可愛いお顔して絶叫された -吉原EXE「み〇と」さん

こんにちは、チナスキーです。

少し春らしくなってきましたね。コロナの第5波、第6波もピークを過ぎたようで、ソープの時代の幕開けはもうすぐです。

さて、2週連続で同じ店の記事になりますが、吉原のEXEです。店員さんにすすめられた「み〇と」さんという方にお会いしてきました。12月入店なのに、1月にはいきなりランキング2位です。

その実力はどうだったのでしょうか?記事をご覧ください。

お店データ

場所:東京吉原
支払った総額:65,000円(110分)
フリー or 予約:予約
営業時間:11時~24時
入店時間:休日午後入店
待ち時間:5分
混み具合:他に2人

※画像と記事の内容は関係ありません。

お店の雰囲気と店員さん

いつも通りのEXE。店に入るとまずは手を消毒されて、検温。見慣れない店員さんがいた。検温が終わると案内部屋に通された。先客は2人だけ。僕は鞄から財布だけ取り出して、とりあえずトイレに行き、トイレに置いてあるマウスウォッシュのカップで口を洗浄した。

案内部屋に戻り座っているとすぐにドアがノックされて、背の高い女の子が入ってきた。彼女は僕を見るなり、「こんにちは~」と笑顔で挨拶をしてきた。彼女の表情が馴染みの客に接するような顔だったので、人違いかと思ったけど、「み〇とです。よろしくお願いします」と言ったので、僕は立ち上がった。

案内部屋から出るときに、そこに座っていた別の客を見ると、食い入るような表情で「み〇と」さんを見ていた。

女の子

プロフィールを見ると「み〇と」さんの身長は164㎝ということになっている。高いヒールを履いていたせいか、実際にはもっと背が高く見えた。僕たちは「今日も寒いですね」なんて言いながら階段を上がっていった。

彼女のお顔はほぼプロフィールの画像のまんまだ。あれだけ整ったお顔のプロフィール画像で、実物がほぼ画像のままというのも珍しい。店の紹介文には「戸田恵〇香」さんに似ていると書かれている。会った当時はそうは思わなかったが、若い頃の「戸田恵〇香」の画像を今見たところ確かに少し似ているかもしれない。彼女と会っているときは、加藤綾子アナウンサー似ていると思った。

つまりは、そういうお顔だ。美人だと思う。プロフィールや写メ日記の画像よりも自然なお顔で魅力的だ。「み〇と」さんのことを可愛くないという人は、相当な見栄っ張りと断言できる。全身スラっとしていてかなりスリムな体形なので、肉感的な女性が好きな人は好まないだろう。

サービス

部屋に入ると、僕はベッドに座った。部屋はかなり暗く、床に置いてあるミラーボールのような照明が天井を照らしていた。EXEでこんな照明は見たことないから、恐らく彼女が自分で持ち込んだものなのだろう。

「お部屋暗いですか?」と聞かれたので、「そうですね。少し暗いですね」と答えた。彼女は部屋を明るくした。そして僕のコートとジャケットを受け取り、クローゼットにしまった。

彼女が戻ってきて、僕の前にしゃがんだ。

業務連絡程度の会話しかしていない僕たちだったが、彼女はさっそく僕の服を脱がせ始めた。いつも高級店で時間を持て余すので、もう少し人となりが分かるような会話があった方が風情があると思うのだが、何でもかんでも「コスパ」の時代なので、早くナニをしたい人の方が多いのだろう。

至近距離で見ると、「み〇と」さんはかなり若いことに気付いた。21歳か22歳くらいだろうか。プロフィールに「現役大学生」と書いてあるが、それくらいの年齢だろう。

他愛もない話をしながら、彼女はポンポンと僕の服を脱がせていき、最後にパンツまで取った。

「もう固くなってるぅー」

そう言って、彼女はチンコ親父の脇腹あたりにそっと唇でキスをした。可愛い女の子がチンコ親父にチュって。こんな僕にありがとう、と御礼を言いたかった。

「順番間違えちゃった」

彼女はそう言って、今度は僕の唇にキスをした。彼女の柔らかい舌が入り込んできて僕の舌と交わり合う。少しの間キスをすると彼女の唇は僕の乳首に移動して、音を立てながら僕の両乳首を吸った。そして、その唇は再びチンコ親父に。

