ていると、潮吹きなんて必ず出てくるじゃないですか。見飽きている人も多いことでしょう。しかし、リアルであのタメの瞬間、アソコが動くの感覚の直後にやってくると、これは完全に別物ですね。未知の、神秘的で、強烈にエキサイティングな瞬間でした。

ベッドも彼女の股間もビチャビチャです。もちろん無臭です。女性の体ってほんと不思議です。

それから、体勢としては正常位になるような恰好で、アソコとアソコがぶつからないように僕は腰を浮かせて、彼女にキスをしながらか、胸を舐めながらか忘れましたが、ビショビショのおマメちゃんを触っていたのです。そうしたら、再びアソコから、今度は水鉄砲のような一筋のお潮が僕の股下を抜けて飛んでいき、壁にぶち当たりました。

びちゃっ

という猥とした音が忘れられません。

確か、指を入れてもう1回吹いたと思います。僕は興奮で頭のねじが飛んでいました。彼女は冷静にオカモト何某を僕につけました。

よく、女性の締まりは加齢によって緩くなるとか言われますが、果たして本当なのでしょうか。あるいは、それは本当なのかもしれませんが、個人差以上の差は出ないと僕は思っています。

だから、彼女はかなり心地よいきつさで僕はあっけなく果ててしまいました。果てる直前、僕も彼女も興奮の真っただ中という感じで、めちゃくちゃに動いたりキスしたりしていました。ドライブ感がありました。

でも、終わって離れると、彼女はいたって普通なのです。僕は一仕事おえた感でクタクタなのに彼女はケロっとしています。そしてとてもリラックスしていました。自分で話して自分で笑うという癖がなくなっていることに気付きました。

お風呂に入る頃までに感じていた違和感がすっかりなくなって、彼女は普通に話していました。あれは、癖ではなくて緊張だったようです。「居心地が悪い」なんて思ってしまい申し訳ないと思っています。

まとめ

この方は評価が分かれるのではないでしょうか。ルックスや体形を重視される方なら、リピートはしないかもしれません。ただ、ビジネスパーソンの年齢層を考えたら標準的なのかもしれません。

恐らく1年前に記事に書いた「春〇」さんの方が好みという人の方が多いことでしょう。

綺麗なお姉さんに癒されました – グッドワイフ「春〇」さん

2020年11月18日

一方で、セッション全体では、今回のビジネスパーソンの方が好きという人も少なくはないでしょう。オスとしての本能を目覚めさせるという観点では、今回のワイフさんは支持を集めるのではないかと思います。

外見とかスタイルという理屈を超えた悦びを味わいたい方、それが堪能できる方にはおすすめです。そして、それは恐らくは色々なタイプの女性を経験してきた大人の男性なのだと思います。

なお、誰のことか教えてほしい方はTwitterで私をフォローしてからDMください。親切な方は、あなたのおすすめを教えてください。AV買ったよ!でも私は喜びます。

5段階評価

総合満足度:3
費用対満足度:3
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:2(タイプではない)
スタイル:2(あまり・・・)
サービス:5(反応もサービスのうち)
嬢の印象:ワイフって感じ
写真とのギャップ:ホームページの写真は実物に近い

関連記事

綺麗なお姉さんに癒されました – グッドワイフ「春〇」さん

2020年11月18日

すべすべの肌にベタベタされました – 吉原グッドワイフ「坂〇」さん

2020年7月22日

4 件のコメント

  • 凄い体験でしたね。
    私だったら、会った瞬間に撤退シナリオを考えてしまいそうですが、
    最後までどうなるかは分からないもんですね。
    悶絶な反応されたら、カテナチオがきまるよなあ。

    • けむぞうさん、ま、会った瞬間にやる気をなくすほどタイプから外れていたわけではないですよ。

  • 最近はアプリを何本も使って、
    写メマジックされるのがデフォみたくなってきましたね。
    パネルもマジック、写メもマジック、
    こうなると写真指名ってどうでもよくなってきてしまったと感じています。

  • 洗い場が寒いのは換気扇のせいじゃないでしょうか。
    通常のプロペラ式の換気扇ですと、
    止めていても内外の温度差で冷風がかなり入ってきます。
    どこも、作りとしては浴場で、
    浴槽とスチームバスをゆっくりと楽しむ場所ということなんです。
    脱衣場にある壁掛けエアコンだけじゃ、洗い場の辺りは寒くて当然でしょう。
    強力な業務用天井埋め込み式を使っている店舗はかなりレアです。
    あと、部屋持ち、且つ、気の利く子だと、
    色々と工夫している子もいます。
    タオルで換気扇からの隙間風を防いだり、
    シャワーや湯張りを利用して室温だけでなく湿度も高くなるようにしているようです。
    同じ温度でも湿度によって感じ方は異なりますし、洗い場の床が温かいと随分と変わってきます。

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)