彼女の頭文字Fは、「え?まだ大学生なのに・・・???」と少し引いてしまうくらいに上手だった。なんつーか、じとーーーーとしていた。分速1cmくらいのスローな攻撃。これを亀の頭、首元、胴体とポイントを変えながら、繰り出してくる。その技は既に成熟していた。下半身を攻撃されているのに、首筋から背中が溶けていく感触だった。

頭文字Fをひとしきり終えると、正面から抱きつかれて「私の服も脱がせて」と言われた。僕は彼女の服を脱がせて、ホックも外した。続いて、下も脱がせた。プロフィールを見ると、彼女はCカップとなっているが僕の目にはAかBカップくらいに見えた。彼女のルックスとサービスを考えれば、文句は言えない。ガチガチの巨乳より遥かに魅力的だ。

押し倒すように「み〇と」さんは僕をベッドに仰向けになるように促した。そしてそのままキスをされてもう一度頭文字F。僕は顔を天井に向けながら可愛い彼女のお顔が、僕の親父を口に入れる姿を下目で一生懸命見ていた。

頭文字が終わると、乳首にチュっとされてから濃厚なキス。そして「交代する?」と耳元で囁かれた。

ちなみに、この時点での僕の感想は「まあ、良いっちゃぁ良いけど普通かな」という程度だった。こういう時は自信をもってすすめてくれた店に対して何故か申し訳なく思うものだ。そういう心境だった。

彼女が仰向けになって僕が覆いかぶさった。キスをして、乳首にもキスをすると、

あああああんんんん!!!!

と予想外の激しい反応が返ってきて僕は驚いた。ふと顔をあげると、僕の目の前の壁際にある棚に玩具が2つ置いてあるのが見えた。種類の異なる、結構本格的な奴だ。

あぁ、この子えっちな子なんだ。

何か新しいものを発見したような気分だった。

そして毛のない場所へ移動して、おマメちゃんを舌先で転がした。やっぱり反応がすごい。廊下に響いてることだろう。別の部屋で「どこからか声がするね」と男女が囁いているかもしれない。

毛のない場所を指でいじっていた。その状態で乳首を舐めると、更に反応が大きくなる。なんだか嬉しくなってきた。こんな僕のプレイでこんなに悶えてくれる子がいるのだ。

やがて、彼女が「もう欲しい」と懇願してきたので、まさかの自由恋愛のゴールに向かうことになった。彼女は起き上がり、もう一度頭文字Fをしてから粗チンカバーをしてくれた。

スリムなのは体形だけじゃないかもしれない。かなりきつく、僕は短時間で終了した。終わった後、彼女は粗チンカバーをとって頭文字Fまでしてくれた。

休憩をしながら、これからの時間の過ごし方を考えていた。風呂に入るか、それともこのままダラダラしているうちに自然と2回戦目が始まるのか。

「マット運動的なことをする?」

彼女はそう言った。話を聞けば、12月に未経験で入店したばかりだが、頑張って勉強してきたらしい。

僕はありがたくそのオファーを受けた。僕は風呂に入って、彼女はマット運動的なことの準備をしていた。世間話をしながら。彼女は若いけれど、態度が落ち着いていたので話しやすかった。無理に話を合わせることもしないし、愛想笑いもしない。気が楽だった。

寒い部屋を十分に暖めてから、うつ伏せになるように言われた。

マット運動的なことは、ふくよかな女性の方が気持ちいいという説を信じている客は多い。

僕はその話を思い出すたびに、福岡のアルテミスという店で会ったバービーちゃんを思い出す。

僕に言わせれば、その説はバービーちゃんのような体形の女性がこの世界でも十分に稼げるために作られたものだ。バービーちゃん体形のビジネスパーソンがマット運動的なことをして気持ち良ければ、客は「あぁ、こういうのはムッチリ体形に限る」と”その時は”思うものだ。

「み〇と」さんのような体形の女性のマット運動的なことが気持ち良ければ、「体形なんざ関係ねぇ」となる。

「み〇と」さんは口にお湯を含んで僕の体を温めながら、忙しそうに滑ってくれた。彼女の体は軽く、温かかった。そして気持ちがよかった。なんどか僕のケツの割れ目に彼女の舌が触れ、その度に僕はオーバーに反応してみせたが、結局はリミングはなかった。

うつ伏せから仰向けにさせられて、頭文字Fをされる。僕はまだ固さ半分だったが、彼女は口と手といわゆる素股というやつでフルにしてくれた。「当たって気持ちいい・・・」とナニをナニにこすりつけながら彼女は言った。

僕は今日はもう固くならないだろうとあきらめていたので、自分自身びっくりした。フルになった親父を見て、彼女が少し嬉しそうにニヤリと笑うのが見えた。そのニヤリは僕に見せたものではなく自然に出てきたニヤリで、何となく感じていた「彼女が男の反応を見て悦ぶ人であること」を僕は確信した。

「していい?」

と彼女が言い、僕は頷いた。彼女は再び粗チンカバーを被せて上に乗った。射った後にすぐに固くなった時の特有の鈍痛を少し感じた。でも、僕は懸命に動いた。彼女は僕の上で絶叫した。

「イクイクイクイク!!!」

と叫んで、僕が止まると体を痙攣させていた。1回目よりも動きも反応も激しかった。

その時にインターホンが鳴った。疲れていたので、ちょうどいいタイミングだった。

最後に体を洗ってもらった。彼女は僕に抱き着きながら背中を洗い、腕に股間を乗せて洗い、太ももに乗って体を前後して洗ってくれた。見ていて健気だった。

体がポカポカしたまま僕は服を着た。彼女は受付にコールをして、僕にキスを促した。

僕たちは部屋を出た。

まとめ

「み〇と」さんは12月入店なのに、2月にはもうランキング2位になっている。「スリムすぎる」と思う男もそこそこいると思うが、それでもいきなり2位になるのだから、ルックスとサービスで完全にカバーしているのだろう。若いのにエロいという部分に惹かれている客も多いと思われる。

僕はもう少しゆっくりとしたかった、というのが正直な感想だが、恐らく珍しい感想だろう。多くの人はあれくらいのペースで接客してほしいと望んでいる(と思う)。

嫌味がなくて、とても話しやすい。サービスも一生懸命、反応も激しい、という点で会って後悔する人は少ないと思う。満足度は「5」か「4」で迷うところだが、店から出た直後に「4」という数字が真っ先に思い浮かんだので「4」とさせていただく。

5段階評価

総合満足度:4
費用対満足度:3
ボーイさん:評価なし(予約だったので)
女の子ルックス:5(可愛いです)
スタイル:3(かなり細身)
サービス:4(若いのに反応がエロい)
嬢の印象:細身
写真とのギャップ:写真よりも実際の方が魅力的

関連記事

僕を壊す恋人接客 – 吉原EXE「よ〇き」さん

2021年11月24日

もっと奥まできて – 吉原EXE「し〇ん」さん

2021年8月4日

すっっごいヌルヌルじゃないの?吉原EXE「お〇は」さん

2021年6月9日

吉原でAV女優さんに会った – 吉原EXE「ゆ○」さん

2021年4月28日

この人よりスタイルがいい人がいたら教えて – 吉原EXE「り〇」さん

2021年2月10日

2 件のコメント

  • サービスも反応も良いBPさんですね。
    私もできれば2回戦したいと毎回思うのですが、
    スロープレーなので、
    2時間あっても1回で終わることが多いです。

  • 別件なのですが、吉原の変貌についてコメントします

    Yシャツと私が、ダーリングハーバーの場所に移転して、
    Yシャツと私として営業してます。ダーリングハーバーに居た嬢は
    ダーリングコースの嬢として残っています

    Yシャツと私の箱には、ローテンブルクアンバウという
    お店が営業?してました

  • 感想やご意見はこちら。ルールを守らない人には天誅を。

    メールアドレスは必須ではありません。アドレスを記入しても公開されることはありません。批判は受け付けますが、誰かの個人情報を晒すようなコメントは許しません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)